Help me! (助けて!)

2018年7月24日 (火)

「クリプトノミコン」 ガルバーニ電燭とは?

またまた図書館から借りてきた本。
  ・クリプトノミコン

11

二次大戦の武器武装や通信手段(とりわけ暗号技術)とかを知ってないと面白くないでしょうなぁ。

※この本を楽しむには以下に関する予備知識が必要
・チューリング
・エニグマ
・ボンブ
ブレッチリーパーク
・素数の性質
・ボーコード
・ハフダフ

※また、こんな用語が出てきた時に「面白い!」っと思える感性が必要。
・ヘンシェルHs126
・ハリクラフターズ
・山本五十六、一式陸攻、P-38

で、この2巻の中に知らない技術が出てきました。

・本文では「ガルバーニ電燭」と記されている。
・照明器具。 電灯。
・球状のガラス瓶。
・腐食性液体:王水を使う。
・電極は炭素を削り出す。
・蝶ねじで調整。
・むちゃ明るいらしい。
炭素電極というと、アーク灯 を思い浮かべますが、持ち運びできるような記述です。
「ガルバーニ」といえばガルバニ電池 なわけですが、「王水」を使うでしょか?

ガルバーニ電燭」とう名、英文で調べれば出てくるかもしれませんが、日本語での検索ではどんなものか不明です。(英語表記が不明)
※関連

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

ICの引き抜き工具

客先からのhelpです。
ICの引き抜き工具、こんなのを知りませんか?』
『手に入らないかな~』っと。

A1

A2

A3

昔のDIP EPROMの抜き差しに使うんでしょうけれど、ずいぶんと年代物のようです。

私とこで使っている(た)引き抜き工具。
左のはDIP ICの「足矯正」器。
真ん中のはPLCC ICを抜くとき用だけどEPROMの引き抜きにも使える。
右のは小さなコネクタ用。
DIPのEPROMは、ソケットとICの間にマイナスドライバーを突っ込んでこじっていたなぁ。

A4

サンハヤトで使えそうなのがあるか… サンハヤト ic引抜冶具


※先ほど電話があり・・・『見つかった』とのことです。
 おさわがせでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

『雨で引きこもるなら電子工作!』

これ↓ひょっとして、有名なフレーズなの?
先週、スイッチサイエンス で、ちょいとパーツを購入。
休みの間に届いていたようで、ブツは郵便ポストに入っていました。
厚み20mm、A5サイズの段ボール箱。

11

モノと伝票を取り出したら、箱の状態なんて気にしないのですが、
上蓋の裏に、何やら青文字のハンコ押されています。12

『雨で引きこもるなら電子工作!』
  ↑
これ、何かで使われた(例えばマンガとかアニメ)、有名なフレーズなんでしょか?





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

TIの電卓、これはバグなのか?

先日から本格使用を始めたTIの電卓「TI-30XA」 、これのおかしな現象に遭遇しています。

11

これ、普通の電卓のように「メモリー」キーがありません。
   MCLR
   100 X 5 = 500  M+
   120 X 5 = 600  M+
   MR  1100

という操作ですな。

その代わりに統計計機能を用います。
説明書からピックアップ。
A1

2nd  CSR が MCLR。
Σ+ がM+。
2nd  Σx がMR。

クリアと読み出しに2ndキーが必要ですが、まぁこれはしゃあないかと。
で、この処理でおかしなことに遭遇。

検証してみると、こんな具合
   1 Σ+ 2 Σ+ 3 Σ+ 4 Σ+ 5 Σ+  と「メモリ+」を実行
   2nd Σx で読み出すと 「15」 とご名算。
   ついでに 2nd Σx2 だと 「55」 と、各値が二乗された合算値が出ます。

ところが・・・ 入力数値を変えずにΣ+すると・・・
   1 Σ+ Σ+ Σ+ Σ+ Σ+   ←本人は1を5回加算したつもり
   2nd Σx で答えを出すと「11」が返ってくるのです。
   2nd Σx2だと「31」。

   1 Σ+ Σ+    だと「2」で合ってますが、
   1 Σ+ Σ+ Σ+ と3回加算だと「4」に!

う~む。
他の数値、「0.1」を2回だと「1.1」に。 3回だと「3.1」に。

一回ごと「ON/C」キーを押し、ゼロクリアしてからの数値入力加算は、
同一値でもちゃんと正常に出ます。
けど、同一値を連続して「Σ+」するとおかしくなります。

この電卓、何かのが仕掛けられているようです。

※同一値の繰り返しは 「2nd FRQ」 を使うんだと、説明書に記されて
 いますが、ちょいと不便だぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

愛用電卓、アウト!

愛用してきましたキヤノンの関数電卓「F-73P」がアウトに。
電源スイッチ端子や電池部などを清掃しても、パワーオンしなく
なっちゃいました。
長い間、ありがとう・・・・

11

代打は、なんぎな日記 さんとこから来た「TI-30XA」。

なんでF-73Pを使ってきたかという理由が、ワンタッチでの「1/X」。
これができる関数電卓が少ないんです。
1/X操作、ファンクションキーを押しからというのがほとんで、ワンタッチの1/X、ほんとに見当たりません。
キーが山盛りの、高機能関数電卓には「1/X」キーがありますが、これの入力方法が嫌い。
だもんで、代替機を探しているんですが、なかなか巡り会えません。
TI-30XA、「1/X」もあるし「パイ」もあるしで申し分ないんですが、残念ながら「16進計算」ができません。
指数表示の切り替えが2タッチになるのと合わせて、非常に悔しい。

今となっては、スマホのあぷりがいいんかなぁ~。
私の携帯電話、スマホじゃないし。

※過去記事など
現用中の関数電卓
シャープ製関数電卓EL-9300放出
ロケットガール第二話  …2度と普通の電卓が使えないカラダにしてやるから覚悟しろ
solar powerじゃなかった
逆ポーランド - 7J3AOZ's Hamlife
HP-16C 2005-10-04 - ランチアデルタとエスプレッソにはまる日々

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

LEADというファイルヘッダーが付いたBMPファイル

BMPファイルのファイルヘッダー文字は「BM」の2文字。

とある所からの相談(データのバックアップで)ファイル
タイプが「.BMP」なのに、中身がBMPフォーマットじゃ
ないファイルが出てきました。
 (サンプルはこちら↓ googleドライブにアップ)
https://drive.google.com/drive/folders/1H8jhxRh2TB0p6JqVRE-bN338koNNi-p6?usp=sharing

この中の「B1.BMP」がそれ。 ※B1.TXTはその16進ダンプ
ファイルサイズが93,202バイト。
おそらく、VGAサイズの画像データなんです。
先頭の128バイトがこんな具合。

adrs  +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +A +B +C +D +E +F    0123456789ABCDEF
0000  4C 45 41 44 00 00 20 96 00 96 00 00 00 00 00 00    LEAD.. .........
0010  4B 02 E0 01 18 20 05 00 7D 1D 55 F5 DD CE 5F D1    K.... ..}.U.ンホ_ム
0020  3D 0A BB 2B 28 E2 D9 25 40 06 EE 15 73 18 2A 35    =.サ+(.ル%@...s.*5
0030  55 FD 8F F2 0D 9C BB 43 26 56 26 9D 4E 37 2A 84    U.....サC&V&.N7*.
0040  7F 80 10 05 58 7F 80 36 75 66 D5 45 D7 C7 C5 AC    ....X..6ufユEラヌナャ
0050  AD 84 F2 DA 37 0A B5 4B F4 7D 5E 31 28 C5 7F 80    ュ..レ7.オK.}^1(ナ..
0060  ED 67 2F 9F 9F 0F 2F C3 7E DF 1E 46 97 81 C2 37    .g/.../テ~゚.F..ツ7
0070  7C 38 B8 48 3C D9 62 F9 6F 62 36 7E 5F 55 3F FB    |8クH<ルb.ob6~_U?.

普通のBMPファイルだと、先頭はこうなっています。

adrs  +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +A +B +C +D +E +F    0123456789ABCDEF
0000  42 4D 36 10 0E 00 00 00 00 00 36 00 00 00 28 00    BM6.......6...(.
0010  00 00 80 02 00 00 E0 01 00 00 01 00 18 00 00 00    ................
0020  00 00 00 10 0E 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00    ................
0030  00 00 00 00 00 00 01 00 01 00 00 01 00 00 01 00    ................
0040  02 02 00 02 01 00 01 00 00 02 01 00 03 01 00 01    ................
0050  00 00 01 00 00 02 01 00 01 01 00 01 01 00 00 01    ................
0060  00 02 05 00 01 04 00 00 03 00 00 03 00 02 03 00    ................
0070  00 02 00 00 02 00 01 03 00 02 04 00 00 03 00 00    ................

これは、VGAサイズ(640x480ドット、24bitカラー)の画像データです。
これは、ファイルサイズが921,654バイト。
おそらく、B1.BMPも同じ縦横サイズの画像データ。
圧縮されて1/10になっているようなんですが、はてさて。
PNGでもGIFでもないしJPEGでもTIFFでもなさそう。
秘密の圧縮ファイルなのかな。
はてさて・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

「古いトラ技」があれば・・・

CQ出版・トランジスタ技術編集部よりの
help!です。

『状態の良い古いトラ技をお持ちなら譲って
 いただきたい』
とのこと。

トラ技は1964年10月創刊。
この創刊号のキレイなのがあれば、ぜひとも
とのこと。
また、60年代~70年代初旬のキレイなのも
待ってますとのことです。

メールアドレスを記してこの記事にコメントいた
だければ、(匿名でかまいません)編集部に伝言
いたしますので。

私の仕事場(有)アクト電子 の書架からすっと
引っ張り出せた古いトラ技がこれ。

11

1973年2冊と1974年の2冊。
70年代のはまばら。
1979年からは全冊そろってるんですが。
   (ページ数が多く厚い時代のは
    三枚おろしにして広告は抜いてある)
もうちょっと古いのがあったはずなんですが、
どこかの段ボールの中かな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

パネルを貫通させたい

ちょいと皆さまのお知恵をください。

とある電子回路応用機器。
リアパネルに端子台が設けてあります。
    (弱電信号用。 電源用で24V 1Aほどのが1系統)
下図のように、端子台はパネル (2.0mm厚の鉄)にネジで
固定してあります。
隙間を作らないためというのが理由。
   (防水構造では無い)

内部回路とは、パネルの裏で手配線しているのですが、
今回、信号線が多くなったので基板化したいというのが、
客先の希望です。

端子台をパネルにネジ止めしたいということで、
端子台を基板にハンダしてパネルの裏から差し込む
という構造は、端子台のサイドとパネル穴に隙間がで
きるからという理由でできません。

ということは、図のような方法にしなくてはなりません。

IDECの「BP311S」という足長の端子台があるので、
これでと考えているのですが、もうひとつ問題。
  (端子ピッチ7.62mm)

パネルは正方形で、外形が123×123mm。
必要な端子数、最低で16ピン。
これだと、面積的に入るのですが、「もっと信号を」バージョン
では40ピンほどになってしまうので。
こうなると、7.62mmピッチの端子台ではしんどくなります。

「パネル貫通型端子台」というのもあるのですが、
基板とうまくつなげるものが見当たりません。

方法的には、「端子台じゃなくてコネクタにしたら」となる
のかと。

(クリックで拡大↓)
11

こんな端子台モジュールの、「引き出し先逆バージョン」が
あればいいんでしょうけれど・・・

21

22

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

こんな出力コンデンサ

この図をご覧ください。 (クリックで拡大↓)
Ycon

上部の図は、絶縁型DC-DCコンバータを使った電源回路です。
DC24V入力でDC5Vを得ています。

「これでエエのんか?」と思うのが、二次側出力に入ったC6とC7。
C1とC2,C3はいわゆるXコンデンサとYコンデンサ。
EMC対策部品です。

ところが、ここではC6,C7がYコンデンサとしてフレームGND
(外部アース)につながっています。
それも、C6,C7の値が「0.1uF」。
104のコンデンサが使われています。

DC-DCコンバータの解説では、「Figure 1」の図のように、
「入力のGNDと出力のGNDをCYでつなぐとノイズが減るよ」
と記されているものがあります。

しかし、ここでの推奨値は「1000PF」程度。
C6,C7の1/100です。
   ※CYの目的は絶縁トランスの浮遊容量を通して出てくる
     ノイズを減らすため。


   ・フレームGNDに入れているC6,C7は必要か?

が出発点。 で、

   ・このままで悪さはしないか?
   ・+側のC7は取り外すべき?
   ・フレームGNDへのつなぎはやめるべき?
   ・「Figure 1」のつなぎ方が正解なの?
   ・0.1uFでなく1000PFくらいに。

いかがなもんでしょか?

   ※私の設計じゃないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

Win7のコマンドプロンプト

昔に作ったMS-DOSのプログラム、それをウィンドウズ環境で
使うときに用いるのがコマンドプロンプト。

これ、私のPCをWin7にしてからなんですが、文字化けが
解決できなくて困っているのです。
こんな具合。

(1)コマンドプロンプトを起動 …異常なし
C1

(2)日本語テキストをtypeコマンドで表示  …異常なし
C2

(3)この「1.txt」というファイルは自作の「HEX2BIN」という
  プログラムのヘルプメッセージをリダイレクトでファイル
  化したもんなんです。
  HEX2BINを実行させてヘルプを出すと …アウト!
C3

新たなメッセージだけでなく、typeして正常に表示
されていた文字もアウト(ここは「?」に変わる)。
半角カナが絡んでいるようなんですが、最後の2行は
ちゃんと半角カナが表示されているし…

(4)もうひとつ面白いのがゴミ残り。
   「cls」コマンドで画面クリアすると、大部分は
   消去されますが、なぜかゴミが残ってしまう
   ところがあるんです。
C4

ネットを調べてあれこれ試してみましたが、解決していません。


| | コメント (3) | トラックバック (0)