電池

2017年6月21日 (水)

電池イジメ、その後

2013年9月から始めた「電池イジメ」。
当初は8種類のニッケル水素充電池からスタートしました。
    【2014年1月の様子】
あれから3年あまり。
今、生き残っているのは「エネループ・ライト」と
ROCの「ニッカド電池」の2本だけ。
『充電できなくなるまで』っというのが実験終了条件の
縛りなんで、一日、1~2回のペースで充放電を続けて
います。
先日、1250回目の充放電を終えました。

・放電の様子
11

生き残っている、この「小容量電池グループ」、
最初は「サイクルエナジー銀」とダイソーの「ReVOLTES」
も仲間でした。
しかし、この2本も脱落。

これまでの結果はこの電池の内部抵抗変化を見ていただくと
良いかと思います。
   【繰り返し充放電1000回目】

そして、小容量グループの放電グラフを示しておきます。
グラフ
 1:赤 エネループ・ライト
 2:緑 サイクルエナジー銀
 3:青 ReVOLTES
 4:灰 ROCニッカド

・10回目 2013年9月 どの電池も元気いっぱい
10

・500回目 2015年1月 ReVOLTESが脱落してます
500

・1000回目 2016年6月 エネループ・ライトもNiCdも体力が落ちてます
1000

・1250回目 2017年6月 NiCdがちょい元気になってるような・・・
1246

初期の性能は出てませんが、まだ急速充電できてますんで、
実験継続です。

※充電後、2~3日放置した時の電圧低下が目立つ。
 放置で容量も減少。
 温度変化に敏感。

電池イジメの現状、こんなところです。

※JIS C8708の充放電条件をちょいと変えたエネループ・スタンダード
 に対する充放電試験も継続中です。
 これは自動で試験が進むので、すでに1800回を超えています。
 JIS C8708、「充電しすぎとちゃうん?」というのが出発です。
 エネループを選んだのが失敗だったかも。
 この実験でのエネループ、まだまだ元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

「CR2354」

初めて見た「ボタン形リチウム電池」=「CR2354」。
ガレージ常連のメンバーがぼやいてました。

「ホームベーカリーにこんな電池が入っててん!」
タイマーが正常動作しなくなったんで、時計用電池を
交換しようと思ったら、使われてたんが「CR2354」。
なんで、どこにでもある「CR2032」にしとけへんねん!
ベーカリーと電池のメーカーである、パナソニックへ
の「怒り」です。

11_3

一見は普通のボタン形電池。
「2354」なんで、直径は23mm。
そして厚みが5.4mm。

裏返してみると・・・
12

「あれま~」、な形状。
容量を調べてみると、一般的なCR2032は225mAh。
このCR2354は560mAh。
およそ倍の容量。

しかし・・・
ユーザーで交換できるということなら、汎用性を重視する
べきじゃないでしょかねぇ。    →パナソニックさん


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

電池の自販機

「ペコ」と散歩してて見つけた、電池の自販機。

B1

『パナソニック乾電池』。
昔は良く見ましたが、最近は珍しい(稼働しているのが)
んじゃないでしょか。

しかしこの自販機、良く見ると、電池のサンプルが
こんな状態に。

B2

こんなのを見せられると、あまし買いたくはありません。

・単一
B3

・単二
B4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

BK-2MGC/1

YUASAブランドの2500mAhニッ水電池 の代品として、
パナの単2ニッ水BK-2MGC/1 を4本買ってきました。

11_2

12

買ったお店は高井田のジョーシン。
お昼休みに自転車で走ってきました。

ジョーシンのネットで調べたら、単価1090円(税込)。
ところが、店頭に表示された価格は1380円(税別)。
店員さんに、
  「ネットのほうが安いんだけど・・・」
と、たずねますと『ネット価格に合わせます(キリッ!)』っと。

で、さっそくですが、この4本の内部抵抗の測定。
   電圧:1.31V~1.32V
   内部抵抗:27mΩ~32mΩ

この電池、保護回路が入っているようですね。
単3eneloopのように低くはありませんでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

YUASAブランドの2500mAhニッ水電池

地域の会館で使われているカラオケ装置のワイヤレス・マイク。
調子が悪いんで見て欲しいとの修理依頼です。

21

「赤外線」で電送するタイプのマイクなんですが、2本あるうちの
ひとつの充電がうまくできないという(すぐにバッテリ切れ状態に)
症状です。

中を見ますと単3ニッ水電池が2本使われています。
「YUASA」ブランドで「2500mAh」と高容量。

22

電池を外すと・・・

23

充電電圧は出ているんですが、内部抵抗が増大。

無負荷なら電圧は出てるんですが、1Ω負荷で0.5V以上
ドロップします。 こりゃもう電池の寿命。
「eneloop (スタンダード)」にでも入れ替えてみます。

※追記; 調子がイイって聞いていたほうも開けてみたら・・・

11


こちらは単2サイズのNi-Cd電池2本が使われていました。
調子が悪いほう、単3→単2のアダプタがかまされて
いたわけです。
Ni-Cd電池の容量、2400mAh。
さて、どうしましょ。
どっちにしろ新品の電池に交換予定(買ってこなくてはならない)
なんで、強靭性からは単2Ni-Cdのほうが良いかもしれない。

写真の右側、リング状に赤外発光LEDが取り巻いています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

電池関係本、2冊

●「リチウムイオン電池が未来を拓く」

A2

電池戦争、日本の勝者の吉野彰さん。

●「バッテリーウォーズ」

A1

アメリカので電池戦争。
主として車向け電池。

※注目点

・1980年、リチウムイオン電池の基礎となる正極材料の
 論文を書いたグッドイナフさんは、特許の恩恵を受けて
 いないと・・・。

・電池の性能を電流容量で示すか、エネルギー量(電圧も
 含む電力容量)で示すか・・・。  嘘とごまかし。


| | コメント (0)