ツール

2024年6月19日 (水)

松下の「ホロホロブザー」つながりで

 ・2009年05月29日:13年使ったマンガン電池
この記事と、ラジオペンチさんの
 ・2017-08-07:MFT2017の見学レポ
この記事つながりで、マイコン型導通チェッカー
1台買っていただきました。
 ・2024-06-18:車輪の再発明みたいになってきました。 

※昨夕、クリックポストで発送して、現在、運送中。
 隣の東大阪市なんで速いゾ。


旧HPでの「ホロホロブザー」の話が
消えているので、復活させておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ケーブルやLEDのチェックにはこれを

 正式型番は不明ですが、コネクタ接続した電線
の導通チェックやLEDの点灯極性の確認には、
この「松下電工」の「玄関用押しボタン・ブザー」
が便利です。

Bzo4

単3電池2本で動作し、短絡すると
 「ホロホロホロ・・・」
っと大きな音で鳴ります。

Bzo5

ケーブルの接続を、あっちとこっちでチェックするのに
重宝します。
  「1番ピンはA」 「ホロホロ」
    「はいok」
  「2番ピンはB」 「ホロホロ」
    「はいok」 「次っ」
てな調子で、あっちとこっちでコネクタ接続を確認す
るのです。
   (現場作業へ持っていったりするのでえらく
    汚れていますね)

このブザー、ある程度の抵抗が入ると
   「ビヨビヨビヨ~」っと
情けない音に変わるので、おかしな配線のとき気が
付くことがあります。
ただし、短絡時には電流が20mAほど流れますので、
電子回路の導通チェックには不向きです。

 このブザーを重宝するのが「LEDの極性判定」です。
電池1本しか使っていないテスターでは、LEDを
光らせることができません。
電池2本のこのブザーではLEDが光るので、
 「アノードとカソード」
が判定できます。
  (順方向電圧が高い特殊なLEDはだめです・)
LEDが光る方向で、ブザーから「ビヨビヨビヨ~」っと
情けない音がします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

| | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

非反転アンプ 3kΩと27kΩの抵抗

何に使うかは装置が返ってきてから説明しますが、
「ちょいと可変ゲインの交流アンプが欲しい」案件
が出てきまして、回路をでっち上げました。
  ※入力信号は電源周波数

可変ゲインといっても、ボリュームを回して合わし
込むのじゃなく、固定ゲインのジャンパを切り替え
るという仕掛けにしました。

とりあえず、「x5 x10 x20 x50 x100」5段。
  ※ゲインを欲張っても、ノイズ対策に
   シールドやフィルタがほしくなるだろし、
   お手軽に100倍までで。
非反転アンプを単電源で動かします。
こんな回路が基本です。
X1_20240530120001
R1の値を固定してゲインを変えるとなると、R2を
(ゲイン - 1)倍の抵抗にしなくてなりません。
  ※反転アンプだとゲイン倍の抵抗

その時の選択基準は、
 ・E12系列の抵抗で
   E24はやむを得ないとき
 ・抵抗の合成、2本は許容できる
てなところでしょうか。

例えば、10倍のゲインを得ようとすると、
抵抗比は9倍。
9倍になる抵抗の組み合わせは
  2kΩ:18kΩ
  3kΩ:27kΩ
この二つ。
  ※3kはE12じゃなくE24の仲間だけど
   切りが良いので常用。
ここで、2kと3kを比べると3kのほうが使い勝手
が良いのです。
今回の5段ゲイン切り替えだと、こんな具合に
なります。
X2_20240530120101
9倍だけでなく、抵抗の直列合成でも「27kΩ」の
抵抗が出てきます。
  57kだと47k+10kや56k+1k。
  147kだと100k+47k。
  なども使えますが・・・
  同じ値のを使う方がなにかと便利。
今回の回路、ゲイン切り替えジャンパ部はこんな
様子です。
X3_20240530120201
※参考
正確な抵抗比が必要な時に便利な、E24の数値の相対比率表:ラジオペンチ
   3k:27kが出てきます。
E24系列の直列/並列抵抗値一覧表
   ↑これも便利

※ボヤキ
 E12、E24系列の値、ちょいと目をつぶって
   2.4 → 2.5
   3.9 → 4.0
   5.1 → 5.0
   9.1 → 9.0
 と切りの良い値にしてもらっていたらなぁっと。

| | コメント (2)

2024年5月19日 (日)

ハンダゴテのコテ先温度を上げたい エエ感じに

HAKKO DASHを熱くしたいプロジェクト、
ハンダゴテのコテ先温度を上げたい とりあえず完成
ということで、エエ感じのハンダ付けができるように
なりました。

素のHAKKO DASH(15W)で困ったのが、こんな時。
面積の大きな部品のハンダ付け。
H31_20240519142401
素早くハンダするには、パワーが足らないのです。

温調機能のあるハンダゴテでも、コテ先がこれでは
熱容量が足りません。
H32_20240519142501

買った HAKKO DASH FX-650(15W)にはB型の
コテ先が付いていました。
このくらいならうまくハンダ出来そうな感じなのですが、
ちょいと熱が不足していて、イライラがつのります。
2023年11月13日:HAKKOダッシュがやってきた:細いコテ先も来たけれど
Pp12_20231113134401
 中央のが付属していたB型コテ先 右の白いのはヒーター
Pp11_20231113134301

そこで、今回のパワーアップ・プロジェクト。
ちょっとのことですが、ストレスなくハンダできるように
なりました。
H33_20240519142701

ちょうどエエ感じの温度です。
  ※温度を測ってみたいなぁ。
   熱電対アンプ、どこかにあったはずなんですが
   探し出せてません。

| | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

ハンダゴテのコテ先温度を上げたい とりあえず完成

HAKKO DASHを熱くしたいプロジェクト、
トランス式ACアダプタを用いた「オートトランス方式」
で温度アップ(供給電圧アップ)を実現できました。

使ったのはヒューズが飛んで使えなくなった
ACアダプタ。
どういうわけか「JBL」ブランド。
42VA、DC13.8V・1.7Aというスペック。
外装を上下に殻割り。

こんな整流回路がくっついていました。
H20_20240518125001

手前左の出力側ヒューズが断。
トランスに巻かれた温度ヒューズは大丈夫でした。

ダイオードは1N5400。
4つでブリッジ。
各ダイオードに0.1uFが並列に入れられてました。
いわゆる「整流ノイズ防止用」。
  ・2014年07月14日:整流ノイズ防止コンデンサ

ケースに穴を開け、ACレセプタクルを取り付け。
H21_20240518125101
念のためガラス管ヒューズも入れて。
H22_20240518125101
ついでに通電表示LEDも。
H23_20240518125101

ハンダゴテ切り忘れ防止装置」の上に
うまいこと乗りました。
H24

青い柄のコテが件のHAKKO DASH(15W)。
左の白い柄のコテは
  ・2009年01月08日:半田ごてコントラーラのハンダ不良
で話題にしたGOOT製。 現用しています。

角大↓
H25

ハンダゴテ切り忘れ防止装置はいわゆるデッドマンスイッチ
ハンダ付けをしていたら通電を継続。
「ハンダ付けしているという検出の方法」はコテ台の振動
ふつうに作業していたら、通電を継続してくれます。
  ※トラ技Jr.案件でトラ技に投稿(掲載未定)

| | コメント (5)

2024年5月17日 (金)

ハンダゴテのコテ先温度を上げたい 予備実験:電力変化

2つのハンダゴテについて、電源オン時の
電力変化を見てみました。
  冷えているとヒータの抵抗が小さくて
  電流がたくさん流れる。

使ったツールは、記録用が
 ・ナダ電子のプリンターシールドを使ったチャートレコーダ
そして、電力測定に、
 ・お手軽電力計

ハンダゴテは、
 ・HAKKO DASH FX-650 (15W)と
 ・HAKKO PRESTO No.984 (20/130W)の2つ。

グラフはX軸が1分/1cm。
Y軸が5W/div。
  フルスケール10divで50Wになりますが、
  電力計の出力が8div(40W)で飽和します。

まずDASH。
H12_20240517122301

5分ほど経過で15Wちょい手前で安定。
通電開始直後は25Wを越えています。

次にPRESTO。
H11_20240517122501

5分ほど経過で20Wちょいで安定。
  電力計のアナログ出力が0~4Vで、
  40Wを越えると4V=40Wに張り付いて
  しまうので40W以上は記録不能。
  60Wを越えても測定はできるので、
  液晶表示には出てきます。

HAKKO DASHを熱くしたいプロジェクト、
最大30Wほどの電力を見ておかなくては
なりません。

※トランス、トランス・・・と見渡しても
なかなかエエのんが見つかりません。
  あれこれ埋もれた仕事場、もっと探せば
  出てくるはずなんですが
とりあえず見つけたのはトランス仕様のACアダプタ。
DC出力で13V・1.7A。
内部ヒューズが飛んでいた(同僚が無理して使って飛ばした)の
を置いてあったので、殻割り
整流部などを取り外し、一次側の片側と二次側の片側を
接続。
AC113Vが出てきました。
  (ハンダゴテを負荷にした状態で)

その様子。
H14_20240517152401
チャートレコーダーとお手軽電力計をつないで
電力のアップを確認。
100Vだと15W弱の13.9Wだったのが
15W強の16.5Wになりました。
H13_20240517152501
コテ先温度計れる熱電対を持っていないので、
温度がどのくらい上がったのかまでは見られません。
  コテ先温度計、なんとかしたいなぁ。

| | コメント (4)

2024年5月16日 (木)

ハンダゴテのコテ先温度を上げたい

昨年11月にやってきた新ハンダゴテ HAKKOダッシュ(15W)
軽くて握りごこちは良いのですが、ちょいとパワー不足
ハンダ付け面積が大きいと、加熱が負けてしまって
スムーズに作業が進まないのです。

かといってターボスイッチ付のPRESTO これを引っ張り出し
てくるのもめんどうだし。
  ※コレの場合、20Wの常用使用でも温度が
   上がりすぎる感じ。

温調付のコテ、FX-600 常用するにはちょい太くて、
あんまし好きじゃありません。

HAKKOダッシュ、もうわずかだけ温度が上がれば
良いんですが。
  15W→18Wくらい
  20Wに上げて温調で下げる

温度を下げるのは簡単(製作してある)ですが、
外部からのチカラで温度を上げるには電圧の増大
しか考えつきません。
100V:110Vや100V:120Vのトランスでというのも
芸が無いし、大きくなるし・・・
  ※電圧高めにしてコテ温調回路で
   パワーを下げる。

これで!っという手法(回路)、何かないでしょか。

2023年11月 7日:新ハンダゴテ、HAKKOダッシュがやってきた
2023年11月 8日:HAKKOダッシュがやってきた:コテ先の様子
2023年11月13日:HAKKOダッシュがやってきた:細いコテ先も来たけれど


AC100Vを整流。DC140Vができる。
60Hzのままだとトランスが大。
TL494あたりでスイッチング制御。
出力はDCか。
電圧調整できるよう。
絶縁しなくて良いんだけど。
トランスを作るのがめんどう。

| | コメント (4)

2024年4月26日 (金)

治具作りは面白い:2相パルスの発生

仕事を進める上で役立つ動作確認のための「治具」。
本業分野の電子回路だけじゃなく、ちょいとしたメカ工作
が楽しいのです。

今回の出てくる信号は「2相パルス」。
ただ・・・電子的にパルスを出すんじゃなく、現場で使われる
メカを模倣しての細工です。
2相パルスの発信元は「近接スイッチ」。
半分だけアルミテープを巻いた樹脂の円筒をステッピングモータ
で回します。
90度離れた位置に近接スイッチを置いて、2相パルスを得ます。
Mm11_20240426175701

 ・むちゃゆっくりの時、チャッタは出ないか?
 ・ちゃんと正逆を判別して、周期が得られるか。
 ・ケーブルを伸ばしたらどうだ?
 ・供給電圧の変動は?
 ・正逆回転が不安定になった時は?
など、電子的に出す2相パルスでは味わえないホンマモン
の信号が得られます。
速いほうは1200RPMくらいまで上げられました。
  速すぎると脱調!
こんな治具作り、むちゃ楽しいです。

ステッピングモータのドライブ回路はこれ。
  ・2021年7月30日:ステッピングモータを「ゆっくり回す」
ボリュームのツマミでCW/CCWを連続的に変化させれます。

※樹脂製円筒の加工は「文鎮:ハンダ付け補助ツール」
 佐藤テック君に依頼。

| | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

AliExprssで買った小型針式テスター「QQ2.0」

3月末に買ったのが カイセ「KF-6」
K11_20240328124901

もっと他に小型のテスターはないものかと探していたら
AliExpressで 「QQ2.0」 というのが見つかりました。
安価だったのでさっそく注文。

こんな箱。
Qq15

  超薄、超小型 指針式万用表
  THINNER & SMALLER MULTITESTER
というタイトルがプリントされています。
Qq16

Qq11
実際、小さいです。
先日の「カイセ KF-6」と比べても圧倒的。
Qq13
Qq14
レンジも面白くって抵抗レンジの低抵抗側が
「X1」になっていて、「X10、X1K」とは別目盛
になっています。
「1Ωや2Ωが読める」っと。

9V電池用の電池チェックレンジはありませんが、3.7Vを
チェックできる目盛が付いています。

しかし・・・致命的欠点がありました。
メータのダンピングが十分じゃないのです。
制動力が不足しているため、指針の振動が
激しくって行ったり来たり(左右を)を繰り返します。
抵抗レンジでのゼロオーム調整もやりにくいくらいの
針の振れです。
「カイセ KF-6」でも制動不足を感じましたが
それどころではありません。
  ※ひょっとしたら不良品だった?

X(Twitter)にちらりと動画をアップしました。
  ・https://twitter.com/i/status/1780513698924421305

サンワのGP-5、さすがに安定した動きです。

 

| | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

使えてあたりまえのものが動かない! 導通チェッカー

電子工作関係のツール類、仕事場に行けばあれこれ
あるのですが、自宅(ガレージ)にもある程度のモノは
置いてあります。
  工具はどちらかというと大モノが対象。
  木工関連の道具や、大きなハンマーやスパナ。
  カンナやノコギリは仕事場には置いてないけど
  自宅にはあるという状態です。

先日のこと、とある電気製品(女房の仕事場からの依頼)
につながった接続リードを通電チェックしようと
したところ(接触不良の調査)、自宅に置いてある
  ・旧バージョンの導通チェッカー
が動かないという事態に遭遇したのです。
V11_20240414162901
設計は古いですが自信作。
すみからすみまで分かっている自作品です。
電源スイッチを押しても反応無し!
単4電池2本で動いているのですが、電池そのものはOK。
でも、家に置いてある 三和の針式テスター「GP-5」
で、基板上のいつも電源につながっているはずの
74HC00の14pin、7pin間電圧を計ってもゼロ。
電源がチェッカーの回路に来ていません。
「そんなあほな」

「そうや。こんなこともあったぞ」と思い出したのが
このトラブル。
自動電源オンの改造をしてからしばらくたった2022年1月。
  ・導通チェッカーに入れていた単4電池が液漏れ
ひょっとしてと、液漏れ跡を探しますと、
マイナス側の黒色リード線を基板に入れている
ところが変色しています。
V12_20240414162901
黒線を引っ張ったら・・・電池ホルダーの根元から
切れてしまいました。
V13_20240414162901
電池の電解液が黒線の内部に侵入、導線を腐食
させて切れてしまったため、通電しなかったのです。
原因が分かれば、納得。
V14
液漏れトラブルの後始末をちゃんとしてなかった
というのが原因でしょう。
面倒でも液漏れ被害にあった電池ホルダーを外して
状態を確認。
洗浄して同時に黒色リードを交換しておけばこんなことは
起きなかったかと。

「自作品が動かない!」というトラブル、なかなか
ダメージ(精神的な)が大きいです。

| | コメント (0)

2024年4月 3日 (水)

超低速2相パルス発生回路・ケース入れ

2024年3月25日:超低速2相パルス発生回路 の続き。
こんな回路に落ち着きました。
Cw_ccw1b
・電池3本運用。
・秋月の昇圧DC-DCモジュール
   AE-XCL102D503CR-G で5Vを発生。
   ただし、ちょい改造(EN端子のプルアップを外す)
・電源スイッチと操作スイッチを共用。1つだけ。
   長押しで電源のon/off操作。
   短押しでCW/CCW/stop選択。
   このためにあれこれややこしい回路に。(黄色部)
・最低周波数が0.1Hz。
 最高周波数を(無理やり)9990.0Hzに。
・周波数によって設定できる最小桁が変化。
 150Hzまでは0.1Hz。2800Hzまでが1Hz。それ以上が10Hz。
・1.5kHz程度までは、設定値から0.01%内の誤差。
 10Hzステップになる2.8kHzあたりだと0.016%。
 5kHzあたりまで上がると0.03%。
 最高周波数に近づくと分周比が小さくなり誤差が目立ちます。
 0.06%ほどの誤差が生じることがあります。
・例えば9810Hzの設定なら分周比が815で
 出てくる周波数が9815.95Hzとなって+0.061%の差。
 また、9970Hzも9980Hzも同じ分周比802になり
 出てくるのはどちらも9975.06Hz。
 でも、8000Hzの設定は誤差ゼロで出てきます。

バックアップがわりのスケッチ。
  ・ダウンロード - cw_ccw2k1b.txt
    ※inoではなくtxtにしてます。

箱はダイソーで買ったプラケース。
  (電池保管用のものだったか・・・)
Cc11_20240404142901

Cc12_20240404142901

LowBat警報表示
Cc14_20240404142901
Cc15
電池電圧が3Vを切ると、空電池マークと半分電池
マークを交互に点滅表示します。
  重要アラームは点滅させて欲しい
   なんて記事も書いてますし。

内部処理でキツいのが周波数を上げたとき。
最高が9990Hzですので、その2倍の周波数
(トグルさせるので2倍に)でタイマー1の
コンペエマッチ割り込みが発生します。
周期が50μ秒ほどとなって、16MHzのATmega328P
にはなかなかキツい。
この割り込みの他に、システムタイマーであるタイマー0の
オーバーフロー割り込みを止めて、別の周期、
3.90625kHz=0.256msのタイマー割り込みを
使っています。
これの主目的はロータリーエンコーダのチャタリング除去。

2つの割り込み処理のタイミングを見てみます。
   オシロの無限残光モードがありがたい
Cs000

Cs001

B相出力が変化する前にタイマー1のコンペエマッチ
割り込みを終えなければ、2つのパルスを正しい
タイミングで出力できません。

タイマー割り込みの処理時間がけっこう長いので、
これが問題。
シリアル出力すると、この割り込み処理による
遅延も入ってきます。
  ※I2C液晶制御でも割り込み絡むのか?
最高周波数になると、タイミングはなかなか
キビシイです。

ロータリーエンコーダの読み取りタイミング。
Cs003
I2C液晶での文字表示(xxxx.xHzの8文字)に
いがいと時間がかかります。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧