技術史

2024年3月10日 (日)

発掘! CP/M-2.2用ROMDISK

技術評論社のプロセッサ誌 1988年12月号に掲載してもらった
  CP/M-80用ROMディスクの製作
この元原稿(関連ソースと)が発掘できましたのでアップし
ておきます。

  でも【図】が発掘できてません。
  どこかのファイルの中に埋もれているはずなんですが・・・

CP/M-80の運用はフロッピディスクでした。
両面倍密で1.2Mバイト。
それをちょっとでもお手軽、高速にということで、
安価になってきたダイナミックRAMをつないで
RAMディスクをつなげてました。
  ※とうぜん手作り
そしてこの記事で紹介したのは、常用するプログラム
を「ROM」に入れて、高速に読み出しできるようにという
ROMディスク」です。
エディタやアセンブラなどの開発ツールをROMに入れて
おけば、いちいちフロッピにコピーする手間が無くなり
ます。 起動も一瞬。

この記事に含めていたのが同僚が作った「ICP」。
CP/MのコマンドプロセッサCCPの改良版です。
起動するプログラムの検索順序(RAMディスク、
ROMディスクに対応できるよう)や、ファイル消去
の「ERA」コマンドを拡張した「ERQ」コマンドで
ワイルドカードでの消去を「Y/N」で確認しながら
できるようにしてあります。

ハードの回路図が無いと、真似しては作れませんが
およその想像はしてもらえるかと。
プリセッタブルカウンタを使ってROMディスク、
RAMディスクのアドレスを生成。
そのアドレスデコーダはPALの16L8。
原稿txtの中にPALの式が入っていますが、
これだけでは何?でしょうなぁ。

   ・ダウンロード - romdisk.zip

回路図などが発見できればまた紹介します。

プロセッサ誌の目次(コピーして綴じていたのをスキャン)

| | コメント (0)

2024年2月29日 (木)

37年前の6303用デバッグ・モニタ

日立8bit マイコン 64pin SDIP HD63C03YP
が、出て行ってしまったということで、
 「せやせや。どこかにあったはず・・・」と、ハードディスクの
 中をちょっと発掘作業。
631

プロセッサ」誌に掲載してもらった6301、6303CPU関連の
原稿テキストが発掘できました。
  でも、回路図などの図表は不明。

1988年5月号 GP-IBデータ・モニタと6303用デバッグ・モニタの製作(上)
1988年7月号 GP-IBデータ・モニタと6303用デバッグ・モニタの製作(下)

  ・ダウンロード - mon63.zip

プロセッサ編集部へ送った原稿文、それと6303デバッグモニタの
ソースファイルです。
CP/M時代のものですんでとうぜんアセンブラ。

圧縮ファイルの中の「プロセッサ原稿.txt」の中ほどに
 ■ 6303用デバッグ・モニター解説
というところから、デバッグ・モニターの使用方法解説が
始まります。
   それまではGP-IBモニタの解説
「MON63-1.txt」はモニタを動かした時の様子です。

アセンブル、逆アセンブル機能など「CP/MのDDT」を
目指して作ったのです。

10進、16進計算できるコマンドも装備してました。
8000>Hex calc=12*34,\1111+\2345,ABCD-\1111,8901/33
03A8 = \00936
0D80 = \03456  「\」記号前置が10進を示す
A776 = \42870  0~9,A~Fは16進
02AF = \00687

トレースコマンドはこの3つ。
 Trace   「プログラム・トレース」(表示あり)
 U-Trace 「プログラム・トレース」(表示なし)
 N-Trace 「プログラム・トレース」(サブルーチン内表示なし)
RAM上のプログラムを指定したステップ数、実行します。

リセットのタイミングでモニタを入れたROMのアドレスが
リセットベクトルになるようにして、その後はRAMに
切り替わるようにして、ターゲットプログラムを
ロードできるようにしています。
回路図が見つかっていないでの詳細は不明ですが、
雰囲気は分かりますよね。

「必要なメモリー・サイズは、ROMが約6.2kバイト、
 RAMが280バイトです。」と記しています。

※関連
2023年4月10日:「8085用デバッグモニター」を褒めていただいたので

※さらなる発掘
アドレスマップアドレスデコードの説明が出てきました。
  (クリックで拡大↓)
1_20240304083201
・アドレスデコード回路
  ほんとは最上位になるRAMをリセットで禁止。
  リセットで最上位がROMになる。
  てっぺんにあるリセットベクトルをROMから読み出す。
  モニターに制御が移る。
  ROM領域にデータを書く(振りだけ)とリセットjumpを
  解除。
  最上位がRAMになる。
  てっぺんに集まっているベクトルエリアを含めて
  ユーザープログラムはRAM上で試運転できる。
1_20240304083301
こんなシーケンスでモニターが立ち上がります。


※さらに追記
フォルダ WCC_A63 の中にある「A63.EXE」で
アセンブルできるよう、モニターのソースを
いじりました。

  ・ダウンロード - mon63a.zip

A63.EXEは「William C. Colley, III」さん作の
クロスアセンブラ。
MS-DOS上で動きます。 (Windowsのコマンドプロンプト)

日立の6301ニーモニックとはちょっと違うところがあり
ますが、手を加えればアセンブル可能です。
先日のMON63.ASMをこれでアセンブルできるように
したのがMON63a.ASM。
出てくるHEXファイルをバイナリに変換して比較したら
全部一致してたんで間違いないかと。

| | コメント (2)

2023年12月 6日 (水)

『部室からCQ ham radio 創刊号を発掘した話』

「X:twitter」から流れてきたお話です。

JA1YDU:部室からCQ ham radio 創刊号を発掘した話

FM2A05Aへのレクイエム
   五極管「FM2A05A」と「ソラ」比較

横浜旧軍無線通信資料館

| | コメント (0)

2023年7月19日 (水)

40年前のトラ技:回路図用テンプレート

書架の整理で昔のトラ技を移動していたら・・・
ついつい見入ってしまいます。
ほとんどのトラ技、広告は外してしまっていて、
接着剤をくっつけるために使っているページが
ちょっと残っているだけです。

「おおっ!」と思ったのが
1984年11月号に残っていた「サンハヤト」の
広告ページ。
Tp01
こんな「テンプレート」が紹介されていました。
Tp14
  NC彫刻機で1枚1枚ていねいに仕上げた
  精密級-電子回路用テンプレート
価格が1800円。

回路図はトレーシングペーパーに手書きの時代。

机の引き出しを開けると、当時使っていた回路図
描画用の論理記号テンプレートが出てきます。
T31_20230719085901

広告のサンハヤトのテンプレート、これは使ったことが
ありません。

| | コメント (2)

2023年7月 4日 (火)

タイタニック号の遭難者を救助したカルパチア号の記録

Twitterに流れていたリンク
タイタニック号の遭難者を救助したカルパチア号の記録 : R.M.S. Carpathia
  ・https://uec.repo.nii.ac.jp/records/9506

電気通信大学学術機関リポジトリ C-RECS
UECコミュニケーションミュージアム刊行物 展示資料
  公開日 2020-02-14
※日本語のpdfです

| | コメント (0)

2023年3月14日 (火)

アンテナの話は続く「電子立国 日本を育てた男-八木秀次と独創者たち」

館内閲覧用だった? 「アンテナのある風景」「電子管の歴史」
この次は、これ。(図書館へのリクエスト)
八木アンテナの八木秀次さんの本。

「電子立国 日本を育てた男-八木秀次と独創者たち」

Yy1

著者の松尾博志さんがすごい。
よくまぁ八木さんの歴史を調べられたものです。
「八木・宇田アンテナ」のいきさつもみな書かれています。


| | コメント (7)

2023年3月 7日 (火)

館内閲覧用だった? 「アンテナのある風景」「電子管の歴史」

たまたま検索していて見つけたこの2冊。
両方とも重い!

Ss0

Ss1_20230307085701

こういった本、通常は館内閲覧用で貸し出し
できないのが多いはずなんですが、普通に
リクエストできて貸し出しできました。


電子管の歴史」には貸し出しカードが付いているんですが、
貸し出しの記入がありません。
昭和62年11月発行ということは1987年。
分類「549.2」で「書庫」っと背表紙にシールが貼ってあります。
中央図書館へ行っても、窓口でリクエストしないと見せてもら
えない本なのでしょう。

アンテナのある風景」は「書庫 大判」とシール。
これも眠っていたようです。

2008年06月11日:「アンテナのある風景」が図書館にありました
  これ↑と同じものなの?・・・でも表紙が違う

| | コメント (7)

2023年3月 3日 (金)

トラ技編集部行きのフロッピーディスク

お片付けしていたら、こんなのを発掘。
Dd11

トラ技編集部へ記事を入稿するための3.5インチフロッピーディスク。
2002年の日付があるファイルに埋もれていました。
メールでの入稿っていつぐらいからだったんだろ。
投稿記事のまとめ  を見ると、写真はもうデジカメで写している
ようですし。
  最初のデジカメが富士のDS-30。 1998年くらい
  それからリコーのRDC-i500。これが2001年。


| | コメント (0)

2023年2月28日 (火)

スミスチャートを調べると・・・「日本無線電信株式会社の水橋東作は」

昨年の記事、2022年12月17日:紙のイミタンスチャート
スミスチャートの話が出ていました。
スミスチャートをWikipediaで調べる
  『日本無線電信株式会社の水橋東作は・・・
   スミスチャートと等価の計算図表を提案し・・・』
と日本人の名が出ていることに気付きました。
そこで、「水橋東作」をgoogle検索すると・・・

あれこれ出てきます。

https://www.fbnews.jp/201905/mrsmith/index.html
  Mr. Smithとインピーダンスマッチングの話/
  【第7話】スミスチャートは日本人の発明?

http://www.rf-world.jp/bn/RFW42/samples/p082.pdf
  RFワールドNo.42 の82ページ
    この続きを読みたいぞ

https://www.eis.t.u-tokyo.ac.jp/plist/IEICEEditorial201307pdf_link.pdf

戦前の話ですが、なるほど。です。


| | コメント (0)

2023年1月10日 (火)

Gigazineの記事「DDR Type 2の内部構造がすごい」

Gigazine:2023年01月09日 09時00分「旧東ドイツ時代の秘密警察シュタージのスパイが使っていた送信機「DDR Type 2」の内部構造がすごい」
この元記事がスゴイです。

まず、これが件の「DDR Type 2」の元記事
  ・DDR Type 2:Short-wave spy transmitter

関連する写真を追いかけますと・・・
終段管の「2E26」が出てきます。

さらに、さまざまなスパイ装置の紹介を見ますと、
例えば・・・
  ・R-354:Soviet spy radio set (Bumblebee)
1960年半ばの装置となってますが写真を追いかけると
https://www.cryptomuseum.com/spy/r354/img/302308/025/full.jpg
ありゃま。TTLがいっぱい並んでいます。
どうなっているのか、よく分かりませんが「スゴイ」でっす。

写真も多く、よくまとめられてます。
回路図がある装置も。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧