« メモ:4-20mA電流ループ用ICとデジタルアイソレータ | トップページ | Arduinoから「タイマー0」を取り上げる(ユーザーが使う) »

2020年1月27日 (月)

ROWAの互換バッテリー購入

2008年にやってきたオリンパスのE-520。
本体は満身創痍ですが、まだ元気。
撮影枚数を調べたら13万枚ほど。
ところがバッテリーがアウトに。
2つ体制で使ってきましたが、ライブビューするとすぐにバッテリー消耗警報がでるようになっちゃいました。
そこで・・・初めての互換バッテリー。
「ROWA」のを買ってみました。

A1_20200127111401

左がROWAで、右のがオリンパス純正。
この高さを測ってみると・・・・ROWAのが0.2mmほど低い。
だもんで、E-520電池室の出し入れがスムーズに。
(a)点のぽっちりだけがちょいと高く(0.1mmほど)なっていて、うまく電池室に収まります。
オリンパス純正の電池、カメラからの取り出しが窮屈だったんです。
「寿命でバッテリーが膨れてきたから?」じゃありません。
最初からちょっと窮屈めでした。

さてさて。
所持しているデジタルカメラ、現用品は3台。
リコーのGX100とオリンパスのOM-D E-M1mk2、そしてE-520。
それぞれのカメラで使っている電池の内部抵抗変化、こんな具合です。

Batr202001

内部抵抗の測定方法と関連記事


|

« メモ:4-20mA電流ループ用ICとデジタルアイソレータ | トップページ | Arduinoから「タイマー0」を取り上げる(ユーザーが使う) »

カメラ」カテゴリの記事

電池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メモ:4-20mA電流ループ用ICとデジタルアイソレータ | トップページ | Arduinoから「タイマー0」を取り上げる(ユーザーが使う) »