« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

トラ技1968年11月号

手元にある一番古いトランジスタ技術、1968年11月号
はこんな表紙です。
11
  (青色ハンコは高校クラブの先輩の名)


裏表紙は、三菱・ダイヤトーン・スピーカーの宣伝。
12

目次。  (クリックで拡大↓)
13

記事の内容、半分オーディオ、1/4が無線という配分
でしょうか。
「50MHz送信機」と「フランクリン発振回路」の記事に
興味を持ったようで、メモ書きが残っていました。
まだ広告も多くなくって、3枚おろしの必要はありません。

※関連
2018年10月29日:1970年代の三枚おろししていない「トラ技」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

トラ技Jr.2018年秋号に「8038」復活の記事

トラ技Jr.2018年秋号 に正弦波発振IC「8038」の記事が出ています。
中華製で復活だと。

B15

古いトラ技がらみ でちょいと調べてみたら、1976年9月号に
8038を使った発振器の記事が載っていました。
そのトラ技を見てみると、11月号に訂正記事が出ているとの
メモが。
ツェナーダイオードの接続先が間違っていて、8038を壊してし
まうというのです!
11月号もあったんでpdfにしておきました。
・トランジスタ技術1976年9月号p150とその訂正記事


この訂正記事の話、昔話としてなんとなく記憶の片隅に
あったんですが、21世紀のトラ技Jr.で復活するとは!
ちなみに、作業ベンチには「8038」を使った発振器が
鎮座しています。

C12

一番上のがそれ。
そして、黒いパネルの真ん中のが「MAX038」を使った発振器。
その下がCVCC電源。

8038発振器、製作メモを見ると1982年に作っていました。
周波数スイープ用FM変調回路を付加したり、
出力波形をオフセットさせられるようにと、±のバイアス電圧
を加えられるようにしています。

※関連
2006年05月29日:MAX038がいつのまにか廃品!


※追記
トランジシタ技術 目次検索 で調べても、ICL8038の
製作記事はこれ↓一つだけしか出てきません。
・1978, 2, 多機能ファンクション・ジェネレータの製作,
 ICL8038をベースにした, 一般, 290,9, 嶋田正昭

8038の使い方、回路図集的な記事の中に見つかります。
だもんで、目次には出てきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラ技Jr.での工場めぐり

先週金曜日、トラ技編集部の方が来社。
  ※残念なことにスケジュールの都合で
   ガレージには来られずで。
あれこれお話の中で、こんな依頼が。

・トラ技の別冊、トラ技Jr. (トラギ・ジュニア)
 の記事に関して。

B12

 ※解説:「トラ技Jr.」は季刊の小冊子。
    毎春号は本誌の付録になりますが、他の号は
   「頼まないと」手に入りません。
   しかし、学生さんと25歳以下の新人エンジニア
   さんには無料で送ってくれます。

B11

・トラ技Jr.の記事で、今号(2018年秋)が第1回目の
 連載が「オームぼうやの工場めぐり」。
 工場の見学記をイラストで紹介という企画です。
   ※絵になっちゃうんで製品や装置、工程の秘密は
    守られます。
 今回の記事は「プリント基板の製造工場」。
  素材が、いろんな工程を経てプリント基板ができ
  あがってくる様子がイラストで紹介されています。

A14

・「見学して記事にできる工場、下間さん知りませんか?」っ
 という相談です。

・電気、電子関連じゃなくてもOK。
 機械屋さんでも可。
 面白いものを作っているところを見学したいっと。

どなたか、お知恵を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1970年代の三枚おろししていない「トラ技」

手元に残っていた1970年代のトラ技、いよいよ編集部に
行くことになりました。
条件が
  ・広告が残っているもの
つまり、三枚おろししていないもの。
      ↓
真ん中の記事だけを残して、前後の広告を
外してスリム化する作業。
こちらで該当するものはこれだけ。
10
左端の5冊が仕事場に置いてあったもの。
右のがガレージの段ボールで保管していたもの。
これ以降のトラ技、みんな三枚おろしにしてました。

1960年代のは1冊だけ。  (高校の先輩の本)
もし、1960年代、1970年代のトラ技をお持ちなら、
トラ技編集部までご連絡を。


※関連
以下の14冊がトラ技編集部に行くことになりました。
  1968年 11月号
  1971年 4月号
  1972年 8,9月号
  1973年 3,4月号
  1974年 3,11月号
  1975年 5,12月号
  1976年 5,9月号
  1977年 2,3月号

※検索
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

Arduino UNOでLEDの駆動デューティを変えてみる

LEDの駆動デューティを変えた時の輝度変化を見るための
実験にArduinoを使ってみました。
単純な「PWM」なんですが、Arduinoに備わっているPWMは
「analogWrite()」で、どちらかというとD/Aコンバータの代わり
です。  (分解能が8bit)
そこで今回の実験では、
・8bit タイマー2のOC2Aに方形波を出力。
・これをT1入力に入れて16bit タイマー2でカウント。
・タイマー2をPWMモードにしてOC1Bに出力。
・PWMの分解能は1/1000。
PWMのデューティと周波数を設定できるよう、16進の
ロータリーDIP SWと出力用のMOS-FETを小基板に
乗せました。
・回路図
Led

・配線の様子
組んだLED群です。  (実際に使うのはこれではありませんが)
基本、デューティを1/2にしたら明るさ半分、デューティ1/4なら
明るさも1/4にという比例関係になるんですが、「目で見た感じ」
が分かりません。
それを調べるための実験です。
FETのソース側に入れた抵抗の電圧を測れば、駆動電流が
読めるということにしました。
砲弾型LEDの最大定格、20~30mAで、1/10デューティの
駆動ならピーク100mAというのが多いでしょうか。

作った制御スケッチのアップロード↓ へ。
※特徴的な処理
・タイマー0はArduinoのシステムで使っている。
・自由になるのはタイマー1と2。
・PWMの分解能が欲しいから、タイマー1が16ビットなので
 これを使う。
・PWMデューティを設定するスイッチの周期的読み出しに
 は、「millis()」で1msカウンタの変化をチェックして、変化
 したら1mS経過フラグをオン。
・これでチャタリング除去の時間待ちを処理。
   実際の処理は、時間待ちせずに時間経過をチェック。
   処理が終わるまで待つというプログラムの書き方は×。
ATtiny2313を使ったパルス発生器 ←これはアセンブラでごそごそ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

「ふげん」の資料から「トリチウム」の管理を読む

「ふげん」の資料 に、「福一」で問題になっているトリチウム の話
が出ています。

「ふげん」の場合、減速材の重水に中性子が当たることで、
トリチウムが生まれます。
「ふげん」での管理方法や、世界でどうのようにトリチウムが
扱われているのか、数字で出ていました。
   ※年度的には古い資料ですが(20世紀の)

よその国、気体も液体も、むちゃ「出して」います。

福一に溜まってるトリチウムの総量って、どのくらい
なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タクトスイッチ接触不良

はじめてのロータリーエンコーダー を制御している試験回路
基板に乗せた「タクトスイッチ」、これが接触不良に。
   ・・・作ってからまだ4ヶ月
11
この右側のが、『オンしないことがある』状態に。

このスイッチ、秋月電子通商の100個詰め合わせ
12
安価で実験用に便利だからと買ってありました。
右側のだけアウトになっているんですが、
「接触抵抗の増大」での接触不良ではなく、
「グニグニとボタンを押したらしたらちゃんとオンする」
という状態。
交換しちゃおうということで、2つとも基板から外しました。

13
足の根元、ちょいと変色が気になります。
14

室内で使っている(ほとんど放置)だけなんで、この変色は
気になります。

スイッチ四隅のポチポチをカッターで切り取ったら、
中の様子を観察できます。
15

固定側接点も円盤側もそんなにひどいことにはなっていません。
ところが・・・ だめな方の接点を顕微鏡で見ると、何やら異物が
接点の盛り上がり部分に付着しているではありませんか。
顕微鏡で見ながら針先でつついたら、どっかに行っちゃった。
で、写真は異物の存在に気づく前に撮ったのから。
16a

接触抵抗の増大ではない接触不良、どうやら
これが悪さをして接触不良を起こしていたようです。

安価だし、文句も言えません。

※タクトスイッチ絡みのトラブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

『配管設計者がバラす、原発の性能』

またまた図書館で借りてきた本。
    ※タイトルを「原発」で検索
・配管設計者がバラす、原発の性能
サブタイトルが「退くも進むも、そこは地獄の1丁目」。
20181020092942182_0002

「PWR」と「BWR」、どっちがエエねんを論じられてる・・・
自身を「設計者」と呼ばれてますんで、信頼できる本かと
思ったんですが・・・・
「第1章:原発との遭遇」からちょいと、アレレ?な記述が。
  『当時の東海1号炉・・・ その熱で金属ナトリウムを熱する。
   ・・・ 現在は水が主だが、当時東海1号炉の熱媒体は
   金属ナトリウムであった。』
ちょいちょい。
「東海1号機」って「黒鉛減速炭酸ガス冷却型原子炉」。
「ナトリウム」を冷却剤に使った炉って、日本じゃ「常陽」「もんじゅ」
の2炉だけでしょ。
そして、同じ章、13頁。
  『数年後、福井県敦賀原発「ふげん」の建設にあたっても・・・
  ・・・そこが東海原発と同型の原子炉(PWR)を採用したことも
  あって、・・・』
おいおい。
「ふげん」 は重水減速・軽水冷却、圧力管型で、通常の原子炉
(PWR、BWR)とはちょい違う。
   ※「ふげん」は仕事で絡んだんで。

まだある。 15頁。
  『もともとBWR原子力潜水艦用で、小型、軽量、効率的で

  合理的な原子炉であった。しかし、そこには安全性が欠如
  しており、福島第一原発事故で、BWRの想定された問題
  が問われている。』
文頭のBWR、誤植かと思ったんですが、後半の文から誤植じゃなく
勘違い:思い違いであることが分かります。
また、33頁にも
  『動力炉・核燃料開発事業団の大山彰先生の著書にも
   書かれているが、最初に開発されたのが加圧水型(PWR)で、
  その後、原子力潜水艦用に開発されたのが沸騰水型(BWR)
  である。・・・』
とあり、かんぺきに技術史を間違っておられます。
原子力潜水艦の炉型は「PWR」でっす。
ノーチラス号 に失礼です。  参:S1W炉  S2W炉


「PWRとBWR、どっちがエエねん?!」っという論議も面白いんですが、
「もっと安全な炉を作って動かしてみようぜ!」っとか
「やっぱ核融合やろ!」っという、「20世紀からの夢の実現」は
まだまだ遠いようです。 
言っちゃおう。
オリンピックに使う予算をかけたら、別の夢の実現に近づけたのかも
しれない。


※追記:ふげんについて
「原子炉圧力容器」は無い。  (格納容器はある)
炉心にある224本の圧力管それぞれに入っている燃料集合体が「燃え」(核分裂)る。
だもんで、PWRともBWRとも違う。
炉心の構造に限れば、チェルノブイリの黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉
近い。
    ふげん:減速材は重水
    チェルノブイリ:減速材は黒鉛
沸いた「湯」は、蒸気に分離して、そのままタービンを回す。
    PWRの蒸気発生器ではない
運転しながら燃料交換できる。
濃縮ウラン以外も燃料になる。 (天然ウランもプルトニウムも使える)
重水が高価。 
圧力管を出入りする配管(冷却水が通る)がむちゃ複雑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

『建設現場 災害事例集』

電子回路設計の仕事、たまには「現場」(工場が多いか)へも行くんですが、
「建設現場」となると、危険度が違います。

図書館で借りてきた「建設現場 災害事例集」 、いやというほど
(この本では155例)事故の例がイラストで紹介されています。
21

ベテランも新人も、作業員も職長も。
「90m落下」とか「履帯に巻き込まれ」とか
「現場の仮設トイレに入っていたらその上にクレーンが転倒」
とか、「ぞぞぞぞ」っとなる事例が紹介されています。

『建設現場災害事例』
で画像検索したら、この本のも出てきます。
みなさん、どうかご安全に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文鎮:クリップ先端のゴム、再び

ひさしぶりの文鎮:ハンダ付け補助ツール ネタ。

※あれこれ

・SUS304の募集、あともうちょいで足踏み中

・形状違いの素材、佐藤テック君が忙しくて停止
2018年06月20日:文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル …形状違いの素材

・リン青銅、3つ残ったまま
2018年05月24日:文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル …最後のリン青銅できあがり

で、今日は文鎮・クリップ先端に付けるゴムの話。
複数のバナナプラグや電線を挟み込むとき、クリップじか
じゃなく、弾性のあるゴムを付けていた方が良いぞ、というのは、
2018年03月20日:文鎮:ハンダ付け補助ツールのクリップにゴム板を

で、紹介しました。
この時は、ゴムの薄板を接着剤でクリップの先端にくっつけています。

その後、何か良いものは・・・っと、探して見つけたのが下の二つ。

11

左側が玉造の「ロイホ:ロイヤルホームセンター」で見つけた「溝ゴム」。
型番がKGV1-100W  …伝票の札にはKGV1-100Hと。
材質が「EPDMゴム」。 1m単位で買えました。

右のが、ミスミで見つけた「トリム」という名の保護材。

型番 TRAT 0.4-B-5-L1   (Lは全長)
こっちの材質は「熱可塑性エラストマー」で、ちょいと高温に弱い。
トリムには金属板が仕込まれていて、しっかりと食い込みます。

クリップに付けると、こんな感じ。
クリップの先端を挟み込みます。

13

左から、「溝ゴム」 「トリム」 「2mm板ゴム」。

しかし・・・
厚みが増すんですよね。
ミノムシクリップをハンダするときなど、口を大きく開けなければなりません。

板ゴムだと
14

溝ゴム
15

厚みを測ってみると、
  ・板ゴム  2.3mm  ゴム厚2mm+クリップ厚み
  ・溝ゴム  4.3mm
  ・トリム  5.0mm

接着不要な溝ゴムとトリム、取り外しも可能なんですが
ちょいと厚い!っという感じです。


ゴムをクリップ先端に付けると、多芯ケーブルを予備ハンダすると
きなど、グラグラせずしっかり挟み込めます。

12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

「2次電池」の語源

昔の記事で「2次電池の2次ってなにやねん?」を
話題にしたことがあります。

2006年07月08日:2次電池は一般的呼称か?
アイザック・アシモフさんまで引っ張り出して・・・

で、先日のトラ技別冊
の「電池に関する用語解説」にこんな内容が出ていました。
この疑問への回答かと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●2次電池(secondary-battery)
放電しても充電すれば繰り返して使用
できる電池を言う。蓄電池(storage
battery)、充電池とも呼ばれる。
語源は、2次電池は放電状態で組み立
てられ、充電で活性物質を活性化して
電池になるが、この活性化や充電に1次
電池が使われていたことから、2次的な
電池と定義
された経緯がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで、アシモフさんの本を引っ張り出した記事に
対する水魚堂・岡田さんのコメントが大正解となりました。


======================
◆再掲:2009年09月21日(月) 07:54 by 水魚堂 岡田
  充電式電池が発明された当時は電池で電池を
充電していたので、PrimaryとSecondaryという
呼び名になったという説がありました。
  本当かな、と思って調べてみました。
  発電機の発明より、二次電池の発明の方が
ずっと後です。でも、商用電源が整備されるの
は、もっと後です。
  学者さんが実験で使うぶんには、充電式電池を
電池で充電していたのは本当なのかもしれま
せん。
======================

※そうそう。 言葉の歴史、次の二つが解決していません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

ベータのビデオテープを再生したい

地車(だんじり)メンバーからのHelp!
『大昔に撮った地車のビデオ、ベータのテープに
 入ってるんだが、デッキが壊れてて再生できない。
 動くベータのビデオデッキ、どこかにないだろか?』
ということなんですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

パナソニック「HCリレー」廃番に!

とあるパワー回路の修理で使っているパナソニックのHCリレー
2018年9月末で全品種廃番
です。

Cap001

代替品無し!
修理に必要なリレー、端子幅「0.9mm」というものを使っていて、
もともとこれは標準品じゃありません。
   ※わたしとこの設計じゃないんで
これまでも、納期が1~2ヶ月必要でした。

この端子幅が特殊じゃなかったらオムロンのMYリレーでもokなんですが、
基板の穴寸法が0.9mmに合わせて作ってあって、どうにもこうにも・・・・
修理用の在庫、10個ほど。
   ※9月25日に20個注文したんだけど、これは入ってくるのかな?
※関連
パナソニック・HCリレー、通常のハンダ付け端子品(右側)と
幅狭端子品の違い。  (なんでこれを選んだんだ!っと)
11

拡大↓
12

修理する基板のスルーホール(両面基板)、左側の
端子しか入らないんです。
入荷の具合で通常品の端子品しか無い時は、1.5mmの
端子を細く削って対応したこともありました。

で、その後。  代品をあれこれ調べてましたら
オムロンの共用ソケットで細い足のを発見。
「PY08-02」で、端子の幅が1.0mm
P1
P2
修理する基板、不良リレーを抜いた後にこのソケットを入れ、
オムロン「MY-2」リレーを挿入すれば解決できるかも。
次回、修理依頼があった時に試してみます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔法の言葉「volatile」

割り込み関連プログラミングの説明のため、ちょいと昔の記事を
発掘してきましたんで紹介しておきます。
※状況
・8bitマイコンでの処理。
・割り込み内で多バイトデータを処理したい。
・一度に処理できるのが1バイトの8bitマイコンなんで、
 wordとかlongの値だと、メイン側での読み書き処理中
 に割り込みが入ると値をミスするかもしれない。
・メイン側での読み書き中は、割り込み禁止状態にして
 おかなくちゃならない。
・メイン側でのwordデータの読み書きの直前に割り込み禁止に
 して、処理後、割り込み有効状態を元に戻す処理が必要。
  ※8bitマイコンでもZ80なんかだと2バイトのロード、ストア命令
   があるんで、2バイト値までだったら気にしなくて済みそう
   なんですが・・・
   しかし、、、2バイトの値を加工してメモリーに戻す時に、割り
   込み内の処理と競合するかもしれません。
   やはり割り込み禁止状態は必須。

こんなとき、処理する変数に「volatile」を付けておかないダメだっ
というお話しです。

ちなみに・・・・ Z80の割り込み処理に関してはこんな注意も!
Z80・割り込みフラグの不具合に関するレポートの詳細情報 : Vector

「プロセッサ:1989年3月号、9月号に載せてもらった記事(テキスト)です。

※Z80のWikipaediaに
Z80 - Wikipedia の脚注[4]にこのリンクと私の名が出てました。
さっき、初めて知った(喜)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

SF小説 『七人のイヴ』  Q符号が出てくるよ

ハヤカワSFシリーズの七人のイヴ Ⅰ~Ⅲ

※いつものように図書館で。 表紙はⅢだけ
21


いわゆる人類滅亡小説
「書評は検索結果をどうぞ」なんですが、珍しく「アマチュア無線・
モールスによる通信の場面」が出てきます。
残された地表と宇宙(ISS)をモールスで。
そして「Q符号」も。


「七人のイヴ Ⅲ」は、絶滅から5000年後の話なんですが、
ここにも「Q符号」が登場します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リチウムイオン電池の現状がよく分かる!

トランジスタ技術2018年11月号 の別冊「アナログウェアNo.7」が
リチウムイオン電池を特集しています。
10
10a
11

リチウムイオン電池の歴史、現状、構造、製造工程、検査工程
から、劣化の原因や発火事故の原因についても詳しく解説。
X線写真や内部構造写真(モノクロだけど)は必見。

著者は江田 信夫さん

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

東洋シャッター電波リモコン TS-2Cの電波

修理の終わった東洋シャッター電波リモコン TS-2C 、その送出電波です。
310MHz帯でFM変調。
RF Explorer で見ると、こんな電波になっています。
11_2

送信回路への制御データをオシロで見ると・・・
  ch1が変調出力(送出制御コード)
  ch2が送信オン指令
12

1mSと2mS周期の方形波で変調しています。
一連の制御コードは最小サイクルが248ビット(31バイト)。
送出するタイミングでコードを変えているようです。


FM変調波を電波チェッカー で聞いても面白くありません。
LEDレベルメータでキャリアーが出ているのが分かるだけで、
変調音は聞こえません。


※TS-2Cの送出コードを調べた方法をまとめておきました。
  ・http://act-ele.c.ooco.jp/jisaku/ts2cpls/TS2C_PLS.zip
Arduino UNOを使って、リモコン・マイコンが出す信号を
読み取っています。


※さまざまな電子機器、電子回路の修理依頼について:(有)アクト電子

| | コメント (3) | トラックバック (0)

村田のセラロックCSTCR

上段のが故障品で、基板から取り外したもの。
下段の裏表にしたのが現行品です。
11
ずいぶん小さくなっています。
これをなんとか、基板にハンダ付け。

修理依頼のリモコン、ちゃんと制御コードを出力するように
なりました。
でも、実物シャッターでの動作確認はユーザーさんにお願
いするしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

夢・・・危機一髪! ワニに襲われる

過去、ブログで何度か「夢」の話をしてますが、先日はこんなの…

・とある天気の良い休みの日。
・女房と息子たちは出かけてて家にいない。 私は留守番。
ペコ(我が家のトイプードル)と部屋の中で遊んでいたら…
・庭から「ワニ」が出現。 唐突に! なぜワニ?
・ワニ、ノソノソと部屋の中に入ってくる。
・ペコは「ワンワン」「ガルル~」っと防御。
・ワニに向かって行こうとするんだけれども、大きさが違う。
ピピ(我が家のコザクラインコ)は、三次元移動できるんで、
 大丈夫。 大声で鳴いている。
・あたしとペコ、奥の部屋に逃げる。
・携帯電話で助けを呼ぼうとするも、携帯電話はワニが来た部屋に
 置いたまま。
・扉を閉めて、ワニが入ってこないように頑張るが、ペコがワンワン
 言うものだから、ワニの気ははこっちに。
・ワニ、爪で扉をガリガリ。
・ピピが「ピピピっ」っと鳴いてワニの周囲を飛び回っているのが聞
 こえるけど、どうしようもできない。
・もうあかん。っというところで目が覚めました。

危機一髪、絶体絶命の夢、なかなか面白いです。

※過去記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »