ペット

2018年2月13日 (火)

ピピちゃん温度計・ヒータ制御

コザクラインコのピピちゃん の鳥カゴ温度のチェックに
使っていたデジタル温度計。
女房が「調子悪い」っと言うので見てみたら、温度センサー
(サーミスタ)の電線をかじられていました。
長年使っていたものでして、液晶の接触もおかしいし、
廃棄に。

寒い夜を過ごす、ピピちゃんの鳥カゴ、厳重に保温してます。

11

夜になると、電気座布団 をオンして保温。
鳥カゴの周囲も暖かく。
いつもチャートレコーダーをつないでおくわけには
いかないので、壊されたデジタル温度計を置いてい
たのです。

で、こんな温度計+ヒータ制御回路を作ってみました。

12

現在温度と最高最低温度、それに確認後の経過時間を表示します。
箱左上の赤ボタンを押すと、時間をクリアして最高最低を現在温度に初期化。

設定したon/off温度でSSRを制御しながら、その後の最高最低温度を記録します。
翌朝、温度を確認したらボタンを押して時間クリアという手順。

回路図  (クリックで拡大↓)
A1

「Arduino UNO」のチップを乗せて制御しています。
電源はダイソーのACアダプタT362
これを殻割りして内部基板を取り出して、むき出しで使っています。

14

温度センサーはサーミスタ「103JT」。
「かじり」に負けないよう、熱収縮チューブで保護。
  (それでも負けそう… 金属管がいるかも)

制御温度(on温度、off温度)は半固定VRで設定。
on温度、off温度をそれぞれEEPROMに保存。

制御の「スケッチ」、アップしておきました。

※スケッチのアップ先↓
http://act-ele.c.ooco.jp/jisaku/pipiheater/pipi_heater1.zip

※回路の解説 かいつまんで

特徴的なのがサーミスタの接続。
ATmega328のVref=1.1VをOP-AMPでバッファして出力。
0.1%、10kΩの高精度抵抗との分圧比でサーミスタの抵抗値を測定。
電源電圧としなかったのは、サーミスタへの印加電圧が低い方が
自己発熱の影響を避けられるから。
   ※小型で応答が早い103JTだと自己発熱の影響が大きい
on/off温度設定用VRの読み出しもVrefに合わさないといけないので、
これもOP-AMPでバッファ。
使ったMCP6072 はレールtoレール入出力のOP-AMP。
オフセット電圧、0.15mVと優秀。
10bit A/Dなので、常温(25℃)付近だとざっと0.1℃分解能で測定
できるけど、表示と制御は1℃単位。
  (液晶表示器サイズで。8文字×2行なもんで)
抵抗値から温度への計算は、サーミスタの「温度-抵抗値表」から、
各ポイントでの「B定数」を毎回計算して温度を算出。

サーミスタのB定数
温度測定:サーミスタでの予備実験

EEPROMの読み書きルーチン、ネットから引っ張ってきたのが便利かも。
https://projectgus.com/2010/07/eeprom-access-with-arduino/
http://forum.arduino.cc/index.php?topic=128816.0

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

ピピちゃん保温用ヒーターを探していたら

ピピちゃんの ためのヒーター、何か良いのがないかと
家の中を探していたら、手頃な大きさの電気座布団が出
てきました。
しかし、プラグをコンセントに挿しても通電せず。
暖まりません。
女房曰く、「直せるかも」っと、ストックしてあったそうです。

  ・コードやプラグの断線だったら修理は可能
  ・温度ヒューズの断線でも復旧可能
てな思いで作業開始。

しかし原因は、ヒータ線そのものの断線。
断線箇所は突き止められませんでした。

解体でこんな部品が出てきました。
A1

下側、抵抗状のものが温度ヒューズ。
115℃と記されています。

上側の金属ケース。
これがサーモスタットのようです。
CD79F と型番が記されています。
裏側に「060A 087」とプリントされています。
何度のもんなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

ピピちゃん鳥カゴの保温

電気座布団を使った、鳥カゴ の保温。
昨晩からの温度変化を記録してみました。

電気座布団を鳥カゴの上に置いて、その上
からマットで鳥カゴ周囲を囲っています。
  (外部での温度制御は無し)

測定用の温度センサー(サーミスタは)、
ピピちゃんの「お布団」近くの金網の外に
設置(つつかれないようにして)

A1

電気座布団内部のサーモスタットが働いて、
27℃~28℃で温度制御されている様子が
観察できました。

使ったツールはこれ↓
ナダ電子製「プリンタシールド」
502ATサーミスタ温度計、箱入れ

借りてきた「飼い方の本」では、保温、「25℃くらい」
ということなのですが、「27~28℃をキープ」という
ネットの記事も見つかります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

コザクラインコの「ピピ」ちゃん

ひょんなことから、こんな「子」がガレージにやってきました。

24

「コザクラインコ」です。

ペコ(トイプードル)も「ひょんなことから」 やってきましたが、
「ピピ」も突然我が家に!
寒くなってきて、夜の保温をどうしたものかと思案中。

23

三次元移動するんで、台所で火を使っているときは
放せません。

カゴの中にぶら下げた「お布団」で寝ています。
31


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

破壊者「ペコ」、4GBをダメに

ペコがまたまたやってくれました。
長男:浩平のUSBメモリー。
これで、3つ目かな。
「こんなとこ置いておいたら、またペコにやらでるで~」
っと、言っていたやさき。
前の2つは電気的に無事でしたが、今回のはアウト。

Image000

物理的にアウトなのがUSBのコネクタ部。
これくらいなら、こじって修復できそうです。

Image001

しかし・・・・
コンデンサ:C9は完全に飛んでいます。
上右部のハンダ、ガニッっとした痕跡。
Image002

基板上のメモリーチップを見ると、微妙に傾いています。

Image003

傾きの原因は、1番ピン付近を強く噛んだからでしょう。
チップの足が曲がって押されています。

Image004

ICの下で、基板パターンが剥離しているかも。

なかなかのヤンチャ娘:ペコ、やってくれます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)