電子工作

2018年9月20日 (木)

バッファロー WiFiルーター 「WHR-G301N」故障

文鎮製造元 の佐藤テック君がガレージに持ってきた
  「客先で使ってたんやけど故障」
      → 新しいのに交換
  「電源入れたらランプが点滅しっぱなしでだんまり」
  「ネットを探したら 似た症状がいっぱい出てくる」
  「ACアダプタが原因らしいんやけど、見てみる?」
っということで、酒の肴に故障原因追及です。
外観はこんな様子。
11
DC12V/1A出力のACアダプタが電源です。
さっそく本体のほうを解体。
プラスネジじゃなく、よくある「いじり防止用の星形ビス」。
11a
普通のプラスネジでエエやんっと、思うのですが・・・
ビスの中央にチョッポリが無いんでマイナスドライバーで回ります。

こんな基板が現れます。
12

基板の左右に「アンテナ」とおぼしきパターンがあります。
その下、▲マークのところには小さな同軸コネクタ。
   拡大↓
13
アンテナを増設できるんでしょうか?
よく分かりません。

電源部の様子。
13a
DC12Vを入力して、DC-DCコンバータICで内部電源の
3.3Vを作っています。
まず、トラブル発生時の電源波形を観察。
13b
12VのACアダプタ出力が安定しないので(内部回路が
動作しはじめて電流が流れると電圧ドロップ)、回路が
起動しません。
原因はACアダプタ。
ケースを割って内部を拝見。
  ※この時点では、コンデンサの劣化だろうと推測
15
「むむ。 液漏れや膨張はしていない」
基板の裏側↓
16
ハンダ割れも無し。
液漏れしていたら、基板をケースから出したときに
「イヤな臭い」がするんですが、特になし。
17
左は一次側コンデンサ。 
  (外装の剥けは基板に接着されていたから)
右の二つが二次側。 並列になっています。
容量を計っても、正常。

スイッチしてるパワーMOS FETが悪いのかと調べてみても正常。
18
フィードバック系のフォトカプラも大丈夫。
ということは、スイッチング電源の制御ICそのもの
(あるいはその周辺)がアウトになっているようです。
※ICがアウトのせいでしょう、一次側コンデンサに整流
出力(140V)が残ったままになっちゃっていました。
100Vを切った状態でしばらく放置してたのに、基板裏を
指先で触って「ビリッ」。
ちょいびっくり。

このACアダプタじゃなく、別の12V電源から電源を供給すると、
ちゃんと動き(動作表示LEDの光り方で)ます。
0.3Aくらいの消費電流でしたんで、1A定格のアダプタにとっては
そんなにきつい負荷じゃありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

バッテリー放電器、あと3つ

テイシンのアルミケース廃番以降 箱無し完成品での頒布
行ってきましたが、いよいよ残数=3です。

これ、もう二度と入手できません。
11

左側のが「単4」放電用。
右の2つが「単3」用です。
   ※単3用を単4用に改造するのも可能です。
●頒布の内容
  ・放電抵抗は「1Ω」
  ・BULGIN社の電池ホルダー
  ・基板に部品を実装 (ケースは無し)
     (20mmスペーサx4で基板を支える)
  ・動作チェック済み
  ・付属品:電池ボックス (基板とはコネクタで接続)
        D-SUB 9pin雌コネクタx2 RS232C用短ケーブル

基板上面がむき出しになります。
プラ板を乗せるなど、短絡防止のため何らかの対策をしてください。

お代は、税別で6,500円。 (税込7,020円
ヤマト運輸の代引でのお届けとなります。

注文は下記まで。
      ・仕事場:(有)アクト電子へのメール


この制御プログラムを書いた「PIC16F88」が少し残っています。
    http://act-ele.c.ooco.jp/batdchg3/DCHG4.LZH
12

もしご入り用でしたらお分けいたしますのでメールしてください。
  ※代金:540円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

Z80マイコンボードの不調、これか!?

解決していないZ80マイコンボードの不調 、あれこれ信号を見ていたら・・・
ひょっとして、これ!?
「RAM」をソケットから抜いたら・・・
11_2
   ※↑すでに抜いてからの撮影

12_2

ソケットの中にDS1219
   ※データシートが出てこない

DS1210 が似た仕様かな?
この中間基板の下に「バッテリ」が入っているんかと。
作業は明日に。
  ↓
「モジュール」を外してみたら・・・
裏は樹脂の海。
10

ICソケットにしてRAMを直挿入して試運転。
  ※バックアップ機能なしで
何度か電源オン・オフを繰り返したけど異常無く起動してます。
電源オンで異常の発生をつかむ仕掛けが必要か!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パワーオフしても電流消費が減らないデジタルノギス

20cm長の国外製デジタルノギス。
11
「mm」と「インチ」表示が切り替えできます。
12
この電池ホルダー部の修理依頼。
電池の側面、プラス側を押し込む電極がおかしくなっていました。
LR44あるいはSR44、1個で動作します。
13

念のため消費電流を計ってみると・・・

・オン時 : 20~22μA
15
・オフ時 : 19μA
16

オフになって表示が消えても、消費電流はさほど変わりません。
このデジタルノギス、あかんやつです。

例えば、ボタン電池の動作可能な実容量を50mAhとすると、
  50÷0.02で2500時間。
  およそ100日で、電池が消耗してしまいます。
長期間、使用しないときは電池を外しておかなければなりません。

    ※昔、東成おもちゃ病院 の常備ツールとして買った安価な
     デジタルノギスもこんな状態でした。
     イザ使おうとしたら電池切れ。
     消費電流を計ったら・・・「あれま」。
     ちゃんとしたのに買い直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

ひさびさの「Z80」  ・・・30年前を思い出して

Z80マイコンを使った回路の修理依頼。
なんか、不調。  動くときもあるし・・・・

ちょいとリセット回りを回路展開してみたら・・・
こんな具合。
A1

ちゃんと電圧検出ICが使われてるんですが、それを受けている
「74LS08」(負論理のORで使っている)が「シュミット入力じゃない」。
+5V電源の立ち上がり特性と絡んで、このあたりが悪さをしてる
んじゃないかと・・・
   ※これから、シュミット入力ゲートを入れて試してみます。
それと、もう一つ。
Z80-PIOの「黄色枠内」の回路。
「リセット」と「M1」信号の負論理OR。
これを知っていたら、あなたはZ80回路設計のプロ。
Z80-PIOにはリセット入力端子がありません。
そこで、こんなインターフェースでもってリセットを実現して
います。
・PIOのバスインターフェース信号は、
     /RD、/IORQ、/M1、/CEだけ。
     /WRと/RESETが無い。
・そこで・・・
   /RDの無い/IORQ&/CEは「ライト」。
   /RDと/IORQの無い/M1は「リセット」。
こんなインターフェースになっています。
黄色枠の回路、これを見たのはひさしぶり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

モノタロウのパーツクリーナ

はじめてのArduino MICRO の記事に出した
これ、いろんな種類があるんですな~。
いつも買うの、「綠」のばっかしだった・・・。
Cap001
  (クリックで拡大↑)
成分の「イソヘキサン」がプラスチックを溶かすんだと、昨夜のガレージ会議で「ゴム屋」のタケちゃんが解説してくれました。
「炭素の二重結合」がどうのと・・・電子回路屋には「化」の基本がわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

はじめてのArduino MICRO

ちょっとした試作回路の製作で、客先指定で買った<Arduino MICRO>

11

mini-BのUSBケーブルでPCとつなぎます。
  ・・・ところが接触不良が発生。
接続しても電源が入らない!

12

コネクタをグニグニしたら通電はしたけど、安定しない。
あげく、USBドライバの自動組み込みを失敗。
「あれま」なArduino MICROの初体験。

こんな接触不良に効くのが MONOTAROの大阪魂 パーツクリーナー

13

キッチンペーパーでブツを包みながら、接点付近をシュ~~~。
乾くのを待って、コネクタを接続。
みごとに、回復しました。
このパーツクリーナー、いろんなものの洗浄だけでなくオーディオのピンジャックやプラグ、マイクジャックやプラグの洗浄にも効果的。
そして、ボリュームのガリにも効きます。
   ※抵抗体を横からのぞけるような構造のに
これまで、こんな洗浄にはIPA:イソプロピルアルコール を使うことが多かったんですが、「大阪魂」だとスプレーなんで、余分なものを圧で飛ばしてくれるのも便利です。
ただ、「プラスチックには使うな」が基本ですんで、電子部品には要注意。
↓成分が出ています。
https://jp.images-monotaro.com/etc/pdf/sds_ghs/G279669_SDS_ghs_done_20170126.pdf
イソヘキサン+エタノール+ 液化石油ガス


モノタロウのパーツクリーナ について… いろんな種類があるんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

現用中のBSch3v部品ライブラリのバックアップ

バックアップがわりにアップロード。
   http://act-ele.c.ooco.jp/data/bsch3v_lib_180820.zip

メモはここ↓

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

ヒロセの小型コネクター ピン番が見えない トホホ

ヒロセの小型丸形コネクタHR10A 、今回使うのは4極のもの。
11
「どこが1ピン?」っと目をこらして見てもはっきり分かりません。
ルーペが必須。
さらに・・・
1~4ピンの位置が不安。
4つのピンの中間位置に番号が刻まれているのです。
どこが1ピン?っと不安に。
写真を撮って拡大。
プラグ側
12
レセプタクル側
13
上部の「ポッチリ」が基準位置のようで、プラグならポッチリの右側が1ピンでそこから右回り。
レセなら左回りで番号が進むようです。
近視ですんで、接近しての眼視は得意なんですが、光の加減で見え方が変わるものは、さすがにルーペが必須です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

反転型チャージ・ポンプIC:LM2776

トランジスタ技術 2011年1月号 (創刊555号記念感謝号 PartII)の特集記事「定番デバイス 555」に、スイッチド・キャパシタIC(負電源出力)の特性調査を載せてもらったことがあります。
反転型チャージ・ポンプの代表はICL7660
プラス5Vを入れるとマイナス5Vが出てくるという仕掛け。
コイルを使わないので、魔法のようなICです。
この記事では最も古典的なICL7660をはじめ、MAX660、LM2660、LM2662、LM2664、それとTPS60402、60403の特性を調べました。
編集部に提出した元記事では、ICの特性調査が主目的ではなく、チャージ・ポンプICの特性を調べる回路の製作記事とその制御プログラムの解説がメインだったのです。
ところが、製作記事がカットされて、特性データだけが掲載されたといういきさつがあります。
チャージポンプIC、その定番的な選択基準ですが、
・ICL7660、取り出せる電流が小さい。
 そのわりにちょいと高いんで、使わない。
・100mAほどいるならLM2662あたり。
・ちょいとmAで良いのならTPS60402とか60403。 安価。
先日のこと、新規設計で「新しいチャージ・ポンプICってあるんかな?」っと調べてましたら、表題の素子LM2776 を見つけました。
このICのブロック図を見ると、新しい考えで設計されているのが分かります。
従来のチャージポンプICはこんな内部回路でマイナス電圧を発生させています。
10

ところがLM2776だとこんな具合に。

11

出力電圧と入力電圧をコンパレータで比較して安定化制御を行っています。
データシートには、こんな出力電流・出力電圧の特性カーブが出ています。
12

ある意味「ほんまかいな?」なんですが、よく見るとX軸の電流出力は対数目盛。
だもんで、電流の小さい所の状態が「良く見えて」います。

測定機材を引っ張り出してきて(ひさしぶりだったので発掘に時間が・・・)、LM2776の様子を調べてみました。
  入力電圧+3.0Vから+5.5Vまで0.5Vステップで可変。
  出力電流は0mAから-250mAまで-10mAステップで可変。
こんな実験条件でグラフを描いてみました。

・実験回路の外観
31

左端の小基板にLM2776を乗せてます。
32


こんな特性図になりました。
  ※比較対象としてLM2662のグラフと混ぜています。
X軸が負荷電流、Y軸が出力電圧(負の値)です。

Cap008

負荷電流=0の時は、少し電圧が低くなっていますが、LM2662に比べるとドロップの具合が改善されています。
   ※LM2662は電源電圧3V未満でも動作しています。


ちなみに、ICL7660ではこんな特性になります。
入出力と電圧反転用コンデンサは、アルミ電解とOSコンの2種を試しています。
Cap002
電圧ドロップが大きいのがわかるかと思います。



常用しているTPS60403だと、こんな具合。
Cap003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧