地域防災リーダー

2018年9月21日 (金)

伊勢湾台風なのか第2室戸台風なのか?

2015年のこの記事→平野川氾濫
I2

この写真の水つかりが、伊勢湾台風なのか第2室戸台風なのか
どっち?という疑問が出てきました。

中川1丁目(昔の猪飼野東1丁目)の川瀬さん(中川まち協理事長)が
写っているこの写真。
伊勢湾台風(昭和34年)なのか第2室戸台風(昭和36年)、どっちなん
だろうという話です。

この写真を頂戴してしばらくして後、「これは伊勢湾台風」っという
情報が届いたのです。
ところが・・・
「伊勢湾台風では大阪市での浸水被害の記録が残っていない」
なんてことになりまして、第2室戸じゃないかという意見が出てきたの
です。

チビだった私の記憶の中にも、伊勢湾と第2室戸、両台風での
「水つかり」が残っています。

はてさて。
伊勢湾台風で平野川があふれたのかどうか・・・
   ※第2室戸では確実に水つかりがありました。

ネットの情報では、詳細不明です。
  ※
生野区の浸水被害、第2室戸でも出てない図が
    検索結果に出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

「建設事故II」 …死が突然に

またまた図書館で借りてきた本。
日経コンストラクションの「建設事故II」

サブタイトルが、「身近に潜む現場の事故72例」。

11

怖いです。
機材や工事対象物が壊れるだけで死傷者ゼロの事故もありますが・・・
ケガ人、死人が出た事故も含まれます。
   落ちたり、埋まったり、潰されたり・・・
多くが仕事中の労災事故。  合掌
事故の背景がきっちり描かれていて、その後の対策まで書かれている事例もあります。

死亡例だとこんなのも。  記憶にあります。
  ・大蔵海岸/人工海浜が陥没して少女が死亡
先日も、クレーンの転倒事故 がありました。
私の本業とは分野違いですが、むちゃ興味深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

「水害時避難ビル」

明日の晩は「中川防災マップ第二版」制作のための防災勉強会。
第二版として、どんな防災マップを作っていったらよいだろかという、意見交換会からスタートします。
そんな中、ちょいと問題の看板が小学校校門横にあります。

20

この写真は、以前からのもの。
「災害時避難所」の看板です。

現在、その横にこんなのが追加されています。
21

「水害時避難ビル」の案内です。

問題なのが『避難可能時間「24時間」』という文。

・24時間、誰が対応するねん?
・鍵、あいてへんし

・校庭に入る鍵は地域の関係者が持ってるけど、上階へ
 の門扉を開けるにはセコムを解除せなあかんわけで。
・水害やと、運動場はアウトやろし、体育館も1階レベルなんで、
 水きよるで。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

新しい防災マップ作りを

ちょっとメモを置いておきます。

地域で何度も勉強会を開き、「中川」の防災マップを作ってもう9年が経過。

この時のマップ作りは「地震」を中心に考えての対応でした。
本年度、新マップ製作の話(予算+勉強会)が役所から来ているんですが、今回は地震だけじゃなく「風水害」への対応を考えなくちゃならないようです。

生野区の場合、「平野川(ひらのがわ)」と「平野川分水路」、二つの川が区内を南北に流れています。
このページ↓「大阪市:水害ハザードマップ(生野区) (…>災害に備える>ハザードマップ)」

には、
 ・寝屋川・第二寝屋川・平野川・平野川分水路が氾濫した場合
 ・内水氾濫した場合
 ・大和川が氾濫した場合
の3パターンが示されています。

生野区の西側には「上町台地」の続きがあって、西と東で10mくらいの標高差があります。
だもんで、東側が浸水に弱くなっています。
  ※古代平野川の氾濫原が広がっていた。

内水氾濫では、生野区の西にある天王寺区あたり(高台だ)に降った雨が、生野区西側に地域に流れ込んで来るという現象が起こります。
「内水氾濫した場合」の地図を見ると、鶴橋駅東側(平野川と記された紫色)と桃谷駅の東側(昔、猫間川があった)に流れてきます。

  ※何年か前の大雨で実際にこの現象が発生。紫あたりが床上浸水。

生野区の場合、水害原因のラスボスは大和川。

  ※市域北部は淀川だけど

大和川からあふれた水が南側から押し寄せてきます。

「国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所 | 防災情報 | 洪水浸水想定区域図」

これを見ると、大和川氾濫の全体像が見えてきます。

ざっとこんな状況かな。
・大和川右岸(北側)の東住吉区、平野区、八尾市であふれた水がより低地の生野区と東成区、城東区南部に押し寄せてくる。
・左岸南側の松原市は、徐々に標高が高くなっているので、水があふれるのは大阪市側。
・城東区を東西に流れる第二寝屋川で遮断されて、それより北には行かない。
・でも、大和川がアウトになるくらいの雨なら淀川もヤバいわけで、大阪市内、上町台地以外は沈没か。

このあたりは、「大阪市標高地形図」↓を見ればわかりやすいかと。

そして、風水害の場合、避難指示が出ても「今となってはもう逃げられへんやん」という課題が・・・
 ・避難準備 ・避難勧告 ・避難指示
が順に発せられます。
しかし、同じ生野区内でも地域によりずいぶん差が出てきます。
家屋の一階だけじゃなく二階まで水没するかもという地域が示されていますが、生野区役所のある御勝山周辺だと大和川氾濫でも大丈夫。
「避難指示… なにそれ?」でしょうし、高層マンションなら水没の心配はありません。
  (下層にある電気室など設備系がアウトになると別の問題が)

洪水、浸水に関しては、避難指示が出ても
 ・逃げるべき学校や地域集会所そのものがアウトになるかも
 ・避難する道中が水没してたどり着けない
 ・夜間だったり台風だったりすると避難行為そのものが危険
ということで、立ち往生しちゃいます。

市が示す3パターンの想定図への対応、例えば、
 ・想定図の色分け区分で避難勧告、避難指示などを変える。
   「赤色のところは今のうちに逃げて!」とか
   「黄色の場所、もう手遅れだから、できるだけ高い所に!」
 ・学校などの避難所がアウトになりそうなら、近所の高層建築物や堅牢な建物を一時避難場所に。
    ※管理する人のいない夜間はどうするねんという課題
てなところでしょうか。

このあたり、新しいマップにどう反映させたら良いか、地域としてどのように防災計画をまとめたら良いか悩みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

「日吉ダム」がんばった

日吉ダム の緊急放流を見て、
『桂川の下流がたいへんなのに放水するとは、悪の所業』
なんて意見を出す人がいてます。
   非常放流の様子↓
・https://matomame.jp/user/bohetiku/2685974ceaa30f142259

でも、「日吉ダム」、がんばったと思う
  ・・・ダムを責めるのはかわいそうかと。
グラフは5日の昼から7日朝までの状況。

K11
(クリックで拡大↑)

色線がダムに溜まった水の水位(単位はメートルで水面の標高)
がダムに入り込む水の量(単位は毎秒あたりの立方メートル=トンで略します)
がダムが放流(下流に流す)した量。

5日の昼過ぎから流入量が増加。
毎秒1000トンが昼過ぎのピーク。
そして、毎秒1250トンが夜中のピーク。
このときはダムに余裕があったんで、毎秒150トンしか放流してません。
つまり、綠線と黒線の差の分の水が、ダムに溜まっているわけで、貯水位がどんどん上がっていきます。

ところが6日の夜明け前。
貯水位が200mを超えたので、放流量を増やしてます。
201mがこのダムの限界。
しかし、昼過ぎになるとこれを超えます。。
ダムを守るため、ほぼ流入量の水を流している様子がグラフから読み取れます。
クレストゲートを開いて緊急放流している写真はこの時のもの。

しかし、左側の数字の細かい所を見ると、流入が増加している間は、流入量以上には流していません。
ギリギリでもダムに貯めています。
貯水位のピークである6日18時を見ると、流入=949.27、放流=907.08。
その差、毎秒42トンは、もうあふれそうなダムにまだ貯めているのです。
放流のほうがが大きくなるのは、流入が減ってから。

  ※小学校の25メートルプールでざっと水量250トン。
   毎秒1000トンの水ということはプール4ハイを1秒で満タンに。

テレビで「あふれそう」を映される嵐山の渡月橋。
この上流に日吉ダムがあるわけなんですが、ダムと渡月橋の途中に流入する河川がいくつもあるのです。
  ※清滝川、園部川など
だもんで、日吉ダムだけの頑張りでは桂川の洪水を防げません。
それだけに、ギリギリまで放水量制御、頭が下がります。

しかし、西日本で被害が拡大しました。
地震だけでなく水害にも目を向けなければということかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

防災情報メール

台風接近中の22日の晩、
携帯電話(ガラケーです)にあれこれ防災情報の
メールが入っていました。

強制的に入ってくるのが「エリアメール」。
19時53分に着信した大阪市からのがこれ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
避難準備・高齢者等避難開始
こちらは大阪市役所です。
次の地域で避難準備・高齢者
等避難開始を発令しました。
大和川の水位が上昇。避難に
時間がかかる方は、丈夫な建
物の3階以上や避難所へ避難
してください。
東住吉区:公園南矢田、住道矢田、
照ヶ丘矢田、矢田、湯里
(大阪市)
~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の携帯(ドコモ)などには届いたのですが、
ガレージにいた一人の携帯には入ってこず。
同文面のメールが入ったのは、1時間ほどし
てから。
  『今頃来たで~』っと。

上の文章、何がまずいか考えると・・・
発表日時の記述が本文内にありません。
送った人は、メールの着信日時で事足りると
考えたのでしょうね。

しかし、22時08分着の「大阪防災ネット」からの
メールは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下の地区で避難勧告が発令されま
した。
災害名称 :20171021風水害(T21)
発表日時 :2017/10/22 21:55
対象地区 :住之江区・住吉区・
      東住吉区・平野区の一部
区分   :勧告
~~~~~~~~~~~~~~~~~

日時、場所が簡潔にまとめられています。
これに欲しいのは、もうちょい詳しい状況解説。

それと・・・
この手の情報は、「です・ます」の丁寧文じゃなく
ても良いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

「もあい結び」?

日曜日、昼前の「地域防災リーダー講習会」、
中川のメンバーは「ロープワーク」だったそうな。
女房・智ちゃんも防災リーダーなんで参加。

  ※私は町会長ということで、防災リーダ-
   との兼務は無理(エラいことが起きた時、
   地域全体と町会内を見守ることが相反
   するので、中川では町会長になったら
   防災リーダーをやめるというのがルール)
   というこで、OB扱い。

で、日曜夕刻、私と智ちゃんとの会話。

智:「もあい結び」ってどんな字を書くのん?
私:「モアイ」ってイースター島の「あれ」?
智:「も合」かなっと? どんな字?
私:「もやう」という言葉があるんやで。
  船をつなぎ止めるっていう意味。
  せやから「もやい結び」
  漢字もあるやろ。 →調べたら「舫」

ということで、今後、「もやい結び」という言葉が
でるたびにが「モアイ像」が頭の中に浮かぶことで
しょう。

  ※写真はWikipediaより

A1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

2月26日、地域の防災訓練

2月26日朝、地域の防災・安否確認訓練。

この訓練の終了間際の時刻、近所で火災が発生。
訓練中のご近所の方々が消防、警察に通報。
近隣の方々への報知と避難誘導。
2軒が燃えたがけが人は無し。
ただ、2階からの出火だったんで、住民による初期
消火はできず。
煙に気が付いたら、窓から炎が噴き出たと。

また、別の町会では、この安否確認訓練のさい、
「あの人のところ、無事のハンカチ出てへんな」
「訓練にはいつも参加しはんのに」と、ご近所の
方が確かめに訪れたら、お家で亡くなっていた、
てな事件も発生。

訓練が実地になってしまった・・・

これが2月26日。
で、この前の日曜日(3月12日)、ガレージご近所の
おばちゃん(80歳独り住まい)のことで大騒ぎ。

・状況1
  前日の土曜日早朝、私がおばちゃんちの玄関横
  ポストに回覧板を投入。
・状況2
  日曜日の朝、おばちゃんちの前を通ると、前日に
  入れた回覧板がそのままになっていて、その時には
  無かった郵便物がポストに入っている。
  そして、ポストからはみ出た朝刊が風で飛んで
  おばちゃんちの玄関前に散らばっている。
・状況3
  ということは、土曜日朝からまる一日、おばちゃんは
  外に出ていない。
  どこか、出かけているのか・・・?
・状況4
  おばちゃんちの横に回って、耳をすますとテレビの
  音が聞こえてくる。
  ということは、おばちゃん家にいてる。
  動けないのか? 倒れているのか?
・状況5
  玄関は施錠されていたので、戸をドンドンしながら
  「おばちゃん~ おばちゃん~」っと、呼びかける
  (私の声、たいがい大きいです)けど反応なし。
・状況6
  こらあかん。っと携帯電話「119」。
  訓練では無い『火事ですか救急ですか?』に応答するのは
  久しぶり。
  状況を説明すると『レスキューを出動させます』っと。
・状況7
  しばらくすると、レスキュー、救急車、パトカーが到着。
  レスキュー隊員が横の窓から侵入すべく準備していたら、
  おばちゃんちの中から反応が!
・状況8
  おばちゃん、自分で玄関戸を開けて「どないしたん」
  「えらい騒がしいやん」っと元気な顔。
・状況9
  ということで、おばちゃん、無事でした。
  消防、警察も「よかった、よかった」と解散。

2週間前の訓練で孤独死発見があっただけに、どうなるか
とひやひやものでした。
いやほんま、無事でなによりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

災害時の公衆電話・・・今は?

仕事場の近所のファミマ、入り口横にあった
「公衆電話機」が使用中止になってました。
利用者がいないためなのか?

21

神戸の地震の時、発災直後の通信手段は
公衆電話が頼りでした。
今はどうなんでしょ。
携帯電話網はちゃんとしてるのかな?
家電話にしても、回線が光ファイバーや
同軸ケーブルで来てたりすると、端末を動
かすための100Vがなけりゃ通話できませ
んのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)