おもちゃ病院

2018年9月27日 (木)

電波チェッカ用12LEDレベル表示回路

電波チェッカ用レベル表示回路案 では、14ピンのマイコンを使っての
「10LED」表示を示しました。
   ※8ピンマイコンで作ったのは6LEDタイプ

PICマイコンの有名なアプリケーションノートに、
3ポートあれば6つ、4ポートあれば12コ、5ポートなら
20コのLEDを駆動できるぞ、という内容です。
こんな接続になります。

A2

対向させたLED2つを組にして、ポート2つのH/Lで点灯する
ように並べます。
駆動しない所は「ハイインピーダンス:入力モード」に。
すると、4ポートで12個のLEDを点灯制御できます。

8ピンのAVRマイコンに書き直したのがこれ。
A1

LEDは対向させずに、カソード側をコモンにして
つないでみました。
  (駆動するラインに注目すると、対向接続している
   のと同じといえば同じ)
PICの例とは、電流制限抵抗の位置が異なります。
PICのでは駆動ラインに入る抵抗が直列加算されます。
しかし、AVRのではアノード側に並べた抵抗で電流制限
しています。

※ダイナミック点灯する場合、明るくしたくても(抵抗を
小さくしてLEDに流す電流を多く)、マイコンのポートに
直結しているということで、あまり極端なことはできま
せん。
電波チェッカでは、スタティック駆動と同じで、どれか
一つだけのLEDを駆動しています。
周期的にスキャンしてダイナミック点灯方式にすると、
暗くなっていまいます。
・電波チェッカでの表示サイクル
 A/D変換サイクルごとに単一のLEDを光らせる。
  ●○○○○○  (max)
  ○○○○●○  ↓
  ○●○○○○
  ●○○○○○  光るのはどれか一つだけ
  ●○○○○○
    :

・バー表示するとなると、ダイナミック点灯しなければならない。
  ●○○○○○
  ●●●○○○
  ●●●●●○
  ●●●●●○
  ●●●●○○
    :
 この場合だと、1/6で駆動することになるので、見かけは
 1/6の明るさになってしまうでしょう。
 この例だと、右側のオフしている場所をスキップすると、
 点灯LEDは明るくなりますが、点灯するLEDの数で明るさが
 変化してしまいます。
LEDの数を7~12個に増やすときの参考にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

6LEDタイプのMAX4003 RFデテクタ

信号レベル表示LEDはHとLの二つだけでした。
今回は6LEDタイプ で製作してみました。
電波リモコン なんかの修理で役立つかと、仕事場での
常備ツールにします。

M1

おもちゃ病院のと同じプラケース:タカチのSW100 に実装。
LEDは綠x2、黄x2、赤x2の6つ。
ケースにあけた穴に、3Φの砲弾型を押し込んで、裏から
ホットボンドで固定しています。
M2

M3

MAX4003からのアナログ出力をA/DしてLED表示を行う
マイコン:ATTINY45V、ICソケットを使うんで、ケース内の
高さが不足して、使う電池が単4電池になってしまいました。
  ※その後、マイコンを直ハンダしてソケット分高さを減らし、
    単3の電池ボックスに交換しました。
    あれこれのツール、単3電池のほうが便利なんで。
    プログラムを変更する時は、書き込み方法をその
    時に考えますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

パワーオフしても電流消費が減らないデジタルノギス

20cm長の国外製デジタルノギス。
11
「mm」と「インチ」表示が切り替えできます。
12
この電池ホルダー部の修理依頼。
電池の側面、プラス側を押し込む電極がおかしくなっていました。
LR44あるいはSR44、1個で動作します。
13

念のため消費電流を計ってみると・・・

・オン時 : 20~22μA
15
・オフ時 : 19μA
16

オフになって表示が消えても、消費電流はさほど変わりません。
このデジタルノギス、あかんやつです。

例えば、ボタン電池の動作可能な実容量を50mAhとすると、
  50÷0.02で2500時間。
  およそ100日で、電池が消耗してしまいます。
長期間、使用しないときは電池を外しておかなければなりません。

    ※昔、東成おもちゃ病院 の常備ツールとして買った安価な
     デジタルノギスもこんな状態でした。
     イザ使おうとしたら電池切れ。
     消費電流を計ったら・・・「あれま」。
     ちゃんとしたのに買い直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

電波チェッカ用レベル表示回路案

※制御ソフトはちょいと待って・・・

電波チェッカ、箱に入れて組み立てた のは、電波強度を2レベルを表示。
8ピンのコンパレータで、簡単に済ませました。
レベル表示の分解能を上げるとなると、専用ICならLM3914 などのレベルメータ表示IC。
LM3914なら10コのLEDを駆動できます。
電源電圧範囲も広いし、LEDの電流も簡単設定。
バー表示もポイント表示も選択可能。
ただ、この場合の表示はリニアスケール。
同じ10LEDをマイコンで実現しようとするとこんな回路でしょうか。
14ピンのATtiny24Vで10コのLEDを駆動します。
マイコンだと、レベル区分が自由自在。
ただし、電源電圧の自由がきかない。

10

LEDは10コのうちの一つだけを表示。
だもんでLEDの電流制限抵抗は1本だけ。

LED、10コもいらない、4つで良いという場合はこんな回路でしょうか。
・理屈の回路
11
ウインドコンパレータで入力レベルを4分割。

・これを簡略化して図示
12

・8ピンのマイコンATtiny25Vで実現すると・・・
13
Hアクティブで4コのLEDを駆動。

せっかくマイコンを使うのならと、LEDを6コに拡大。
14
PB4をH/Lさせて、3つずつのLEDを逆極性でドライブします。

それぞれ、制御ソフトも出来ているんですが、ちょいと待って。

※制御ソフト(cのソースとhexファイル)をまとめておきました。
http://act-ele.c.ooco.jp/jisaku/max4003/max4003.htm
   このページ↑の最後のほうにzip圧縮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

MAX4003を使った電波チェッカ

MAX4003を使った電波チェッカ 、こんな回路で箱に入れました。
箱はタカチの「SW100S」。 100(D) x 35(H) x 65(W)mm。

まず回路。
B1

電池消耗時と音出しによる電圧ドロップのことを考えて、電池3本にしています。
AFアンプはNJM2073でBTL駆動。
信号レベル表示は2段階。
ダイオード2つのVfでレベルを判定。
音とLEDのチカチカ具合で電波の様子がわかります。

B2

アンテナは適当な長さのリード線をケースから出しているだけ。
B3

B4

基板の下にスピーカー。

21
電池ホルダーはフタに両面テープで固定。
単3電池ですんで、高さ方向がけっこうきついです。

MAX4003電源・GNDピン間(8pin-5pin)のパスコンはチップコンデンサで。
B5
変換基板上のIC直近でどうやって付けるかが悩みどころ。

これ↓は、チップコンをIC上面に瞬間接着剤で仮固定してからリード線で8pinと5pinにハンダ。
11_2
この作業、顕微鏡が無いとむつかしいかと…。

出てくる音の様子、動画にしなくちゃ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

「RF検出器」というジャンルを見て、MAX4003を

あちこちの「おもちゃ病院」で、ラジコン送信機の電波をチェックするためのRF検出回路の製作が流行っているようです。

Google検索:おもちゃ病院 電波チェッカー

これの元アイデアが、トラ技2017年4月号 の特集、『外部アンテナ不要!ポケット2.4GHzレベル・チェッカ』という製作記事です。
    著者:川田 章弘さん
10

「LT5534」を使って、2.4GHz帯の電波強度をテスターで見ようという試みです。
この回路のアンプ前段に置かれたフィルタを外せば、広帯域な電波検知機のできあがり。
ラジコン送信機から電波が出ているのか、調べられるという仕掛けです。
皆さんの製作レポートを見ていますと、同等のICとして「AD8314」が使われています。

※検索した中からブログなどをピックアップ。
ラジオペンチ 2.4GHz対応の電波チェッカーの製作
ラジオペンチ 2.4GHz対応のRFチェッカーをケースに入れた
2.4GHz帯ラジコンのLT5534電波チェッカー製作 - トラブルシューター
名張市つつじが丘おもちゃ病院 27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の製作(AD8314)
名張市つつじが丘おもちゃ病院 27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の頒布
おもちゃ病院 新津(新潟)  山谷保存会(神楽・天狗舞) 2.4GHz対応 高感度RFチェッカー設計・製作 (おもちゃラジコン送信電波)
おもちゃ病院 修理 奈良市 2.4GHz広帯域ラジコン電波チェッカーの作り方
ドクターNの診療室 - はしもとおもちゃ病院 お知らせ RFチェッカー高性能化改造
HRHの、おもちゃ修理日誌。: ラジコン送信機チェッカー
2.4GHz対応 高感度RF電波強度チェッカー設計・製作 | MS工房 秋葉(新津)のブログ
おもちゃ病院 鴨島診療所 おもちゃのラジコン修理に必須な電波発射の有無を検知するチェッカー

で、LT5534 AD8314 がどんなものか? いくらくらいなのか?を調べていましたら、「DigiKey」での部品ジャンル分けが『 製品索引 > RF/IFおよびRFID > RF検出器 』。
この「RF検出器」の一覧を見ていましたら、マキシムで安価なのを発見。
MAX4003 」です。 この価格が223円
LT5534が1217円、AD8314が1168円となっていますので、ずいぶんとお買い得。
仕事の部品購入に紛れさせて、買ってみました。

12_2

で、試験的に作ったのがこれ。
A1

   ※訂正「R3,R5で約3倍」→「R4,R5で」に。

手組基板の様子。
11_2

電波を受けたらLEDを点して、ピエゾスピーカーに音を出してというふうにしてみました。
無線マウスや携帯電話など、電波を出すものを近づけると反応します。
出てくる音も変化。
何も近づけなくても、部屋の中を飛び交っている無線LANの電波を拾って「プチプチ・ブ~ブ~」っと音が出ます。
こりゃちゃんとケースに入れて、実用出来るようにしなくちゃいけません。

ピエゾスピーカじゃ音が小さい。
ちゃんとスピーカーとAFアンプを入れて音を大きく出せるようにするほうが面白いかと。

※27MHz、40MHz用の電波チェッカー
マリオカートのラジコン-居酒屋ガレージ日記

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

東成おもちゃ病院のページを

ZAQのブログとHPが無くなって消えてしまっていた
「東成おもちゃ病院」のまとめページを仕事場
スペースを使って復活させました。

■■■ 東成おもちゃ病院・まとめ ■■■

とりあえず、これからの開院予定日は、
  6月3日  第一土曜
  7月1日  第一土曜
  8月5日  第一土曜
  9月2日  第一土曜
 10月7日  第一土曜
 11月4日  第一土曜
 12月2日  第一土曜

受付時刻は、午後1時から4時までとなってます。
場所は東成区在宅サービスセンター。

大阪おもちゃ病院
からのリンクが消えてままになって
いますんで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)