ツール

2022年3月29日 (火)

電卓の機能 知らなかった:「÷=」で「1/X」に

女房が持っているいくつかの電卓(関数電卓じゃなくごく普通の)、
その中の1つ、シャープ製の電卓に説明書が付いていたので、
消費税の計算方法なんかの解説を読んでいました。
  ※税込み、税抜きの計算手順なんかですな。

その説明書でこんな記述を発見。

「×=」で2乗を計算。 
   ※これは知っていたし、よく使う機能。

「÷=」で逆数を計算
 これで「1/X」が出てくる!
   ※この機能、知りませんでしたよ。

試してみてちょっと感激。
電卓への要望、何度も書いてますが
  「1/X」をワンアクションで。
これができない関数電卓はキライ。

関数電卓なら、2nd-Funcに割り当てられていても
「1/X」の機能があるだけで逆数計算できるだけ
ましです。

普通の電卓しかない時に逆数を計算したいなら、
計算途中のX値をいったんメモリーに入れてから
「1÷MR=」として値を出すわけです。
  ※あるいは直接数字入力で「1÷X=」で。

それが「÷=」の2アクションで逆数が出現しちゃったの
です。
普通の電卓で、です。
ほんとに知りませんでしたよ。

例えば、抵抗の並列計算。
 CM      メモリークリア
 R1 ÷ = M+  R1の逆数をメモリーに加算
 R2 ÷ = M+  R2の逆数をメモリーに加算
 R3 ÷ = M+  R3の逆数をメモリーに加算
 :
 RM      メモリーリード
 ÷ =     逆数にして並列抵抗値算出

これが、関数電卓じゃなく普通の電卓でできちゃう。
 1 / (1/R1 + 1/R2 + 1/R3 +・・・)

「×=」で2乗は知られてると思うんです。
でもこの「÷=」で逆数、皆に聞いても
「知らんかった」と驚いてました。

※できる電卓とできない電卓があるようです。

2007年03月01日:ロケットガール第二話…今から5分で操作をたたき込む
2007年03月24日:現用中の関数電卓
2018年2月24日:愛用電卓、アウト!
2018年3月14日:TIの電卓、これはバグなのか?
2020年10月26日:シャープ製関数電卓 EL-566


| | コメント (5)

2022年2月26日 (土)

現用中のBSch3V部品ライブラリのバックアップ

バックアップがわりにアップロードしときました。
  ※http://act-ele.c.ooco.jp/jisaku/jisaku1.htm#BSCH3V_LIB

前回が2020年3月でしたんで、2年ぶり。
Aa21_20220226160101

Aa22_20220226160501

水魚堂・岡田さんに大感謝!

| | コメント (3)

2022年2月24日 (木)

オペアンプ ICL7611

修理案件で オペアンプICL7611 が必要に。

パーツボックを探しても見当たらず。
 「昔、何かで使ったよな~」っと、記憶の海(深海だ~)
からすくい上げると・・・
2008年01月14日:OPアンプ1石でできる簡易型静電気検出器
  (トラ技1999年7月号に掲載してもらってます)

ユニバーサル基板にハンダしてあるんで、ここから外すわけにも
いかないし・・・
ということでネットを探したら 秋月電子通商 で発見!
とりあえず手配をを完了。

古いアンプですが、入力に保護ダイオードが付いているのが良。
Ii1
   (ルネサスのデータシートから)

V-側だけでなくV+に向けてのダイオードが入っているんで、
外乱に対して、ちょっと安心。

※追記
製作した簡易型静電気検出器の回路
  たまたま手持ちにあったICL7611を使ったという
  記憶です・・・
Img20080114142644440
MOS FET入力OP-AMPを使ってバッファしているだけ。
増幅はしていません。
乾電池2本の±電源で、センターゼロメータを振らします。
メータに表示されるのは静電気があるかないかだけ。
「何kVで帯電している」は分かりません。

「非常用ツール」としていつでも使えるようにしてあります。
  ・簡易型静電気検出器の解説

ポンプが回ると制御回路が暴走!』の現象確認に使いました。

| | コメント (1)

2022年1月10日 (月)

導通チェッカーに入れていた単4電池が液漏れ

「ピコピコ・スイッチ」操作スイッチ部を新造、この作業をした
のは自宅ガレージ。
「電気回り」関連作業用のツール、ある程度は置いていますが
「とりあえず」のものです。

この時、スイッチ接点の状態を見るのに使ったのが
旧バージョンの導通チェッカー
この記事↑で改造したもの(クリップのタッチで電源オン)を
ガレージに置いてありました。

久しぶりに使ったら・・・なんか不安定。
クリップを短絡しても、どうも報知が安定しません。

原因は・・・
ケースを開けてみると、電池の液漏れが発生してました。
2本使っている単4電池のうちの1本、マイナス極側から
電解液が漏出。
電池ボックスが「濡れて」います。

11_20220110211401
  ※左側の電池のマイナス極側

液が出てすぐなんでしょう、スプリング電極の腐食までには
至っていませんでした。
電池を取り外して、電池電極を清掃して解決です。

12_20220110211401
  下の方のマイナス側、外装カバー内に液漏れが見えてます。 

電池の状態ですが、2本ともまだエネルギーは残していました。

・漏出した方、
  無負荷:1.46V 4.7Ω負荷:1.34V 1Ω負荷:1.08V
・大丈夫な方、
  無負荷:1.47V 4.7Ω負荷:1.36V 1Ω負荷:1.15V
と、1Ω負荷にするとドロップは目立ちますが、さほどの
違いはありませんでした。
4.7Ω負荷でのドロップ電圧だと「半分以上は残ってるで」という
判断かと。
※電池電圧、残量チェックで使ったのはこれ↓
  ・電池電圧チェッカー
導通チェッカーとともに、必須のツールです。

液漏れ電池の「賞味期限」は「2024年2月」。
まだ大丈夫なはずだったんですが・・・

| | コメント (1)

2021年10月 4日 (月)

可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路 #2

2021年10月 1日:可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路(案)

ちょっと回路変更。
・三端子レギュレータを使って+5V電源を安定化。
   電源入力は+6~12Vで
・クロック周波数を確かめられるように
 PD3/OC2Bに500Hz方形波出力。
   これにともない、4051 MPXのB接続を変更

Vr_chk1_20211004115801

16MHz XTALに並列に入れるコンデンサ、ざっと計ってみたら
20PFで500.0163Hz22PFで500.0110Hzとなりました。
500.0110Hzで22PM。日差1.9秒。月差で1分弱。
もうひとこえか! (手持ちのコンデンサの問題)

※もうひとこえを試す
24PFのコンデンサが無かったので、XTAL端子の10pinの
ほうを22PFにしたまま、9pinのコンデンサを27PFに入れ替え。
すると・・・500.0006~9Hz
おおっ! エエ感じに。

※試運転中
55_20211004115701



| | コメント (0)

ホーザンのカタログを見ていたら・・・カッター+ストリッパー

P-970 ワイヤーストリッパー
がこんなの。新製品らしいです。

41_20211004103401
電線カッターを刃先部に持ってきて、ストリッパー部を
ハンドルの内側にという、意表を突いた構造。

どなたか使われたことありますか?
 ・使い勝手は?
 ・軽そうだけど耐久性の感触は?
 ・気が付いた欠点は?
   ※「開きのバネ」が気になるか。
 ・愛用ツールとして長いこと使えそう?


※ワイヤーストリッパーに関する過去記事
2011年10月06日:ワイヤーストリーッパー
2012年01月25日:ワイヤーストリッパ新参
2012年01月26日:ベッセル製ワイヤーストリッパ
2014年04月08日:ホザンのワイヤーストリッパ


| | コメント (4)

顕微鏡用LEDリングライトのLED交換

2021年9月27日:顕微鏡用LEDリングライトのLED、そろそろ交換か
ということで、2006年から使ってきた顕微鏡用LEDリングライトを
昨日交換しました。
使ったのは秋月で買ってあった5φ砲弾型LED。
「OSW54L5B61P」 半減角60度の広角タイプ。
  ※昔は半値角って言いませんでした?

アラルダイト(2液エポキシ)で塩ビパイプに貼り付けていたのを
バリバリと剥がして、新しいLEDに交換です。
31_20211004093201

ずいぶんと明るくなりました。
32_20211004093301
トラ技・2016年5月号に掲載してもらった「照度計」
見ると、直下でおよそ3倍の明るさに。
・照度計
  2016,5,実験用ワイドレンジ・ディジタル・マルチ照度計の製作,
  無調整!10~10万lx@-40~+85℃!リアルタイム波形モニタ出力付き!,
  一般,164,8,下間 憲行

古いLEDと新しいLEDを比べてみると電流1mAでこんな様子。
33_20211004093401

左が秋月で買った新しいの。 右が使い古したの。
外径(透明部の大きさ)は同じでも、発光している部分の
面積が違います。
  リコーGX100で撮影
  ISO=100 S=1/2000秒 F=12.6

この点灯に使ったのはトラ技・207年1月号の簡易LEDテスタ

・簡易LEDテスタ
  2007,11,明るさを比較できる簡易LEDテスタの製作,
  大きさの等しい電流を2個に流して順電圧と順電流を表示する,
  一般,210,4,下間 憲行
LEDを差し込むクチが二つあって、それぞれ独立して電流を
変えられます。
異なるLEDでの明るさ比較や、同じLED2つでそれぞれの電流を
変えた時、どんな具合に見えるかの比較に便利。

※光らせてないとき
左が新しいの。 右が古いの。
51_20211004105701
52_20211004105701


古いLEDの型番が分からないかと、トラ技への提出原稿を
探してみると・・・記していたのは、
  『白色LEDは大阪日本橋の部品店店頭で適当に選びました。
でした。
素性は不明。
デジットで買ったか共立で買ったか・・・

 

| | コメント (0)

2021年10月 1日 (金)

可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路(案)

「LM317」の話がエラいところに向いてしまいました。
2021年9月14日:LM317を電圧可変するとき
2021年9月22日:可変抵抗器の「陽極酸化」

やはり「掟」に従い、言い出しっぺが検証をやらなくては
いけないようです。

「案」をざっと描いてみました。
Vr_chk1
・マイコンは「Arduino-UNO」。
・外付けA/Dは使わず内蔵の10bit A/Dで。
   どんな精度が必要か不明なんで。
   とりあえずの様子見。
・被測定物=ボリュームは8つ。
・外付けして、電流を調整。
・GND側に入れたR1~R8の負荷抵抗で電流→電圧にして
 「変化」を観察。
・陽極酸化で抵抗体が消滅しだすと抵抗値上昇→電流減少。
・観察する電流により負荷抵抗を選択。
・この電圧が約0.1Vで、オペアンプで1.0Vに増幅してA/D。
・入力切り替えは8chアナログマルチプレクサ。
・温度も測れるようにサーミスタを付加。
  ※LM35温度センサーかもと思ったけど、
   温度を読むにはVrefの値が必要。
   サーミスタだと抵抗比で温度が出る。
     (R10が神様抵抗)
・変化の記録はA/D値で。
   (電流値や抵抗値には直さないで)
・記録は外置きEEPROM、32kバイト。
・記録期間、1日1回のログでmaxざっと5年。
・正確な時計、欲しいところだけど16MHzのXTALで。
・とりあえず加熱は無しでスタート。

こんなところです。
肝心のボリュームですが、
 1 1k   10mA
 2 1k   10mA(正接続で)
 3 10k  10mA
 4 10k  10mA (サーメット)
 5 10k  1mA
 6 100k 1mA
 7 100k 0.5mA
 8 100k 0.1mA

とりあえず。

「1k」を二つにしたのは、発端が「LM317」の電圧調整抵抗の話
だったから。 (抵抗値が大きい方が陽極酸化の影響が大)
そして、2と4は陽極酸化しないはず。

炭素皮膜の半固定あるいはボリュームを買ってこなくちゃいけません。
どんなのを選びましょうか?
  半固定でいい?
  軸の出たボリュームのほうがいい?

一度セットしたら長丁場。
回路の配線はこれから。

| | コメント (3)

2021年9月27日 (月)

顕微鏡用LEDリングライトのLED、そろそろ交換か

ラジオペンチさんとこの
実体顕微鏡の自作リング照明のLEDが劣化したので交換
を拝見して、「こちらのもだいぶ暗くなったなぁ」と
リングライトLEDの交換を計画しますわ。

こちらでは、こんな作業台(高さ80mmくらい)を使っています。
11_20210927093801
この台の上でハンダ付け作業すると、「首」が楽。
顕微鏡を見ながらのハンダ付けも非常に楽で疲れません。
台の上の白いのはA3サイズの紙。
汚れたら交換。

・作業台の側面
  2016年12月12日:1kgハンダ、使い切り

・リングライト製作 トランスレスで手抜き
リングライト作ったのは2006年だった。
  顕微鏡の照明装置

・修理の話
  LEDリングライトの修理

※回路図発掘
L1

※これも参考に
LED劣化の記録

| | コメント (1)

2021年8月 4日 (水)

103JTサーミスタ対応温度計 ArduinoとLTC2460を使って

なんとかものになりました。
温度表示最小桁は欲張らずに「0.1」℃で。

・回路図
Thm_ltc2460_2a
  (ちょっと修正、追記しました)

・ハードウェアの補足・・・省けるところ
  ・5Vで動かすのならQ1とQ2、電池は不要。
  ・別個のシリアル出力が不要(Arduino-UNO環境で使う)なら
   Q3、J4は不要。
  ・D/A出力(0~100℃をアナログ0~5Vで出力)が不要なら
   IC4、IC5は不要。
  ・ちょっとした誤差を許容するならIC1は不要。

・外観
T11_20210804152801

T12_20210804152801

T13

●step by step
・電源回り
秋月の5V出力昇圧DC-DCコンバータXCL102が起動に失敗 その原因追求

・A/Dコンバータ
16bit A/Dコンバータ LTC2460 サーミスタ103JTを使った温度測定で・・・

・ケースとスイッチ
タカチのプラケース「SW-125」に回路を組み込む

・液晶表示器
秋月の液晶表示器 ACM0802C-NLW-BBW-IIC、I2Cのプルアップ抵抗
秋月のI2C液晶表示器 ACM0802C-NLW-BBW-IIC 文字表示ライブラリ

■メニュー画面 一覧
==========
|"0 Mesure"|
|"1 Sensor"|
|"2 TxCyc "|
|"3 TxStyl"|
|"4 Vref "|
|"5 Rs "|
|"6 Cal R0"|
|"7 Cal R1"|
|"8 Cal R2"|
|"9 Cal R3"|
|"a CalAD0"|
|"b CalAD1"|
|"c CalAD2"|
|"d CalAD3"|
|"e Bat L "|
|"f Bat M "|
|"g PWM 4V"|
|"h Ck A/D"|
|"i Ck D/A"|
|"j Ck Bat"|
==========
■パラメータ設定値
# 1 Sensor 103JT
# 2 TxCyc 1sec
# 3 TxStyl TempData
# 4 Vref 1.2494V
# 5 Rs 10005.0ohm
# 6 Cal R0 1000.5ohm
# 7 Cal R1 3004.1ohm
# 8 Cal R2 10004.0ohm
# 9 Cal R3 20020.0ohm
# a CalAD0 5923
# b CalAD1 15136
# c CalAD2 32769
# d CalAD3 43691
# e Bat L A/D 313
# f Bat M A/D 345
# g PWM 4V D/A 3276

Cal R0~R3の抵抗値とCalAD0~AD3のA/D値が4点calデータ。
出てきた16bit A/D値がCalAD1より小さいときは、CalAD0~CalAD1の
値で線形補完。
CalAD2より大きいときはCalAD2~CalAD3で線形補完。
CalAD1とCalAD2の間にある時はCalAD1~CalAD2で線形補完。

入れてあるサーミスタのデータは3種。
 セミテックの103JT・・・応答が良い
 103AT-11・・・頑丈
 103AP-2・・・高精度

IC1を入れた理由。
 R3を通して直に信号をA/Dに入れた場合、サーミスタの抵抗値で
 この間の微少な電流が変化してA/D値にオフセットが生じる。
   A/Dコンバータの変換時の電流。
 R3両端の電圧値で±60uVくらい変動する。
 1kΩなので60nAの電流。 それがRs=10kΩにも流れるので
 10倍の0.6mVくらいの変動がA/D値に出てくる。
 Vref=1.25Vで16bitなので1bitは約20uV。
 0.6mVだとA/D値で30くらいの変動になる。
 IC1を入れるとこの変動がなくなる。

テスターで計ったRs、Cal R0~R3の抵抗値が神様データ
  ※測定したA/D値からRsとの比を計算してサーミスタの抵抗値
   を求めている。だもんで正確なVref値は不要。
   16bit A/Dのmax値65536を入れていてもOK。
   モニターモードでA/D入力電圧を表示しているので、
   そこで必要。

スケッチ:とりあえず  (ファイルタイプをtxtにしてます)
   ダウンロード - thm_103jt2.txt (UTF8Nで)

※この液晶表示ライブラリが必要
  http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2021/07/post-78a365.html


※続き 誤差原因の探求 あれこれ
シミュレーテッド・インダクタを使った60Hzノッチ・フィルタ:これから
AD620を使った計装アンプとシミュレーテッド・インダクタを使ったノッチフィルタ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧