« ミツトヨ・デジタルノギス CD-20PSX | トップページ | 東芝インパルス TNH-3A 1.1V停止電池の充電状態 »

2019年9月 5日 (木)

ノギス談義:固定ネジはなぜ抜け落ちない?

ミツトヨ・デジタルノギス CD-20PSX に絡んで、昨日はちょいとノギス談義。

※参考
  ・ノギスの構造

Q:ノギスのスライダー部に付いている固定ネジ、
  左回しでどんどん緩めていってもなぜ抜け落ちないの?

A2_20190905094901

この質問に対し、
ノギスをしょっちゅう使っているフライス屋:佐藤テック君は・・・
 「このネジ、取れてしもたん、何本かあるで」っと。
まぁ、プロは使用頻度が違うのでしょう。

想像なんですがこんなことになっているのではと。

A1_20190905094901

ネジの先端が潰してあって、雌ネジに入っていかないから止まるっと。

そこで、さらなる疑問が。

・これ、どんな具合になっているの? 見たことある?

・雄ネジ先端中央をプラスドライバ(のような工具)で
 たたき込んで、外側に広がらせてる?


いかがでしょう?
ノギスをバラせば見えるんでしょうが、調子良く使えているのは
そっとしておきたいわけでして・・・

※追記
柴田さんからコメントを頂戴した後、メールで「その部分」の画像が送られてきましたので紹介しておきます。
   ※ありがとうございました!

B1_20190906081301
(矢印はこちらで記入)
※拡大
C2

この止めねじ(ローレットネジ)の先端加工、向こう側からねじ込んだ後でしか作業できませんよね。
どうやって、どんなツールで作業してるんだろか。

※あらたな疑問・・・
ミツトヨに聞いてみよか。


|

« ミツトヨ・デジタルノギス CD-20PSX | トップページ | 東芝インパルス TNH-3A 1.1V停止電池の充電状態 »

Help me! (助けて!)」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
私も興味があったのでメンテナンスついでに覗いてみました。150mmのMitsutoyo製ノギスです。
スライダ・ジョウ、内側の固定ツマミの出先部分は平フライスで半月状に削ってあり、
そこに精密(タイトな)なネジスペーサ(約0.5~0.8mm)を接着固定しているようです。場所からして先端をつぶす(カシめる)ような大きな力は加えられないと思います。

固定ツマミは2/3回転で作用するようになっており、この辺に使い易さのノウハウがあります。

スライダの摺動部は1mmのリン青銅のたわんだバー(位置決め穴1箇所)が止めネジ2本で固定されます。前側が先端ピボットで位置決め、後ろ側は先端は平らでスライド力調整用です。

やはり、長期間の使用で相当汚れており洗浄して薄くグリス・アップしておきました。


投稿: 柴田 | 2019年9月 5日 (木) 17時18分

追伸;
ローレットネジの抜け止めですが、詳しく説明すると、SUS-M2.6のねじ部先端に薄い「円形」ナットを嫌気性接着剤'ロックタイト'を用いて装着したのではないかと推測します。あくまで測定器の一部なので、製作途上で過剰な力は掛けられないと思いますが。

投稿: 柴田 | 2019年9月 7日 (土) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミツトヨ・デジタルノギス CD-20PSX | トップページ | 東芝インパルス TNH-3A 1.1V停止電池の充電状態 »