« 「ピコピコ・スイッチ」操作スイッチ部を新造 | トップページ | 『日本船舶無線電信局局名録』をグーグルドライブにアップ »

2022年1月10日 (月)

導通チェッカーに入れていた単4電池が液漏れ

「ピコピコ・スイッチ」操作スイッチ部を新造、この作業をした
のは自宅ガレージ。
「電気回り」関連作業用のツール、ある程度は置いていますが
「とりあえず」のものです。

この時、スイッチ接点の状態を見るのに使ったのが
旧バージョンの導通チェッカー
この記事↑で改造したもの(クリップのタッチで電源オン)を
ガレージに置いてありました。

久しぶりに使ったら・・・なんか不安定。
クリップを短絡しても、どうも報知が安定しません。

原因は・・・
ケースを開けてみると、電池の液漏れが発生してました。
2本使っている単4電池のうちの1本、マイナス極側から
電解液が漏出。
電池ボックスが「濡れて」います。

11_20220110211401
  ※左側の電池のマイナス極側

液が出てすぐなんでしょう、スプリング電極の腐食までには
至っていませんでした。
電池を取り外して、電池電極を清掃して解決です。

12_20220110211401
  下の方のマイナス側、外装カバー内に液漏れが見えてます。 

電池の状態ですが、2本ともまだエネルギーは残していました。

・漏出した方、
  無負荷:1.46V 4.7Ω負荷:1.34V 1Ω負荷:1.08V
・大丈夫な方、
  無負荷:1.47V 4.7Ω負荷:1.36V 1Ω負荷:1.15V
と、1Ω負荷にするとドロップは目立ちますが、さほどの
違いはありませんでした。
4.7Ω負荷でのドロップ電圧だと「半分以上は残ってるで」という
判断かと。
※電池電圧、残量チェックで使ったのはこれ↓
  ・電池電圧チェッカー
導通チェッカーとともに、必須のツールです。

液漏れ電池の「賞味期限」は「2024年2月」。
まだ大丈夫なはずだったんですが・・・

|

« 「ピコピコ・スイッチ」操作スイッチ部を新造 | トップページ | 『日本船舶無線電信局局名録』をグーグルドライブにアップ »

電池」カテゴリの記事

トラブル遭遇」カテゴリの記事

ツール」カテゴリの記事

コメント

賞味期限(※未開封時)

投稿: | 2022年1月15日 (土) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ピコピコ・スイッチ」操作スイッチ部を新造 | トップページ | 『日本船舶無線電信局局名録』をグーグルドライブにアップ »