« 放置していた2014年製「eneloop lite」の充放電実験、4000cycで終了 | トップページ | 「アラルダイト」が無い! »

2023年12月 3日 (日)

秋月電子で買った単3ニッ水GoldenPower 2100mAhを試す

JIS C8708:2019ニッ水電池充放電実験回路 が一つ空いたので、
秋月電子で買った単3ニッ水、
「GoldenPower MR2100AA 2100mAh」を試してみます。
  ・実験回路はトランジスタ技術2022年3月号に掲載
Gg1_20231203113101

初回の0.2C(5時間率)放電から4回目の放電まで。
Cap061_20231203113201
初回は5時間率なので、フルパワーなら300分。
それが2時間58分(178分)で残存パワーは59%。
  ※1.00Vまで落ちる時間での計算
その後は、104分ほどの0.5C放電時間が続きます。
定格120分の87%というところです。
さて、これからどんなグラフを描いてくれますか・・・

|

« 放置していた2014年製「eneloop lite」の充放電実験、4000cycで終了 | トップページ | 「アラルダイト」が無い! »

電池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放置していた2014年製「eneloop lite」の充放電実験、4000cycで終了 | トップページ | 「アラルダイト」が無い! »