« 「Pololu S9V11F5」 +5V出力昇降圧型DC-DCコンバータを試す | トップページ | ドラえもんのポケットじゃないけどジャンク箱:ロータリースイッチ »

2021年4月 4日 (日)

オペアンプとMOS-FETを使った定電流負荷回路

DC-DCコンバータの出力リップルを調べるのに使った定電流負荷(電子負荷)回路。
回路図をまとめておきました。

Cc1b  
(クリックで拡大↑)

※ソースファイル : ダウンロード - ccdisp1.zip

※関連
2021年4月4日:「Pololu S9V11F5」 +5V出力昇降圧型DC-DCコンバータを試す
2021年4月2日:ダイナミックに負荷を変えてみる
2013年05月18日:一つのボタンでいろんな操作
2020年8月27日:オペアンプとMOS FETを使った定電流回路・・・電子負荷回路・・・
2019年4月 5日:10mA定電流回路をちょい改造
2015年03月09日:実験用定電流回路
2020年3月12日:定電流回路の電流検出抵抗を試す
CMOSのタイマIC LMC555を使った1A定電流電源回路

※ケース内の様子
Cc11

マイコン (ATtiny861)は液晶表示器の下に配置。
Cc12

AC100Vを整流したDC140Vに負荷をかけたときの様子を
見るために、高耐圧のFETを選んだのです。
5Vなど低電圧領域では電圧の測定分解能が不足しています。
電圧表示の最大が200.0Vですから、10bitのA/Dでの分解能は
1bitあたり0.2Vです。

|

« 「Pololu S9V11F5」 +5V出力昇降圧型DC-DCコンバータを試す | トップページ | ドラえもんのポケットじゃないけどジャンク箱:ロータリースイッチ »

電子工作」カテゴリの記事

ツール」カテゴリの記事

電源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Pololu S9V11F5」 +5V出力昇降圧型DC-DCコンバータを試す | トップページ | ドラえもんのポケットじゃないけどジャンク箱:ロータリースイッチ »