2022年9月 6日 (火)

んっ? ボリュームの記号が! 

図書館へのリクエスト。
  ・工学社 I/O BOOKS Arduinoライブラリで作る電子工作

I11_20220906162801

工学社のI/O誌 はマイコン黎明期の購読書でした。
  えんえんと16進ダンプリストが載るように
  なってからは止めた・・・

図書館の蔵書検索、「Arduino」で検索して出てきた
新しい本(雑誌を除く)がこれ。
2021年11月の発行です。

どんなもんかな~っと、パラパラとページをめくりますと・・・
「なんだ、このつなぎ方は!?」という回路図に遭遇。

Ii2
Arduino NANOにGPSユニットと液晶表示モジュールを
つないで時計に仕立てようという記事です。

液晶4bitモードの話 は置いといて、
「初めて見たぞ!」というのがボリューム:可変抵抗の
つなぎ方です。

・拡大
Ii3
「R2 10KΩ」のスライダーへの結線、液晶の
コントラスト調節です。
   ほんとにこんな描き方ありなん? です。

初めて見ましたけど・・・

可変抵抗の記号

回路図CADなど、描画ツールの種類によっても、こんなつなぎ方も
ありなんでしょうか。(パーツのピンの問題)

※画像検索で
NOBのArduino日記! 20170303 可変抵抗の使い方
  次のページ  には 「 map(Val, 0, 1023, 0, 255); 」も出てくる


※巻末に著者さんの一覧がありました。
Ii4
二人目の方です。
https://www.solocamptouring.com/
いつでも正確な時計を自作。GPSからの情報を秒単位で表示します

※追記
常用している回路図エディタ:水魚堂さんのBSch3V
この部品ライブラリの可変抵抗器はこんな絵。

・VR2
見ての通りの2端子で斜め線からの
接続ピンは出ていません。
V1_20220907085301

・VR3
これで3端子接続。
V2_20220907085401
X=2,Y=3の大きさになっているので
2ピンのスライダーが中央からズレています。

・VR3C : 独自に作った部品
V3_20220907085601
X、Yとも2にして、スライダーを中央から
出しています。

「VR2」の斜め線からの線出し、いかがなもんでしょね。

※追記
仕事帰りに寄った(本の返却で)東成図書館の書架(分類番号549)で発見。
鈴木哲哉著「ボクの電子工作ノート」。
A11_20220907203301
2012年6月初版の本。

新JISの記号でやってます。
A13_20220907203401
探せばあれこれ出てきそう・・・
電子回路屋」さんのご意見、お待ちしています!



※発見
8080が動いた 2016年5月30日 作成者: vintagechips
  https://vintagechips.files.wordpress.com/2016/05/sbc80_cpu_sch_a.pdf
   回路図、DC12V出力の+12V出力DCコンの電圧調整VR

※追記
トランジスタ技術の最新号(2020年10月号)から
「回路図の描き方」という新連載が高知工科大学の
橘昌良さんを著者として始まったところです。
K2_20220908105901
http://www.ele.kochi-tech.ac.jp/tacibana/etc/analog-intro/resistor.html
http://www.ele.kochi-tech.ac.jp/tacibana/index.html#top-of-page
https://www.kochi-tech.ac.jp/profile/ja/tachibana-masayoshi.html
  上記の2冊の本、トラ技編集部に告げ口しておきました。


※ネットを探索
 fritzing
というツールを追いかけたら出てきました。
https://steemit.com/utopian-io/@rfece143/electronic-project-25-audio-volume-control-and-light-dimmer-using-potentiometer-and-arduino-uno

このページを辿ると・・・
F1_20220908152001

F2_20220908152001

「これがあたりまえだ」っということに
なっちゃう・・・困ったことです。

| | コメント (0)

2022年8月26日 (金)

『バーニング・ワイヤー 』

東成図書館の洋書小説コーナーで。

  バーニング・ワイヤー
    ジェフリー・ディーヴァー 著
    池田 真紀子 翻訳

Bb11_20220826094401

書架に納められた状態、まず背表紙のタイトルに惹かれて
手に取ってみたら表紙が「放電」。
こりゃ読まんわけにはまいりません。

「科学捜査官リンカーン・ライム・シリーズ」ということ
なんですが、シリーズを読んだような記憶がありません。
推理小説とか警察小説になるんかなぁっと思ってましたら、
ジャンルは「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 」だと。

本のお話しは面白かったです。
テンポもイイし。

表紙絵が「碍子と放電」。
犯人が使う凶器が「電気」なんです。

本の中には、アメリカでの送電に関する解説が出てきます。
 発電所→送電網 34万5千V
 送電変電所   →13万8千V
 地域変電所   →1万3千8百V
 末端      →120V/208V
と。

ただ、この本の記述でどうしても解せないことが・・・
『電気は目に見えない。
 走るスピードは時速1100万キロ。』

時速1100万キロって何?
光速は毎秒30万km
3600を乗じて、時速に直すと10億8000万km
1100万kmって・・・
「100倍」間違っている?
和訳の時、マイル、あるいはフィートとキロの換算で
おかしくなった?

真空ではなく電線だから短縮率が関係。
でも1/100はないぞっと。
原著がどんな記述になっているかですかなぁ。

 

| | コメント (0)

2022年8月19日 (金)

「戦地の図書館」

戦地の図書館
  モリー・グプティル・マニング著
  松尾 恭子訳
サブタイトルが「海を越えた一億四千万冊」。

B21_20220819104101

第二次世界大戦時の米軍、兵士のために大量の「本」を配ったという。
なかなか、こりゃスゴイ!という実話です。


| | コメント (0)

2022年8月14日 (日)

天文といえば誠文堂新光社でしょうか。「新版 月と暮らす。」

東成図書館の「天文学・宇宙科学」のコーナにあった書籍。
  ・藤井 旭著:新版 月と暮らす。

Cc2_20220814101701

サブタイトルが「月を知り、月のリズムで

この図書分類番号が「446」。
440」が「天文学・宇宙科学」のくくりで、
446」がずばり「」。

Cc1_20220814101701

著者、「藤井 旭」さん の文も読みやすいですし、的確な解説が楽しめます。

ページをめくりますと・・・出てました。
南半球での三日月(夕刻の)の見え方の解説が。
Cc3_20220814101701

左ページが南半球での写真。
右ページがいつも見慣れた北半球。

ついでだから、赤道での写真も欲しかった・・・。

| | コメント (2)

2022年8月12日 (金)

黒澤はゆま著『戦国ラン』

東成図書館、新刊本のコーナーで発見。

黒澤はゆま著『戦国ラン
   サブタイトルが「手柄は足にあり

B11_20220812134901

「ラン」は「乱」じゃなく「RUN」。 走ります。

なかなか面白い。
その現場が、知っている場所だと興味も倍増。

本では、この5つの現場を検証されています。
 ・大坂夏の陣
 ・本能寺の変
 ・石山合戦
 ・桶狭間の戦い
 ・川中島の合戦

本の締めで、
 「大坂夏の陣前後の家康の移動距離は尋常ではない。」と。
徳川家康が走りに走り回ったことを積算されています。
 ・5月5日  約30km 二条城→星田
 ・5月6日  約18km 星田→千塚
 ・5月7日  約16km 決戦当日 真田信繁に追い回される
 ・5月8日  約50km 京都二条城に帰還
    合計 約114km
    馬を使ったにしても73歳の家康、スゴイと。

集英社の内容紹介

 

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

シャーリー・マークソン著 『新型コロナはどこから来たのか』

一気読み!

シャーリー・マークソン著 『新型コロナはどこから来たのか

Ww11

サブタイトルが「国際情勢と科学的見地から探るウイルスの起源

COVID-19の起源を徹底検証。
「SARS-CoV-2」と名前が付く前からの論文などを追跡。
関係者取材もさまざまな。
武漢ウイルス研究所からの流出を、状況証拠から追い詰めます。

たまたま・・・ いろんなスカタンが重なってしまって
決定的な証拠は消されてしまったと。
  WHOの事務局長があかんやつ。
  アメリカ大統領もすかたん。
  アメリカの関係機関から武漢研究所とつながりの
  あるところに資金が出ていた。
などなど・・・

研究所からの流出説は陰謀だという話が広がってますが、
それは中国共産党の戦略だと一刀両断。

「21世紀になって、人類はなにをしてんねん?」という
残念な思いが込み上げてきます。

※裏表紙
Ww12

※要望
・時系列の表。
  記事はほぼ時間の流れに沿って進みます。
  例えば・・その時点の患者数の表とか
  感染が拡大していく様子を示す世界地図が
  欲しかった。
   ※元本は2021年の出版。
    日本では2022年4月。
・地図
  武漢は中国のどこ?
  研究所と市場の距離は?
  コウモリの洞窟はどこ?
・人物相関図
  研究者、政治家、記者などなど。
  悪者はこいつだ!的に。


| | コメント (0)

2022年7月28日 (木)

サイモン・ウィンチェスター著 『精密への果てなき道』

「精密」つながりで、いつものように図書館から。

サイモン・ウィンチェスター著 
   精密への果てなき道

   521

サブタイトルが「シリンダーからナノメートルEUVチップへ」

興味深いお話しがいっぱい。
先日の
  ・クリス・エヴァンス著『精密の歴史』
より、ずっと読みやすいです。
翻訳の違いなのかなぁ。


大阪市立図書館の検索機能で翻訳者の「梶山あゆみ」さんを
探しますと、以下の図書が出てきます。
すでに読んでる本がいくつかありした。
[27]の2012年08月24日:『冥王星を殺したのは私です』
  ※これは、長男が買ってきた本。 むちゃ面白かった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[1] 脳の地図を書き換える -神経科学の冒険-
[2] がんは裏切る細胞である -進化生物学から治療戦略へ-
[3] 漫画サピエンス全史 文明の正体編
[4] 人類の歴史をつくった17の大発見 -先史時代の名もなき天才たち-
[5] 囚われし者たちの国 -世界の刑務所に正義を訪ねて-
[6] LIFESPAN -老いなき世界-
[7] 生物はなぜ誕生したのか -生命の起源と進化の最新科学-
[8] 人類の意識を変えた20世紀 -アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで-
[9] 精密への果てなき道 -シリンダーからナノメートルEUVチップへ-
[10] 10億分の1を乗りこえた少年と科学者たち -世界初のパーソナルゲノム医療はこうして実現した-
[11] とんでもない死に方の科学 -もし●●したら、あなたはこう死ぬ-
[12] サイモン、船に乗る∥
[13] 偉人たちのあんまりな死に方 -ツタンカーメンからアインシュタインまで-
[14] アルカイダから古文書を守った図書館員
[15] 私が虫を食べるわけ∥
[16] 生物はなぜ誕生したのか -生命の起源と進化の最新科学-
[17] 自然界の秘められたデザイン -雪の結晶はなぜ六角形なのか?-
[18] オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 1 2つの世界大戦と原爆投下
[19] 原爆を盗め! -史上最も恐ろしい爆弾はこうしてつくられた-
[20] 新しいワインの科学
[21] 宇宙 -最新画像で見るそのすべて-
[22] 偉人は死ぬのも楽じゃない
[23] はじめての生きもの図鑑 -昆虫 魚 鳥 ほにゅう類 はちゅう類 両生類-
[24] おっぱいの科学
[25] オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 1 2つの世界大戦と原爆投下
[26] 放射能を基本から知るためのキーワード84
[27] 冥王星を殺したのは私です
[28] こども大図鑑宇宙
[29] ハキリアリ -農業を営む奇跡の生物-(ポピュラーサイエンス)
[30] デタラメ健康科学 -代替療法・製薬産業・メディアのウソ-
[31] ナノ・スケール生物の世界
[32] 自然界の秘められたデザイン -雪の結晶はなぜ六角形なのか?-
[33] 宇宙 -最新画像で見るそのすべて-
[34] 「声」の秘密
[35] ワインの科学
[36] この6つのおかげでヒトは進化した -つま先、親指、のど、笑い、涙、キス-
[37] 外食の天才が教える発想の魔術
[38] 自分の体で実験したい -命がけの科学者列伝-
[39] 「左利き」は天才? -利き手をめぐる脳と進化の謎-
[40] 脳のなかの倫理 -脳倫理学序説-
[41] ウナギのふしぎ -驚き!世界の鰻食文化-
[42] 感染症との闘い(科学の最前線 3)
[43] 小さな塵の大きな不思議
[44] ヒトラーに盗まれた第三帝国
[45] アメリカ短編小説傑作選 2000(アメリカ文芸<年間>傑作選)
[46] アメリカエッセイ傑作選 2000(アメリカ文芸<年間>傑作選)
[47] アメリカミステリ傑作選 2000(アメリカ文芸<年間>傑作選)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回の本では、「ほんまに?」「知らんかったわ」の案件も。
ハッブル・ピンボケ望遠鏡の話、そのコラムで紹介されていました。

写真撮影での「ボケ」とか「ボケ味」
  ※どちらかというとレンズの評価でしょうか。
この日本語の言葉が世界語になってるんですな。

※参
  ・写真の"ボケ"は世界の共通語。英語で"Bokeh"と書いてボケと読む


| | コメント (1)

2022年7月26日 (火)

勝目 純也 著 『日本海軍潜水艦戦記』

いつものように図書館で。
イカロス出版
  勝目 純也 著
    『日本海軍潜水艦戦記』
サブタイトルが
  「明治から昭和への40年間- 241隻の戦い」

12_2022072615300113_20220726153001
かなり悲惨です。
「負け」の原因・・・きっと・・・
   『コード・ガールズ』
による暗号解読が関わっています。

例えば・・・
   ・ナ散開線の悲劇
   ・護衛駆逐艦イングランド

p.118 「規則正しい散開線が招いた惨事」
14_20220726153001
索敵のため並んでいた潜水艦が芋づる式に。
「レーダー」のせいもあるでしょうが、こりゃ「暗号解読」でしょうなぁ。

著者の 勝目純也さん 潜水艦の本をあれこれと
著しておられます。


| | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

クリス・エヴァンス著『精密の歴史』

2022年7月10日:百均屋さんの紫外線LEDランプ

での、「どうやったら紫外線LEDの波長を測れるか?」
絡みで「回折格子」や「分光器」を図書館の書籍検索で
探していたら、こんな本が見つかりました。

クリス・エヴァンス著
  翻訳:橋本 洋、上野 滋
    『精密の歴史
サブタイトルが
  「人間はいかに精度をつくってきたか
Cc1_20220721144801

1993年発行の少し古い本ですが、18~19世紀、20世紀初頭の
科学人がたくさん出てきます。
回折格子に関しては、
  フラウンフォーファー
  フレネル
  ラザフォード
  マイケルソン
  モーリー
   :
図や写真もそこそこあるのですが、その解説がわからない。
回折格子を「掘る」機械(【刻線装置】と呼ばれてます)
この機械、装置の動きが文章だけでは想像できないのです。
面白いんですが、ちょっと残念。

| | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

木村哲人著「真空管の伝説」と「テロ爆弾の系譜」

図書館の書籍検索で「真空管」を探していて見つけた本です。
  ・木村哲人 真空管の伝説
Bb0

真空管の技術解説じゃなく、著者さんの記憶(録音技師さん)と
真空管とその回りの歴史を語っておられます。


そして、同じ著者さんつながりで見つけた本がこれ。

  ・木村哲人 テロ爆弾の系譜

Bb1_20220719113601
サブタイトルが「バクダン製造者の告白 」。

これはアカん本です。
  しかし、時代背景も面白い。
主題は「自作爆弾の研究」です。
まぁ、真似できないようには書かれていますが・・・

奥付を見ますと、著者さん、2004年にご逝去されて
いました。 合掌。
Bb2_20220719113601

| | コメント (0)

より以前の記事一覧