Help me! (助けて!)

2023年12月22日 (金)

トラ技記事で見た記憶が:コモンモードチョークを絶縁トランスとして使う

電源用のコモンモード・チョーク、普通はこんなつなぎで
ノイズの侵入を防止します。
Cm21

このコモンモード・チョークを「絶縁トランス」として
利用するという使い方について「Help」です。

コンデンサドロップ方式を使った手抜きの電源回路。
  ※いわゆるトランスレス電源
Cm23
GNDラインや回路の電源は、AC100Vとダイオードを通して
つながります。

振動センサとして圧電発音体を利用する手法、
「ボコスカ」や「シャカシャカ」 で多用しています。
これらは電池運用なので、特に気にしなくてok。

トランスレスでの制御回路、センサーを電線で外に引き
出して伸ばすので、AC100Vと絶縁しておきたいわけです。

Cm22
発音体から出てくる信号は2~4kHz。
ST-32で有名なトランジシタラジオ用のトランス
が使えそうなのですが、耐圧の定格がDC100V。
耐電圧AC100V、10秒間というスペックになっていて、
トランスレス回路で使うにはちょっと不安。

そこでコモンモード・チョークを信号の絶縁トランス
として使ったのです。
  ※電源で絶縁しろ・・・ごもっともです

で、こんな使用例(特性の調査)をトランジスタ技術で
見たことがあるのですが、探し出せていません。
  ※目次検索では見つからず。
   書架のトラ技を探索中。

ご記憶にあればヒントを!

※発見の報!

UTiCdさんに発見してもらいました。
  X(Twitter)で連絡
トランジスタ技術2011年12月号p.86~88
   中野正次さんの記事、
・即席回路(14):
 ノイズにまみれた2点間の微少な電位差を
 確実に取り出せる平衡-不平衡変換回路

記事のタイトルにはコモンモード・フィルタ
とかコモンモード・チョークという名称は
出てきません。
  それで、検索からすり抜け。

この号の特集が「即席サバイバル回路 50」。
私もいくつか記事を書かせてもらってました。

Tr1112

※トラ技記事からピックアップ
・p.86
T11_20240123085601
・p.88
T12_20240123085601

※関連
DBMのトランスにコモンモードチョークコイルを使う (JJY受信機):ラジオペンチ

| | コメント (2)

2023年12月14日 (木)

パナの古いリレーを使った機械がトラブった

ご近所の工場(金属加工屋さん)からのHELP。
「切削機械の材料送り装置が、突然動かなくなった」と。
   ※30年以上前の装置
リレーとタイマーで制御してるんですが、どうやら
接点の接触不良。
関係する回路で使っているのはリレーは2種類(HP2とHP4)。
合わせて14個とタイマーが1種類(CDV)3個。

「交換しよう」となったんですが、調べると・・・
  リレーが2012年に終息。
  タイマーは2005年。
探しても見つかりません。
他メーカーで類似品をなったのですが、ソケットが合いません。

これが使っているリレーとタイマー。

・HP2-AC100V (AW5124)
Hp2

・HP4-AC100V (AW5144)
Hp4

・CDV-20SEC-AC100V (AD4277)
Cdv1
Cdv2

似たようなスペックのオムロンのLY2、LY4、
「足」が違うんで盤のソケットに入りません。
Ly2
Ly4

普通の盤ならソケットも交換して入れ替えということになる
んですが、その制御盤の配線方法が特殊。
制御盤内のパネルにハンダ付けタイプのソケットが埋め込ん
であって、その裏で配線(ハンダ付け!)が行われています。
ソケットの入れ替えはなかなか困難。

HPリレーと同等の「足」のリレー、ご存じありませんか?

※現時点、こんな対応をしようと・・・
 ・いったんリレーとタイマーを盤から外す。
 ・持ち帰って、全部の接点の調査。
 ・オン・オフさせてみて接触状態をチェック。
 ・NGだったリレーのカバーを開けて接点の洗浄にトライ。


※関連
2018年10月11日:パナソニック「HCリレー」廃番に!
2015年10月01日:パナソニックの「HKリレー」

| | コメント (3)

2023年12月 5日 (火)

「アラルダイト」が無い!

常用している急速硬化型エポキシ接着剤「アラルダイト」
手持ちが無くなったので買おうとしたら・・・無い!
Ar11
調べたら、
エポキシ系接着剤 アラルダイト 2020年6月をもってこの製品は全品番 販売終了です

『 アラルダイト AR-R30 につきましては、今回の毒物及び
 劇物指定外ではありますが、販売を終了させていただきます。
 販売終了時期につきましては、在庫消化後とさせていただきます。』
とのこと。

代替品、どうしたものか。


| | コメント (0)

2023年10月21日 (土)

2つあるワンショットマルチの時定数比を一定にしたい

基本回路的はこんな具合です。
Mm11_20231021110501
ワンショットマルチが二つあって、その時定数を
2連ボリュームで可変します。

この時「t2 > t1」の関係を保ちたいのです。
t2はt1のおよそ1.2倍。
ここで、2連ボリュームの抵抗値精度が問題に
なるのです。

可変範囲を広くするため1MΩのを使おうとして
いるのですが、2連ボリュームの抵抗値、
けっこうバラついています。

「ステレオの音量調整」で使うボリュームのように
「減衰比」だと抵抗値そのものが違っていても
あまり影響はありません。

ところが、こんなタイミング回路では抵抗値そのものが
重要です。
2連のうち、抵抗値の大きい方をt2側で使えば、
「t2 > t1」の関係は維持できそうです。

で、「2連ボリュームを使わずに、2つのモノマルチの
時定数を設定できる方法は?」っと考えてみたところ、
「こんなのもできるかな」というのがこの回路。
Mm12
モノマルチ「HC4538」の時定数はCとRで決まります。
Rの変わりに電流を流し込めば、その電流比で時間が
決まるはず。
2つのモノマルチのCは同じにして、Rtの違う回路で
電流を流し込めば、時定数比を保てるのではと
考えたのです。

電流値が微少になるので、ちょっとやっかいかもしれません。


※ブレッドボードで簡易的に実験
こんな波形が得られました。
まず、C=0.01uF R=100Kでの標準的な駆動の様子。
M001
「C」端子の電圧が指数関数で上昇し、約3.3Vに達すると
Q出力がオフします。
出力パルス幅はおよそ「0.7 x C x R」の式どおりの値に
なっています。

これをオペアンプを使った定電流回路に換えます。
PNP TrではなくP-ch MOS FETを使いました。(2SJ682)
M003
C端子の電圧は直線的に上昇。
同じように3.3V到達でQ出力がオフします。

電流を決める抵抗を1KΩと1.2KΩにして、1.2倍の
時間が得られるか、試してみます。
Ma000
アンプの+端子電圧(5V基準で)は0.1V。
抵抗が1Kですので、0.1mA流していることになります。

「20mV」でR=100KΩと同じパルス幅が出てきました。
R=1MΩで得られるパルス幅(7msくらい)を目指すには、
電圧をもっと小さくしなければなりません。
「mV」となってくるとオペアンプのオフセット電圧が
効いてきます。
  ※あれこれ部品を増やすより2連ボリュームを使う
   ほうが簡単か・・・

小型FET、N-chのは2N7000を買ってあるのですが、
P-chの小さいの、手持ちがありません。

※ブレッドボードを使った実験の様子
Mm22
電源電圧5Vで実験。
電圧を徐々に下げたら1.7Vくらいまでは動作してました。

調整用ボリューム、10mV以下をうまく操作できるように
しなくちゃなりません。
Aカーブでは間に合わないか。

※流し出し型の定電流回路例
2015年07月03日:直流定電流流し出し回路が一定にならない#2

| | コメント (1)

2023年10月 6日 (金)

TRWの16pin DIP IC「8543」 これは何?

ジャンク箱を物色していたら・・・金色に輝くICを発掘。

Trw11
Trw12
メーカーはTRW。  でしょう。
型番はHK8543/AM。  おそらく。

ネット検索しても資料が出てこない。
さて、これはいったいナニ? どんな石?

仕事で使った残りなのか、それも不明。
  足をICソケットに挿した痕は見える。
なぜジャンク箱に入っていたのか、記憶にございません。

「HK8543」を検索すると女子のスカート が出てきたりして
困っちゃう。

※2024-01-04追記
efialtes_htnさんからの情報で、型番が「8543」では
なく「1121」だと。

仕事場へ来て、CQ出版の半導体規格表シリーズを
捜索したら、「A-D/D-Aコンバータ」は1990年と
1991年の2冊を発掘。
1990年のほうに「TDC1121」が出ていました。
  ※1991年版では「並列型A-D」で区分
   されているのは6bitから。
   4bitのは1990年版だけ。

書架から発掘できた
  「最新A-D/D-Aコンバータ規格表」2冊。
Ad11
下の方、1990年版に出ていました。

・コンバータ一覧のページ
Aa2_20240104092101

・これがピン接続
Aa1_20240104092101

このチップを使うつもりはありませんが、立派な金ピカ
チップの由来が分かり、すっきりしました。
 ・自分の設計で使った記憶は無し。
 ・ひょっとして客先回路の動作検証とか修理とか
  で扱ったのかも。
 ・それより、何かのジャンク基板から「金ピカだ」っと
  抜いておいた可能性が大。

| | コメント (9)

2023年10月 2日 (月)

入力セレクタ+VR+トーンコントロール用IC、何かないかな?

現在、ガレージで使っているステレオアンプ、
佐藤テック君とこからやってきたシアター用5chの
デジタル品。
しかし、これの入力切り替えがどうもうまく行かないのです。
カセットテープレコーダーとPCからのアナログ・ステレオ信号
を入れてるんですが、日によって鳴ったり鳴らなかったり。
トーンコントロールが使えなかったりと、もう一つ。

パワーアンプは、仕事場を探せばあれこれでっち上げられます。
問題はプリアンプ・・・というか入力セレクタと音量調整+
トーンコントロール回路。
2連ボリュームとスイッチを並べて作るのも面倒だし、
専用のICが有りそうなんですが、「ちゃんと買えるもの」が
見つかりません。

例えば 日清紡マイクロデバイスの電子ボリューム
を見ますと、
  NJU7391
  NJW1192
  NJW1194
など、入力セレクタとボリューム調整、トーンコントロール
機能が入ったICが見つかります。

Jnjw1
しかし・・・売ってない  (Aliexpressにはありそうだけど)

これに似たようなんで、何か使いやすそうなデバイス、
ご存じないですか?

※追記 ガレージで使っているAVサラウンドアンプ
 DENONのAVC-M330
Dd11_20231004083301

アナログ入力、たくさんあるのですが使っているのは
TAPEとMD。
左のSONYのカセットデッキをTAPEに。
PCのAUDIOをMDに。
TAPEはちゃんとつながるんですが、トーンコントロールが
できず。
MDの選択は機嫌が悪い。
たまにつながってもTAPEと同じようにトーンコントロール
がきかない。
こんな状態です。

PCの音出力はパラにつないだ別のアンプ・スピーカで
鳴らしてますんで、間違いなく出てます。

| | コメント (6)

2023年9月28日 (木)

電磁石の接触面の状態で保持力が変わるの?

2022年9月8日:飛んだ! どこへ行ったぁ~ ここにあったぁ~
に絡むメカの修理。

修理メカには二つの電磁石が付いています。
  ※写真は修理後の
11_20230928101101

コイルの断線もなく、両方ほぼ同じ電流値。
ところが黄色側の保持力がえらい弱いのです。

電磁石で引っ張る相手はこんな金物。
12_20230928174701
  ※緑四角が磁石と接触する部分

メカの動作前、先端の四角い金具部分が、片方ひとつだけ
通電された電磁石にくっついています。

メカが動き、2つ同時に奥に引っ張られると、磁石が
通電してないほうは、そのまま引っ張られて先に奥に
引っ込みます。

磁石にくっついている方は、磁石で保持されているので、
少し遅れて磁石に打ち勝って解放され奥に行きます。
この微妙な時間差でメカの動きを制御するという仕掛け
になっています。

今回は、この黄色の磁石の保持力が弱くって、反対側と
ほぼ同時に離れてしまい、うまく制御できないという
トラブルが生じました。

メカの動きをスムーズにするため、清掃したり注油したり
してもだめ。

青と黄の違いを見ますと・・・黄色電磁石のヨーク先端と
引きつける相手側金物先端の表面が汚れていました。
黄色側の両方に何かが付着していたのです。

13_20230928101801

マイナスドライバの先でゴシゴシ。
溶剤を付けた綿棒でゴシゴシ。
最後は2000番の紙ペーパーでこすって表面を
きれいにしたら・・・回復!
  ※上の写真は作業後のもの

汚れが付着したとき写真は撮っていなかったので、
説明は難しいのですが、水垢のような感じ。
でも、けっこう固かった。
  ※水に溶けたカルシウムでも固着してたのか

ちょっとしたことなんでしょうが、磁石のチカラって
こんなに微妙なものなんだっと思い知らされた次第です。


※前の記事、飛んでいったスプリングはこのメカを
 奥に引っ張る機構にくっついています。


これ↓もこのメカの話。
2022年9月22日:グッと押したらオフするリミットスイッチ

※「美和ロック」の磁気カード式ドアロック装置「MCL」。
 その修理依頼です。
 ほとんどが電池液漏れによるダメージ。
 そしてリミットスイッチの接触不良。
 磁気カード読み出し回路の異常もやっかい。
 今回のは、初体験で、原因が分からずたいへんでした。

| | コメント (0)

2023年8月12日 (土)

データシートが見つからない!シャープのSSR「S201DD2」

実験でAC 100Vを開閉したいということで、
手持ちのSSRを発掘してました。
ところが・・・ストックしてあるのは入力電圧
12~24V仕様のばかり。
制御用だと24V電源を使うんで、その絡みの残りです。

今回は、5Vでオン・オフしたいのです。
別の場所を探すと面実装のフォトMOSリレーが出てき
ましたが出力の電流容量が不足。

困ったぞ・・・っと、ほんとのデッドストックを
置いてある場所を探すと、シャープ製のSSRを
十数個発掘できました。
何かの仕事で使った残りです。

型番が「S201DD2」。

Ss1_20230812125001

出力開閉電圧200V、電流1Aというのは想像できる
んですが、ピン接続をどうすればが不明。
これを使った仕事のファイルを探し出せば、資料も
綴じてあるんでしょうが、それがわかりません。

仕事場を見渡して、見つけられた資料からピックアップ
できたのがこの2つ。

まず「岡本無線」のカタログ。
  昭和59年(1984年)のVol.8。

S21

そしてCQ出版の規格表
 「'90最新インターフェース素子規格表

S23_20230812125001

これで足の接続はわかりました。

問題はG・K間にいれるCR。
  岡本無線の図の「H」、「S101DD3」のように、
  G・K間にCRを入れておけ、と記されていた
  記憶があるのです。

ゲートをオープンにしないようにするだけ
だから、1kΩ+0.01uFくらいで良いのかと想像。
試しています。

※まぁ、新しい素子を買えばエエんですが、
せっかく発掘したことですし、使えれば
使ってやりたいので。

※40Wの白熱球を負荷にしてテスト。
1k+0.01uFだと点灯せず。
10k+0.01uFにしたら点灯しました。
LED電流を7mA台まで落とすと、暗く
なり始めました。
47KΩにすると、暗くなるのは4mA台に。
100kΩだと2mA台。
抵抗値により、ゲートがトリガする感度が
変わるようです。

※追記
「岡本無線」のカタログに出ていた同類のSSR、
  S12MD1、S12MD3、S22MD2
これをネットで検索するとデータシートが
出てきました。
S22MD2だとこんな接続です。
Aa51_20230817083801
RG値によるトリガー感度の変化がグラフになっていました。
Aa52_20230817083901
保持電流の表。
Aa53_20230817083901
47kΩくらいで10mA流しておけばOKという
感じでしょう。
でも、CGの値は記されていませんでした。

2素子入りのS12MD3だとこんな具合。
Aa61

トリガー感度。
Aa62

| | コメント (2)

2023年5月29日 (月)

どこのスイッチだろう

修理案件で困っています。
6本足のスイッチ。
2回路2接点でオルタネート型。
T11_20230529134201
右のは正常。
後のパターン(6穴)から取り外したのが左のスイッチ。
上部と下部が「ポッチリ」で引っかかっているのですが、
それが折れてしまったようで不安定に。
オルタネート動作、ちゃんとロックせずオンを保持して
くれません。

足間ピッチ、上下は2.54mmX2。
左右が3.7mmで、よく見る5.04mm間隔の
オルタネートスイッチとは違って、小型なんです。

T12_20230529134201
カタカナの「ア」じゃなく、何かのロゴマークかしら。
さてこれ、どこのスイッチなんでしょう。

  とりあえず、スイッチをジャンパして
  動かない回路を追いかけます。

Ta11
Ta12

この回路で「これなに?」だったのが「ランプ」。
T13_20230529134201
最初「ヒゲがあるぞ」っと。
よく見たら、「LAMP1」「LAMP2」と部品番号が記さ
れています。
左のが切れてました。
T14_20230529134201

ランプが生きていた別の装置。
こんなふうに光ります。 直列になってました。
0101

| | コメント (4)

2023年5月22日 (月)

容量マルチプライヤ回路

「容量マルチプライヤ回路」を調べてたらこんなのが。
  ・CQ connect:容量を大きくみせるマルチプライヤ回路

リライトした回路図↓
B20_20230522115101

LTspiceの結果として、こんな特性が示されています。
B21_20230522115101
  (上記ページより (図8))

「稲葉保 著 精選アナログ実用回路集」
Cd1_20210816095701

にも同様の回路が出ています。
タイトルが
 可変抵抗器で容量を可変できる容量マルチプライヤ回路

低周波域で「可変容量コンデンサ」つまり「バリコン」を
作れるぞ!という興味ある回路です。
  (ただし片側がGNDになる)

で、ここからが問題提起。
  ※試したわけじゃありません。

コンデンサとしての値を大きくしようとして
アンプA2のゲインを大きくしたら(R2を大きく)
A2が飽和するんとちゃう?

Cを100倍にしようとA2を100倍にしたら、増幅できる
信号振幅の1/100までしかうまく動かない。
±10Vなら±0.1Vまでしか扱えないということに
なるのでは・・・

どなたか、確かめていただければと・・・

昔々・・・
2011年04月21日:60Hzノッチフィルタ回路
FDNR回路を使ったんですが、ここでもアンプ出力の
飽和が悪さをしてました。
  ※シミュレーションじゃなく実回路で試しました。


※追記
「精選アナログ実用回路集」での回路を示しておきます。
Mm11

VR1による倍率設定は「1~11」となっていて、
CQ connectのように欲張っていません。
  (x100、x1000)

| | コメント (9)

より以前の記事一覧