« JIS、IECの論理回路記号 | トップページ | 「おつまみ鶏皮 柚子こしょう風味」 »

2021年12月29日 (水)

IEC60617で記述したRSフリップ・フロップ 74279

IEC60617での記述、キラいなんで寄りつかなかったんですが、
あれこれ見てますと・・・

まず、「NANDゲート」の基本。
ド・モルガンの変換でもって、正論理入力と負論理入力が
このように描けます。
A11_20211229141101
左下のは「負論理入力のOR」。
実体は正論理のORの前にインバートをくっつけただけ。
でも、負論理入力になっても、入力信号の状態「Lが0、Hが1」
に対する結果(出力)は変わりません。
  入  入  出
  0  0  1
  0  1  1
  1  0  1
  1  1  0

IEC60617での表記で「面白いなぁ」と思ったのが
NANDゲートを使った「RSフリップフロップ」。

通常は左のように描きますが、動作は右のように
「負論理のOR」で考えるほうが動きが見えます。
A12_20211229141101
入力信号(Lアクティブ)の上側が優先で出力の状態が決まる
様子が、右の描き方だと目に浮かびます。

このRSフリップフロップが4組入ったのが「74279」。
データーシートにはMILでこのような表記。
A13_20211229141101
入力信号名には「 ̄付」で負論理であることが示されていますが、
NANDゲートで描かれているので、絵を見て動作が直感的に判断
できるかどうか・・・
負論理入力のORゲートで描いてると分かりやすいのにと思っちゃ
うわけです。
このIC、/Sが二つあるゲートがあるんですが、この/Sの条件、
ANDなの?っと思ってしまうわけです。
負論理入力のORでゲートを表現したら「/Sは負論理のOR」で
あることが一目瞭然。
間違いようがない。

TIのデータシートにはこんな具合にIECでの記述が載っています。
A14_20211229141101
左が入力。 右が4つの出力。
負論理での入力だということは分かるんですが、
/Rと/Sが同時にアクティブ(L=0)になった時、
「/S」入力が優先されるということがこの図だと
読めません。

CMOSの「4044」、これも負論理入力のRSフリップフロップ
ですが、これは「/R」優先です。
IEC表記では「真理値表」が無ければ、どうなるのかが
判断つきません。
31_20211231112601


|

« JIS、IECの論理回路記号 | トップページ | 「おつまみ鶏皮 柚子こしょう風味」 »

技術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JIS、IECの論理回路記号 | トップページ | 「おつまみ鶏皮 柚子こしょう風味」 »