« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月14日 (水)

ステッピングモータを回す

部品発注のついでに買ったステッピングモータードライバ基板。

スイッチサイエンス 扱いのA4988DRV8880 の2種類。

基板のメーカーはPololu
Motion Control ModulesStepper Motor Drivers の中で見つかります。
マイクロステップもできるし、言うこと無し。
11

ブレッドボードに乗せて、手持ちのステッピングモータをあれこれ
回してみました。
12

加減速無し、方向変換無しなら、クロックパルスを与えるだけで回ります。
DC24Vをモータの駆動電源として供給。
モータの定格はさまざまですが、モータを回している電源の電流を
見ながら基板上の半固定抵抗を回せば駆動電流を調整できます。
トルクがあって発熱しない電流値にという所にセット。
デジットで売っていた多摩川精器の「TS3166N913」 も回ります。


ただ、このドライバー基板は「バイポーラ駆動」用。
6本線のユニポーラなら、中点をつながずにつなげばバイポーラと
同じように使えますが、5本線のユニポーラ(電源線1本出しで2つのコイル
のを共通に)のモータは対応できません。

ユニポーラのステッピングモータの駆動回路は、
「ジグザグ23pin」 で、組んでいます。  ←けっこうたいそう

ユニポーラ駆動用の小さなドライバ、見つかりませんなぁ。
デバイスとしては、東芝のTB67S149 が良さそうなんだけれど・・・。
汎用部品で組めばいいんですが、マイクロステップをしようとすると
専用のICになってしまいます。
自力では1-2相励磁まででしょか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

がんばれ「はやぶさ2」

ということらしいのですが、記事に記されている原因が『FPGA』。
「源投入時に論理回路が正常に設定されない現象」だと。
はてさて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

USB-Aコネクタの接触抵抗

ラジオペンチさんのブログ記事、
に触発されて、「USB標準Aプラグ・レセプタクル」の接触抵抗を計ってみました。
パーツボックスから探し出してきたレセプタクルとプラグ。
11
新品プラグは1種類。
     ※古いケーブルをぶった切ったらと・・・
こんな測定系。
12
左端の箱が1A定電流電源回路
    ※基板回路の短絡調査用に作ったもの
そこから「赤・黒」のクリップで出力。

テスターはサンワのPC700。
「黄・青」のクリップで電圧を測定。
分解能は「0.01mV」。
「四端子法」で接続すれば、電流が1Aですんで、
電圧値がそのまま「mΩ」に換算できます。
プラグにハンダしたリード線、およそ20mm長で約1.5mΩでした。


まず、アングルになったレセプタクル。
13
1ピンから、
  13.80mΩ
  12.96mΩ
  13.25mΩ
  13.59mΩ


次がストレートのレセプタクル。
14
1ピンから、
  12.31mΩ
  12.67mΩ
  12.12mΩ
  12.10mΩ
こんな結果でした。
ミニBやらマイクロB、はたまたUSB3.0対応品を計れば
面白いかもしれません。


※回路資料  まとめときました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛

ZAQのブログ+HP消滅のせいで消えてしまった
過去記事まとめを復活させました。
GX100の自動ホワイトバランス異常

2007年にやってきたこのカメラ、なんやかんやと
まだ使い続けています。
これに替わるの、何かいいのないでしょうかね?
・接写に強い。
・ブツ撮りで被写界深度が欲しいことがあるんで
 Aモードで絞れること。
・現場撮り用に24mm程度(フィルム換算)の広角ズーム
 域も欲しい。
・今主流の1/2.3型撮像素子は、荒くて等倍トリミング
 には向かないような。
    ※ISO100程度だとGX100は大丈夫。
※関連
    ↑
   ラジオペンチさんところでうだうだと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ