« リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛 | トップページ | がんばれ「はやぶさ2」 »

2018年11月 7日 (水)

USB-Aコネクタの接触抵抗

ラジオペンチさんのブログ記事、
に触発されて、「USB標準Aプラグ・レセプタクル」の接触抵抗を計ってみました。
パーツボックスから探し出してきたレセプタクルとプラグ。
11
新品プラグは1種類。
     ※古いケーブルをぶった切ったらと・・・
こんな測定系。
12
左端の箱が1A定電流電源回路
    ※基板回路の短絡調査用に作ったもの
そこから「赤・黒」のクリップで出力。

テスターはサンワのPC700。
「黄・青」のクリップで電圧を測定。
分解能は「0.01mV」。
「四端子法」で接続すれば、電流が1Aですんで、
電圧値がそのまま「mΩ」に換算できます。
プラグにハンダしたリード線、およそ20mm長で約1.5mΩでした。


まず、アングルになったレセプタクル。
13
1ピンから、
  13.80mΩ
  12.96mΩ
  13.25mΩ
  13.59mΩ


次がストレートのレセプタクル。
14
1ピンから、
  12.31mΩ
  12.67mΩ
  12.12mΩ
  12.10mΩ
こんな結果でした。
ミニBやらマイクロB、はたまたUSB3.0対応品を計れば
面白いかもしれません。


※回路資料  まとめときました。

|

« リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛 | トップページ | がんばれ「はやぶさ2」 »

電子回路工作」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

けっこう抵抗があるんですね。私の測定でもコネクタをぐりぐり動かすと値が数ミリΩ変化してました。

USBの充電ケーブルでは往復でコンタクトの接触部が4カ所あるので、えらいことです。

投稿: ラジオペンチ | 2018年11月 7日 (水) 10時52分

興味深いdataです。USBから充電する機器が増えてきて、いささか発散状態ですがケーブルやコネクタの抵抗も配慮が必要ですね。
ところで、1A定電流電源の回路図は公開されていたでしょうか? ざっと探したところでは見当たりませんので。

投稿: CPU.BACH | 2018年11月 8日 (木) 01時26分

CPU.BACHさん、回路図は出していなかったようです。
  ※それともzaqブログ+HPのゴタゴタで消えたのか?
仕事場のHPスペースにまとめておきました。
http://act-ele.c.ooco.jp/jisaku/1a_cc_power/1a_cc_pwr.htm

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2018年11月 9日 (金) 08時23分

早速対応いただき、ありがとうございます。

投稿: CPU.BACH | 2018年11月10日 (土) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/67355422

この記事へのトラックバック一覧です: USB-Aコネクタの接触抵抗:

« リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛 | トップページ | がんばれ「はやぶさ2」 »