電子回路工作

2022年9月14日 (水)

トラ技で見つけた「レールスプリッタ」

自分ではぜったいに使わないだろうという回路が「レールスプリッタ」。
 ・2017年9月11日:1/2Vcc生成回路のコンデンサ
ずいぶん前ですが、ここで↑うだうだ言ってます。
最近だと↓。
 ・2022年6月22日:みんな「レールスプリッタ」に魅せられるんだ

ちょっと昔のトラ技を見ていて「ここにもあるぞ!」と
レールスプリッタ回路を発見。
でも、ちゃんと書いてるやん」と。

まず、2013年2月号
A1_20220914153701
この第9章。
 「オーディオ用電源回路のいろいろと作り方
    (著者は三田村規宏さん)
やはり、「レールスプリッタ」が出てきます。

A2_20220914153701

ここの、
  「仮想GNDその3…OPアンプによるレール・スプリッタ
の解説で、
  OPアンプの出力に大きなコンデンサが負荷として
  つながれた場合は…発振することがあります。
  …参考文献(1)で詳しく説明されています。
と。
で、(1)を見るとトラ技の2012年4月号
B1_20220914153801

特集5-3 単電源から両電源を作る方法
  (著者は佐藤尚一さん)

「やってはいけないランキング断トツNo1」
  OPアンプは出力にコンデンサを直結すると発振する

B2_20220914153801
B3_20220914153801

対策回路も図示されていますが、私は使わんだろうな。

B4_20220914153801

  この回路に±電源を供給して、入力をポテンショで
  ±可変できるようにすれば±出力の定電圧電源。
  短絡保護回路を入れておけば、ちょっと面白い
  実験用電源回路になるかと。
  プラスからマイナスへ、0Vを通過して電源電圧を
  連続可変できる。

  バッファしてないOPアンプ出力のでは、±15Vを
  出せる(0Vを通過して)試験用電圧発生器は作って
  あります。

※関連
2022年2月26日:オペアンプの出力につなぐ大容量コンデンサ ほんとにいいの?

| | コメント (0)

2022年6月13日 (月)

4046・VCO回路の直線性改善方法その2

4046・VCO回路の直線性改善方法
ここで示した回路は「反転アンプ」と
「ジャンクションFET」で4046のR1端子電流を
制御するものでした。

これを「非反転アンプ」と「Nch MOS FET」に
換えてみたのがこれ。

V1_20220613141501
これだと単電源で動かせます。
TP1の入力電圧を変えるとR2端子に流れる電流が変化。
電流が増えるとVCO周波数が高くなります。

R1とR2の関係はこんな回路になっていると。
V2

  ※トランジスタ技術2011年11月号
   特集 定番デバイス555
     5-3 PLL IC 74HC4046 (遠坂俊昭)

通常はR2の値でVCOIN端子が0Vの時の最低周波数を
決めます。
VCOIN端子の電圧を0Vに固定すればR1(I1)は無視され、
R2(I2)でVCO周波数が決まります。

この回路の検証、問題は測定系。
TP1に与える電圧を変えながらTP2の周波数を計るという
操作をしなくちゃなりません。
  ※手動では面倒だ!

Arduino UNOで周波数カウンタ:アナデバの電力計用ICのために
これ↑では、1Hzゲートを作って周波数を測定しました。
しかし・・・この回路ではATmega328Pが持っている3つの
タイマーをみんな使っています。

F2

TP1の電圧を変えるためにPWMを使いたいのですが、
使えそうなのはタイマー2のOC2B。
モードをOCR2Aによる「高速PWM動作」にしてOC2Bに
PWM出力ですかな。

  ※OC2Aは1Hzゲート用に500Hzパルスを出さなくちゃ
   なりませんので。

※これでどうかなぁ。
V3


| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

4046・VCO回路の直線性改善方法

「どこかに回路資料があったはず」っと探しましたら、
あれこれ回路集にコピーをファイルしてありました。

  トランジスタ技術1988年3月号
  特集「プロに学ぶ最適回路設計法」
  第5章 タイマ/VCO回路の設計
    宮崎仁,中野正次

こんな回路です。
   (トラ技を引っ張り出してきてコピー)

Ab51
4046の最大周波数を決めるR1をオペアンプと
FETで定電流化。
4046のVCOin電圧は中間レベルに固定して
おいてR1の電流で(R1の抵抗値を変えてい
るようなもの)発振周波数を制御しようという
考えです。
  ※オペアンプ用に±電源が必要

書架からこのトラ技を引っ張り出してきて、
ページをめくってますと・・・
レールスプリッタ回路」が出ていました。

2017年9月11日:1/2Vcc生成回路のコンデンサ
ここ↑であれこれ言っていた回路。
オペアンプの出力に入れる大きなコンデンサ。
ほんとにエエのんか?
という疑問です。

  第1章 OPアンプを効果的に使う方法
    上窪兼
「アクティブ・グラウンドの例」


Aab1

このトラ技の表紙と目次
Aa51
広告のハードディスク、容量が「20/40MB」。
ギガ」や「テラ」じゃなく「メガ」でっす。

Aa52

裏表紙は「目黒電波測器」の広告。
Aa53

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

液晶表示をWindows-PCで真似る

とあるメカ系制御装置、そのパラメータ設定と
動作チェック用に液晶表示を付けた外部リモコンを
使っています。 (AVRマイコンで制御)
表示は16文字×2行とシンプル。

F11_20210903153601
  これはデバッグ機の表示で、実機は
  ちゃんとバックライト付の液晶で
  暗い現場でもOKなように。

操作スイッチは、「↑」「↓」のカーソルキーと
「ENT」「ESC」の合計4つ。

試運転のための動作モニターやパラメータの設定に
このリモコンが必要ですが、それらが終わったら、
このリモコンは不要。
コネクタから抜いてしまいます。

簡単なリモコンですが、どこにも売っていないもの
ですんで、製造を依頼するとなるとそれなりに
お金がかかります。 (ケース加工がぁぁ)

客先から、
 『WindowsのPCでこのリモコンの真似ができれば』
ということでウインドウズのプログラムを作ってみました。

手慣れたツールが古~いC++builder(v5.03)」なので、
この環境から抜け出せません。

  本体との通信はTTLレベルのシリアル。
  USBシリアル変換アダプタを用います。
  そして、いろんなPCでの動作をチェックしているとき
  このトラブル に遭遇したのです。

・16文字×2行の表示
・マウスでのクリック操作だけでなく、キーボードの
 ↑→・↓←・ENT・ESCキーでも操作できるよう。
・マウスのホイールでも↑↓。

どうしたものかと悩んだのが表示。

装置からは表示文字列だけでなく、
 ・カーソル位置
 ・カーソルのon/off
 ・画面消去
 ・部分消去
 ・beep報知 ピ、ピピッ、ピピッ・ピピッ
  などと調子を変えての報知。
などのコードが送られてきます。

カーソルの点滅は不要ですが、カーソル・オンで
カーソル位置の文字を白黒反転しなくちゃなりません。

Windowsの文字表示、
 ・1行表示のEditを2段に貼り付けるか。
 ・2行にしたMemoにするか。
 ・RichEditのほうがあれこれ使いやすいか
わずか32文字の表示ですが、ちょい悩みます。

EditやMemoやRichEditを使うと、文字列はAnsiString
あれこれ便利ですが、ちょい面倒。

結局・・・手を抜ける解決策に。
32文字の表示を32個の「Label」にしちゃいました。

Labelを32コ置いた配列の「Caption」に文字を1つだけ。
カーソルを表現するときは、
Font->Color」をにしてLabelの背景色「Color」をに。

液晶コントローラを制御しているリモコンのプログラム
をそのまま移行するような感じでWindowsの文字制御が
できました。

メインフォームがこんなの。

Pp2

実行したときの様子。

Pp1_20210903153801

・処理の一部

//  文字バッファをラベルで
TLabel *dd[32]; // 文字はcaptionに書き込む

//***** メイン画面 開始 *****
void __fastcall TForm1::FormCreate(TObject *Sender){
 paraload(); // 設定ファイルの読み出し

dd[0] = Label1; // 表示文字バッファ ラベルで
dd[1] = Label2; // [0]~[31]にLabel1~Label32
dd[2] = Label3;

dd[31] = Label32;

}
/***** 1文字書き込み *****/
// cur_posに書き込んでカーソルを進める
void dispchar(char c){
dd[cur_pos]->Caption = c; // 1文字書き込み
cur_pos++;
if(cur_pos >= DISP_SIZ) cur_pos = 0;
}
/***** カーソルon *****/
void dispcuron(void){
dd[cur_pos]->Font->Color = clWindow; // 文字白
dd[cur_pos]->Color = clWindowText;
}
/***** カーソルoff *****/
void dispcuroff(void){
dd[cur_pos]->Font->Color = clWindowText; // 文字黒
dd[cur_pos]->Color = clWindow;
}

TLabelの配列 dd[] にアクセスするだけで、文字描画が完了。
なにやら、表示はシンプルにできちゃいました。

※キーボードのカーソルキーなどの横取りにちょいと
 コツがありました。
キーを横取りしても、何かの拍子、カーソルキーを
押したとき(TABでの入力場所移動のように)フォーカスする
ボタンの位置を変えるような操作になってしまうのです。
それを嫌って、メインフォーム左下側に細い幅で「Edit」
を配置。 (左下端に細い白い棒が見えてるでしょ)
そこで、キーの横取りやボタン操作の後は、このEdit1に
「Edit1->SetFocus();」を実行しています。
すると、カーソルキーが思うように動きました。

/*****  ↓押した    *****/
void __fastcall TForm1::Button3MouseDown(TObject *Sender,
TMouseButton Button, TShiftState Shift, int X, int Y){
CommX1->TransChar('-'); // - 送信
f_kdown = 1; // ↓(-)送出処理フラグon
tm_kdown = 16; // 500ms後に2発目送出
}
/***** ↓離した *****/
void __fastcall TForm1::Button3MouseUp(TObject *Sender,
TMouseButton Button, TShiftState Shift, int X, int Y){
f_kdown = 0; // ↓(-)送出処理フラグoff
Edit1->SetFocus();
}
/***** キー入力 *****/
void __fastcall TForm1::FormKeyDown(TObject *Sender, WORD &Key,
TShiftState Shift){
switch(Key){
case VK_UP: // ↑
case VK_RIGHT: // →
CommX1->TransChar('+'); // + 送信
break;
case VK_DOWN: // ↓
case VK_LEFT: // ←
CommX1->TransChar('-'); // - 送信
break;
case VK_RETURN:
CommX1->TransChar('\x0d'); // CR 送信
break;
default:
CommX1->TransChar('\x1b'); // ESC 送信
}
Edit1->SetFocus();
}

リモコンのスイッチ操作、
カーソル↑が「+」、↓が「-」文字で。
ENTとESCはそのもののコードを送出。

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

プラスチックパッケージの開封:チップの中身

https://zeptobars.com/en/read/how-to-open-microchip-asic-what-inside
加熱した濃硫酸あるいは濃硝酸でICのプラスチック封止を溶かして中身を見ようという試みです。
真似するのはちょっと怖い・・・・

いろんなチップの写真が出ています。
有名どころのICも。
ゲートIC HC00に8bitラッチHC595。
リニアICでLM1117レギュレータ。
マイコンならATtiny13AにATmega8、8080互換チップ。
最近のARMマイコンは詰まりすぎて真っ黒のところばかりに。

※こちらでは
TL064レントゲン写真
HF8311開頭
2SB42、2SB80開頭
2SB171開頭



| | コメント (1)

2020年2月13日 (木)

マイコン型導通チェッカー、頒布しています。

2018年4月にマイコン型導通チェッカー、10年目に という記事を書いてます。
  ※現在も(有)アクト電子で頒布しています。
先日も、「新人の研修で使いたい」ということで、まとまった数の注文を
いただきました。 ※ありがとうございます。
ケース加工も丸穴だけだし、回路のハンダ付けや組み立ても難しくありません。
  ※面実装ICはこちらでハンダしてます。
組み立てておけば、電子回路工作で役立つ一生もののツールになること間違い
なしです。
回路図もソースファイルも(アセンブラですが)公開してますし、教材として
の価値もあるかと。
どうぞご検討ください。

※「導通チェックなんてテスターに付いてるやん」という意見もありますが、
 このチェッカーの手軽さは、実物で体験してもらわないと分かってもらえ
 ないかな。

そうそう。郵便局のクリックポスト が4月から198円に値上げです。
(現在は188円)

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

ボリューム軸いじり防止金具

ボリューム軸を回されないために・・・保護金具 の現物がやってきました。

こんなのでした。 9mmで0.75mmピッチ

11

12

13

近所の鉄工所↓
   佐藤テック君とことは違います。
   中川連合の町会長仲間でNC機を扱っている
に見積依頼・・・最低個数とその価格
しました。
最初からローレット加工された棒材があるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

お笑いピッチ変換基板・・・パターンが溶ける(!?)

「QFN48」パッケージの「TB67S149FTG」を2.54mmの
ユニバーサル基板に取り付けるため、共立で
を買ってきました。

11

寸法的はOK。
顕微鏡でのぞくと、直上からピンが見えないので位置
合わせが難しいかなっと。

12

まずは、基板にハンダを盛ろうとハンダゴテでハンダを付けていると・・・
違和感!!!!
A13

パターンにハンダゴテを当てると、パターンが消える!?
   フラックスを洗って確認。
14

パターンが無い!
これではICをハンダできません。

別の基板で試しても同じ。
15

加熱すると、ハンダレベラーで処理されたと思われるパターンが消え去ってしまうのです。
これでは作業のしようがありません。
銅箔部のレジストを削ってみると、厚みが薄い感じ。
しかし、パターンが消えるとは、初体験。

QFN48pinを使った試作、何か良いピッチ変換基板が見つかるまでおあずけです。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

出窓の結露対策:温湿度センサーの異常

そろそろ結露対策が必要な季節になってきました。
今朝は大丈夫でしたが、昨日朝は出窓のガラスが曇っていました。
今の結露対策は窓下に置いたヒータでの加熱。
湿度センサーの値でヒータの通電をオン/オフ制御。
しかしこの制御回路、昨年も同じような時期に故障が起きていました。
※過去記事
そろそろ出窓の結露が ・・・あれ? 湿度センサーがおかしい

この↑原因は電源のリップルノイズでした。
百均のキューブ型ACアダプタに乗った平滑コンデンサの劣化。
コンデンサを交換して、昨シーズンは乗り切りました。

今回は、湿度値の異常。
「そんなに上がっているわけないだろう」という数値が表示されます。
センサーは秋月で買った「HDC1000」
          ↑
      もう売ってない
TI製ですが、すでに廃番 。 使うならHDC1010 をとのこと。
11
仕事場に持ち込んで試運転。 状況確認。
湿度表示は86%ほど。
エアコンで暖房しているので室内の空気は乾いているはず。
予備に買ってあったセンサーに入れ替えると「65%」くらいに表示が下がります。
こちらのほうが正しいようです。

上部の四角い黒いのが温湿度センサーHDC1000。
12
センサーの裏面:基板との間に「穴」があって、そこから空気を取り入れているとのこと。

13

とりあえず、予備品に交換して、今シーズンを乗り切ることにします。


hdc1000 湿度 おかしい
 湿度 センサー 劣化 で検索すると情報が上がっています。

温度・湿度センサーの経年劣化について - henteko.org
温湿度センサー HDC1000 劣化→交換
https://www.binzume.net/diary/2016-11

デバイスそのものを交換かなぁ。

HDC1080 だと、センサーが外側になっている。
チップはデジキーで550円。
実装済み品、ストロベリー・リナックスで980円。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

ボリューム軸を回されないために・・・保護金具

客先からのhelp。
『下間さん、こんな部品、知らんかな?』っと。
現物として有るそうなんですが、メーカーや型番が不明という状況。
   ※写真をまだもらってないので、想像で。
こんなものらしいです。
ツマミが付かない可変抵抗
・パネルに取り付けてあって、マイナスドライバーで
 調整できるようになっている。
・調整完了後、簡単にさわれないようにしたい。
・パネルに見えているボリューム軸のネジ溝に回し込んで
 回転軸を隠してしまう部品、これが欲しい。
こんなモノだそうです。
※想像で再現↓ (笑)
11
マイナスドライバーを使って軸を回すタイプの可変抵抗。
パネルに止めねじが見えている。
そこに、保護金具を回し込めば、軸は簡単に回せなくなる。
12

おそらくこんなものかと。
金属製らしいですが、樹脂でもOK。
ネットで調べようにも、部品の一般名称が不明でして、
画像検索してもそれらしきものが出てきません。

お知恵をお貸しください。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧