Help me! (助けて!)

2021年10月 4日 (月)

どこの半固定抵抗だろう?

2021年10月 1日:可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路(案)
これに使う「可変抵抗どうしようか?」と、昨昼「新装デジット
(初入店だ)に行ってきました。
サーメットの東コス「GF063」が並んだ棚のそばに、
カーボン(らしき)の半固定抵抗が置かれてたので、買ってきました。

こんなの。

71_20211004135701

「1kΩの」表記が特徴的。
72_20211004135701
「13」と2文字で
これは初めて見たかな。

メーカー名と型番が不明なので、スペックが分かりません。
回転部に「JCEC」とマーキングがありますが、検索しても不明。
73_20211004135701

どこのでしょね?

こんな形状の半固定抵抗は置いてませんでした。
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/res/igarage/images/article1017.jpg
これだと、見た目、分かりやすいんですが。


※追記  カーボンかサーメットか?・・どちら?
購入時、デジットの店員さんとは
  『これ、カーボンでしょうね』 「そうですね」
っと会話してたんですが・・・

昔の岡本無線のカタログ冊子で「東京コスモス電機」のところを
開くと、簡単な構造のでもサーメットが使われていました。

22_20211005083901

ドライバー無しで回せる(指先でつまめる)のでよく使ってた
RGP10」(安価)もサーメットでした。
  ※今思えば、サーメットで安心っす。

「カーボン」のがこれ。
現行のカタログには出ていません。
21_20211005083901


「カーボンかサーメットか」が確定できなければ、
カーボンで間違いないのが回転軸ネジ止め固定型の
「ボリューム」ですな。

「たぶんカーボン」では、危険ですんで。

※さらに追記
今回買ったのの特徴的なのが、抵抗値の記入場所とその記述方法、
そして足の構造。

20_20211005084601

「く」状に折れ曲がってる向きと、ベース部の中空構造。

共立の法人担当とは付き合いがあるんで、
「デジットで買ったんだけど、詳細、わかりませんかね?」
っと聞いてみようかしら。

詳細不明なら、カーボンに間違いない軸が出たボリュームに
しますわ。

※追記
ジャンク箱から抵抗体の見える半固定抵抗を探し出してきました。
ベーク材が使われているのがほとんど。
A11_20211005155101
右の4つがセラミックのようですが、抵抗体が
カーボンかサーメットかは不明。
A12_20211005155101

※追記
こんなタイトルのデータシートが共立電子産業・法人担当の
かたからやってきました。
Aa1_20211006082301
陶瓷金屬膜」がサーメットを示していると。
メーカー名は不詳のまま。



| | コメント (9)

ホーザンのカタログを見ていたら・・・カッター+ストリッパー

P-970 ワイヤーストリッパー
がこんなの。新製品らしいです。

41_20211004103401
電線カッターを刃先部に持ってきて、ストリッパー部を
ハンドルの内側にという、意表を突いた構造。

どなたか使われたことありますか?
 ・使い勝手は?
 ・軽そうだけど耐久性の感触は?
 ・気が付いた欠点は?
   ※「開きのバネ」が気になるか。
 ・愛用ツールとして長いこと使えそう?


※ワイヤーストリッパーに関する過去記事
2011年10月06日:ワイヤーストリーッパー
2012年01月25日:ワイヤーストリッパ新参
2012年01月26日:ベッセル製ワイヤーストリッパ
2014年04月08日:ホザンのワイヤーストリッパ


| | コメント (4)

2021年6月15日 (火)

ゴミ捨て禁止のポスター、何か良い文言を求む!

スーパー玉出前の中川西公園、ご近所の居酒屋が閉まっている
もんだから、「玉出で酒と肴を買って公園で宴会」というスタイル
ができあがってきています。
たいてい・・・ごみは放置。

地域のボランティアが定期的に片付けてるんですが、追いつかない。
子供達も遊ぶ公園です。
できるだけ気持ちよく使えるようにしておきたい。

公園の要所にポスターを貼ってあるんですが、どうも神通力が
無くなってきているようです。

現状はこんなポスターの文面。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
家庭ゴミ・一般ゴミ放置禁止!!
・ゴミ出しは地域のルールに従ってください。
・ルール違反のごみは回収されません。
・防犯カメラで記録しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
段ボールを置かないで!
・地域の有志がボランティで清掃活動を行っています。
・公園の美化にご協力ください。
・ゴミ出しはルールに従って!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
家庭ゴミ・一般ゴミ放置禁止!!
・ゴミ出しは地域のルールに従ってください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★警告★
不法投棄は犯罪です。
非常識なゴミ放置が続いた場合、警察に通報します。
罰則 : 5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、
    またはその両方を科す。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
犬の皆さんへ
人間を散歩させるときは、ウンチ袋を必ず
持たせるようにしつけてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何か気の利いた文言、ヒントを頂戴できればと。

※ネットから拾ったのをアレンジ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あんたのいらんもんは、わしもいらん。
ちゃんと片付けよ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
兄ちゃんも姉ちゃんもおっちゃんもおばちゃんも
酒を飲もうが歌おうが踊ろうが勝手やけど・・・
ゴミはあかん。 後片付けヨロシク!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
子供も大人もゴミの放置はダメ。
片付けでけへんもんは赤ん坊からやり直しや。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ゴミ放置禁止!
誰が片付けてる思てんねん。
あんたの出したそのゴミ、勝手には消えへんねんで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※これ↓は公園の入り口3箇所に。
Dd1

公園やその周辺の防犯カメラ、公園全域はカバーして
ないし、ほんとに犯罪や交通事故が有った時に警察が
チェックするものなんで、ゴミ捨てではちょっと・・・
という状態。

※追記
ちょっと「怒り」を込めて・・・
Gg1

| | コメント (3)

2021年3月12日 (金)

「棒」の位置を測りたい 何か良いセンサーは?

機械屋さんからのHELP。
「壁から突き出た棒の座標を知りたい」と。

概略はこんな具合。
Photo_20210312093801

原点までは別のメカが動いてきて、そこから先、20~30mmを
こまかく動かして棒の左端と下端の座標を得られないかという相談。

非接触が良い。
鉄だから磁気的な近接スイッチが使えるけど、「端」の位置が正確に
つかめない。
やはり光電センサーかと。
センサーの間隔、棒の直径の倍ほどもあればokなんで、80mm
くらいの距離。
レーザーを使ったモノだと何メートル、何十メートルを飛ばすような
ものばかり。
軽くて小さくて・・・
可能なら電池運用。
何かよいものないかしら。
   ※なけりゃ作る?

| | コメント (9)

2021年2月17日 (水)

ワイパーモータの回転方向、左ハンドル車は逆なの?

日産スカイラインGT-R用「ワイパーアンプ」その後 ではこのような接続。
W1_20210217165701

H/Lの接点がGND側に来ていてモータをオン/オフします。

ワイパー、車内の運転席から見て右に回り出して
窓の右上端部まで拭いてくれます。
右ハンドル車ならこれで運転者の視界が確保できます。

で、左ハンドル車ではどうだ?というのが疑問。
同じ回転方向だと、窓の左上端部が拭けません。
ということは、左ハンドル車の場合、ワイパーは左回り?

そして、ワイパーモータの+/-は同じで、こんなふうに接続して
逆回ししているのか?

W2

いかがでしょうか。

さらに・・・電車(機関車)の窓だと左右逆回転のもあるの?
  ※ワイパーの停止位置が違うので、スタート方向が
   異なる?


| | コメント (1)

2021年2月 5日 (金)

24VでLチカ

結論は出てるんで、純然たるHELPじゃありません。

何かというと
 「24V電源で警報用LEDを点滅させたい
と同僚の声。

12Vなら555やCMOSゲートIC(4000番シリーズ)を使って
どうにでも料理できます。
しかし電源が24Vとなると・・・。
レギュレータやツェナーダイオードは使いたくないし・・・

結論は、
『8ピンのOP-AMPあるいはコンパレータでシュミット回路を
 作って発振かな』
と。
LM358LM393は片電源30Vでも動きます。

24Vが加わったらLEDがピカピカ。オフで消灯という単純な仕様。
何か他に手軽なアイデアがありましたらお願いします。

 

| | コメント (5)

2021年1月 6日 (水)

ケースに絶縁取り付けできるCR2032用電池ホルダー

ケースに絶縁取り付けできるCR2032リチウム電池用
電池ホルダーがないものかと探していました。

いつも使っているのはこんな基板取り付け用の電池ホルダー。
21_20210106111901

左のがタカチのタカチのBCR20H4
右が共立で売っているROC製のGS025-011G
どちらも基板への実装用です。

あれこれネットで探して見つけたのがこれ。
  ・Keystone社製1086

背面にon/offスイッチが付いていて、赤黒のリード線
が出ています。
これをパネルに取り付ける場合、どうなるのかが不明
でした。
ちょいと高価ですが現物を注文。
入ってきたのがこれ。

22_20210106111901
マルツのHPにある写真で見えていたポッチリ二つは
底面からの止めビスをねじ込む穴でした。
このホルダーをパネルに止めるとなると、簡易的には
両面テープ。
しかし、電池を交換する時には両面テープを剥がさなく
てはなりません。
ネジ側を上にしても同じ。
ネジを外すだけでは電池が取り出せない。

このホルダー自身を固定するための金具(何かの細工)を
作ってそれをパネルに付けておかなくては、せっかくの
絶縁型ホルダーが利用できません。

ということで、これを使うのはあきらめました。
  ・・・3Dプリンターで細工してもらうか・・・

※こんな方法は・・・
・丸形のホルダーGS025-011G底面の3つのポッチリ
 を切断。
・電極を保持している足が入る楕円穴2つをパネル
 に開ける。
・電池ホルダーをパネルに接着。(エポキシ2液ボンド)
・パネル裏から電極端子にアクセスしてリード線
 をハンダ付け。
  ※接着強度が心配か。
   ネジ止めできればイイんだけど・・・

※Keystone社製1086をもうちょい
SWがあるほうの固定ネジを外して、中を拝見。
23_20210106130101

固定ネジはM2の皿ビス。
右側4つのポッチリの内径を2.2mmくらいまで
広げて貫通させると、この穴で固定できそうです。
パネル側にM2のタップx4を設けて、SW側のビスで固定。
は電池交換の時は、開閉側のビスx2をゆるめるという
ことで対応。
こんな感じでしょうか。

しかしこのホルダーの電極、ちょい安っぽいです。
マイナス側の電極(SWがつながる)は先をつぶした
ポッチリ一つと、SW中央端子へのハンダ付けだけ
で位置決めされているだけ。
側面電極も頼りない感じがします。

| | コメント (4)

2020年9月21日 (月)

『アトミック操作』・・・8bitマイコンに限り何か別の言い方なかったか?

2019年3月25日:割り込みで処理させるwordデータの扱い
に書きましたが、Arduino-UNOで使われているAtmega-328Pは
8ビットマイコンです。
ですんで、割り込みで処理される2バイト以上のデータをメイン側で
読み書きする時は「割り込み禁止状態にして」というのが基本です。

この手順を「何て言うの?」っと調べたら・・・
  ・アトミックに処理を
  ・アトミック操作
  ・不可分処理
っと、出てきます。

でも、アトミック操作とはで調べると、8ビットマイコンでの
割り込み処理の話が出てこずに、
  スレッドやプロセスや
  RISCやCISCや
  マルチスレッドやシングルスレッドや
っという8ビットマイコンの世界とはちょいと縁遠いお話し
ばかりが出てきます。

この「アトミック操作」ですが、昔々の8ビットマイコンの
世界じゃ(8080,6800~Z80あたりの年代で)なんかもっと他の
言い方、無かったでしょうか?

「8ビットマイコンの割り込み処理で多バイトデータを扱う時、
 メインでは割り込み禁止で読み書きを」を一言で表現できる
言葉、こんなの無かったですかね?

当時、アトミック処理や不可分処理なんて言葉で言わなかった
よう・・・

『アトミックにアクセス』なんて言い回し・・・
ラジオペンチさん に教えてもらった。
   (この↑記事のコメントの前にもあったはずだけど探し出せてない)


| | コメント (5)

2020年8月18日 (火)

Arduino デューティー計測のためのインプットキャプチャータイミング

2020年8月16日:Arduino UNOのPWM出力を(ちょっと精密に)確かめる

2020年8月16日:Arduino UNOのPWM出力を(ちょっと精密に)確かめる
の中の、デューティー計測回路。
これはタイマー1のインプットキャプチャー機能(日本語訳だと捕獲入力)
を使って実現しています。
ICP1入力のパルスエッジ↑↓を捉えて、↑パルスを検出した時は
「L区間のタイマー1カウント値」、↓パルスを検出した時は「H区間の
カウント値」として、内部クロック16MHzを数えます。

16bitカウンタですので65535が最大。
周波数約244Hz以下のパルスになるとこれがオーバーフロ-します。
そこで、タイマー1のオーバーフロー割り込みを使って、32bit値の
上位桁をカウントアップ。
これで、10Hzや1Hzなどの低周波パルスでもそのデューティが測定でき
ます。

問題は、デューティーが「0%」や「100%」に近づいた時。
0%や100%ならLかHに固定しちゃうんで、「パルス無し」なんですが、
例えば「analogWrite」のval値を1や254にしたような時に、
「16MHz/64 = 4us」のHあるいはLのパルスが出てきます。
これの検出がギリギリなんです。

その様子。
上が入力パルス。(このくらいだと十分間に合う)
真ん中がPB2に出力したICP1割り込みの実行時間。
下がPB3に出しているオーバーフロー割り込みの処理時間。

Dt001

ポートを観察して見えるICP1割り込みの実行時間は6usほど。
しかし・・・パルスの↑↓エッジからPB2が現れるまで、2~3us
の時間がかかっています。
また、オーバーフロー割り込みが↑↓エッジの直前に入ると、
ICP割り込みの起動が遅れている様子が見えます。


この短パルス、もっと短くするとこうなってしまいます。
Dt004

↑↓エッジの切替処理が間に合わなくなり、デューティーの
測定ができなくなってしまいます。

この遅れの原因が「C言語」特有の「レジスタの待避処理」。
割り込み処理が始まると、割り込みで使うレジスタを全部
プッシュします。
この手順が遅れの原因。

「C」で書いている割り込み処理はこんなの。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/***** タイマー1インプットキャプチャー割込 *****/
// ICP1の↓↑エッジでキャプチャー
ISR(TIMER1_CAPT_vect)
{
uint32_t cnt_d;     // 差の計算用
word cnt_r;       // ICR1読み出し
  PB2_H;         // (!!!)
  cnt_r = ICR1;      // キャプチャー値 ★1
  XCG_EDGE1;       // 次にそなえて↑↓エッジをトグル ★1
// オーバーフロー有無
  if(CK_OVF1){      // 割込処理中にOVF発生したか? ★2
    if(cnt_r < 160){  // 10uS(160ck)未満なら未処理のOVFがある
      cnt1_ovf += 1; // オーバーフローカウンタ+1
      CLR_OVF1;    // オーバーフローフラグをクリア
    }
  }
// カウント差を計算
  cnt1_n = (uint32_t)cnt_r +
      ((uint32_t)cnt1_ovf << 16); // 32bitでカウント値
  cnt_d = cnt1_n - cnt1_x;   // 前回値との差分
  cnt1_x = cnt1_n;        // 次回用に残す
// ↑↓エッジをチェック
  if(CK_EDGE1){      // ↑になった H区間
    cnt1_caph = cnt_d;
  }
  else{          // ↓になった L区間
    cnt1_capl = cnt_d;
  }
  f_plsin = 1;      // パルス有フラグをon
  f_plsin2 = 1;      // min,maxチェック用
// 次の↑↓パルスが来てるかどうかのチェック
  if(CK_ICF1)   f_plsovl = 1;    // パルスがオーバーラップ
  PB2_L;         // (!!!)
}
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★1の処理をできるだけ前に持ってきたいのですが、展開された
機械語はこうなってしまいます。

=============================
356 <__vector_10>:
356: 1f 92    push  r1
358: 0f 92    push  r0  
35a: 0f b6    in r0, 0x3f ;sreg
35c: 0f 92    push  r0
35e: 11 24    eor r1, r1   ;△
360: 2f 93    push  r18  ;△
362: 3f 93    push  r19  ;△
364: 4f 93    push  r20  ;△
366: 5f 93    push  r21  ;△
368: 6f 93    push  r22  ;△
36a: 7f 93    push  r23  ;△
36c: 8f 93    push  r24  ;△
36e: 9f 93    push  r25  ;△
370: af 93    push  r26  ;△
372: bf 93    push  r27  ;△
374: 2a 9a    sbi 0x05, 2   ;PB2
376: 20 91 86 00 lds r18, 0x0086 ;cnt_r = ICR1 ★1
37a: 30 91 87 00 lds r19, 0x0087
37e: 90 91 81 00 lds r25, 0x0081
382: 80 e4    ldi r24, 0x40  ;XCG_EDGE1 ★1
384: 89 27    eor r24, r25
386: 80 93 81 00 sts 0x0081, r24
38a: b0 9b    sbis  0x16, 0 ;if(CK_OVF1) ★2
38c: 0e c0    rjmp  .+28    ; 0x3aa
38e: 20 3a    cpi r18, 0xA0  ;if(cnt_r < 160)
 ※長いので以下省略
=============================

★1の処理をできるだけ前に持ってきたいのです。
そうすれば、短いパルスもちゃんと処理できるようになります。

10個ある△の「push命令」。
命令実行の手順としては、これを★1より後に下げても同じ。
先にpushしてるr0とr1でもって処理できます。

アセンブラで書けば自由になるんですが、「Arduino」の環境だと
如何とも・・・
   ↑
 ここらがhelp!でっす。

※豆知識
AVRマイコンの割り込み優先順序(同時に割り込み要因が起動し
た時、どっちが先に処理されるか)、割り込みベクトルの若い方
(先頭に近い方)が優先されます。
タイマーではオーバーフローより、コンペアマッチと
インプットキャプチャ-が優先されます。

リストの★、もう一つが★2。
これがオーバーフローの処理。
ICP割り込み処理の前にオーバーフローが発生し、その割り込み
処理が遅れても32bitのカウント値は正しく読めます。

※参考図
D21
しかし、ICP割り込みとOVF割り込みが同時、あるいは微妙な
タイミングならどうかというのを考えたのがこの図です。
D22

ICP割り込みで、
・OVF割り込みフラグが無ければクリチカルな問題は無し。

・処理されてないOVF割り込みフラグが残っていても、
 その時のキャプチャーカウント値が十分に大きければ
 クリチカルな問題じゃ無い。

・OVF割り込みフラグがあって、キャプチャーカウント値
 が小さい時は、微妙なタイミングが発生してる。
 その時は、ICP割り込み内でもオーバーフローの処理が
 必要。

こんな処理がICP割り込み内に必要です。
でもこれは↑↓エッジ検出から遅れても問題なし。

短パルスを捉えるため、ICP割り込みでまず優先しなくちゃ
ならないのはキャプチャーカウンタの読み出しと↑↓エッジ
検出の逆転処理です。


※Arduino環境で機械語命令をどう書く、というのが課題・・・

※調べてたらこんなのが・・・
 これで、解決できそうな。
    ISR(TIMER1_CAPT_vect, ISR_NAKED)

ISR_NAKEDを入れると、割り込みルーチンのpush、pop、reti、
それにsregのセーブとリストアのルーチンが全部無くなります。

ISR_NAKEDを入れる前と入れた後を比較して、抜けてる
処理を手で(インラインアセンブラで)入れ込めば
解決(★1処理をちょっとでも速く)できるかっと。

こりゃ面白い!

| | コメント (1)

2020年7月28日 (火)

この機体は? A320? B767?

1992年3月5日に行われた「VAP-NET Airボード主催」の
大阪空港全日空工場飛行機見学会。
この時の機体って、何だったんでしょか?

10_20200728095201 

11_20200728095201

専門家なら、機体の面構えやコクピット計器の様子で分かるんじゃ
ないかと・・・

ちなみに、赤色ジャンパーが次男、綠色ジャンパーが長男。
『絶対にスイッチやボタンを触ったらあかんで』っということで
コクピットに入れてもらいました。

このころの長男、「何かを触ったら止めてしまう」体質でして、
あちこちのショールームや博物館科学館で、その体質を発揮して
おりました。
静電気じゃないです。
彼が何かを操作したら、止まった・・・ ということが頻発。

撮影はOM-2SP。 フィルムカメラの時代でした。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧