« ハンディ熱電温度計 AD-5602 | トップページ | コテ先温度を読みたいゾ う~む。 »

2024年5月22日 (水)

幡野 広志 著 「うまくてダメな写真とヘタだけどいい写真」

大阪市立図書館の検索を見ると予約がいっぱい。
 - 所蔵情報 -
  9 件の所蔵があります
  94 件の予約があります
昨日、貸し出しできました。
Cc11_20240522085001

写真家さんというよりも「お父さん」としての語り口が
ステキです。
  いいご家族なんでしょう。
    (ご本人は大病を患っておられるとのこと)

写真は・・・
 ・いい写真はうまい写真じゃない
 ・光と距離だ
 ・撮影確認している間があったらもっと撮れ
 ・jpeg撮って出しじゃなくRAWを現像せよ
 ・ホワイトバランスが面倒ならモノクロだ
あれこれ、あれこれ。

著者さんの思い(テクニックの伝授じゃなく)が
伝わってきます。

RAW現像、やったら面白いのは分かっているのですが
 ・PCのパワーが必要
 ・カメラメーカのソフトがもうひとつ
 ・保存しておくのに莫大なディスク容量
てなことで、私の場合、RAWでの撮影はやって
ません。

 

|

« ハンディ熱電温度計 AD-5602 | トップページ | コテ先温度を読みたいゾ う~む。 »

」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンディ熱電温度計 AD-5602 | トップページ | コテ先温度を読みたいゾ う~む。 »