トラブル遭遇

2018年6月21日 (木)

失敗! 24Vを接触させてもた

たまには失敗を。
RX220(48pin)マイコンを使った実験回路。

  ・はじめてのロータリーエンコーダー  とは、違うものです
通電しながらごそごそしてたら、24V電源がこの回路に接触!
「バチっ」っとクリップに火花が散って、マイコンが死にました。
実験用試作回路ですんで、ピッチ変換基板を使ってユニバーサル基板に組んでます。
このマイコンの手持ち、たまたまチップ単体じゃなく、ピッチ変換基板にハンダ済みのしかなかったんで、めんどうなことになりました。
チップの損傷が明らかな時の修理手法は、「基板の救出優先」で、ICの足を切断して基板から取り外しちゃいます。
この場合、基板のパターンを生かしておくのが第一。
手元にチップそのものがあれば、それを再ハンダしてプログラムを再書き込みすればよかったんですが、今回のトラブルでは、新品ICは変換基板に乗ってます。
   (・・・ICをながめながら途方にくれる私)
なんとか、実験を続けたいんで、今度は「IC優先」の作業をしなくちゃなりません。
ICを生かしたままピッチ変換基板から外す… ちょいと怖いのでパスです。
そこで、ユニバーサル基板上の変換基板(死んだICが乗っている)への配線をきちんと外し、新しいピッチ変換基板に乗せかえ、そして外した配線を元通りに。
面倒でも、こんな作業をしなくちゃなりません。
回路図と照合しながら、配線の取り外しと再配線。
これをあわてて間違ってしまうと動きませんので。

24Vが加わったかもしれない他もパーツも安心のために交換。

手間はかかりますが、しかたありません。

取り外したピッチ変換基板に乗ったIC(死んでる)。
悔しさまぎれにハンダ付けを外してみました。

11

四方向の足にハンダを盛って、コテで順に加熱。
ハンダが溶けた状態を見計らって、基板に「コン」っとショックを。
ポロリと外れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

卓上ボール盤、復活:こんなアイデアは?

ベルトがズタズタになった中華製のやすものボール盤モノタロウで買ったベルト で、無事に復活。
で、6月6日の写真 にも写っているのですが、お気に入り:自画自賛の工夫がこれ。
チャックハンドルの固定方法。
12

百均ネオジム磁石を接着して、その左右に両面テープ付きの電線押さえを貼り付けています。
これで、チャックハンドルが行方不明になりません。

 ※鉄を加工する場合、磁石に切り粉がくっつくとイヤかも。
  私らの工作では、たいていプラかアルミですんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

ベルト到着! ボール盤の修理完了

中華製のやすものボール盤 の修理で、モノタロウに注文した「HDP-10A用ベルト」 が先ほど到着。

白色のベルトになっていました。

21

1本予備で計2本を購入。
飴色のはバラバラになったベルト。
22

今度はいつまで持つか、はてさて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

ボール盤の型番で検索したら・・・

中華製のやすものボール盤 (駆動ベルトがバラバラに)、このボール盤の製品名で検索したら予備部品としてのベルト が出てきました。

モノタロウ:「HDP-10A用ベルト」
  定価:499円

商品レビューを見ると、皆さん、同様のトラブルで困っておられるようです。
さっそく注文しますわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

スタンダードC620、動かない・・・

ひさしぶりに使おうとしたら・・・動かない。
11

430MHzと1200MHzの2バンド・ハンディ機です。
パケット通信全盛の頃に買いました。

電池ボックスも外部電源も、電池ボックス接続端子直つなぎでも電源が入りません。
パワースイッチオンで、一瞬、電源電流計が振れるので通電はしてるみたいだけど、表示無しで音無し。
オン後の定常的な電流消費もゼロ。
内部が死んでいるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

中華製のやすものボール盤

ガレージ仲間のK水道店とこからやってきた小型の卓上ボール盤。
11
プラケースに穴をあけてたら・・・
    ポロポロとボール盤の中から落下物が。
12

フタを開けて確認してみると・・・
13

14
モータ軸と錐軸とをつないでいるタイミングベルトがバラバラになりかけてました。
軸部には溝が刻まれてないんで、交換するのはタイミングベルトじゃなくても良いでしょうなぁ。
Vベルトか丸ベルト。 周長を調べてホームセンターへ探しにいってきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

コネクタのピン、雄雌が混ざったぁぁぁ

10年前にはこんなことがありました。
・Mixはキライだ  ←似たようなカラーコードの抵抗が混じった事故

今回は、コネクタの雄ピンと雌ピンが混じってしまった・・・
私の不注意。
パーツボックスのフタをきちんと閉めていなかったのが原因。
箱を持ち上げた時、斜めになって隣の区画に入れてあった
雄雌ピンがmix。
それぞれおよそ百本。

写真は混ざった雌ピンをざっと取り除いたところ。
上方は選別終了。
中央から下に、まだ雌ピンが混じっています。
(クリックで拡大↓)
21

お暇なら、探してみますか?

容器は豆腐の入れ物。 作業時の小物入れに便利です。
部品入れ
手植え

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

ガレージのガス元栓が …ガスが出ない!

自力修理できない専門外品。
ガレージのガス元栓がアウトに。
自分ではどうにもならず。

21

3つ並んでる元栓。
左のは給湯器用でいつもオープン状態で、まぁ触ることはない。

常用のが中央。
右のが「関東炊き用鍋」や「焼き印バーナー用」で常用はしていない。
この中央の常用のがアウトに。
ガレージ閉店時には必ず「閉」してたんで、1日に一回の操作回数。

原因は「ヒューズコック機構」の異常。
これが働いてしまって、ガスが出ず状態に。
困ったぞ。

しばらく前から調子は悪かった。
閉めて開けてを繰り返すと直っていたが、昨晩、
ついに復旧せず。
大阪ガスに電話しても、混み合っていてつながらず。
まぁ、右のが生きているんで、昨晩の「鍋」は
なんとかなったけど、不便。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

ジャンパーピンがジャンパーしてくれない!

ユニバーサル基板に組んだちょっとした実験用回路。

11

ジャンパー用ピンヘッダーが二つ。

この二つのうちの黄色側がジャンパーしてくれないんです。
挿してもショートしない…  なぜ?
ゆすったり抜き差しを繰り返すと、ちゃんと短絡する
時もある。 でも、不安定。
単純なパーツですんで、自分でやったハンダ付けの
ほうを疑いましたよ。  ←異常なし!

ジャンパーピンの中を顕微鏡でのぞいてみると、
なにやら黄色樹脂の削りカスのようなものが見えます。
左右穴の外側、両方ともに小さな欠片。

写真に撮るのが難しい。
15

16

この黄色いカケラが接触をジャマしているようです。

これを入れてあった袋から、ブツはこれ↓
  ・ジャンパーピン黄(2.54mmピッチ)(25個入)

短絡用の金属を挿入する時、樹脂を削ってしまったのかな?

この話、同僚にしたら、「PCを組む時、マザボのジャンパーで
同じようなことがあった」っとのことです。

「ヤスモノはアカン」っということなんでしょな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

コンパレータIC:LM393からHS-CMOSカウンタへ

「う~む」のトラブル。

LM393:コンパレータICを使って、「ゆっくりアナログ波形」を
パルス化して、それをカウンタ(HS-CMOSのHC4040)の
クロック入力に入れるという回路。
   (4040=12ビットのバイナリカウンタ)

Z01

こんな波形が出てきてくれたらな~っというもの。
    ※先日のノコギリ波 を信号源に
Z02
コンパレータ部にはR1、R4でヒステリシスを入れています。
まぁ大丈夫かなと動作させてみると・・・・
   (クリックで拡大↓)
0_4040
   ※上から TP1、TP2、Q1、Q2

Q1、Q2がまともにカウントしていません。

原因はLM393出力:TP2に乗るグリッチ。
こんな感じでグリッチが発生してました。
    (ノコギリ波の↓エッジ部の拡大)

Ihc4040_p

パルス幅、0.5uS弱。
HS-CMOSのカウンタはきちんと反応しちゃいます。

はてさて、この対策。
その案は・・・

(a) HS-CMOS HC4040をやめてスタンダードの4040に
  換え、クロック入力にグリッチ除去のコンデンサ(C1)
  を挿入。

これは、スタンダード入力の4040のクロック入力が
「シュミット入力」になっているから使えるワザ。
   (クリックで拡大↓)
  0_1
10ピンにシュミットの記号が記されています。
そして、スペックには、
0_2
と、クロックの立ち上がり、立ち下がり時間に制限無し。
HC4040だと、こんな具合↓に規定があります。
0_3
コンデンサによるグリッチ除去はHC4040ではダメなんです。

(b) グリッチの出ないコンパレータを探す。

コンパレータじゃなくてもOP-AMPでも構わないんですが、
グリッチの出ないのを選別てなところでしょうか。
手持ちのコンパレータだとTLC3702 だと大丈夫でした。
LM393と比べて、さほど大きな応答速度の差はありません。
  ※オープンコレクタか、C-MOS出力かの違いはある
LM393が一つ「ン十円」。 TLC3702が「百ン十円」。

どしたものでしょ。
今回は、スタンダードC-MOSに換えてC1を付加しとき
ました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)