サイエンス

2020年9月 8日 (火)

青木奈緒著『動くとき、動くもの』

2020年9月1日:今日のGoogle・・・誰? このお姉さんは?
幸田文さんの『崩れ』を紹介しました。
『崩れ』は幸田文さん没後にまとめられた本ということなんですが、
この『崩れ』に続編が・・・

といってもご本人はもうこの世に居られません。
書かれたのは幸田文さんのお孫さんの青木奈緒 さん。
タイトルが動くとき、動くもの
さっそく図書館で借りてきました。

A1_20200908163601

まさに『崩れ』の続編。
幸田文さんも青木奈緒さんも「文系」というか「文学」の人。
本に写真が無くても「文字」で情景を浮かび上がらせる技術は
さすが。
砂防」とその歴史に興味をお持ちでしたらぜひご一読を。

ちなみに「砂防:SABO」という語、これ「津波:TSUNAMI」と
同じように世界に通じるそうです。国際語になっていると。
この本で知りました。

・日本語の「砂防」は外国語でも「SABO」といいます。

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

メモ:COVID-19 大阪の新規感染者数

数字じゃなくグラフが示す急激な増加。
http://kazu2752.livedoor.blog/archives/6694563.html

どうするのよ。。。。

「5人以上での宴会は自粛」どころじゃない。


| | コメント (2)

2020年7月29日 (水)

「転倒ます型雨量計」の実物

「転倒ます型雨量計」の実物が 大阪市立東成図書館 で展示されてました。
「大阪管区気象台巡回展示」というのが行われていて、この雨量計と自記温度計・湿度計が展示されています。
  ・https://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=365
転倒ます型雨量計の実物を見るのは初体験。

21_20200729181401

背面がちょこっと見えていたので・・・
22_20200729181401

検出部を拡大
23_20200729181401
おそらく、磁石とリードスイッチかと。

銘板  1990年製
32_20200729181701


ほんとに動いていたら面白かったんだけど・・・・
  (細工がちょいたいへんかぁ)



| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

プラスチックパッケージの開封:チップの中身

https://zeptobars.com/en/read/how-to-open-microchip-asic-what-inside
加熱した濃硫酸あるいは濃硝酸でICのプラスチック封止を溶かして中身を見ようという試みです。
真似するのはちょっと怖い・・・・

いろんなチップの写真が出ています。
有名どころのICも。
ゲートIC HC00に8bitラッチHC595。
リニアICでLM1117レギュレータ。
マイコンならATtiny13AにATmega8、8080互換チップ。
最近のARMマイコンは詰まりすぎて真っ黒のところばかりに。

※こちらでは
TL064レントゲン写真
HF8311開頭
2SB42、2SB80開頭
2SB171開頭



| | コメント (1)

2020年6月18日 (木)

小説でのパンデミック

小説でのパンデミックを見ると・・・(あれこれ読んだ本から)

小松左京さんの「復活の日」は生物兵器の漏出。1964年の作。
  ※ここらあたりを読んでSF好きにっと

マイケル・クライトンさんの「アンドロメダ病原体」は宇宙から。
1969年の本。
  ※友人の親父さんが持ってて借りて読んだのが
   初マイケル・クライトンさん。
   2008年に亡くなられてるんですな。

篠田節子さんの「夏の災厄」は1995年で日本脳炎。

吉村達也さんの「感染列島 パンデミック・イブ」は2008年。

高嶋哲夫さんの「首都感染」は2010年の本。
これはインフルエンザ。

先日、図書館から借りてきて読んだSF本がこれ。
時空大戦2・戦慄の人類壊滅兵器

31_20200618112501

これに出てきた生物兵器の記述がこんなの。
  ※本は「人類 vs 異星人」の話。
   宇宙が舞台。
   異星人が生物兵器でもって人類皆殺しを企み成功。
    →地球の人類壊滅 (他星系でやっと人類が残ってるという状態に)

・感染者の追跡ができないくらい感染潜伏期間が長い方が
 兵器として良。 本ではおよそ1ヶ月。

・せっかく隔離しても、発症までの潜伏期間が長いと
  「だいじょうぶやから」と、政治的圧力でもって
 外に出てしまうのが人。

・異星人はそこを突いてきた。
   本では、別星系のコロニーの人が地球に持ち込むという設定。
   感染して発症すると100%死亡というえげつない話。

COVID-19の広がりを見てると、まさにこれかな。
「時空大戦」は2013年の作。


地震、原子力災害、水害、パンデミックと来て、次は何?
火山か隕石落下か宇宙人襲来か??

「宇宙から恐怖がやってくる! 」



| | コメント (2)

2020年6月16日 (火)

西之島の噴火が活発に

気象庁HPの「火山活動の状況」。
火山活動:西之島
このPDFが詳しいかと。
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/20m06/202006151700_326.pdf
「ひまわり」から見た噴煙や「輝度」の変化が21世紀的。

西之島|海域火山データベース|海上保安庁 海洋情報部
    ↑写真、動画あり
西之島で噴火 気象衛星も噴煙を捉える - ウェザーニュース
wikipedia:西之島

ず~っと北に行けば、伊豆半島、箱根山、そして富士山。
21_20200616094701

 

| | コメント (2)

2020年4月 6日 (月)

新型コロナウイルス:医療現場

新型コロナウイルス感染症|感染症トピックス|日本感染症学会
にあれこれ、症例や治療の話が出ています。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでの臨床経過の話も。(pdf)
大型クルーズ船内て?発生した新型コロナウイルス感染者11例の臨床経過報告(川崎市立川崎病院)(2020.3.30)



| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

BCGと新型コロナ

オカルト話や似非科学じゃなさそうです。

◆検索:BCGと新型コロナ

【追記しました】新型コロナウイルスとBCG : 大隅典子の仙台通信

3月26日 BCGはなぜウイルス感染予防効果があるのか(2018年1月号 Cell Host & Microbe 掲載論文) | AASJホームページ

If I were North American/West European/Australian, I will take BCG vaccination now against the novel coronavirus pandemic.

コロナウイルスへの効果は?BCGは国ごとに接種率、種類の違い。 | Bookservice.JP -Rinkaku-

新型コロナウイルス関連データ

Coronavirus Update (Live): COVID-19 Virus Outbreak - Worldometer
   感染および死者の数グラフをログ目盛にすると・・・怖い

新型コロナウイルス(武漢肺炎)問題⑫ 日本の強み「BCG予防接種・日本株ワクチン」 | 大阪の弁護士 重次直樹のブログ

新型コロナウイルス感染症|感染症トピックス|日本感染症学会


※参考:BCGの歴史:過去の研究から何を学ぶべきか
https://jata.or.jp/rit/rj/tenbo/48toida.pdf


| | コメント (4)

2019年11月27日 (水)

「夜中」に見える「月」って・・・

過去「月」についてあれこれ「文句」を書き残してます。
「月」の話
恒星は月より遠いぞ
月の夜部に★を描く
「イケナイ宇宙学」
「マリアの月」
これは金環日食のカタチです
毎日新聞朝刊広告:夕方早くに寝すぎてるからやで

今回も新聞広告。
アサヒのノコギリヤシ

11_20191127162901

『夜中に何度も起きる・・・』っと嘆いておられるようですが、
この形の月って「夜中なの?」っという疑問・・・

12_20191127162901

この「月」だと「もう朝」でっせ。

「夜中」の定義って何時の範囲なんだろ?
午前0時をはさんで何時間か?
もうちょい進む?

「夜中」を調べてたらこんな記事。
https://lowch.com/archives/6122
夕刻に見える「三日月」(しっかり地球照も写って)が出ています。

 

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

台風19号水害に思う

大阪人なら、
  ・中甚兵衛の大和川付け替え
それに、
  ・デレーケによる淀川改修事業
は、知っているかと。
昔々になされたこんな洪水対策があって大阪の町が守られているのです。
    ※中甚兵衛さんの偉業は小学校で習った記憶があります。

今回の台風で決壊した「千曲川」、その下流は名を変えて「信濃川」になり新潟の町を流れています。
ここでも、
  ・大河津分水
が人の手で作られて新潟の町を守っているのです。
    ※信濃川でも新潟県津南町で氾濫が生じましたが、氾濫場所は
     大河津分水の手前、上流になります。

はっきり言います。
オリンピックや万博をやってる場合じゃないゾ!っと。

先人の知恵と努力を現代社会は忘れているようです。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧