地域防災リーダー

2017年10月26日 (木)

防災情報メール

台風接近中の22日の晩、
携帯電話(ガラケーです)にあれこれ防災情報の
メールが入っていました。

強制的に入ってくるのが「エリアメール」。
19時53分に着信した大阪市からのがこれ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
避難準備・高齢者等避難開始
こちらは大阪市役所です。
次の地域で避難準備・高齢者
等避難開始を発令しました。
大和川の水位が上昇。避難に
時間がかかる方は、丈夫な建
物の3階以上や避難所へ避難
してください。
東住吉区:公園南矢田、住道矢田、
照ヶ丘矢田、矢田、湯里
(大阪市)
~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の携帯(ドコモ)などには届いたのですが、
ガレージにいた一人の携帯には入ってこず。
同文面のメールが入ったのは、1時間ほどし
てから。
  『今頃来たで~』っと。

上の文章、何がまずいか考えると・・・
発表日時の記述が本文内にありません。
送った人は、メールの着信日時で事足りると
考えたのでしょうね。

しかし、22時08分着の「大阪防災ネット」からの
メールは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下の地区で避難勧告が発令されま
した。
災害名称 :20171021風水害(T21)
発表日時 :2017/10/22 21:55
対象地区 :住之江区・住吉区・
      東住吉区・平野区の一部
区分   :勧告
~~~~~~~~~~~~~~~~~

日時、場所が簡潔にまとめられています。
これに欲しいのは、もうちょい詳しい状況解説。

それと・・・
この手の情報は、「です・ます」の丁寧文じゃなく
ても良いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

「もあい結び」?

日曜日、昼前の「地域防災リーダー講習会」、
中川のメンバーは「ロープワーク」だったそうな。
女房・智ちゃんも防災リーダーなんで参加。

  ※私は町会長ということで、防災リーダ-
   との兼務は無理(エラいことが起きた時、
   地域全体と町会内を見守ることが相反
   するので、中川では町会長になったら
   防災リーダーをやめるというのがルール)
   というこで、OB扱い。

で、日曜夕刻、私と智ちゃんとの会話。

智:「もあい結び」ってどんな字を書くのん?
私:「モアイ」ってイースター島の「あれ」?
智:「も合」かなっと? どんな字?
私:「もやう」という言葉があるんやで。
  船をつなぎ止めるっていう意味。
  せやから「もやい結び」
  漢字もあるやろ。 →調べたら「舫」

ということで、今後、「もやい結び」という言葉が
でるたびにが「モアイ像」が頭の中に浮かぶことで
しょう。

  ※写真はWikipediaより

A1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

2月26日、地域の防災訓練

2月26日朝、地域の防災・安否確認訓練。

この訓練の終了間際の時刻、近所で火災が発生。
訓練中のご近所の方々が消防、警察に通報。
近隣の方々への報知と避難誘導。
2軒が燃えたがけが人は無し。
ただ、2階からの出火だったんで、住民による初期
消火はできず。
煙に気が付いたら、窓から炎が噴き出たと。

また、別の町会では、この安否確認訓練のさい、
「あの人のところ、無事のハンカチ出てへんな」
「訓練にはいつも参加しはんのに」と、ご近所の
方が確かめに訪れたら、お家で亡くなっていた、
てな事件も発生。

訓練が実地になってしまった・・・

これが2月26日。
で、この前の日曜日(3月12日)、ガレージご近所の
おばちゃん(80歳独り住まい)のことで大騒ぎ。

・状況1
  前日の土曜日早朝、私がおばちゃんちの玄関横
  ポストに回覧板を投入。
・状況2
  日曜日の朝、おばちゃんちの前を通ると、前日に
  入れた回覧板がそのままになっていて、その時には
  無かった郵便物がポストに入っている。
  そして、ポストからはみ出た朝刊が風で飛んで
  おばちゃんちの玄関前に散らばっている。
・状況3
  ということは、土曜日朝からまる一日、おばちゃんは
  外に出ていない。
  どこか、出かけているのか・・・?
・状況4
  おばちゃんちの横に回って、耳をすますとテレビの
  音が聞こえてくる。
  ということは、おばちゃん家にいてる。
  動けないのか? 倒れているのか?
・状況5
  玄関は施錠されていたので、戸をドンドンしながら
  「おばちゃん~ おばちゃん~」っと、呼びかける
  (私の声、たいがい大きいです)けど反応なし。
・状況6
  こらあかん。っと携帯電話「119」。
  訓練では無い『火事ですか救急ですか?』に応答するのは
  久しぶり。
  状況を説明すると『レスキューを出動させます』っと。
・状況7
  しばらくすると、レスキュー、救急車、パトカーが到着。
  レスキュー隊員が横の窓から侵入すべく準備していたら、
  おばちゃんちの中から反応が!
・状況8
  おばちゃん、自分で玄関戸を開けて「どないしたん」
  「えらい騒がしいやん」っと元気な顔。
・状況9
  ということで、おばちゃん、無事でした。
  消防、警察も「よかった、よかった」と解散。

2週間前の訓練で孤独死発見があっただけに、どうなるか
とひやひやものでした。
いやほんま、無事でなによりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

災害時の公衆電話・・・今は?

仕事場の近所のファミマ、入り口横にあった
「公衆電話機」が使用中止になってました。
利用者がいないためなのか?

21

神戸の地震の時、発災直後の通信手段は
公衆電話が頼りでした。
今はどうなんでしょ。
携帯電話網はちゃんとしてるのかな?
家電話にしても、回線が光ファイバーや
同軸ケーブルで来てたりすると、端末を動
かすための100Vがなけりゃ通話できませ
んのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)