2021年11月 2日 (火)

BLUE BACKS 『時計の科学』に中波AM電波時計の解説

セイコーの中波を使った電波時計「TD402」、この修理の
ために作ったのがこれらのツール。
 ・中波振幅変調電波発生回路 いわゆるAMワイヤレスマイク
 ・時報発生回路 【Pu Pu Pu Pi~】

今日の昼、図書館で借りてきた本に、この時計の由来が解説され
ていました。
織田一郎著 BLUE BACKS『時計の科学
サブタイトルが「人と時間の5000年の歴史」

61_20211102155101

第5章 超高精度時計と未来
このp190に修理した電波時計のことが記されていまし
たのでかいつまんで。

・精工舎が開発。1963年に発売。
・時計に内蔵されたトランジスタラジオでNHK第一放送の
 時報音を捉えて機械的に指針を修正する。
・朝夕7時の1分半前にラジオの電源をオンして受信を開始
   ↓
 時報音の880Hzを検出
   ↓
 修正機構駆動回路に電流を流す
   ↓
 修正機構が作動して針を7時の位置に修正
   ↓
 1分半経過でラジオの電源をオフ

・このように、朝夕2回、補正作業が行われる。
・秒針が無い2針式なのでシンプルな構造。
・誤差量に関係なく「針を7時00分の正位置に戻す」
 という操作で、作業は単純。
・NHKに限定されたのは、民放の時報が統一されていな
 かったため。

このようなことが、書かれていました。


※時計関連の過去記事
2021年6月10日: 広角度指示計ふうにステッピングモータで時計を
2021年2月 8日:「からくり時計」出窓のアトラクションに
2019年10月 9日 : 大物は机に乗りません
2008年04月17日: CQ出版から来た電波時計
2008年01月03日: 日時計
2008年08月22日: 7seg LED目覚まし時計復活


| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

古紙回収で『日本船舶無線電信局局名録』

昨晩、水道屋・亀ちゃんが「古紙回収にこんな本が混ざってた」っと。
1965年版、日本船舶無線電信局局名録

21_20211020090201
500ページほどの本です。
「海栄丸・無線部」のハンコが押されているんで、
実際に船で使われていた本なのでしょう。
22_20211020090201
 最初のほう、10ページには「海岸局配置図」。
24_20211020090201
広告ページには「JRC」の受信機。
25_20211020090201
そして、アマチュア無線をやってるだけでは知り得なかった
コールサインの秘密。
現在のアマチュア局のコールサイン、その先頭は・・・
JA1AAが庄野さん(sk)、JA3AAが島さん(sk)。 と。

で、船舶局の先頭は?
それがこの本に載ってました。
  JAAA  第1清寿丸 1175t 漁

JAABが抜けて、JAAC、JAAD、JAAH・・・と続きます。

船名からコールサインを引くこともできます。
  宗谷 JDOX ジユンシセンソウヤ
        2734t 海上保安庁 巡

この本に押されていたハンコの「海栄丸」を
探すと・・・
  海栄丸 JNOU カイエイマル
         44000t ジャパンライン 油
その直上には、
  海王丸 JFPC ウンユシヨウカイオウマル
         2284t 運輸省航海訓練所 練

「JAAA」の載ったページ
26_20211020090201

「宗谷」の載ったページ
27_20211020090201

この本、どなたかいりませんか?
  (捨ててしまうのはもったいないような)
厚み制限の無いレターパック・プラスでお送りできます。
  (運賃とお駄賃はいつものようにビール券で)


※海岸局JOC
スキャナーがやってきた:JOC 落石無線電信局
跡地を1983年に訪問してます。


※追記 摩周丸(初代)のコールサインが載ったページ
A11_20211021141501
ほとんどが青函航路。
内海で距離も短い「宇高連絡船」には「電信」って
なかったのでしょうね。


※追記 JA3RMRさんから、JOCやJCSの話が出たんで、
短波海岸局のページです。
00
そして、無線電報料金表がありました。
02_20211023161301
旧ブログで、アンテナの写真をアップした
   2008年06月02日:NDB RK 340kHz
も、航空無線標識局配置図に出ていました。
01_20211023161501

もう一つ(これで最後か)
沖縄返還が1972年。 この本の1965年はまだ「日本」じゃない。
そこで、琉球船籍の一覧ページを見ると・・・
コールサインの頭が「K」になっていました。
03_20211023161701

ここでも新たな疑問が。 日本の船もなんですが、
「伝送上の名称」に「xxxマル」となっている船だけじゃなく
「xxxマルタク」というのが見られるのです。
この「タク」っていったい何?





| | コメント (12)

2021年9月22日 (水)

大阪市立図書館の蔵書検索で

21世紀も1/5を過ぎましたが・・・
「昔はどうしてたんだろ?」っと考えるのが、検索
図書館の本に限らず、検索システムが無い世の中って
もう考えられません。
それでもたまに「お笑い検索」に遭遇します。

この前の失敗は、検索に著者さんの名を入れたつもりが、
場所を間違えてタイトルのほうに名前を入力してしまっ
ていたという事態。

検索したかったのは、
 東京創元社のSF短編集
   この地獄の片隅に:パワードスーツSF傑作選

D11_20210922150801

この本の中に
  アーマーの恋の物語 = デヴィッド・バー・カートリー著
という短編があったのです。
その著者さんが他にどんな本を書いておられるのかと、
大阪市立図書館の蔵書検索で確かめてみました。

その時に上のような失敗が発生。
さらに、著者さんの名の後ろ側だけを入れたもんだから
余計におかしくなっちゃいました。

こんな入力窓です。
D12_20210922150801

著者名じゃなくタイトルに入力しています。
出てきた検索結果がこの3冊。

[1] 七十歳で挑戦した三馬鹿トリオの
  アメリカ大陸横断10,000キロの旅
  (角川地球人BOOKS)∥福島 昻/文∥角川学芸出版∥
  2007.2∥295.3◇295.3◇295.3
[2] 花田清輝全集 第15巻
  ∥花田 清輝/著∥講談社∥
  1978.11∥918.6◇918.6◇918.68
[3] 馬鹿と利巧∥菅原 通済/[ほか]著∥
  明玄書房∥1959∥Eスカ◇999/Eスカハ

バー・カートリーさんとのつながり、分かりますか?
本のタイトルの中から、
 [1]:三馬鹿トリオ : サン = バカトリ = オ
 [3]:馬鹿と利巧  : バカトリ = コウ

[2]が不明だったのですが、内容紹介で該当部を発見。
   バカと利口  : バカトリ = コウ

ということで、図書館に検索エンジン、ちゃんと働いて
おりました。

本来の検索結果はこの2冊。

[1] この地獄の片隅に -パワードスーツSF傑作選-
  (創元SF文庫 SFン10-2)∥アレステア・レナルズ/[ほか著]∥
  東京創元社∥2021.3∥N◇933/N◇933.78
[2] スタートボタンを押してください -ゲームSF傑作選-
  (創元SF文庫 SFン10-1)∥ケン・リュウ/[ほか著]∥
  東京創元社∥2018.3∥N◇933/N◇933.78

いずれも短編集。
[2]の本をリクエスト。

| | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

【コリンズ物語】

先日の「現代新・真空管技術事典」の著者、海老澤徹さん
つながりで借りてきました。

  コリンズ物語
The Story of Collins Radio Equipments
無線通信機のプレステージ

51_20210830085401

この本はさすがにCQ出版
2006年9月1日初版発行となってます。
税別4,200円。

写真、図も多いし、PTOの構造(回路図あり)や
メカフィルの構造が興味深いです。
ダイヤル部の構造解説も面白い。


昔々・・・ローカル局がR-388だったか(受信機)を持ってまして、
それで聞かせてもらったAMの短波放送が「美し」かった。

| | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

「現代新・真空管技術事典」

海老澤徹 著 「現代新・真空管技術事典」
  サブタイトルが「真空管が現代科学の礎をつくった!」

11_20210827084001

またまた図書館で。
なかなか面白いです。
さすがの誠文堂新光社、この手の本まとめ方は
ウマいです。
  リクエスト的には、真空管の製造工程、製造工場
  の話が欲しかった。
  最初のページで「真空の作り方」を解説してたん
  だから。

※過去記事
2006年06月26日:「真空管79年の歩み」
   これも誠文堂新光社

| | コメント (1)

2021年8月25日 (水)

『電柱マニア』

東成図書館で。
  『電柱マニア』 オーム社 編 須賀 亮行 著

01_20210825174901

これは面白い! そして勉強になります。

図書分類コードが544。
  電気工学の「送電. 変電. 配電」。
微妙に違うようにも思いますが・・・。
「路上観察」はどう分類すれば。

この本↓にも通じるものが。
2019年6月13日:『我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか』
これのコードが「759」で「芸術、工芸、人形・玩具」。


| | コメント (1)

『防災のやってはいけない』 感電ブレーカー!?

防災のやってはいけない
  青春新書プレイブックス 2020年2月13日 第1刷

11_20210825133101

東成図書館で借りてきた本。
Q&A形式で防災についてのあれこれを解説。
その中で・・・
  「逃げるときはブレーカーを落とす
通電火災のお話しです。
ところが、最後のところで痛恨の校正ミス。
 『自動的に電気の供給を止める
  「感電ブレーカー」もあり・・・』

感電してどうするねんっと。

23_20210825133101

感電」と「感震」、字面は似てますけど、普通に読めば分かるでしょ。

昔々、
電撃」と「雷撃」をミスしてるのもあったなぁ。
  この時の雷はカミナリじゃなく魚雷の雷で。

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

トラ技9月号に掲載

トラ技の9月号に記事が掲載されます。
   さっき著者校正をメールしたとこ。

8月号の次号予告ページを見ると・・・
011_20210723111001

「サンワ」のデジタルテスターが2台写っています。
これ、私のところの・・・
しかし、これを使った記事は紙数の関係でボツに。
  (次の機会にということに)
電流検出アンプを使った電流測定絡みの記事が載ります。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

「68000プログラマーズハンドブック」と「68000サブルーチンズ」

仕事場の段ボール箱(古い書籍を放り込んであった)から発掘。
51_20210410204901
両方とも1986年の本。  (初版に第一刷でした)

68000サブルーチンズ
  L.A. レーベンタール , F. コーデス (著)
   小沢 勉 (翻訳)

68000プログラマーズハンドブック
  宍倉 幸則 (著)

どなたかいりますか?
  送料を負担してもらえれば無料です。

「68000」を仕事で使っていたときの参考書でした。
当時のツールはCP/M-80。
クロスアセンブラで。
ターゲットとなる基板上で自作のモニターツールを走らせ、
RS-232CでSレコードファイルをアップロードしてRUN。
ハード的なスイッチでブレーク(割り込み)させて
レジスタやメモリーをダンプさせてデバッグしてました。

VMEバスのCPUボードやI/Oなど、あれこれ使いました。
HP-IB」で「HPのミニコン」と通信したことも。
  HPの製品相手なんで「GP-IBじゃないぞ」っとなんて
  言ってました。
こちらの相手となるHPのミニコン、そこで走ってるプログラムは
FORTRAN
そのI/O回り(プリンタ、プロッタ、HDDなど)はみんなHP-IB。
こちらの68000CPU、そのバスに参加させてもらってデータをやりとり。
  さすがにHDDといっしょになるのは×なんで別のラインで



| | コメント (3)

2020年12月 1日 (火)

「ガリレオ」と「望遠鏡」本3冊

東成図書館にあったのがこの2冊。
61

これ↑を読んでからリクエストしたのがこれ↓。
62

伊藤 和行著:ガリレオ-望遠鏡が発見した宇宙

ガリレオ -はじめて「宇宙」を見た男
 (ジャン・ピエール・モーリ著)

望遠鏡400年物語 大望遠鏡に魅せられた男達
 (フレッド・ワトソン 著)


ガリレオの望遠鏡、再現されている方がおられます。
   ガリレオ式望遠鏡で検索
むちゃ狭い視野角。
赤道儀じゃ無いし、よく見られたもんだと。

大人の科学 の付録になっていた。
  ・・・当時の狭い視野を追体験 っと。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧