« イジめるニッ水電池がやってきた。 | トップページ | 最近のトラ技で見つけたAMワイヤレスマイク »

2021年10月22日 (金)

EBL 2800mAh 電池イジメ開始!

2021年10月21日:イジめるニッ水電池がやってきた
のトップバッター、EBL 2800mhA

11_20211022104201

5回の充放電が終わったところで、データを吸い出してみました。
Cap005_20211022104301

赤色(0-D)が初回の放電
電池がこちらにやってきてそのままの状態からスタート。
初回ですんで放電電流は0.2C、つまり5時間率。
それが35分

過去のデータを見ますと、
     (初回の0.2C放電で1.0V到達の時間)
パナのエネループ・スタンダード 259分。
ダイソーのReVOLTES       243分。
アマゾンベーシック       237分。
EBL2800mAh ちょい漏れすぎか。

グラフの「1-C」黒色が初回の充電です。
0.2Cのゆっくり放電のあとなんですが、充電時間が
132分まで行ってるということは、-ΔV検出を
失敗したような感じ。

その後はうまく充電終了を検出しているようです。
しかし、0.5Cでの放電を見ると、1.0V到達が95分
定格だと120分ですんで、約8割
50サイクル目の0.2C放電でどれだけの性能が出るか
です。

0.5C、つまり1.4Aという充放電電流、この装置を
作ってからの最大です。
  ※PWMによる充放電電流制御、1.5Aあたりが
   maxか、っと想定して作ってます。
電流が大きくなると、電池ホルダー電極との接触抵抗も
効いてきます。

さて、今後どうなりますか。

※電池あれこれ 電池イジメまとめ


※追記 初回の-ΔV検出失敗の様子
こんなデータになってました。

#C 0.5C 1cyc 1/8 1h35m 1.502V
#C 0.5C 1cyc 1/8 1h36m 1.503V 96分でピーク検出
#C 0.5C 1cyc 1/8 1h37m 1.503V 「1.493V」が-ΔV停止の目標
 :
#C 0.5C 1cyc 1/8 1h57m 1.503V
#C 0.5C 1cyc 1/8 1h58m 1.502V 徐々に下がり始める
#C 0.5C 1cyc 1/8 1h59m 1.502V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h00m 1.502V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h01m 1.502V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h02m 1.500V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h03m 1.500V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h04m 1.500V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h05m 1.499V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h06m 1.499V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h07m 1.499V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h08m 1.498V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h09m 1.498V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h10m 1.497V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h11m 1.497V
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h12m 1.496V 
#C 0.5C 1cyc 1/8 2h12m 1.496V 132分経過で充電停止

もう「ひとこえ」だったようです。
新JISでの充電制御、
「-ΔV=5~10mV 又は132分間」となっていて、
実験装置のパラメータ設定は「-10mV」にしています。

※10月30日追記
50サイクル目の0.2C放電(2800mAhなので560mA)の結果が
出ました。 こんなグラフに。
Cap008
定格だと5時間=300分になるのが、255分。
ということはざっと85%。
容量にすると2380mAhということで。

|

« イジめるニッ水電池がやってきた。 | トップページ | 最近のトラ技で見つけたAMワイヤレスマイク »

電池」カテゴリの記事

コメント

EBLは駄目ですね。百均品以下です。
私が購入した単四EBL-1100も自己放電が多いです。常用しなくなりました。
フル充電8本の内、半年放置で3本は何とか1.2V前後、4本が0.8V前後、1本は0Vでした。

それに対して、パナのエネループ・スタンダード単三(BK-3MCC)は、1年以上放置しても1.3V維持しています。
単一アダプター使ってガスコンロに入れているものは1年半経過してもまだ正常動作しています。
自己放電少ないのはエネループ・スタンダードさすが!

投稿: mytoshi | 2021年10月22日 (金) 11時17分

ニッ水電池、エネルギー保存性の実験、昔にやったことがありました。
しかし・・・面白くない。
  いつ結果を出すか悩む
  結果を出すには放電しなくちゃならない
  無負荷電圧を測っただけでは減り具合は不明
  負荷をかけたら残存パワーに影響
寿命試験より地味。
「何回使えるか?」を調べるほうが面白い。
JISも新しくなって、評価しやすくなったし。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2021年10月22日 (金) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イジめるニッ水電池がやってきた。 | トップページ | 最近のトラ技で見つけたAMワイヤレスマイク »