« ホーザンのカタログを見ていたら・・・カッター+ストリッパー | トップページ | どこの半固定抵抗だろう? »

2021年10月 4日 (月)

可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路 #2

2021年10月 1日:可変抵抗器の「陽極酸化」実験回路(案)

ちょっと回路変更。
・三端子レギュレータを使って+5V電源を安定化。
   電源入力は+6~12Vで
・クロック周波数を確かめられるように
 PD3/OC2Bに500Hz方形波出力。
   これにともない、4051 MPXのB接続を変更

Vr_chk1_20211004115801

16MHz XTALに並列に入れるコンデンサ、ざっと計ってみたら
20PFで500.0163Hz22PFで500.0110Hzとなりました。
500.0110Hzで22PM。日差1.9秒。月差で1分弱。
もうひとこえか! (手持ちのコンデンサの問題)

※もうひとこえを試す
24PFのコンデンサが無かったので、XTAL端子の10pinの
ほうを22PFにしたまま、9pinのコンデンサを27PFに入れ替え。
すると・・・500.0006~9Hz
おおっ! エエ感じに。

※試運転中
55_20211004115701



|

« ホーザンのカタログを見ていたら・・・カッター+ストリッパー | トップページ | どこの半固定抵抗だろう? »

ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーザンのカタログを見ていたら・・・カッター+ストリッパー | トップページ | どこの半固定抵抗だろう? »