修理

2017年5月19日 (金)

富士電子工業製 全自動超音波洗浄機

広島の時計修理店からの修理依頼。
富士電子工業 US-2 1975年製

11

6つの洗浄槽があって、上部の撹拌機構が旋回します。
カバーを外したところ。

12

で、中身が驚き!
超音波の発振に真空管が使われていました。
13

整流管と5極パワー管が6CA7。

14

超音波の振動子がこれ。
洗浄槽に沈めます。

16

制御はリレーとリミットスイッチ。
メインのタイミングは、このカム式タイマー。
15

致命的な故障原因は、モーター速度制御部で使われて
いたオイルコンの劣化(リーク電流増大)。
そのせいで、抵抗が焼損。

このほか、リレー接点の接触不良や上部機構にある
スリップリングの接触不良で不安定に。

真空管部はとりあえず大丈夫でした。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

「電動ブリーゼ」

「低背の電解コンデンサ」 の修理はこれ。

三協アルミニウムの高所窓開閉スイッチボックス。
「電動ブリーゼ」という名が付いています。
   (型番:WB1555)

11

修理を終えて、依頼先に返送しました。
さて、実機に接続してどうなのか、うまく修理で
きましたかどうか・・・。

12

高所窓の開閉を行う装置とのこと。
「雨センサー」なるものもあって、雨になったら
窓を自動的に閉めるのでしょうね。

出力はDC24V。
停止検出入力は使われてなくて、
   「モータの負荷電流増大」
で停止する仕掛けになっていました。

こんな基板です。
14

15

熱がこもったスイッチング電源一次側周辺が変色。
コンデンサの電解液漏出もあったのでしょう、すい
ぶん汚れていました。

13

制御チップはNECの4bitマイコン「uPD75028」。
64ピンのチップです。

※電子機器の修理依頼:http://act-ele.c.ooco.jp/repair/repair11.htm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

低背の電解コンデンサ

「スイッチがきかない」という症状での修理依頼。
当初は、
「スイッチの接触不良か?」
っと、お話を進めたのです。
しかし、何度かメールでやり取りすると
「電源が入らない」が主原因。
制御回路の電源が入らないと、確かにスイッチも
ききません。
で、やってきた回路を見ると・・・・

11

原因はスイッチングレギュレータ回路のコンデンサ
劣化。

12

左の二つは二次側の。
右のが一次側の平滑コンデンサ。
これが逝ってました。

ところが・・・
右の低背の電解コンデンサが売ってない。
  (左二つはOK。 右のがD=22mm、H=20mm 足館=10mm)
結局、デジキーで注文。
届くのは来週に。

※修理完了:電動ブリーゼ

※電子機器の修理依頼:http://act-ele.c.ooco.jp/repair/repair11.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

自転車サドルの破断

私の愛車(自転車)のサドル、そのスプリング・ベース
部が破断。

11

プラスチックの経年劣化か、耐荷重(私の体重)の
限界か?
割れてしまって、固定できなくなってしまいました。

12

自転車屋さんに行って、新しいのを買えば
いいんですが、せっかくです。 破断面に
接着剤「セメダイン ハイクイック 」を流し込んでみました。
とりあえず固定はできたようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)