トラブル遭遇

2020年7月10日 (金)

エライこっちゃ。ネットも電話もできない!! 

今朝、仕事場へ来たら・・・・
ネットも電話もできない状態になってました。

仕事場、「NTT・ひかり電話」でネットと電話+FAXをしています。
昨日までは普通。
今朝、ネットがつながらないということで、異常に気付いたという次第。
電話も発信音が聞こえません。

NTTの故障サービス受付は9時から。(0120の)
9時になって携帯から電話しても「混んでいる」ということでつながりません。
さぁ困った。
電話は携帯があるんでなんとかなりますが、ネットにメールがアウトと
なると仕事になりません。
そこで、非常手段。
アナログ電話の故障対応の「116」へ電話。
そこから「ひかり電話」の故障対応セクションへ連絡してもらうことができました。

しかし、修理ができるまで待てません。
自力でどうにかなるかっと、まずは、「何がおかしいのか」の確認から。
引き込んである光ケーブルを見ますと・・・
11_20200710104701
光ケーブルは↑の右側の白い箱に入っています。
そこからモジュラージャックで、左の黒い箱につながり、黒い箱から
ルータや電話に、という流れです。

電源を入り切り(ACアダプタ)をしますと、黒い箱のLEDは点滅したり
賑やかに応答しますが、白い箱のはPOWERが点くだけでだんまり・・・
白い箱が「怪しいかも?!」っとにらんで外したACアダプタがこれ。
12_20200710104701
白い箱の型番が「GE-PON-ONU」。
それ用のACアダプタです。
DC11V 1A」という定格で、「2005年3月」と記されています。
「ミツミ」とありますが製造は「三菱電機」。
しかし「MADE IN CHNA」。

このDCプラグに電子負荷をつないでテストすると・・・
0.3Aくらいまでは11V出てますが、そこから電流を増やすと
ドロップし始めてアウト。
このACアダプタが死んでいるようです。

必要なのは中途半端な「DC11V」という電圧
手持ちのスイッチング電源、5Vと24Vなら電圧可変できるのが
あるんですが、12Vの出力電圧可変電源は見当たらず。
  ※もっと探せばあったかも

そこで・・・
手持ちの12V固定電圧出力電源、この出力ラインにダイオード1本を
直列にかまして、ちょいとドロップさせて「GE-PON-ONU」につな
ぎました。 すると・・・復旧。
  ※つなぎの線のドロップなどで、機器端ではほぼ11Vだっ
   たんで、OKと判断。

とりあえず、非常事態から抜け出すことができました。
NTTの修理(機器交換だと)は来週月曜日に。

朝から大騒ぎしました。

| | コメント (3)

2020年6月23日 (火)

小信号ダイオード・・・1SS133を使ってきたけれど

小信号ダイオード、昔々は1S9541S15881S2076
それらが無くなってからはロームの1SS133が常備品でした。
ところがこれも廃番に。
現在、秋月が東芝の1SS178 を売ってますんで、1SS133の代わりはこれを愛用しています。

世界的には1N4148 が汎用ダイオードです。
しかし・・・ DO-34パッケージのはずの1N4148を注文したら「大きいやん」っというトラブルに遭遇したことがあります。
ガラスの胴体部分が長くって、5.08mmピッチの基板穴に入らないのです。

手持ちのダイオードをちょっと見てみます。
31_20200623114301

上から、ロームの1SS133、東芝の1SS178。
そして3つ目がONセミコンの1N4148TACT。
一番下が1S954時代のダイオード。
これは挿入ピッチを7.62mmにしないと入りません。

1SS133のデータシートを見ると、ガラス部は2.7mm±0.3mm。
余裕で5.08mmピッチの穴に入ります。

1ss

ところが・・・ONセミコンの1N4148はこのように示されています。
1on

最小3.06mmで最大が4.56mm。
もし最大寸のが注文してやってきたら、5.08mmピッチの穴には寝かせて実装できません。

型番から形状サイズを拾い出すと「DO-34」と記されていて安心したのがアウトでした。
製造時期にもよるのでしょうけれど・・・
 (返品okだったので返品しちゃいました)

1N4148でもメーカー違いのVISHAY製1N4148はこんな形状。
1vi
最大3.4mmと記されているんで、まぁ大丈夫でしょう。

こんなトラブルに出会ってから1N4148を使う(注文する)のはちょいと躊躇するのです。
  ※面実装品だと関係ありませんが。


※追記
Digi-Keyで1SS133を調べると 台湾製の1SS133Mが現行品で出てきます。
  (知らなんだ)

※ダイオード関連の過去記事
2013年10月25日:逝くならきちんとどうぞ…
  中途半端に飛んだダイオードの話

2016年04月22日:1A定電流回路 「足」を測ってみる
  抵抗やダイオードの「足」の抵抗を測定






| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

ACプラグの根元がプクリ

同僚が「見て!見て!」っと、ACコードを持ってきました。
(家で使ってたヘアドライヤーのコードとのこと)
11_20200609085201

AC100Vプラグの根元のコード、絶縁材が膨れています。
ちょいと黒くなっているというのが「怖い」。

さっそく解体。
12_20200609085201

白色コードのほうで、いくつかのより線に「断線」が発生。
抵抗が大きくなり、その発熱のせいで徐々に断線状態がひどく。
最終的な切断一歩手前で、パチパチと放電が生じたのでしょう。
それが焦げ痕に。
発火手前という感じです。

プラグとコードを切り離してみます。
プラグ側。
13_20200609085201

コード側。
15_20200609085201

最初により線が切れたらしい部分はキレイな感じの切断面。
最後の最後でスパークしたせいでしょう、切れた電線どうしが
溶接されてしまった痕が見つかりました。
21_20200609091701

過去あれこれACコードとACプラグのトラブル(断線、発熱、焦げ!など)に
遭遇しています。
日常生活のことですんで、なんやかんや言っても、気をつけなくっちゃ。

最近の↓
2019年8月13日:四つ口拡張コンセントのせいなのか延長コードのせいなのか?!

似たようなの↓
2006年06月26日:延長コード トラブル

まとめ↓
100V延長コードのコンセントが発熱(放っておいたら発火したかも)


| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

秋月のアナログテスター「7007」、可動コイル式メーターは発電機だった!

2015年01月21日:秋月のアナログテスター「7007」
2020年4月18日:秋月のアナログテスター「7007」その後

さらのこの続きが来ました。
ほんとに「捨てようか」っと思ったんですが、最後のあがき。
もう一度、ほんとにあかんのを検証。
11_20200428181501

テスターの回路基板を外して、メータそのものの直線性を見てみました。
直列に半固定抵抗を入れ、テスターの読みとフルスケールを合わせます。
45kΩほどで10Vに。

12_20200428181501

14_20200428181501
13_20200428181501

しかし・・・やっぱしダメ。
メータそのものの直線が出ていません。
回路に乗せてあるメータ保護ダイオードあたりがおかしくなったら、直線性が出なくなる症状になるかと期待したのですが外れでした。

こうなりゃほんとに捨てるぞ・・・その時、ちょうど・・・
マイコン型導通チェッカー、この基板をゴソゴソしていたのです。
バラしたテスターのレンジ切り替えダイヤルの上にこの基板がちょうど収まります。
せっっかくやから、テスターを箱として使ったろ」っと、導通チェッカーとして生き返らせました。
単4電池の電池ホルダーを付けてブザーの穴を開けて。
うまい具合に収まります。

15_20200428181501

で、せっかくのメータ、遊ばしておくのはもったいない。
導通チェッカーの電池消耗の目安にできるかと、こんな具合に配線しました。

17_20200428181501
2.5Vくらいでバッテリチェックの「?」目盛に合うように直列抵抗を選択。

ところが・・・
メータをつなぐと導通チェッカーのオートパワーオフが効かなくなったのです。
いつまで経っても電源が切れてくれません。
1分経過でオートパワーオフが働き、一瞬通電表示LEDが消えるのですが、直後「ピッ」と鳴って再起動。
これを繰り返します。
メータを外すとこれは起こりません。
正常な動作に戻ります。

『なんで????? どうして????』
メータをつなぐとおかしくなるなんて、初体験。

さて、その原因追及。
悩みました。

オートパワーオフでQ1がオフして、OP-AMP系電源が切れます。
正常ならIN+端子がちょっとプラス目で落ち着き(R4でちょっとだけプラスに持ち上がる)、次のクリップ接触を待つわけです。
ここに入れたメータ回路、Q1のオフと同時に指針がゼロに戻ります
その時、指針の動きでマイナス電圧が発生し(発電!)、それが18kΩの抵抗を通じてQ1のコレクタラインに伝わり、ほんの少し、実測-50mVほどマイナスになってしまうのです。
そのせいでIN+端子の電圧がコンパレータの比較電圧を下回ってトリガー。
再起動してしまうという流れになっていました。

対策は★印の位置に左向きにダイオード。
ダイオードの順方向電圧の働きで、ちょっとだけマイナスが伝わらなくなり、正常に動作するようになりました。
実績のある導通チェッカー回路、メーターを取り付けただけで動作不良をおこすとは・・・
原因が分かって納得できるまで、この動きが信じられませんでした。

オシロで波形を見るだけでなく、こんなテストも。
  ・指針を動かないようにしてたら(ピンセットで可動コイル
   を押さえつけ)、正常にオートパワーオフ。
  ・オートパワーオフ中、テスターを揺すったら(針が
   動く)再起動。

いやほんま、メータは発電機でした。


※追記 せっかくですんで、どんな電圧が出るかをオシロで

まず、誤作動状態(★位置にダイオードを入れてない時)
Mtr001
オートパワーオフでQ1がオフしてメータ指針が0Vに戻ります。
そのときのコイルの動きでマイナス電圧が発生。
それがR6、R1、R3を通ってコンパレータの+ピンに。
コンパレータが働き、出力パルスが出て再起動。
これを繰り返し、オートパワーオフが働きません。

次に、★位置にダイオードを左向きに入れた時。
メータから出てくるのはマイナス電圧なんでダイオードは
導通するはずなんですが、順方向電圧のドロップがあって、
誤作動には至りません。
Mtr000
コンパレータの+ピンはプラスの電圧を保っています。

| | コメント (1)

2020年4月18日 (土)

秋月のアナログテスター「7007」その後

古いブログ記事ですが、餓鬼魂日記::前号の続き。プルアップしてもだめだった。秋月のアナログテスター「7007」のことでコメントしました。

これ、「使い物にならない」と分かっていても、捨てられません。
で、現状がどんなのかと試してみました。
可変電圧電源にデジタルテスターとこのテスターをつないで・・・

・DC10Vレンジ
C11_20200418103301
C12_20200418103301

・DC2.5Vレンジ
C13
C14

フルスケール付近だと「針」が届かず、半分以下だと振れすぎる。
こんな状態になっていて、買った時とは様子が異なります。
可動コイルを包む磁石が変化したのか軸受けがおかしくなったのか・・・

とりあえず、「電圧が来てる」とか「抵抗がある」のは分かるんで、捨てるにはもったいないし・・・

| | コメント (9)

2020年2月27日 (木)

コーナンブランドのLED電球 寿命

ガレージのシャッター上に取り付けていたコーナン
LDA6N-H 6.0W 昼光色」LED電球、先日来
えらい暗なってきたな~」ということで、昨晩交換しました。

11_20200227132801

取り外したLED電球、ベースに「2013-2-6」と日付が書いてあった
ので、使用期間はざっと7年。
自動点滅器で夜になったら一晩中点灯という接続にしていたので、
点灯時間の推定は3年半、3万時間というところ。

「電源回路のコンデンサでもアウトになったかな~」っと解体。

13_20200227132801
12_20200227132801

すると・・・
電源部のコンデンサや部品は大丈夫そう。
液漏れや部品の焼け、ハンダ割れは見当たりません。

14_20200227132801
15_20200227132801

使ってあるLEDは全部で10個。
2パラしたものが5直になっています。
チップLEDそのものも中のLED素子が2つ直列に。
32V加えてやっと点灯。

16_20200227132801

すると・・・
10個のうち3つがアウト。
直列ですので、どこかが切れたら完全に消灯するはず。
LEDは光らないけれど、断線はしてませんでしたんでとりあえず
点いていたという状況です。

さらによく観察すると・・・
7時方向のLED、内部に2つあるLEDのうち1つしか生きていません。

正常なLEDはこんな光りかた。

17_20200227132801
7時方向のLED。↓ 光るのは1つだけ。
18_20200227132801

普通に見てみると・・・

19_20200227132801

光っていない方のLEDが破裂したみたいになっていました。

※関連
2016年01月03日:パナソニックLED電球 LDA7D-A1 寿命!
ダイソーの400円LED電球 (LDA8L-G-T/60W)長期間点灯実験終了
修理:LEDクリップライト、点滅!

電球形蛍光灯の故障原因、電源回路のコンデンサやらパーツの焼けが
目立ってましたが、LEDランプのトラブルは電源回路よりLEDそのもの
がアウトになってますなぁ。


| | コメント (4)

2020年1月 9日 (木)

溶けた? 焼けた?

1996年に製作した信号監視警報装置。
その「アナログ出力がおかしい」という修理依頼。

おかしい原因は判明したのですが、故障箇所とは関係
の無い警報出力用リレーの外観に異常を発見しました。

A1_20200109161601

2つあるリレーの片方、外装樹脂が溶けています。

端子台で外に出しているのはA接点だけ。
閉じた接点に異常電圧がかかって過電流が流れたのか・・・
  ※この場合はリレーの中から発熱。
しかし、外観を見る限り、何か溶剤のようなもので
溶けてしまったような感じです。
しかし、基板上にそんな痕はありません。

いったいなんだろか。
交換用に注文した部品が来てからリレーを外して解体
してみます。

※リレーを外した結果です。
A1_20200110113701

外装が溶けていたのは「コイル側」。
中はこんな状態でした。
A2_20200110113701
A3_20200110113701

コイルも接点も異常なし。 おかしな変色は見えません。
溶けた外装部、その裏を見ると・・・
A4_20200110113701
A5

裏にも影響が見えますが、表ほどひどくはありません。
ということは、今回の異常は表側が発端。

どのくらいの熱で溶けるのかと、切り取った外装切片に
加熱したハンダゴテを当てると・・・
簡単に溶けてしまいました。
A6
はて・・・原因はなんだろう。

ユーザーで何かしたとした思えない。


| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

パナの単4アルカリ電池に何があった?!

普通の単4アルカリ乾電池。 パナソニック製。
装置に装着していた4本のうちの1本だけが消耗。
電池電圧チェッカーが起動しません。
他の3本はまったく大丈夫。 同ロット品です。

「ほんとに×なの?」っと針式テスターで計ってみると「0.25V」ほど出ています。
これでは電池電圧チェッカーは起動しません。
   ※チェックする電池から作動のための電力を取っているので。

11_20191226150201

しかしこのとき・・・
ほんとにたまたまテスター棒を強く押さえたら1.5Vの電圧が出たのです。
12_20191226150201
普通に接触させただけだと0.25V。
テスター棒を電極の両端から強く押さえると1.5V。

電池電圧チェッカーでも再現。
電池ホルダー電極の裏側に咬ましもの(紙を丸めて)をして強く接触するようにするとちゃんと測れます。

こんな体験、初めてです。

※検索:アルカリ電池の構造

電池の内部構造が関係してるのでしょう。
電池の中でどこかが接触不良。
落下が原因(わたしはしてないけど)かもしれません。



| | コメント (1)

2019年12月 1日 (日)

温湿度センサーHDC1000、やっぱしあかんわ

出窓の結露対策ヒーター、TIのHDC1000 で制御しています。
およそ1年前、出窓の結露対策:温湿度センサーの異常で予備品に
交換したのですが、あれから1年経って同じようにアウトになっ
ちゃいました。
   ※現象的には前と同じ。
    乾いている環境でも80%以上の湿度値が出てしまう。

今日、秋月で買った「SHT31」 に交換しました。
ヒーターの制御ソフトを手直ししてこれから出窓で試運転です。

HDC1000 通気口はチップの裏側。基板間。
21_20191201162601

付け替えたSHT31。 チップ表面に「穴」。
22_20191201162601

さて、どうなりますか・・・


※出窓:クリスマスモードに飾り付け
50

湿度は50%ほどを表示しています。
カーテンを閉め切ったあと、結露するとどうなるか・・・
52

70%を越えたらヒータをオンするように設定しています。

※昨夜、ガレージ閉店(集まってた皆が帰った)直後の出窓。
クリスマスまでに、まだ変化がありそうです。
11_20191201211701



| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

ウオッチドッグ・タイマーで失敗!

マイコン制御機器のプログラム開発、最終版に近づいてくるとあれこれ過酷なテストを繰り返します。
ひとつが「ウォッチドッグ・タイマー」の検証。
「ウォッチドッグ・タイマー」を定期的に再トリガーしないと、マイコンがリセット起動するという暴走対策です。
異常事態が起きた時、これがちゃんと動くかどうかも検証しておかなくちゃなりません。

※プロセッサ誌1989年6月号にレポートした
 「ストロボでマイコンが暴走した!?」
  ・http://act-ele.c.ooco.jp/toukou/toukou1.htm
  ・http://act-ele.c.ooco.jp/toukou/processor/proc198906.pdf

これ、故意に暴走させる良いトリガーでした。
ただし、紫外線消去の窓付きEEPROMでしか使えません。

※キセノン・デス・フラッシュと呼ぶようです。
  ・http://www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/raspberry_pi_3_xenon_death_flash/


ウオッチドッグに絡んで、「あれれ?」な事態に遭遇しました。
デバッグ用としてマイコンの内部状態情報をシリアル出力していました。
1秒周期の状態出力と外部イベントが発生した時の情報の二つです。
動作検証のため、イベント発生の間隔をどんどん短くして、マイコンの内部処理に負荷をかけた時です。
「ウォッチドッグ・タイマー」が働き、マイコンがリセットしてしまったのです。
タイミングにまだまだ余裕があるはずの処理です。
しかし、同じことを繰り返すと再現性があります。
どこかの処理がスカタンしているのか、メモリーを食っているのか・・・
ウォッチドッグ・タイマーが働く原因が分かりません。
状態はイベント周期の違いだけ。

原因は・・・
デバッグ用に出力していたシリアル出力でした。
文字出力のためのバッファがいっぱいになり、出力完了待ちが生じていたのです。
通信ボーレートを昔ながらの「9600BPS」で行っていたのが、バッファ詰まりの原因。
イベント周期が早くなると、出力する文字数が増えます。
文字送出が間に合わなくなると送信電文がバッファに溜まります。
それががいっぱいになると、出力完了待ちが発生。
その待ち処理部分ではウォッチドッグを叩いていなかったのでリセットが発生したという次第。

出力文字バッファが一杯の時、バッファが開くまで待つか、出力しようとしていた文字を捨てるか悩むところです。
デバッグ用なら、「捨てたよ」をマークして、その行全部を捨ててしまう処理かと。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧