« がんばれ「はやぶさ2」 | トップページ | ユニポーラステッピングモータを回す »

2018年11月14日 (水)

ステッピングモータを回す

部品発注のついでに買ったステッピングモータードライバ基板。

スイッチサイエンス 扱いのA4988DRV8880 の2種類。

基板のメーカーはPololu
Motion Control ModulesStepper Motor Drivers の中で見つかります。
マイクロステップもできるし、言うこと無し。
11

ブレッドボードに乗せて、手持ちのステッピングモータをあれこれ
回してみました。
12

加減速無し、方向変換無しなら、クロックパルスを与えるだけで回ります。
DC24Vをモータの駆動電源として供給。
モータの定格はさまざまですが、モータを回している電源の電流を
見ながら基板上の半固定抵抗を回せば駆動電流を調整できます。
トルクがあって発熱しない電流値にという所にセット。
デジットで売っていた多摩川精器の「TS3166N913」 も回ります。


ただ、このドライバー基板は「バイポーラ駆動」用。
6本線のユニポーラなら、中点をつながずにつなげばバイポーラと
同じように使えますが、5本線のユニポーラ(電源線1本出しで2つのコイル
のを共通に)のモータは対応できません。

ユニポーラのステッピングモータの駆動回路は、
「ジグザグ23pin」 で、組んでいます。  ←けっこうたいそう

ユニポーラ駆動用の小さなドライバ、見つかりませんなぁ。
デバイスとしては、東芝のTB67S149 が良さそうなんだけれど・・・。
汎用部品で組めばいいんですが、マイクロステップをしようとすると
専用のICになってしまいます。
自力では1-2相励磁まででしょか。

|

« がんばれ「はやぶさ2」 | トップページ | ユニポーラステッピングモータを回す »

電子回路工作」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

続き↓
http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-eb5a.html

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2018年11月22日 (木) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/67380447

この記事へのトラックバック一覧です: ステッピングモータを回す:

« がんばれ「はやぶさ2」 | トップページ | ユニポーラステッピングモータを回す »