Help me! (助けて!)

2017年9月16日 (土)

「古いトラ技」があれば・・・

CQ出版・トランジスタ技術編集部よりの
help!です。

『状態の良い古いトラ技をお持ちなら譲って
 いただきたい』
とのこと。

トラ技は1964年10月創刊。
この創刊号のキレイなのがあれば、ぜひとも
とのこと。
また、60年代~70年代初旬のキレイなのも
待ってますとのことです。

メールアドレスを記してこの記事にコメントいた
だければ、(匿名でかまいません)編集部に伝言
いたしますので。

私の仕事場(有)アクト電子 の書架からすっと
引っ張り出せた古いトラ技がこれ。

11

1973年2冊と1974年の2冊。
70年代のはまばら。
1979年からは全冊そろってるんですが。
   (ページ数が多く厚い時代のは
    三枚おろしにして広告は抜いてある)
もうちょっと古いのがあったはずなんですが、
どこかの段ボールの中かな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

パネルを貫通させたい

ちょいと皆さまのお知恵をください。

とある電子回路応用機器。
リアパネルに端子台が設けてあります。
    (弱電信号用。 電源用で24V 1Aほどのが1系統)
下図のように、端子台はパネル (2.0mm厚の鉄)にネジで
固定してあります。
隙間を作らないためというのが理由。
   (防水構造では無い)

内部回路とは、パネルの裏で手配線しているのですが、
今回、信号線が多くなったので基板化したいというのが、
客先の希望です。

端子台をパネルにネジ止めしたいということで、
端子台を基板にハンダしてパネルの裏から差し込む
という構造は、端子台のサイドとパネル穴に隙間がで
きるからという理由でできません。

ということは、図のような方法にしなくてはなりません。

IDECの「BP311S」という足長の端子台があるので、
これでと考えているのですが、もうひとつ問題。
  (端子ピッチ7.62mm)

パネルは正方形で、外形が123×123mm。
必要な端子数、最低で16ピン。
これだと、面積的に入るのですが、「もっと信号を」バージョン
では40ピンほどになってしまうので。
こうなると、7.62mmピッチの端子台ではしんどくなります。

「パネル貫通型端子台」というのもあるのですが、
基板とうまくつなげるものが見当たりません。

方法的には、「端子台じゃなくてコネクタにしたら」となる
のかと。

(クリックで拡大↓)
11

こんな端子台モジュールの、「引き出し先逆バージョン」が
あればいいんでしょうけれど・・・

21

22

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

こんな出力コンデンサ

この図をご覧ください。 (クリックで拡大↓)
Ycon

上部の図は、絶縁型DC-DCコンバータを使った電源回路です。
DC24V入力でDC5Vを得ています。

「これでエエのんか?」と思うのが、二次側出力に入ったC6とC7。
C1とC2,C3はいわゆるXコンデンサとYコンデンサ。
EMC対策部品です。

ところが、ここではC6,C7がYコンデンサとしてフレームGND
(外部アース)につながっています。
それも、C6,C7の値が「0.1uF」。
104のコンデンサが使われています。

DC-DCコンバータの解説では、「Figure 1」の図のように、
「入力のGNDと出力のGNDをCYでつなぐとノイズが減るよ」
と記されているものがあります。

しかし、ここでの推奨値は「1000PF」程度。
C6,C7の1/100です。
   ※CYの目的は絶縁トランスの浮遊容量を通して出てくる
     ノイズを減らすため。


   ・フレームGNDに入れているC6,C7は必要か?

が出発点。 で、

   ・このままで悪さはしないか?
   ・+側のC7は取り外すべき?
   ・フレームGNDへのつなぎはやめるべき?
   ・「Figure 1」のつなぎ方が正解なの?
   ・0.1uFでなく1000PFくらいに。

いかがなもんでしょか?

   ※私の設計じゃないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

Win7のコマンドプロンプト

昔に作ったMS-DOSのプログラム、それをウィンドウズ環境で
使うときに用いるのがコマンドプロンプト。

これ、私のPCをWin7にしてからなんですが、文字化けが
解決できなくて困っているのです。
こんな具合。

(1)コマンドプロンプトを起動 …異常なし
C1

(2)日本語テキストをtypeコマンドで表示  …異常なし
C2

(3)この「1.txt」というファイルは自作の「HEX2BIN」という
  プログラムのヘルプメッセージをリダイレクトでファイル
  化したもんなんです。
  HEX2BINを実行させてヘルプを出すと …アウト!
C3

新たなメッセージだけでなく、typeして正常に表示
されていた文字もアウト(ここは「?」に変わる)。
半角カナが絡んでいるようなんですが、最後の2行は
ちゃんと半角カナが表示されているし…

(4)もうひとつ面白いのがゴミ残り。
   「cls」コマンドで画面クリアすると、大部分は
   消去されますが、なぜかゴミが残ってしまう
   ところがあるんです。
C4

ネットを調べてあれこれ試してみましたが、解決していません。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

結論が出ていないんでっす 小数点の「R」

ちょいと昔の記事を見ていたら・・・
  ・小数点の「R」って:2007年01月22日

小数点の「R」って何? を議論。

★私の推理:
  モールスの小数点は「・-・-・-」。
  これを略して「・-・」。
  「R」と同じ。
  で、小数点がRになったというモールス符号が起源
  じゃないかい?
  というふうに推理できないでしょうか?

当時のWikipediaには、
  電子部品などの規格値の表示で、誤読を防ぐため
  小数点(Round)の代わりに用いる。

っと。

ところが、さっきWikipediaを見たら、
  電子部品などの規格値の表示で、誤読を防ぐため
  小数点の代わりに用いる。
  「R」の由来については不詳。

『「R」の由来については不詳。』っと、追記されておりました。

どこかに由来があるはずなんですが・・・

※新しい発見  …昔からあるんですが
無線局運用規則  その第五十八条の二
 
   短波帯の周波数の電波を使用して行う無線電信通信
   においては、船舶局の通信周波数は、当該周波数が
   整数であるときはその百の位以下の三数字を送信す
   ることにより、当該周波数が整数でないときはその百
   の位以下の三数字、「R」の文字及び小数点以下第一
   位の数字を順次送信
することにより、それぞれ表示を
   することができる。

小数点の「R」が出てきました。
これ、日本の無線局運用規則なんですが、世界的には
どうなんでしょ。
小数点に「R」を使うんだ、のような規則はありませんで
しょうか?

※検索  …あらためて
3R5 : 湧雲日記    … JISにあるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

薄幅タイプのマイクロスイッチが見つからない

古~い機器の修理依頼。
カムスイッチでタイミングを生成。

A2

モータがゆっくり回って、凸凹円盤でスイッチをオン/オフ。
そのリミットスイッチが接触不良。

A1

A3

「松下」の「AM7600」と「AM7100」。
AM7100のほうが薄型。
同形状のマイクロスイッチ代替品が見つからない…

オムロンの汎用品をだまして使うか。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

傾斜計、やってきました。

『傾いたら警報を!』 の製作が決まり、取り急ぎ
ニパさんに教えてもらったアマゾンの「±10度」タイプ
を入手しました。

「前後傾斜計」と商品名が記されていましたが、どうやら
船やボートの前後トリムを見るため用にと名付けられたよう
です。
しかし、前後も左右も、角度読み取りはいっしょです。

11_2

キーボードとの対比で、大きさと厚みが分かるでしょうか。
裏側に両面テープが貼られています。

これ、照明ランプ(LED)が内蔵されていたらかっこいいのにね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

傾いたら警報を!

古くからお付き合いしてる機械設計製造屋さんからのHelp。
とある機械(トンネル!の中で使う)が、
   「傾いたら警報を出したい」

警報といってもたいそうなものじゃなく、
ブザー報知とランプの点滅。

※掘削現場(切羽)じゃなく、ちゃんとトンネルが出来上がって
 きているところで使われるものなんで、周囲はまだ静か。
 大音量サイレンの必要は無し。 AC100Vも使える

ちょいと調べましたら、
  ・傾斜計:オムロン D5R-L02
  ・照光ブザー:IDECのHW1Z
電気的な警報のための入力と出力にはこれらが利用できそ
うです。

で、もう一つの要望が単純な「傾斜角度表示」。
              ↑
          電源無しで表示できれば
          電池はOK
          毎回のゼロ度合わせはダメ
探してもイイのが出てきません。

で、海外まで目を向けたら、
  (きっかけは車用傾斜表示の記事…かっこいいのが欲しい)
こんなメーカーを見つけました。
  ・http://www.levogage.com/   :Sun Company

ここの製品の±6度の Lev-o-gage 4  が、ネジ止め式で
よさそうっと。

さて、これの入手、うまく行きますかどうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

ザイコー X2212

Nonvolatile Static RAMという、EEPROMと
スタティックRAMを組み合わせて、電池無しで
バックアップできるという、便利な素子。

『バックアップデータがバケる』という症状の
故障修理依頼。 (私の設計じゃない)

基板に2つ使われているXicor(ザイコー)の
「X2212D」がひとつアウトに。
4bit×256ワードというデバイス。
2つで256バイト。
8bitバスに直接つながっています。

21

バス波形を見ると、MSB側のHレベルが
中途半端に。 H/Lが確定していません。

22

さて、困った。
どこにも売ってません。
ICには1986年の刻印。
どこかに残って(基板に実装されててもOK)
ないかな~。

※私は使ったことない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)