LED

2019年8月21日 (水)

7seg LEDの輝度低下

ガレージに置いてあるデジタル時計。

11_20190821220001

初期のAVRマイコンAT90S1200を使って作ったものです。
https://www.vector.co.jp/soft/dos/hardware/se271845.html
2001年10月の製作物。
  (電源の劣化で修理した記憶がありますがこれもだったか)
スタンレー製の大型アノードコモン7segLEDを使っています。
   (BU4986-AR)

21_20190821212501

最近、その10分桁(右端が1分桁)の明るさがなんとなく
暗くなってきました。
気になったんで、写真に撮った画像での明るさを比べてみると
他に桁に比べて80%ほどになっています。

ほんとに経年劣化で暗くなったのか、最初から暗かったのか
気になりだしました・・・昔に撮った写真を発掘して比較し
てみます。

ちなみに寝室に置いてあるデジタル時計はこちら。
・トランジスタ技術2002年6月号
 AKI-H8/3664Fマイコン・キットで自分好みに作る!
 デカデジ目覚まし時計の製作 :下間 憲行
https://www.cqpub.co.jp/toragi/TRBN/contents/2002/TR200206.HTM

こっちは停電時のバックアップもちゃんと処理しています。
AT90S1200は低機能マイコンなんで、できる限りの処理。

故障するときは重なるの?はトラ技に掲載されたのでした。

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

LED連続点灯実験用回路、頒布します。

ダイソーの400円LED電球 (LDA8L-G-T/60W)長期間点灯実験終了を受けて不要になった実験回路、照度センサーを含めて頒布します。
21_20190817122001

照度センサーを取り付けた鉄のLアングルと角材、それにACアダプタ(5V1A)、実験で使っていたそのままです。
今朝、天井と壁から外してきたところです。
説明書はありませんので、過去記事を参考にしてください。

※通信用ケーブルは含みませんが、ケーブル製作のため
 のXHPコネクタとD-SUB9ピンコネクタを同梱します。

頒布価格ですが、文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル 最後のリン青銅13.5mm厚の2コオマケといたします。
つまり、この文鎮↓2コの
22_20190817122001
オマケに、実験回路が付くのです。
ですので、お代は3400円×2で「6800円」。
 (クリップ取り付け用M5 SUSネジなども含みます)
1つの重さ、260グラムちょい。
ただしクリックポストでは送れませんので、ゆうパックでのお届けとなります。

連絡用メールアドレスを記してこの記事にコメントしてください。

皆さまからリクエストありますかどうか、しばらくお待ちします。

| | コメント (0)

ダイソーの400円LED電球 (LDA8L-G-T/60W)長期間点灯実験終了

2018年2月17日にスタートしたダイソーの400円LED電球連続点灯実験
1年半経過ということで、実験を終了します。
結果・・・ むちゃ「」じゃないでしょか。
こんな照度変化グラフが得られました。

546
照度センサーでとらえた変動はおよそ「5%」。
徐々に暗くなってきていますが、目で見ても分かりません。

実験場所だったガレージのトイレ、封鎖していたその電灯on/offスイッチもこれでやっと復旧です。
12_20190817121601  



※関連
LEDの劣化 まとめ
実験回路、頒布します (リン青銅製文鎮とともに)


| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験101日目

長期継続実験、ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験62日目の続き。
昨日101日目を過ぎましたので途中経過をグラフにしておきます。

Cob101a

点灯を継続している3つとも大きな輝度変化は起きていません。
「赤線」のCOBホルダーライト10パラLED→8パラに が少し下がっていまいますが、10bitA/D値で194→183への変化。
5%ほどの低下です。

10パラLED、点灯直後の不調は、10パラされた中に混じっていた2つのNG品が原因。
面白くないので、ここから「8パラLED」の電流を100mAに増やしてみます。

LED劣化まとめ



| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験62日目

ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験38日目 で、消えてしまったLEDを取り外し「8LED」にして点灯させてから3週間ちょい。
その後の状況です。
Cob062a

「10LED」のモジュールから劣化した2つのLEDを切り離し、「8LED」にして連続点灯(50mA)を継続。
その後は安定に推移しています。
この2つが悪さをしていたわけです。
ただ、若干の輝度低下が見られます。
  ※黄色の蛍光体を剥がしたLED(NG品の間にあった)が
   一つありますんで、ちょい気になります。

※補足:グラフ内に「センサー間距離が変化」
と記したのは、10LEDを試していた時と、塩ビパイプの長さが変わったという意味。
輝度が徐々に落ちていることとは無関係。



「明るいキーホルダーライト」の「5LED」、これが安定していますなぁ。
他に実験するモノもないので、このまま継続しておきます。

2019年5月24日のコメント
『「不良LEDを取り除けばあとは大丈夫」なんて結果が出ても面白いかと。』と書きましたが、アタリかも。


LEDの劣化 まとめ

※コメント先:http://yamane-factory.cocolog-nifty.com/yamane/2019/01/-cob2019119-795.html#comment-142454230

 



| | コメント (2)

2019年5月20日 (月)

ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験38日目

ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験19日目の続き。
さっき、試験回路の表示を見たら「COBホルダーライト10パラLED」の輝度データがゼロ!?
現在、50mAで駆動中。
塩ビパイプを開けてみたら、とりあえずは光ってました。
C01

でも、まぶしくない!  (カメラで撮ったから明るく見える)
   (ホワイトバランスは自動)
そして左端と3つ目のLEDが暗くなり、消えかけている感じです。

露出を下げて拡大(WBを日光にして)すると・・・
C02
ずいぶんと青い。

記録した輝度データを見てみると、
Cob038

32日目にゼロが出現しています。
でも、翌日には復帰。
記録するタイミングは24時間に一回、その時の輝度データを使います。
だもんで、記録タイミング以外の様子はメモリーには残りません。

結果、ずいぶんと変動してます。
10パラになったLED、どこかで短絡でも起こっているのかもしれません。

 IF=50mA  間違いなく定電流制御されてる
 VF= 2.31V ずいぶん低い
        10コのうちどれかおかしくなると
        パラ接続なんで、他が光らない。

明るいキーホルダーライト(楕円):5パラLEDは安定。
100mA駆動も50mA駆動もほぼ変動無し。


・LEDの劣化 まとめ


※追記
21日のコメントに記してますが、朝、仕事場に来たら完全に消灯。
そこで、怪しかった左端と3つ目のLEDチップを切り離してみました。
   もともとは10コのLEDが並列。
   どれか一つでもアウトだと、ちゃんと光
   らない可能性。

黄色のジェル状カバー材を削り去ったあと、銅箔にカッター刃を入れてパターンカット。

11_16

真ん中(左から2つ目)のを右側7個の列につなぎます。
12_13

すると、8つのLEDが点灯。
13_7

5日でアウトになった最初にテストを始めたのはどうでしょね。
もうちょい調べてみます。

※追記
5日目でアウトになったの(一番上の写真で上側のモジュール)、パターンを切ってLED個別に確認してみました。
  生きていた(光る)LEDが7つ。
  光らない(けど低い電圧のVFは出る)のが2つ。
  短絡してたのが(当然光らない)1つ。
こんな状態でした。
蛍光体の発光効率の低下というより、LEDチップそのものがアウトに。
こりゃ、話になりません。


光る8個で点灯実験継続。
ただ、左から2つ目のカバー材(蛍光体)を剥いでしまったのでどうなるか。
これは青く光っている。
全体のVFを計れば「おかしいのが出てきた」がわかるかも。


※コメント先
http://yamane-factory.cocolog-nifty.com/yamane/2019/01/-cob2019119-795.html#comment-142430216

| | コメント (5)

2019年5月 1日 (水)

ダイソーCOBホルダーライト連続点灯実験19日目

たった5日でくじけたダイソーのCOBホルダーライト、電流値を「50mA」に変えてからの様子です。

Cob019

6日目のデータに50mA点灯でのA/D値が出ています。
  ※100mAの時とほぼ同じ明るさなのは、
   センサー間の距離(塩ビ筒の長さ)を
   調節したから。

50mAにしての再点灯からざっと2週間。
でも、明るさはおよそ半分に。
やはりこれは「あかんやつ」でした。

これに比べて明るいキーホルダーライト(楕円)は頑張っています。
100mA駆動も50mA駆動も安定。
  ※2日目と5日目微妙な明るさ変化、COBホルダーライトの
   様子とともに、これらが光っているのを目で確認しよう
   として、発光部のキャップを塩ビ筒から抜いて再装着
   したたため、位置や角度が微妙に変わったのでしょう。
   6日目以降は触っていません。

このまましばらくこれらの点灯実験を続けます。

LEDの劣化、まとめ

| | コメント (2)

2019年4月23日 (火)

「LEDの劣化」と「蛍光灯やLED電球の点滅」

仕事場のHPスペースを使って、
  ・LEDの劣化
  ・蛍光灯やLED電球の点滅
を、まとめておきました。
ZAQのブログとHPの閉鎖騒ぎ後、きちんと復活していなかったページの一つです。
「LEDの劣化」には、LEDの長期間点灯での輝度変化を記録するのに使っているツールの制御プログラム(ソースファイル)をアップしてあります。
「蛍光灯やLED電球の点滅」では、残念ながら動画が復活できていません。
この動画の元データ、どっかにあるはずなんですが・・・
家のPCなのか、仕事場のPCの中なのか・・・
パナのデジ一「LUMIX DMC-L10」に関するトラブル遭遇記、この場所に復元しました。


| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

ダイソーの「COBホルダーライト」、LEDを交換

ダイソーの「COBホルダーライト」、LEDの寿命テストのために二つ買っていました。
ところが、テスト開始早々で100mA駆動していたのが脱落。

2019年04月09日:ダイソーの「COBホルダーライト」電流と輝度の変化を
2019年04月15日:LED点灯 ほったらかし実験
2019年04月17日:ほったらかしにならなかったLED点灯実験

LEDを抜き去った「ガラ」(ケースと回路)が残っています。
これもったいないので、次のように改造しました。
・昇圧回路から、on/off・点滅回路(点滅用IC)を撤去。
・押しボタンスイッチも撤去。
   ※これで電源のon/offができなくなってしまう。

21_6

・電源スイッチとしてスライドスイッチを付加。
   ※物理的なスイッチでon/offを実施。
・取り去ったLEDの代わりに1WタイプLEDを一つだけ装着。
   ※放熱用の銅板にハンダ。
    手持ちの東芝製「TL1F2-DW0,L」 を使った。

22_2

簡便にホットボンドでペタペタと。

23_1

24_1

LEDの装着位置、左右に有る斜めの反射板が使えるギリギリ端っこのほうがよかったかも。

※リンク
『実用的なLEDライト改造』シリーズと更新情報(最近、何しとらっせる?)



| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

ほったらかしにならなかったLED点灯実験

4月15日に記した<LED点灯 ほったらかし実験>
結果が出るのは何か月も先・・・というのを期待していたのですが一週間も経たずに中間報告です。
脱落したのは、2019年04月09日:ダイソーの「COBホルダーライト」電流と輝度の変化を の10素子入りLED。

11_10

LEDが10素子入ってます。
実験回路では、これを「100mA」で定電流駆動。
単純に素子数で割ると、1素子あたり「10mA」という電流で、砲弾型LEDだと常用する電流値です。
これが・・・
5日経過でこんな具合に。
 
Cob05a

調べているLEDは全部で6つですが、常時点灯しているのは3つ。
「比較」と記しているのが、1日に1回だけ短時間点灯して、測定回路系や塩ビキャップへの貼り付け具合に異常が出ていないか調べています。
LED個々の明るさ変化は、センサーからのアナログ出力をA/D変換(10bitなんでmax1023)して見ています。
明るさの違いは、LEDの設置方向(入らないので傾けているのがある)や塩ビ筒の長さが関係しています。

COB 10LED、4日目で持ち上がっているのは「ちゃんと光ってるの?」を確かめるために塩ビ筒からキャップを外して状態を確認したので、
センサーと対向する位置が動いたのでしょう。

※「COB 10LED」、電流を50mAにして、まだ健全そうな比較用のと入れ替えて継続実験してみます。
「明るいキーホルダーライト(楕円)」の5LEDランプがどうなるか・・・

※昔々の実験はここにまとめてあります。
 <LEDの劣化 まとめ>

型番の分かったメーカー品でもひどいものがありました。
まして百均のは・・・
2013年01月11日:できるかな? 白色LEDの輝度劣化をとらえる #5


※長期間のLED点灯実験
こんなサイトを見つけました。

Memento Moranai: ■ダイソーの「COBホルダーライト」
Memento Moranai: ■100均のLEDライトのランタイムと耐久の調査。

電池を入れ替えて実験されているようですので、むちゃ手数がかかっているんじゃないかと。
こちらではLED単体での点灯実験ですが、実機をそのまま通電しての継続実験です。
ほんとにたいへんかと。

※mytoshiさんのコメント書き込みを発見!
http://memento.blog.bbiq.jp/blog/2018/09/daiso-cob-holder-light-led-aaa.html#comment-93499824


※5日点灯で輝度劣化したLEDと、比較用(毎日1回短時間だけ点灯)のを比べてみました。
上段のが5日間常時点灯したもの。これを電流100mA駆動。
下段が比較用のLED。 こちらは10mAで。
12_7

カメラはリコーのGX100。
ISO 100、WB 晴天屋外、F=12、シャッター速度1/2000秒。
上段の明るさ、100mA流しても下段の10mAに負けてます。
10コとも青く見えますが、明るさ、どれもそろってますんで、全部が同じように劣化したのかと思えます。
照度比較できるかと、画素のRGB(各8bit)を見てみました。
でも、上段下段ともGとB(緑と青)が「FF」に飽和してました。

下段のLEDを50mAにして、実験を継続しています。


| | コメント (6)