アマチュア無線

2024年2月15日 (木)

八重洲の2m FMトランシーバ FT-203 がやってきた

ガレージ仲間が・・・『こんな出てきた!』っと持ってきて
くれました。
八重洲 144MHz帯 FMトランシーバ 「FT-203」が2台。
  物置の奥から発掘と。
    (昔、これでPチャンを聞いていたらしい)
Y11
電池ボックス、若干の液漏れ痕がありましたが
許容範囲。 単3電池が6本。
しかし・・・電池を入れてスイッチをオンしても、
受信はせず。
小さい音で「サー」が聞こえてます。
スケルチを回しても変化無し。
オーディオ段のどこかがおかしくなっているようです。
Y12_20240215114501
でも・・・
  PTTボタンには反応。 (1台は不安定だけど)
ダイヤルを「500」に合わせたら「144.9994MHz」の
電波が出ました。 (変調は未確認)

これ、どなたかいりますか?
「送料+お駄賃」をビール券にしていただければお送りします。
早い者勝ちで。

  ※リクエストはこの記事にコメントを。
   メールを記入して。

※2月19日
  1台、残っています!

 

| | コメント (4)

2023年12月 6日 (水)

『部室からCQ ham radio 創刊号を発掘した話』

「X:twitter」から流れてきたお話です。

JA1YDU:部室からCQ ham radio 創刊号を発掘した話

FM2A05Aへのレクイエム
   五極管「FM2A05A」と「ソラ」比較

横浜旧軍無線通信資料館

| | コメント (0)

2023年7月21日 (金)

「モールスの話」by JQ2OYC

野尻抱介の「ぱられる・シンギュラリティ」第20回 脳とモールス通信
  https://kemur.jp/paragula_202305

面白いです。

私のブログで紹介した野尻さんの本
「私と月につきあって」
「太陽の簒奪者」
「天使は結果オーライ」
「ふわふわの泉」
ロケットガール第二話:RPN電卓

| | コメント (0)

2022年12月20日 (火)

トラ技に載ったスミスチャートの解説

「スミスチャートを使っての高周波設計。すげ~」っと
なったの、この本かな。
記事のページに付箋がしてありました。
T11_20221220084401

高周波を学ぶための
 よくわかるスミス・チャートの使い方
   戸畑 二郎 著
トランジスタ技術 1993年12月号
T2_20221220084701

   ※トラ技の目次検索で「戸畑二郎」さんを探しても
    出てくるのはこの記事だけ・・・

T3_20221220084701

T4_20221220084701

| | コメント (0)

2022年12月17日 (土)

紙のイミタンスチャート

JF3DRIさんとこのブログ、
  JF3DRIの気ままな出来事
  時には辛く、時には甘くつれづれなるままに

2022年12月度1アマ、スミスチャートの問題解説

という記事が出たので「紙のイミタンスチャート」で迎撃。

I11_20221217181501
スミスチャートを180度ひっくり返して重ねたのが
イミタンスチャート。
赤・緑の2色刷り。
電気回路の「タンス」はなんでもこいのチャートです。
     ↓
  レジスタンス キャパシタンス インダクタンス
  インピーダンス リアクタンス
  サセプタンス  アドミタンス

いつごろだったか・・・JA3RMR氏から頂戴したもの。
        JA3RL運用委員仲間

プラ製のカードケースに入れて、水性サインペンを使って
描いては消し、描いては消し・・・していました。

四隅に使い方の略図が描かれています。

H1_20221217181701

H2_20221217181701

H3_20221217181701

H4_20221217181801

RCA DWG. A-933350」と。

| | コメント (4)

2022年8月24日 (水)

サイレントキー:JA3ATJ 坂井紀久男さん

FACEBOOKでのJH3BDB/JA1AVHさんの書き込みで知りました。
JA3ATJ 坂井紀久男さんが8月21日 ご逝去されたとのことです。
享年85歳

取り急ぎHDDの中から探し出したご尊顔。
Atj1
※2007年11月

旧の居酒屋ガレージ日記で、QSLカードへのコメントを頂戴して
います。
2005年05月05日:JA3ATJ先輩のQSLカードを発掘

| | コメント (1)

2022年6月25日 (土)

CQ出版『現代版 真空管入門』

CQ出版の『現代版 真空管入門
  サブタイトルが「球で試す小宇宙」
    2022年5月初版の最新本
大阪市立図書館に入荷しています。

Ss11_20220625090801

「球」といやオーディオ・アンプの話ばかりですが、
CQ出版の「CQ Ham Radio」の掲載記事をまとめられた
本ということで、無線での球の話が主体。
それも大出力じゃなく、手軽に手の届く領域です。
SSBの話もありませんし、1960~1970年台を振り返って
的なお話しになっています。

| | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

『日本船舶無線電信局局名録』をグーグルドライブにアップ

2021年10月20日:古紙回収で『日本船舶無線電信局局名録』
この局名録、全ページを「oxyさん」がスキャンしてくださいました。

21_20211020090201

グーグルドライブにアップしておきました。
https://drive.google.com/file/d/11-J-fSDf6-Xe4kW_cKHgY7Cjh7xztHPY/view?usp=sharing
  ≪Japanese_Ships_CallBook_1965.zip :pdfを圧縮≫
ちょっと大きくて134Mバイトあります。
ダウンロードしてみてください。

※著作権の問題 (oxyさんの解説をかいつまんで)
 ・結論:著作権の保護期間は終了している
 ・著作者が自然人なら死後70年。法人なら公表後70年。
   ※2022年1月19日付けのoxyさんからのコメントを
    参照してください。 (50年ということで)
 ・局名録の発行年月日、奥付表示で1965年3月25日とあり、
  2015年3月25日をもって保護期間が終了してる。
 ・編者である船舶通信士協会は1999年に解散している。
ということで、全ページの公開は問題なし。


※元記事のコメントにありました「青函連絡船 摩周丸 JHMI 」
を調べていましたら(青函連絡船に関する本、洞爺丸台風に
絡んだものが目に付きます)こんな本を見つけました。
 ・青函連絡船 乗組員たちの証言

図書館に有ったのでさっさくリクエスト。
・表紙
11_20220113141701

中ほどに「通信」を解説したこんなページが。
12_20220113141701
モールスでのやりとりが紹介されています。

| | コメント (2)

2021年10月22日 (金)

最近のトラ技で見つけたAMワイヤレスマイク

AMラジオ方式電波時計の修理で使った時報発生回路、
この時報音を中波の電波にしたのがこの回路。
2021年3月23日:中波振幅変調電波発生回路 いわゆるAMワイヤレスマイク

この前、トラ技をパラパラめくりしていたら、
こんなAMワイヤレスマイク回路を発見。

Aa1_20211022144401

・トランジスタ技術2015年10月号 P83
特集  お手本!トランジスタ&定番IC回路見本市
第3章 乾電池1本で動くポータブルAMトランスミッタ
著者 小川 敦さん

※トラ技の目次を検索すると・・・
 2014,8,第4章 強力ドライブ!ポータブル・ヘッドホン・アンプ,
    ICの回路技術を駆使!ひずみ0.02%,10Hz~100kHzフラット,
    消費2.7mA,特集,76,16,小川 敦
 が、初記事のようです。 その後、あれこれ記事を書かれています。

トランジスタを使った「乗算回路」で振幅変調。
バラモジIC MC1496 の片割れ回路を3石で構成。
電源電圧1.5Vでうまく動くのだろうか。
こんど何かの時、作ってみますね。

※MC1496の回路
1496

 

| | コメント (3)

2021年10月20日 (水)

古紙回収で『日本船舶無線電信局局名録』

昨晩、水道屋・亀ちゃんが「古紙回収にこんな本が混ざってた」っと。
1965年版、日本船舶無線電信局局名録

21_20211020090201
500ページほどの本です。
「海栄丸・無線部」のハンコが押されているんで、
実際に船で使われていた本なのでしょう。
22_20211020090201
 最初のほう、10ページには「海岸局配置図」。
24_20211020090201
広告ページには「JRC」の受信機。
25_20211020090201
そして、アマチュア無線をやってるだけでは知り得なかった
コールサインの秘密。
現在のアマチュア局のコールサイン、その先頭は・・・
JA1AAが庄野さん(sk)、JA3AAが島さん(sk)。 と。

で、船舶局の先頭は?
それがこの本に載ってました。
  JAAA  第1清寿丸 1175t 漁

JAABが抜けて、JAAC、JAAD、JAAH・・・と続きます。

船名からコールサインを引くこともできます。
  宗谷 JDOX ジユンシセンソウヤ
        2734t 海上保安庁 巡

この本に押されていたハンコの「海栄丸」を
探すと・・・
  海栄丸 JNOU カイエイマル
         44000t ジャパンライン 油
その直上には、
  海王丸 JFPC ウンユシヨウカイオウマル
         2284t 運輸省航海訓練所 練

「JAAA」の載ったページ
26_20211020090201

「宗谷」の載ったページ
27_20211020090201

この本、どなたかいりませんか?
  (捨ててしまうのはもったいないような)
厚み制限の無いレターパック・プラスでお送りできます。
  (運賃とお駄賃はいつものようにビール券で)


※海岸局JOC
スキャナーがやってきた:JOC 落石無線電信局
跡地を1983年に訪問してます。


※追記 摩周丸(初代)のコールサインが載ったページ
A11_20211021141501
ほとんどが青函航路。
内海で距離も短い「宇高連絡船」には「電信」って
なかったのでしょうね。


※追記 JA3RMRさんから、JOCやJCSの話が出たんで、
短波海岸局のページです。
00
そして、無線電報料金表がありました。
02_20211023161301
旧ブログで、アンテナの写真をアップした
   2008年06月02日:NDB RK 340kHz
も、航空無線標識局配置図に出ていました。
01_20211023161501

もう一つ(これで最後か)
沖縄返還が1972年。 この本の1965年はまだ「日本」じゃない。
そこで、琉球船籍の一覧ページを見ると・・・
コールサインの頭が「K」になっていました。
03_20211023161701

ここでも新たな疑問が。 日本の船もなんですが、
「伝送上の名称」に「xxxマル」となっている船だけじゃなく
「xxxマルタク」というのが見られるのです。
この「タク」っていったい何?





| | コメント (12)