« トラ技1968年11月号 | トップページ | USB-Aコネクタの接触抵抗 »

2018年11月 2日 (金)

リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛

ZAQのブログ+HP消滅のせいで消えてしまった
過去記事まとめを復活させました。
GX100の自動ホワイトバランス異常

2007年にやってきたこのカメラ、なんやかんやと
まだ使い続けています。
これに替わるの、何かいいのないでしょうかね?
・接写に強い。
・ブツ撮りで被写界深度が欲しいことがあるんで
 Aモードで絞れること。
・現場撮り用に24mm程度(フィルム換算)の広角ズーム
 域も欲しい。
・今主流の1/2.3型撮像素子は、荒くて等倍トリミング
 には向かないような。
    ※ISO100程度だとGX100は大丈夫。
※関連
    ↑
   ラジオペンチさんところでうだうだと(笑)

|

« トラ技1968年11月号 | トップページ | USB-Aコネクタの接触抵抗 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/67337882

この記事へのトラックバック一覧です: リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛:

« トラ技1968年11月号 | トップページ | USB-Aコネクタの接触抵抗 »