« Arduinoから「タイマー0」を取り上げる(ユーザーが使う) | トップページ | Arduinoのタイマー OCRレジスタは「n」じゃなく「n - 1」の値を設定せよ »

2020年1月31日 (金)

300kHzのセラミック発振子:Tele Auto FX-1 修理

以前にも修理していますが、
Tele Auto FX-1:電動シャッター用無線リモコン
修理:電動シャッター用無線リモコン

今回の依頼品は、これのセラミック発振が発振しない(時々動く)
という症状。  青いの。 「CSB300D」

11_20200131133601

電池の液漏れや水掛りはありません。
見かけは非常にきれいな状態なんですが、制御マイコンが動かない
もんだから、アウト。

「300kHz」のセラミック発振子、電子部品通販店で探してみました
が見つからず。
455kHzのは赤外線リモコンで使われてるんで、まだまだ現役のはず・・・
   ※ムラタの455kHz、RSコンポーネンツでは見つからず。
    ひょっとして低い周波数のは終息?

困ったな~っと、記憶を辿ると・・・部品箱にありました。
以前の修理でマイコンを交換(プログラムを作って)した時に
取り外して置いておいたものです。
珍しいものは捨てずにちゃんと保存しておかなあきません。
これで無事に修理完了。


|

« Arduinoから「タイマー0」を取り上げる(ユーザーが使う) | トップページ | Arduinoのタイマー OCRレジスタは「n」じゃなく「n - 1」の値を設定せよ »

修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Arduinoから「タイマー0」を取り上げる(ユーザーが使う) | トップページ | Arduinoのタイマー OCRレジスタは「n」じゃなく「n - 1」の値を設定せよ »