サイエンス

2020年6月18日 (木)

小説でのパンデミック

小説でのパンデミックを見ると・・・(あれこれ読んだ本から)

小松左京さんの「復活の日」は生物兵器の漏出。1964年の作。
  ※ここらあたりを読んでSF好きにっと

マイケル・クライトンさんの「アンドロメダ病原体」は宇宙から。
1969年の本。
  ※友人の親父さんが持ってて借りて読んだのが
   初マイケル・クライトンさん。
   2008年に亡くなられてるんですな。

篠田節子さんの「夏の災厄」は1995年で日本脳炎。

吉村達也さんの「感染列島 パンデミック・イブ」は2008年。

高嶋哲夫さんの「首都感染」は2010年の本。
これはインフルエンザ。

先日、図書館から借りてきて読んだSF本がこれ。
時空大戦2・戦慄の人類壊滅兵器

31_20200618112501

これに出てきた生物兵器の記述がこんなの。
  ※本は「人類 vs 異星人」の話。
   宇宙が舞台。
   異星人が生物兵器でもって人類皆殺しを企み成功。
    →地球の人類壊滅 (他星系でやっと人類が残ってるという状態に)

・感染者の追跡ができないくらい感染潜伏期間が長い方が
 兵器として良。 本ではおよそ1ヶ月。

・せっかく隔離しても、発症までの潜伏期間が長いと
  「だいじょうぶやから」と、政治的圧力でもって
 外に出てしまうのが人。

・異星人はそこを突いてきた。
   本では、別星系のコロニーの人が地球に持ち込むという設定。
   感染して発症すると100%死亡というえげつない話。

COVID-19の広がりを見てると、まさにこれかな。
「時空大戦」は2013年の作。


地震、原子力災害、水害、パンデミックと来て、次は何?
火山か隕石落下か宇宙人襲来か??

「宇宙から恐怖がやってくる! 」



| | コメント (2)

2020年6月16日 (火)

西之島の噴火が活発に

気象庁HPの「火山活動の状況」。
火山活動:西之島
このPDFが詳しいかと。
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/20m06/202006151700_326.pdf
「ひまわり」から見た噴煙や「輝度」の変化が21世紀的。

西之島|海域火山データベース|海上保安庁 海洋情報部
    ↑写真、動画あり
西之島で噴火 気象衛星も噴煙を捉える - ウェザーニュース
wikipedia:西之島

ず~っと北に行けば、伊豆半島、箱根山、そして富士山。
21_20200616094701

 

| | コメント (2)

2020年4月 6日 (月)

新型コロナウイルス:医療現場

新型コロナウイルス感染症|感染症トピックス|日本感染症学会
にあれこれ、症例や治療の話が出ています。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでの臨床経過の話も。(pdf)
大型クルーズ船内て?発生した新型コロナウイルス感染者11例の臨床経過報告(川崎市立川崎病院)(2020.3.30)



| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

BCGと新型コロナ

オカルト話や似非科学じゃなさそうです。

◆検索:BCGと新型コロナ

【追記しました】新型コロナウイルスとBCG : 大隅典子の仙台通信

3月26日 BCGはなぜウイルス感染予防効果があるのか(2018年1月号 Cell Host & Microbe 掲載論文) | AASJホームページ

If I were North American/West European/Australian, I will take BCG vaccination now against the novel coronavirus pandemic.

コロナウイルスへの効果は?BCGは国ごとに接種率、種類の違い。 | Bookservice.JP -Rinkaku-

新型コロナウイルス関連データ

Coronavirus Update (Live): COVID-19 Virus Outbreak - Worldometer
   感染および死者の数グラフをログ目盛にすると・・・怖い

新型コロナウイルス(武漢肺炎)問題⑫ 日本の強み「BCG予防接種・日本株ワクチン」 | 大阪の弁護士 重次直樹のブログ

新型コロナウイルス感染症|感染症トピックス|日本感染症学会


※参考:BCGの歴史:過去の研究から何を学ぶべきか
https://jata.or.jp/rit/rj/tenbo/48toida.pdf


| | コメント (4)

2019年11月27日 (水)

「夜中」に見える「月」って・・・

過去「月」についてあれこれ「文句」を書き残してます。
「月」の話
恒星は月より遠いぞ
月の夜部に★を描く
「イケナイ宇宙学」
「マリアの月」
これは金環日食のカタチです
毎日新聞朝刊広告:夕方早くに寝すぎてるからやで

今回も新聞広告。
アサヒのノコギリヤシ

11_20191127162901

『夜中に何度も起きる・・・』っと嘆いておられるようですが、
この形の月って「夜中なの?」っという疑問・・・

12_20191127162901

この「月」だと「もう朝」でっせ。

「夜中」の定義って何時の範囲なんだろ?
午前0時をはさんで何時間か?
もうちょい進む?

「夜中」を調べてたらこんな記事。
https://lowch.com/archives/6122
夕刻に見える「三日月」(しっかり地球照も写って)が出ています。

 

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

台風19号水害に思う

大阪人なら、
  ・中甚兵衛の大和川付け替え
それに、
  ・デレーケによる淀川改修事業
は、知っているかと。
昔々になされたこんな洪水対策があって大阪の町が守られているのです。
    ※中甚兵衛さんの偉業は小学校で習った記憶があります。

今回の台風で決壊した「千曲川」、その下流は名を変えて「信濃川」になり新潟の町を流れています。
ここでも、
  ・大河津分水
が人の手で作られて新潟の町を守っているのです。
    ※信濃川でも新潟県津南町で氾濫が生じましたが、氾濫場所は
     大河津分水の手前、上流になります。

はっきり言います。
オリンピックや万博をやってる場合じゃないゾ!っと。

先人の知恵と努力を現代社会は忘れているようです。


| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

EDOのバーニヤ

「リバティおおさか」で開かれている企画展「江戸を科学する」 2019.10.9〜12.14
今日は朝からそのお手伝い。
  ※見学費は小中学生は無料っということに!
展示物は澤田平さん の秘蔵品。
まとめて展示されることって、もうないかもという品ばかりです。
  ※先週はその展示配置のお手伝い。

お手伝いの役得で、展示品をちょいと写真撮影。
『おぉっ』っと惹かれたのが『象限儀』。
天体観測に使われた経緯儀です。

その角度表示部にこんな「バーニヤ」が付いていました。
11_20191013221101

メイン目盛りには「十0:巽」と表記。
そして、1度を3分割した刻みが見えていて、その3.5度を10分割(7度を20分割)する副尺が外周に付いています。

ン? 写真を撮って、あとから見直したらバーニヤの読み方難しいぞ?
それにバーニヤの数字がアラビア数字の「0 5 10 5 20」だし。
日本にアラビスア数字が入ってきたのっていつの時代?

※参考
やっぱ「バーニヤ」はかっこいいわ


| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

リチウムイオン電池でノーベル賞

今年のノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」。
2016年11月30日 に関連本を紹介していました。

●「リチウムイオン電池が未来を拓く」 吉野彰さん
●「バッテリーウォーズ」
   グッドイナフさんは、特許の恩恵を受けていないと・・・。







| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

掃除当番の天敵! ギンナン

ご近所の中川西公園、今年度は私の町会が掃除当番。
この季節、たいへんなのが「ギンナン」。

イチョウの木、公園に6本植わってまして、どれも活力旺盛。
このうち3本が雌木でギンナンの実を付けます。
前週の日曜、強制的にだいぶ落としました。
しかし、木の上の方になる実はそのまま。
それが、歩道・道路側へ落ちると踏まれてたいへん。
今日も朝から歩道を掃除。
  ※ギンナンを拾ってくれる人がいればいいんですが、
   道路そばの木ですんで、同じ拾うならもっと清浄な
   場所のがイイでしょうね。

しかし、もう一つたいへんなのが落ち葉。
もう少し寒くなると、イチョウに加えてプラタナスの葉っぱが
イケズしてくれます。

そうそう。「敵」を知ろうとこんな本を借りてきました。
『イチョウ 奇跡の2億年史』
サブタイトルが「生き残った最古の樹木の物語 」。

11_20191002084101

イチョウって絶滅しかけてたんですな。
人類のせいじゃなく、自然環境の変化で。
ヨーロッパや北米では完全に消滅。
化石だけが出てくる状態。
しかし、中国の一地域にちょこっとだけ自生。
それを人類が世界に広めたということです。
人がいなかったらイチョウは絶滅していただろうと。

イチョウの木、邪険にしたらアカンっということで。

※関連
中川西公園の掃除:2008年12月08日
ギンナンいっぱい:2011年11月13日
洗いたてのギンナン

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

「現代→過去」へ遡る歴史教育

本気か冗談か・・・
「昔、日本とアメリカが戦争した」
  ↑これを知らない若者がいると。
8月15日に絡ませて、こんなことを書いている新聞が
ありました。
たしかに、もう3/4世紀前の出来事です。

昨晩、ガレージ仲間で一杯やりながら出た話が
「歴史教育」。
学校で習う歴史、「過去→現代」へと時代が流れて
教えられます。

そして、過去の歴史話は濃厚なのに、どういうわけ
か現代になると内容が希薄に。
時間不足なのでしょう、走り去るように現代史が進んだ
ように思います。
我々世代ではなく、息子らも同じ意見。

そんな中で出た話が、科学史や技術史。
科学や化学、工学の話だと「現代→過去」と遡り
ながら、科学や技術がどうのように発展してきたの
かの「話」ができます。

ところが、歴史は無理。
「現代→過去」へ遡るにも、まず、過去に何があっ
たのかを知っておかないとつながりが見えてこない。

このあたり、何が違うんだろうということで一杯やっ
てました。

・科学や技術は「過去→現代」の流れで、「進化する」
 という方向性がはっきりしている。
 記録もちゃんと残ってることが多い。
 だから「現代→過去」へ遡ることができる。

・ところが「人」「国」がからむ歴史は、「良い方に進化」
 するとは限らない。
 そして、歴史は途切れる。
 残ってる記録も「ほんとかいな」というのも多い。
 だから「昔から順を追って学んでいく」しか方法が無いの
 だろうっと。

話のまとめ・・・
  『現代→過去へ遡る歴史教育の方法、誰か偉い人、
   考えて試してみてほしいなぁ』

現代から昔に歴史話を戻すにはどうすれば。。。

 

| | コメント (0)