LED

2023年1月21日 (土)

逆富士型40W蛍光灯2灯相当のLEDランプが不調

藤川君とこからやってきました。

「しばらく前に付けたんやけど点滅しだしたわ。
  ホカしてもたろと思てんねんけど、
   下間はん、いるか?」
っと。
 ・・・はい。もらいました。

通電すると、2秒周期くらいで点滅するのです。
チカチカじゃありません。
パッ・パッ・パッ・・・
と1秒暗、1秒明という感じです。

LED部だけはずして通電すると、電圧を30Vくらいまで
上げると光り始めます。
LEDはまだ大丈夫と判断して、電源モジュールを見る
ことにしました。
K11

これがメーカー名なんでしょう、「TENTEN-LED」。
K12

フタを開けると・・・
K13

樹脂の海。
でも、二次側電解コンデンサの頭が開きかけてました。
K14

2200μF/50V、105℃仕様のコンデンサです。
持ち上げて、足を切断して取り外し。
1/5以下の容量でした。

基板は樹脂に埋もれてるんで取り出すことができません。
切って残しておいたコンデンサの足に手持ちのコンデンサを
ハンダ付けして試運転。
ちゃんと光るようになりました。

過去、LEDランプの不調はLEDそのものがアウトになって
ということが多かったのですが、今回は電源部でした。
まぁ、故障にはいろいろあるということで。

| | コメント (0)

2022年12月21日 (水)

7セグメントLED駆動用IC「TM1637」

7セグLEDが付いたモジュールをあれこれ見ていて、
こんな駆動用ICが見つかりました。
秋月でも扱っています。
  ・TM1637:Titan Micro Electronics Co.,Ltd

2線で通信して(I2Cとは異なる)表示データを
送り込む仕掛けです。
セグメントが8つでコモンが6つ。
6桁のアノードコモン7seg LEDを駆動できます。
各セグメントに入れる抵抗は要らないようで、
駆動デューティを変化させて明るさをコントロール
できるようになっています。

そして、データシートには16個のスイッチをスキャンできる
と記されています。
セグメントの駆動信号を使って、リターン線が2本。

しかし・・・推奨回路図を見ると

01_20221221154201

2つのスイッチを同時に押したら、
ありゃま。セグメントデータが短絡して
おかしな表示になるのではと。

データシートにはこんな記述。
 「TM 1637 doesn't support combined key pressin」
"combined key pressin"は 同時押し と訳して良いかな。
 「キーの同時押しは知らん」っと。

ダイオードを入れると短絡は回避できそうですが、
スキャンのデータはどうでしょうね。
K1とK2の入力抵抗(プルアップ)は10kΩとなっています。
  ※このIC、使っていないのに、いらん心配を。

 ・ガレージのLED表示デジタル時計がダウン
では、LEDのコモン駆動用の信号でスイッチを
スキャンしています。
ダイオードで分離してますんで、同時押しは大丈夫。

| | コメント (5)

2022年12月20日 (火)

ガレージのLED表示デジタル時計がダウン

昨晩、表示が不自然に点滅しているのに気が付きました。
   ・・・20年以上連続運転してた

資料、vectorにアップしてました。
  ・AVRCLK:AVRマイコンで作るデジタル時計
AVRマイコンAT90S1200を使ったLED表示デジタル時計の製作

おそらく、スイッチング電源が原因。
別のもの交換してみます。

11_20221220093201
回路図
Tokei1

AT90S1200
 ROMが1kバイト。
 RAM無し
  ということで、push、pop命令無し
 スタックは3段だけ。
むちゃ縛りのあるマイコンです。

※追記
ELCOの「ゴリラ」を外して、別の5V定電圧電源に
接続したら・・・OK。
バックアップも働いていて、現時刻をちゃんと表示しました。
   ・・・「たいしたもんや」と自画自賛。
これから、使えそうな電源を探しますわ。

※電源を交換して修理完了
12_20221220104201

「ゴリラ」の中は充填剤でどうなって
いるのか見えません。
13_20221220104201

以前にこんな報告してました。
  ・2019年8月21日:7seg LEDの輝度低下
「電源交換したか?」と記してましたが、昔の写真を
見ると、電源はこのゴリラから換えていませんので、
20年動いたということですわ。





| | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

ダイソーの400円LED電球、寿命! 昨晩、切れちゃいました

LED電球の長期間点灯実験、
2019年8月17日:ダイソーの400円LED電球 (LDA8L-G-T/60W)長期間点灯実験終了
1年半、点けっぱなしで照度の低下が5%ほど。
むちゃエエ成績だったんですが、昨晩、とうとう
点かなくなっちゃいました。
1年半の連続点灯データを取ってから後も、ガレージの
トイレで使っていました。
ガレージですんで、使う頻度はしれてます。
連続点灯をやめて3年ちょい。

最初がこれでした。
2018年2月17日:ダイソーのLED電球、買ってきた・・・

で、さっそく解体。
11_20221201155101
LEDは合計18コ。
電源基板には電解コンデンサが3つ。
12_20221201155101
ヒューズは切れてません。
液漏れも見当たらず。

1つに2素子入ったLEDが使われてて、5Vあたりから
点き始めます。
21_20221201160201

18コのLEDは「9直・2パラ」でつながっていました。
14_20221201155401
上側のハンダ点がプラス。
そこから左右に分かれて、下側のハンダのところまで
半周しています。
そして、「赤×」マークした2ツのLEDがオープンに。
ここで電路が断でアウト。
経路が左右に分かれているので、片側だけなら半分生き
てたんでしょうが、なぜか両方ともダメに。
他の16コは点いてました。
しばらくは半点灯状態になっていたのかも。
  これは、人間が気が付かなかったのかも。

LED電球の寿命、以前も「LEDそのものがアウトに」
だったような・・・

「LEDの劣化」

2016年01月03日:パナソニックLED電球 LDA7D-A1 寿命!
2019年1月18日:修理:LEDクリップライト、点滅!


| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

あちゃ~。電池押さえのスポンジがモロモロに

しばらくぶりのリコーCaplio GX100用リングライト

電池の状態をチェックしておこうとフタを開けたら、
電池押さえのスポンジ(モルトプレーンという名称かな?)
がモロモロになっていて、ひどいことに。

21_20211116121101
22_20211116121101

最初は、「アチャ~ 電池の液漏れ!?」かと思ったんですが、
電池はどれも大丈夫でした。

リングライト回路図 (16LED)


| | コメント (2)

2021年10月16日 (土)

LED劣化調査実験、新回路案

http://act-ele.c.ooco.jp/trouble/ledrekka/LEDTEST2a.png
この回路は、常時点灯しない比較用LEDの明るさも記録して
おこうという主旨で製作しました。 参:■LEDの劣化
測定系1chあたり、同じLEDを2つ装着します。
そして、LEDに流す電流のために定電流回路を装備する
というちょっと大げさな構成になっています。
先日の、可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路 #4
は、同じATmega328P:Arduino-UNOベースで、入力8ch+温度。
電流測定のため、10倍アンプを仕込みましたが、大げさな
ものじゃありません。

これと同様の回路を「LED劣化実験用」に作っておこうかと
思っているのです。
制御ソフトは、24時間に1回の記録サイクルで同じで可。
定電流回路や1chあたり2LEDという制御も止めにして、
簡単な構成に。

・LEDに流す電流は、LED個別に抵抗を直列に
 入れて設定。

・LED・VF変化の影響を受けにくいようで、LED点灯
 用電源は制御用5Vではなく、12Vなど少し高めの
 電圧の電源を用意。
  (2直になったLEDも見ることができる)

・LED1つを常時点灯。
 比較用LEDの切り替えはやめる。

・温度測定、(ついでに)あれば面白いか。

・1日1回、0時の記録だけで良いか?
   ※悩みどころ

 1日間での最高、最低、平均も欲しいか?
 現状、1日1回なら、温度も含めて9データで
 18バイト。
 24LC256(32kバイト)なら4.98年の記録。
 最高、最低、平均となると、1日あたり
 3倍の54バイトで32kのEEPROMだと1.66年。
 そうなると、128kバイトのEEPROMにする
 ほうが良いか? 32kで十分か?
   ※シリアル送出にかかる時間が長くなる
 それともSDカードに記録するか?

 

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

顕微鏡用LEDリングライトのLED交換

2021年9月27日:顕微鏡用LEDリングライトのLED、そろそろ交換か
ということで、2006年から使ってきた顕微鏡用LEDリングライトを
昨日交換しました。
使ったのは秋月で買ってあった5φ砲弾型LED。
「OSW54L5B61P」 半減角60度の広角タイプ。
  ※昔は半値角って言いませんでした?

アラルダイト(2液エポキシ)で塩ビパイプに貼り付けていたのを
バリバリと剥がして、新しいLEDに交換です。
31_20211004093201

ずいぶんと明るくなりました。
32_20211004093301
トラ技・2016年5月号に掲載してもらった「照度計」
見ると、直下でおよそ3倍の明るさに。
・照度計
  2016,5,実験用ワイドレンジ・ディジタル・マルチ照度計の製作,
  無調整!10~10万lx@-40~+85℃!リアルタイム波形モニタ出力付き!,
  一般,164,8,下間 憲行

古いLEDと新しいLEDを比べてみると電流1mAでこんな様子。
33_20211004093401

左が秋月で買った新しいの。 右が使い古したの。
外径(透明部の大きさ)は同じでも、発光している部分の
面積が違います。
  リコーGX100で撮影
  ISO=100 S=1/2000秒 F=12.6

この点灯に使ったのはトラ技・207年1月号の簡易LEDテスタ

・簡易LEDテスタ
  2007,11,明るさを比較できる簡易LEDテスタの製作,
  大きさの等しい電流を2個に流して順電圧と順電流を表示する,
  一般,210,4,下間 憲行
LEDを差し込むクチが二つあって、それぞれ独立して電流を
変えられます。
異なるLEDでの明るさ比較や、同じLED2つでそれぞれの電流を
変えた時、どんな具合に見えるかの比較に便利。

※光らせてないとき
左が新しいの。 右が古いの。
51_20211004105701
52_20211004105701


古いLEDの型番が分からないかと、トラ技への提出原稿を
探してみると・・・記していたのは、
  『白色LEDは大阪日本橋の部品店店頭で適当に選びました。
でした。
素性は不明。
デジットで買ったか共立で買ったか・・・

 

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

顕微鏡用LEDリングライトのLED、そろそろ交換か

ラジオペンチさんとこの
実体顕微鏡の自作リング照明のLEDが劣化したので交換
を拝見して、「こちらのもだいぶ暗くなったなぁ」と
リングライトLEDの交換を計画しますわ。

こちらでは、こんな作業台(高さ80mmくらい)を使っています。
11_20210927093801
この台の上でハンダ付け作業すると、「首」が楽。
顕微鏡を見ながらのハンダ付けも非常に楽で疲れません。
台の上の白いのはA3サイズの紙。
汚れたら交換。

・作業台の側面
  2016年12月12日:1kgハンダ、使い切り

・リングライト製作 トランスレスで手抜き
リングライト作ったのは2006年だった。
  顕微鏡の照明装置

・修理の話
  LEDリングライトの修理

※回路図発掘
L1

※これも参考に
LED劣化の記録

| | コメント (1)

2021年4月16日 (金)

「ぶつかるLED」

「出窓」のアトラクション、モータ駆動系は「うるさい」という
ことで作ってみたのが2021年1月22日:出窓に「跳ねるLED」

この続きということで
ぶつかるLED」を試してみました。

144個のテープLEDのを横にして「弾性衝突」を模倣します。
次から次とLED上に「衝突体」を送り出します。
最大個数は8。
LEDの点灯数(1~6)で質量を決めて、それぞれの速度から
衝突を模倣します。
押したり跳ね返ったり。
  ※動画じゃないと面白くないので、ちょい待って。
A1_20210416203701

※取り急ぎyoutubeにアップロード
  https://www.youtube.com/watch?v=8YOAyhjGTss
場所は仕事場の作業机。
カメラはリコーのGX100。
「出窓」に設置したときはもっとちゃんとアップします。

Arduino-UNOで動作します。
  ・ダウンロード - led_collision1.txt
     ファイルタイプを「.txt」としていますが、
     「.ino」にリネームしてください。

使ったライブラリは
   <Adafruit_NeoPixel.h>
LED表示データD12ピンに出力しています。

テープLEDが無くても、衝突体の様子をシリアル出力して
いますので、Arduinoだけで雰囲気を見てもらえるかと。
  ※シリアルモニターを115.2kBPSにして
   横幅を広く。

Cc1_20210416180801

文字はLEDの色(256色)を変換して文字(!~0~A~a~)にしたもの。
最下行がLEDに表示されるデータになります。
25msごとに新たな表示データが出てきます。

※制御タイミング
25ms = 40Hzサイクルで
 ・衝突体の移動
 ・衝突のチェック
 ・衝突体の消去(範囲を出た時)
 ・新たな衝突体の作成
 ・表示データの作成
 ・シリアル出力データの作成
 ・LEDテープへの表示データ出力
 ・シリアルデータ出力
を行っています。
その処理時間をオシロで観察した波形です。
W004

※参:タイミングを決めるタイマーについて。
LED表示データを送出する「LED.Show()」の中では割り込みが
禁止されて実行されます。
表示制御用のパルスのタイミングをソフトで作っているためです。

全体の制御タイミングを決めるのに「micros()」や「Mstimer2」
を使うと、LED.Show()の割り込み禁止期間が長い(今回は4msちょい)
ので、その間はタイマー割り込みが待たされるので時間遅れが生じます。
  micros()はタイマー0のオーバーフロー割り込み 1.024ms周期
  Mstimer2はタイマー2で1ms周期の割り込み
バックグランドの1.024msや1ms周期の割り込み処理が抜けるので
計時が遅れるわけです。

今回は16bitタイマーであるタイマー1を使って、40Hz=25ms周期の
割り込みが直接得られるようにしています。
  ※割り込みで処理しなくても25ms経過をチェックして
   (タイマー2のアウトプットコンペアフラグ)
   loop内で計時処理すれば良いのです。
   最初、Mstimer2でタイミングを作っていたので
   その絡みで割り込みが残りました。

※追記 (2021/4/29)

・衝突の発生がおもしろい。
 重い衝突体(LEDの数が多い max6)にはさまれた軽衝突体(LED数が
 少ない)が前後するのが興味深いかと。

・質量と速度は出発時に乱数で決めている。
 その頻度をどのように片寄らせれば良いかで
 見栄えが決まる。

・重衝突体が発生したら次は必ず軽衝突体になるように
 した。 軽い方の出現頻度が大きくなる。
   先のスケッチは重衝突体が連続することがあった。

・最大8個の衝突体が出てくる。
  数が少ないときはゆっくりに。
  重衝突体はゆっくりに。
  軽衝突体は早く。
  最後尾が離れたときは高速でぶつける。

こんな感じで新しい衝突体を作る「newobj()」関数を
手直ししてみました。
  ・ダウンロード - led_collision1a.txt
     ファイルタイプを「.ino」にリネームしてください。

 

| | コメント (2)

2021年4月13日 (火)

修理:LEDクリップライト、またもや点滅!

2019年1月に修理した「文鎮」 製造元の佐藤テック君
ところのLEDクリップライト
それが「また点滅する」っと修理依頼。

しかし・・・仕事場に持ち込み通電すると・・・ちゃんと点灯。
念のため、解体して電源基板やLED基板の状態を見ても特に異常なし。
コードやプラグ部をグニグニしても大丈夫。

ガレージに持って帰って、しばらく通電を続けても大丈夫。
おかしいなぁ」っと言いながら、佐藤テック君が持ち帰ったのです。
ところが・・・「やっぱし点滅する!」っと動画を送ってきました。

しかし・・・あらためて仕事場に持ち込んでも正常点灯。
何かが潜んでいるようです。
試しにスライダックをつないで供給電圧を下げてみると
85V近くまで落とすと点滅し出します。
原因不明で手出しできず、そのまま仕事場で預かっていました。

昨日、注文していたパワーLEDが届いたので、(以前に換えた
LEDの所を除いて)残りのLEDを全部新品に交換してみました。
結果・・・もちろん正常点灯。

原因不明やけど直ってる」が結論か・・・と思ってたのです。
でも、「ひょっとして」と、AC100Vコードにつながる
中間スイッチ」を点検してみました。
    ネジをゆるめるだけで解体できたので。

それがこれ。
100V平行コードの片側にだけスイッチが入っています。
71_20210413093001

その接続が「Uの字溝の金具」に電線を押しつけているだけ。
グニグニしなくてもスっと電線が外れました。
72_20210413093001

スイッチ側の金具。
74

電線には穴が二つ。
73

外皮を剥いても中の銅線はきれいなまま。
放電痕など変色はありません。
77
ネジ止めのカバーで押さえ込まれて、接触はちゃんとしていた
ようです。
76

しかし、スイッチの接点を見ると・・・
「あらら。」えらく汚れています。
75

スイッチ部を解体してからだったので、この部分の
接触がどのくらいまで悪化していたのかは不明です。
しかし、これは見るからに接触不良の発生原因となる
ような電極の汚れです。

もう一つがスイッチ内部に侵入していた「油」。
工場で使っていたということですからしかたありません。
これも原因かも。

点滅した理由、どうやらこの中間スイッチだったようです。
パナ製の中間スイッチ(平行コードはネジ止めで両方を切断する)
    ※パナのも片切りでした。
に交換して作業を終了。

※中間スイッチのお話し、別記事にします。
 ・2021年4月14日:平行コード用の中間スイッチ


| | コメント (2)

より以前の記事一覧