電子工作

2018年11月14日 (水)

ステッピングモータを回す

部品発注のついでに買ったステッピングモータードライバ基板。

スイッチサイエンス 扱いのA4988DRV8880 の2種類。

基板のメーカーはPololu
Motion Control ModulesStepper Motor Drivers の中で見つかります。
マイクロステップもできるし、言うこと無し。
11

ブレッドボードに乗せて、手持ちのステッピングモータをあれこれ
回してみました。
12

加減速無し、方向変換無しなら、クロックパルスを与えるだけで回ります。
DC24Vをモータの駆動電源として供給。
モータの定格はさまざまですが、モータを回している電源の電流を
見ながら基板上の半固定抵抗を回せば駆動電流を調整できます。
トルクがあって発熱しない電流値にという所にセット。
デジットで売っていた多摩川精器の「TS3166N913」 も回ります。


ただ、このドライバー基板は「バイポーラ駆動」用。
6本線のユニポーラなら、中点をつながずにつなげばバイポーラと
同じように使えますが、5本線のユニポーラ(電源線1本出しで2つのコイル
のを共通に)のモータは対応できません。

ユニポーラのステッピングモータの駆動回路は、
「ジグザグ23pin」 で、組んでいます。  ←けっこうたいそう

ユニポーラ駆動用の小さなドライバ、見つかりませんなぁ。
デバイスとしては、東芝のTB67S149 が良さそうなんだけれど・・・。
汎用部品で組めばいいんですが、マイクロステップをしようとすると
専用のICになってしまいます。
自力では1-2相励磁まででしょか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

USB-Aコネクタの接触抵抗

ラジオペンチさんのブログ記事、
に触発されて、「USB標準Aプラグ・レセプタクル」の接触抵抗を計ってみました。
パーツボックスから探し出してきたレセプタクルとプラグ。
11
新品プラグは1種類。
     ※古いケーブルをぶった切ったらと・・・
こんな測定系。
12
左端の箱が1A定電流電源回路
    ※基板回路の短絡調査用に作ったもの
そこから「赤・黒」のクリップで出力。

テスターはサンワのPC700。
「黄・青」のクリップで電圧を測定。
分解能は「0.01mV」。
「四端子法」で接続すれば、電流が1Aですんで、
電圧値がそのまま「mΩ」に換算できます。
プラグにハンダしたリード線、およそ20mm長で約1.5mΩでした。


まず、アングルになったレセプタクル。
13
1ピンから、
  13.80mΩ
  12.96mΩ
  13.25mΩ
  13.59mΩ


次がストレートのレセプタクル。
14
1ピンから、
  12.31mΩ
  12.67mΩ
  12.12mΩ
  12.10mΩ
こんな結果でした。
ミニBやらマイクロB、はたまたUSB3.0対応品を計れば
面白いかもしれません。


※回路資料  まとめときました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

トラ技1968年11月号

手元にある一番古いトランジスタ技術、1968年11月号
はこんな表紙です。
11
  (青色ハンコは高校クラブの先輩の名)


裏表紙は、三菱・ダイヤトーン・スピーカーの宣伝。
12

目次。  (クリックで拡大↓)
13

記事の内容、半分オーディオ、1/4が無線という配分
でしょうか。
「50MHz送信機」と「フランクリン発振回路」の記事に
興味を持ったようで、メモ書きが残っていました。
まだ広告も多くなくって、3枚おろしの必要はありません。

※関連
2018年10月29日:1970年代の三枚おろししていない「トラ技」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

トラ技Jr.での工場めぐり

先週金曜日、トラ技編集部の方が来社。
  ※残念なことにスケジュールの都合で
   ガレージには来られずで。
あれこれお話の中で、こんな依頼が。

・トラ技の別冊、トラ技Jr. (トラギ・ジュニア)
 の記事に関して。

B12

 ※解説:「トラ技Jr.」は季刊の小冊子。
    毎春号は本誌の付録になりますが、他の号は
   「頼まないと」手に入りません。
   しかし、学生さんと25歳以下の新人エンジニア
   さんには無料で送ってくれます。

B11

・トラ技Jr.の記事で、今号(2018年秋)が第1回目の
 連載が「オームぼうやの工場めぐり」。
 工場の見学記をイラストで紹介という企画です。
   ※絵になっちゃうんで製品や装置、工程の秘密は
    守られます。
 今回の記事は「プリント基板の製造工場」。
  素材が、いろんな工程を経てプリント基板ができ
  あがってくる様子がイラストで紹介されています。

A14

・「見学して記事にできる工場、下間さん知りませんか?」っ
 という相談です。

・電気、電子関連じゃなくてもOK。
 機械屋さんでも可。
 面白いものを作っているところを見学したいっと。

どなたか、お知恵を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1970年代の三枚おろししていない「トラ技」

手元に残っていた1970年代のトラ技、いよいよ編集部に
行くことになりました。
条件が
  ・広告が残っているもの
つまり、三枚おろししていないもの。
      ↓
真ん中の記事だけを残して、前後の広告を
外してスリム化する作業。
こちらで該当するものはこれだけ。
10
左端の5冊が仕事場に置いてあったもの。
右のがガレージの段ボールで保管していたもの。
これ以降のトラ技、みんな三枚おろしにしてました。

1960年代のは1冊だけ。  (高校の先輩の本)
もし、1960年代、1970年代のトラ技をお持ちなら、
トラ技編集部までご連絡を。


※関連
以下の14冊がトラ技編集部に行くことになりました。
  1968年 11月号
  1971年 4月号
  1972年 8,9月号
  1973年 3,4月号
  1974年 3,11月号
  1975年 5,12月号
  1976年 5,9月号
  1977年 2,3月号

※検索
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

タクトスイッチ接触不良

はじめてのロータリーエンコーダー を制御している試験回路
基板に乗せた「タクトスイッチ」、これが接触不良に。
   ・・・作ってからまだ4ヶ月
11
この右側のが、『オンしないことがある』状態に。

このスイッチ、秋月電子通商の100個詰め合わせ
12
安価で実験用に便利だからと買ってありました。
右側のだけアウトになっているんですが、
「接触抵抗の増大」での接触不良ではなく、
「グニグニとボタンを押したらしたらちゃんとオンする」
という状態。
交換しちゃおうということで、2つとも基板から外しました。

13
足の根元、ちょいと変色が気になります。
14

室内で使っている(ほとんど放置)だけなんで、この変色は
気になります。

スイッチ四隅のポチポチをカッターで切り取ったら、
中の様子を観察できます。
15

固定側接点も円盤側もそんなにひどいことにはなっていません。
ところが・・・ だめな方の接点を顕微鏡で見ると、何やら異物が
接点の盛り上がり部分に付着しているではありませんか。
顕微鏡で見ながら針先でつついたら、どっかに行っちゃった。
で、写真は異物の存在に気づく前に撮ったのから。
16a

接触抵抗の増大ではない接触不良、どうやら
これが悪さをして接触不良を起こしていたようです。

安価だし、文句も言えません。

※タクトスイッチ絡みのトラブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

文鎮:クリップ先端のゴム、再び

ひさしぶりの文鎮:ハンダ付け補助ツール ネタ。

※あれこれ

・SUS304の募集、あともうちょいで足踏み中

・形状違いの素材、佐藤テック君が忙しくて停止
2018年06月20日:文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル …形状違いの素材

・リン青銅、3つ残ったまま
2018年05月24日:文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル …最後のリン青銅できあがり

で、今日は文鎮・クリップ先端に付けるゴムの話。
複数のバナナプラグや電線を挟み込むとき、クリップじか
じゃなく、弾性のあるゴムを付けていた方が良いぞ、というのは、
2018年03月20日:文鎮:ハンダ付け補助ツールのクリップにゴム板を

で、紹介しました。
この時は、ゴムの薄板を接着剤でクリップの先端にくっつけています。

その後、何か良いものは・・・っと、探して見つけたのが下の二つ。

11

左側が玉造の「ロイホ:ロイヤルホームセンター」で見つけた「溝ゴム」。
型番がKGV1-100W  …伝票の札にはKGV1-100Hと。
材質が「EPDMゴム」。 1m単位で買えました。

右のが、ミスミで見つけた「トリム」という名の保護材。

型番 TRAT 0.4-B-5-L1   (Lは全長)
こっちの材質は「熱可塑性エラストマー」で、ちょいと高温に弱い。
トリムには金属板が仕込まれていて、しっかりと食い込みます。

クリップに付けると、こんな感じ。
クリップの先端を挟み込みます。

13

左から、「溝ゴム」 「トリム」 「2mm板ゴム」。

しかし・・・
厚みが増すんですよね。
ミノムシクリップをハンダするときなど、口を大きく開けなければなりません。

板ゴムだと
14

溝ゴム
15

厚みを測ってみると、
  ・板ゴム  2.3mm  ゴム厚2mm+クリップ厚み
  ・溝ゴム  4.3mm
  ・トリム  5.0mm

接着不要な溝ゴムとトリム、取り外しも可能なんですが
ちょいと厚い!っという感じです。


ゴムをクリップ先端に付けると、多芯ケーブルを予備ハンダすると
きなど、グラグラせずしっかり挟み込めます。

12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

パナソニック「HCリレー」廃番に!

とあるパワー回路の修理で使っているパナソニックのHCリレー
2018年9月末で全品種廃番
です。

Cap001

代替品無し!
修理に必要なリレー、端子幅「0.9mm」というものを使っていて、
もともとこれは標準品じゃありません。
   ※わたしとこの設計じゃないんで
これまでも、納期が1~2ヶ月必要でした。

この端子幅が特殊じゃなかったらオムロンのMYリレーでもokなんですが、
基板の穴寸法が0.9mmに合わせて作ってあって、どうにもこうにも・・・・
修理用の在庫、10個ほど。
   ※9月25日に20個注文したんだけど、これは入ってくるのかな?
※関連
パナソニック・HCリレー、通常のハンダ付け端子品(右側)と
幅狭端子品の違い。  (なんでこれを選んだんだ!っと)
11

拡大↓
12

修理する基板のスルーホール(両面基板)、左側の
端子しか入らないんです。
入荷の具合で通常品の端子品しか無い時は、1.5mmの
端子を細く削って対応したこともありました。

で、その後。  代品をあれこれ調べてましたら
オムロンの共用ソケットで細い足のを発見。
「PY08-02」で、端子の幅が1.0mm
P1
P2
修理する基板、不良リレーを抜いた後にこのソケットを入れ、
オムロン「MY-2」リレーを挿入すれば解決できるかも。
次回、修理依頼があった時に試してみます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔法の言葉「volatile」

割り込み関連プログラミングの説明のため、ちょいと昔の記事を
発掘してきましたんで紹介しておきます。
※状況
・8bitマイコンでの処理。
・割り込み内で多バイトデータを処理したい。
・一度に処理できるのが1バイトの8bitマイコンなんで、
 wordとかlongの値だと、メイン側での読み書き処理中
 に割り込みが入ると値をミスするかもしれない。
・メイン側での読み書き中は、割り込み禁止状態にして
 おかなくちゃならない。
・メイン側でのwordデータの読み書きの直前に割り込み禁止に
 して、処理後、割り込み有効状態を元に戻す処理が必要。
  ※8bitマイコンでもZ80なんかだと2バイトのロード、ストア命令
   があるんで、2バイト値までだったら気にしなくて済みそう
   なんですが・・・
   しかし、、、2バイトの値を加工してメモリーに戻す時に、割り
   込み内の処理と競合するかもしれません。
   やはり割り込み禁止状態は必須。

こんなとき、処理する変数に「volatile」を付けておかないダメだっ
というお話しです。

ちなみに・・・・ Z80の割り込み処理に関してはこんな注意も!
Z80・割り込みフラグの不具合に関するレポートの詳細情報 : Vector

「プロセッサ:1989年3月号、9月号に載せてもらった記事(テキスト)です。

※Z80のWikipaediaに
Z80 - Wikipedia の脚注[4]にこのリンクと私の名が出てました。
さっき、初めて知った(喜)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

リチウムイオン電池の現状がよく分かる!

トランジスタ技術2018年11月号 の別冊「アナログウェアNo.7」が
リチウムイオン電池を特集しています。
10
10a
11

リチウムイオン電池の歴史、現状、構造、製造工程、検査工程
から、劣化の原因や発火事故の原因についても詳しく解説。
X線写真や内部構造写真(モノクロだけど)は必見。

著者は江田 信夫さん

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧