カメラ

2020年3月23日 (月)

メカの動きを電気信号にして観察する:カメラのレリーズタイムラグ

価格.comの「LUMIX DC-G9 ボディ」のクチコミ掲示板
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001014251/SortID=23293746/#tab
に書き込みした内容なんですが、ここにも上げておきます。

オリンパスOM-D E-M1mk2とフラッシュFL-600Rレリーズタイムラグ
を調べてみました。
M露出モードにしてシャッター速度1/10秒に固定。

観察した信号は4つ。
・ch1:半押しボタン信号
・ch2:全押しボタン信号
 シャッターボタンの押し下げを外付けリモコン接続ジャック
 の信号で観察。 Lでオン。

・ch3:マイクで拾ったシャッター音
 シャッター開→閉の間隔が100ミリ秒になっているのが見える。
 開閉以外にも見えている音は、ライブビュー状態からの
 シャッター開閉シーケンス。
 いったんシャッターを閉めてからもう一度開けて露光開始。
 露光時間経過後に閉。
 そしてもう一度開けてライブビュー再開。(先幕、後幕と)
 この動きをマイクで拾って波形に。

・ch4:フォトトランジスタで受けたフラッシュの発光
 Hで発光。


これがフラッシュオフでの撮影。
A01
フラッシュは光っていません。
全押し信号がLになってからシャッター開までの時間が
レリーズタイムラグになります。

次に、フラッシュをオンしてフラッシュの調光を「A」モードに。
A02
カメラはフラッシュを発光させるだけで、フラッシュの光量は
フラッシュが判断。
この時のレリーズタイムラグはフラッシュオフの時と同じです。


フラッシュを「TTL-A」モードにしたときの様子。
A03
プリ発光してカメラ側で露出を判断し、フラッシュの発光時間を
制御するので、実際の露光まで時間遅れが発生。

フラッシュを「TTL-A」にして使うと、プリ発光による露出制御の
せいでレリーズタイムラグが遅れますよという実例でした。

※追記 フラッシュを「RCモード」(ワイヤレスリモコン撮影機能)
にすると、フラッシュ光で外部フラッシュの発光制御を行いますんで、
もうちょい遅れます。
その時の波形。
A04


※関連
OM-D E-M1 mark2のリモコンレリーズ製作
マイクアンプ回路図発掘

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

ROWAの互換バッテリー購入

2008年にやってきたオリンパスのE-520。
本体は満身創痍ですが、まだ元気。
撮影枚数を調べたら13万枚ほど。
ところがバッテリーがアウトに。
2つ体制で使ってきましたが、ライブビューするとすぐにバッテリー消耗警報がでるようになっちゃいました。
そこで・・・初めての互換バッテリー。
「ROWA」のを買ってみました。

A1_20200127111401

左がROWAで、右のがオリンパス純正。
この高さを測ってみると・・・・ROWAのが0.2mmほど低い。
だもんで、E-520電池室の出し入れがスムーズに。
(a)点のぽっちりだけがちょいと高く(0.1mmほど)なっていて、うまく電池室に収まります。
オリンパス純正の電池、カメラからの取り出しが窮屈だったんです。
「寿命でバッテリーが膨れてきたから?」じゃありません。
最初からちょっと窮屈めでした。

さてさて。
所持しているデジタルカメラ、現用品は3台。
リコーのGX100とオリンパスのOM-D E-M1mk2、そしてE-520。
それぞれのカメラで使っている電池の内部抵抗変化、こんな具合です。

Batr202001

内部抵抗の測定方法と関連記事


| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

OM-D E-M1 mark2のリモコンレリーズ製作

OM-D E-M1 mark2のリモコンレリーズ、ミノルタのリモコン「RC-1000」の電線を切って作ることにしました。

11_20191202100901

まずは、RC-1000の中身。
タッピングビスを2本外すと中が見えます。
12_20191202100901

さらに3本外すと、接点構造が現れます。
ダブルアクション機構を金属加工で実現しています。
13_20191202100901

14_20191202100901

白色線が「チップ」で全押し撮影。
赤色線が「リング」で半押し。

2.5mmステレオプラグにハンダ付け。
15_20191202100901

※左側に見えているのが文鎮:ハンダ付け補助ツール
 プラグの先端をはさんでいます。


| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

OM-D E-M1 mark2のリモコンレリーズ

7月末に購入したオリンパスのメラーレスデジタルカメラ・OM-D E-M1 mark2のリモコン端子はΦ2.5mmのステレオプラグが適合します。
その電気的メモを。

11_20191130123801

プラグ先端の「チップ」をGNDにつなぐと「全押し」で撮影。
中間リングが半押しでAFロック。
それぞれ、1.8V弱の電圧が出ています。
リング側の短絡電流が25uA。
チップ(撮影)が165uA。

有線リモコンを作るの、ダブルアクションのスイッチがどっかにあったかなぁ。



不幸なカメラを呼び寄せるチカラがあるのかも・・・
・純正リモコン「RM-CB2」  安価な互換品も。
DiMAGE7i リモコン
Caplio GX100用リモコンCA-1


スイッチ、発見に至らず・・・
もう使っていないリモコンを利用しようかと。
   ※先端を2.5mmステレオプラグに交換ということで

「E-520」といっしょに買った「RM-UC1」
21_20191130211501

先端はUSBプラグ(USB通信ケーブルと同じ)なんですが、ミニBでもマイクロBでも無し。
22_20191130211501

これを切って使うか、はたまたDiMAGE 7iといっしょに買った「RC-1000」
こっちを利用するか・・・
23_20191130211501

これは2mmピッチのコネクタ。
24_20191130211501

切って使うならミノルタのかな・・・


| | コメント (1)

2019年10月22日 (火)

やってしまった FL-600Rの根元が破損

日曜日の生野まつり、地車の撮影中にトラブル発生!

ひょんなから、猪飼野の地車の「屋根」に拉致されちゃったのです。
  ※ガレージ仲間の古っぴといっしょ。
私も古っぴも高い所苦手なのに・・・
初めて登らせてもらった地車の屋根。
撮ったことの無いアングルで撮影できたのですが・・・

01

13_20191022164501
   コリアタウン・御幸通りを西進中。
   通りを渡る電線が引っかかりそうな高さ。

地車、なにせ揺れます。 祝儀が出た時には急停止。
首から提げていたオリンパスのE-M1 mk2。
ホットシューにフラッシュFL-600Rを取り付けていたんですが、その根元の樹脂パーツがはずみでポキリ。
11_20191022164501

12_20191022164501

ロックレバーが開口部になっているんで、そこからのチカラで円周部が折れてしまったのでしょう。
カメラ側のシューは大丈夫でした。
オリンパスのサービス(阿波座という地名だけれど最寄り駅は本町)に持ち込んで、修理できるかどうか聞いてみます。
パーツを分けてもらえれば自力修理できそうなんですが・・・

接着での補修、ロックレバーの回転機構が同軸で動くんで、不可能かと・・・

E-520ではホットシュー部の樹脂パーツの断裂事故に遭遇しています。
・E-520修理完了
・E-520アクセサリシューにひび割れがぁぁぁ



※23日(水)、オリンパスの大阪サービスへ行ってきました。
   住所は阿波座だけど最寄り駅は四つ橋線の本町。
   地下鉄今里からだと、いがいと時間がかかる。
   乗り換えで歩くのがちょいとねぇ。
     今里筋線で緑橋で中央線乗り換え、中央線の
     本町駅から歩くのも遠い。
     難波駅乗り換えが、いちばん早いか。
修理見積もり税別1万円
フォトパスのスタンダード会員ということで、10%割引。
部品を取り寄せてからの作業で、できあがりは1週間後。

「取り替えたパーツが欲しい」と要望を伝えましたが、
『今はこちらで廃棄することになってる』ということで、残念。

E-520では、修理時にもらえた上部パーツがあったから自力修理
できたんですがしかたありません。
故障(接触不良)原因も推定できたし。

サービスでの話。
「フラッシュの根元、カメラのシューを壊さないためにフラッシュのほうが
 負けるように作ってある」
とのこと。

| | コメント (2)

2019年9月26日 (木)

カメラの連写性能を測る

7月にやってきたオリンパスのミラーレス「OM-D E-M1 markII」
アダプターを使うと旧来のフォーサーズのレンズが使えます。
ところが・・・
「C-AFモード:連続自動ピント合わせ」で連写すると、本来の連写速度(マイクロフォーサーズ規格のレンズを使った時)よりずいぶん遅くなってしまうというのです。
「S-AFモード」「連写H」(連写前にピントを合わせてフォーカス位置を固定)では差は出ないのですが、被写体の動きにピントを合わせて連写したい時、フォーサーズレンズだと遅くなるのです。
それを確かめるために、こんなの回路を引っ張り出してきました。
Photo_20190926104301
作ったのが2008年ですんで、
LUMIX DMC-L10がやってきた とか、
絞り具合によるレンズシャッターの速度変化 をうだうだ言ってた時期です。

カウンタにつながったLEDが全部で50コ。
最速が「0.1ミリ秒」で順次点灯。
最低速が「1秒」。 一巡するのに「10秒」。
このLEDの点滅を写せば、シャッター速度や連写速度がわかります。

※回路の注目点
・カウンタは10進出力の「74HC4017」。
・10コある出力にLEDをつなぎ順次点灯。
・これを5段接続。 LEDは合計50コ。
・クロックは「10kHz」。
・2.56MHzとか5.12MHz、10.24MHzの水晶があれば「10kHz」は「4060」で
 作れるが、この周波数の水晶、なかなか無い。
 だもんで、4MHzの水晶で動かすPICマイコンを使って10KHzパルスを発生。

E-M1mk2で写すとこんな感じ。
10_20190926105501

シャッター速度が「1/800秒」なので「1.25mS」。
シャッターが開いている間、1mSのLEDが2つか3つ点灯。
   (下から2段目、3つ点いている。 真ん中のが明るい)

そして1秒と1/10秒のLEDに注目すると、連写した時の連写速度がわかります。
撮った絵をつなぐとこんな具合。
11_20190926105901

「C-AF」での撮影、マイクロ・フォーサーズのレンズだと
「連射L」で20枚の撮影に2.46秒。
ということは、毎秒8.1枚。
「静音連射L」にすると、20枚で2.38秒になり、
毎秒8.4枚と少しだけ速度アップ。

フォーサーズのレンズだと、
連射Lで10枚の撮影に2.40秒。(毎秒4.2枚)
静音連射Lだと、10枚で1.86秒。(毎秒5.8枚)
という値になりました。
C-AFでの連写速度、半分ほどになってしまいます。

こんなことにしか使えないツールですが、カメラの動作確認にちょこっと役立ちます。

 

| | コメント (4)

2019年8月16日 (金)

ISO6400で写せるのがすごい

新しいカメラ「OM-D E-M1 mark2」。
フラッシュ無しで、ガレージの蛍光灯下で写せるのがすごい。
  ※被写体は「ペコ」。

まず・・・「鼻先」にピント。
11_20190816214601

「やっぱ、犬でも目やで!」っと。

12_20190816214601

もうちょいズームして「目」。
13_20190816214601

ISO6400でシャッター速度1/125秒。
レンズのF値4.0。
これまでのE-520では考えられない撮影条件です。

| | コメント (2)

2019年7月31日 (水)

不幸なカメラを呼び寄せるチカラがあるのかも・・・

念願叶って昨日やってきた
・ミラーレスデジタル:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

・ズームレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

21_20190731104701
ちょいとお高い買い物です。

「暗いとこでもピント合うで~」
「フォーカス早いしエエやん」などと昨晩一杯やりながら
試運転してましたところ・・・
30分ほど経過したら不審な挙動に。
撮影直後に画面がブラックアウトして操作不能。
電源スイッチをOFF→ONしないと復旧しません。
あれこれ状況を試してみると、メカシャッターを使わない
「静音モード」だと正常。
メカシャッターの振動が悪さをしているような感じです。
  ※価格.COMでうだうだ言ってます。
   →https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000029537/SortID=20568099/#22830077 オリンパスの阿波座サービスに持ちこむ予定。

※昨日(水曜日)、阿波座へ行ってきました。
大阪サービス、住所は阿波座ですけれど阿波座駅で降りたらエラい
遠いんでご注意を。
最寄り駅は四つ橋線の本町駅。
「シャッターメカ」を交換するとのこと。
できあがりは土曜日の朝。


※販売店からの申し入れで、今日の午前中に送られてきました。
ちゃんと直ったみたいです。
やっと写せる。


※不幸なカメラとの出会い・・・(リンクはちょっと待って)
・ミノルタ Dimage7i
   撮像素子のリコール  メインダイヤル折損
   修理失敗(レンズの組み付け不良)
・リコー GX100
   特定光源でのオートホワイトバランス不良
・パナソニック DMC-L10
   点滅光源下での露出不安定
・オリンパス E-520
   手ぶれ補正機構の誤作動
   モードダイヤルの接触不良

 

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

「LEDの劣化」と「蛍光灯やLED電球の点滅」

仕事場のHPスペースを使って、
  ・LEDの劣化
  ・蛍光灯やLED電球の点滅
を、まとめておきました。
ZAQのブログとHPの閉鎖騒ぎ後、きちんと復活していなかったページの一つです。
「LEDの劣化」には、LEDの長期間点灯での輝度変化を記録するのに使っているツールの制御プログラム(ソースファイル)をアップしてあります。
「蛍光灯やLED電球の点滅」では、残念ながら動画が復活できていません。
この動画の元データ、どっかにあるはずなんですが・・・
家のPCなのか、仕事場のPCの中なのか・・・
パナのデジ一「LUMIX DMC-L10」に関するトラブル遭遇記、この場所に復元しました。


| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

リン青銅製文鎮の写り具合は光源のせいだ!

リン青銅製文鎮(ハンダ付け補助ツール)の色、うまく写らないのは光源でした。
まず、ハンダ付け補助ツール:文鎮 …今回は男の「リン青銅」のこの写真、
24
オリンパスのE-520で外付けフラッシュを天井に向けて光らせて撮りました。
   (撮影場所はガレージ。 蛍光灯下)

そして、文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル 最後のリン青銅 本人が使おうかと・・・ の写真は、仕事場の蛍光灯照明の下、リコーのGX100でホワイトバランスは自動(AWB)。
それがこの写り↓
11_1
美しくありません。

で、GX100のホワイトバランスをあれこれ試したのがこれ。
どれも、↑と同じかよけいにひどくなってます。
21_1

そこで、「こりゃ照明やろ」っと、仕事場の外に持ち出して日光の下(日陰です)、GX100でのAWBで撮ってみました。

すると・・・
22

エエ色に写りました。
これだと「上等もん」に見えます。

リコーのGX100、2007年に買ってすぐ、こんなトラブルに見舞われています。

・リコーのデジタルカメラ「Caplio GX100」の自動ホワイトバランス異常

  ※結局、解決していません。


 

| | コメント (1)