LED

2018年5月29日 (火)

ダイソーのLED電球、100日経過

ダイソーのLED電球、点灯実験を始めたのが2月17日。
100日が経過しました。

その照度変化グラフです。
0099

ぜんぜん面白くない!
劣化の兆候、ありません!  →むちゃ優秀なの?
     (上を向いたセンサーの表面、たまに掃除しています)

LEDの劣化 まとめ
・測定系の報告。
回路のタイマーは、Arduinoのメインクロック 16MHz。
時計用の水晶発振子ではありません。
その誤差、100日間の累積で約1分進んでいます。
最大記録日数は500日。
この間に、目立った変化は出るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

ダイソーのLED電球、1か月経過

2月17日にスタートした連続点灯実験 、1か月が経過しました。
結果・・・ ぜんぜん面白くない! =むちゃ優秀!!

輝度変化のグラフを見てもらいましょう。
   (クリックで拡大↓)
A1

気温が上がってきているせいでしょうか、微妙に照度も上昇。

※深夜0時に記録するんで、周囲の明るさは関係なし。

※LEDの輝度が変化しているのか、センサーの感度が変化しているのかは不明ですが、実績から言って、センサー感度の変化はわずかかと。

センサー(ロームBH1603)とArduino UNOと液晶があれば、どなたでも実験できます。
   ※スケッチです
http://act-ele.c.ooco.jp/trouble/ledrekka/LEDREKKA11.htm#LAMPTEST
 http://act-ele.c.ooco.jp/trouble/ledrekka/led_lamp_test1.zip  ←スケッチの圧縮

※関連
ダイソーのLED電球、買ってきた・・・
ダイソーのLED電球 実験回路
ダイソーの400円LED電球、まだ大丈夫

LEDの劣化:居酒屋ガレージ日記のまとめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

ダイソーの400円LED電球、まだ大丈夫

ダイソーの400円LED電球 、点灯実験を始めたのが2月17日(土)。
1週間経過しましたが、照度センサーの値(10bit A/D値)では、ほとんど変化はありません。

21

窓から入る光や、おそらく周囲温度の影響などで、±2ほどの変化は見られますが、劣化の兆候はありません。
はてさて、興味津々。

昔は、こんなことがありましたんで。
できるかな? 白色LEDの輝度劣化をとらえる #5 : 2013年01月11日

★LEDの劣化:居酒屋ガレージ日記のまとめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

ダイソーのLED電球 実験回路

ダイソーのLED電球、買ってきた・・・ で使う実験回路、こんなのです。

Led_lamp_test2
(クリックで拡大↑)

Arduino UNOからATmega328Pを抜き取ってきて使います。
  ※ブートローダが書かれている。
そして、Arduinoの開発環境でスケッチを書いて(描いて?)いきます。
ロームの照度センサー さえ入手できれば特殊なパーツはありません。
作ったユニバーサル基板、液晶を外せばこんなにシンプル。

11

Arduinoのピンから電線を伸ばしてもokでしょう。

照度センサーの拡大↓
12

これ、むちゃちっこいです。

最初は、もうちょっと豪勢な回路を考えていました。
(クリックで拡大↓)
A1

照度センサーに加えて温度センサーもつなげるように。
リチウム電池でバックアップしたリアルタイムクロックICと、
大容量な外付けEEPROMをI2Cでつないでっと、図を描いていました。
今回はそれを簡略化。 外付けICは無しでっとなりました。

★LEDの劣化:居酒屋ガレージ日記のまとめ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

ダイソーのLED電球、買ってきた・・・

「400円で売っている」 ということで、買ってきました。

15

「60W相当」で「電球色」。 400円は税別です。
それを、ガレージのトイレ電球の代替として頭上に装着。
11

しかし・・・ 怪しい金具と配線が伸びています。

5年ほど前、LED電球と白色LEDについてあれこれ実験していましたが、ZAQのHP、BLOG閉鎖騒ぎで、まとめていたデータが逸散してしまいました。
  ※データは残っていますが、まとめていたページが消えています。
例えば・・・
できるかな? 白色LEDの輝度劣化をとらえる
できるかな? 白色LEDの輝度劣化をとらえる #5

これをダイソーのLED電球でやってみようというもくろみです。
小さな白色LEDだと、塩ビ管の中に入れることができたので、実験していても邪魔にはなりません。
ところが、LED電球だと・・・「明るすぎる」「発熱する」
ということで、机上での実験は不可能。
そこで、実験の候補地がガレージのトイレとなりました。
頭上を見上げると・・・電球に怪しい仕掛け。

12

L字金具の上面には照度センサー。
ロームのBH1603 を配置しています。
13

LEDの先端から約50mmの直下位置にセンサーを配置。
センサーからの照度に比例した電流出力をマイコンのA/Dコンバータで読み取ります。

14

これで、LED電球の長期的輝度変化を調べてみようというもくろみです。
使ったのはARDUINO UNOのATmega328。
1024バイトの内蔵EEPROMに、1日ごとの輝度データを書き込むということで、記録に残します。
16

ガレージ・トイレのスイッチは常時オンに。
トイレ、むちゃ明るくなりました。

最大500日の変化を記録できるようにしています。
はてさて、どういう結果が出ますか。
測定は今夜からスタートです。

測定回路図

※ZAQのHP、BLOG閉鎖騒ぎで消えてしまった「LED劣化」に関するまとめを復活させておきました。
LEDの劣化 : 居酒屋ガレージ日記のまとめ

| | コメント (1) | トラックバック (0)