« クリック有りのロータリーエンコーダーで | トップページ | クリック無しロータリーエンコーダー »

2020年9月21日 (月)

『アトミック操作』・・・8bitマイコンに限り何か別の言い方なかったか?

2019年3月25日:割り込みで処理させるwordデータの扱い
に書きましたが、Arduino-UNOで使われているAtmega-328Pは
8ビットマイコンです。
ですんで、割り込みで処理される2バイト以上のデータをメイン側で
読み書きする時は「割り込み禁止状態にして」というのが基本です。

この手順を「何て言うの?」っと調べたら・・・
  ・アトミックに処理を
  ・アトミック操作
  ・不可分処理
っと、出てきます。

でも、アトミック操作とはで調べると、8ビットマイコンでの
割り込み処理の話が出てこずに、
  スレッドやプロセスや
  RISCやCISCや
  マルチスレッドやシングルスレッドや
っという8ビットマイコンの世界とはちょいと縁遠いお話し
ばかりが出てきます。

この「アトミック操作」ですが、昔々の8ビットマイコンの
世界じゃ(8080,6800~Z80あたりの年代で)なんかもっと他の
言い方、無かったでしょうか?

「8ビットマイコンの割り込み処理で多バイトデータを扱う時、
 メインでは割り込み禁止で読み書きを」を一言で表現できる
言葉、こんなの無かったですかね?

当時、アトミック処理や不可分処理なんて言葉で言わなかった
よう・・・

『アトミックにアクセス』なんて言い回し・・・
ラジオペンチさん に教えてもらった。
   (この↑記事のコメントの前にもあったはずだけど探し出せてない)


|

« クリック有りのロータリーエンコーダーで | トップページ | クリック無しロータリーエンコーダー »

Help me! (助けて!)」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

Arduino」カテゴリの記事

コメント

リンク先のZ80の話題で、久しぶりに当時の頃に戻らせていただきました。
自分がCPUになり切って、マシン語レベルで1クロック1ステート毎にその動作を確認してましたね。
今では、作られた(提供された)ルーチンを上位言語で走らせるだけで、なんかCPU(ハードウェア)と密着しないでつまらですね。

投稿: きたきた | 2020年9月22日 (火) 09時31分

書き漏らしました。
アトミック・・・当時は聞いたことなかったですね。
単に、排他制御とかロックとか言ってなかったですか?

投稿: きたきた | 2020年9月22日 (火) 09時37分

同じ言い方は、下記コメントにありました。
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-943.html#cm
これ、ソフト屋さんと話していて覚えた言葉だったと思うのですが、確かに昔はこんな言い方しなかったですね。
あと、こういう場合(マイコンの処理)に正しい表現なんだかどうか、ちょっと自信が無いです。

うんと昔風に表現すると「後家が残らないようにアクセス」、、違う、汗;

投稿: ラジオペンチ | 2020年9月22日 (火) 09時51分

「セマフォ」なんて言葉もありますなぁ。
でも、OSを載せないマイコンには縁遠い話でして・・・

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2020年9月23日 (水) 09時13分

短く表現するのなら・・・
 『割り込み禁止による排他制御』
という言葉あたりでしょうか。
でも、多バイトデータを8ビットマイコンで扱う場合の注意点(!)とはちょっとズレているような気がします。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2020年9月23日 (水) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリック有りのロータリーエンコーダーで | トップページ | クリック無しロータリーエンコーダー »