« 音の出る低周波アンプ・・・どっかにあったはず~ | トップページ | デジキーから »

2018年3月 1日 (木)

JBLのプリメインアンプ SA-600修理

ご近所つながりで、こんな骨董アンプの修理を頼まれました。
JBLのSA-600
  電源が不安定。
  聞いている時に電源が落ちたり入ったり。
という症状。
「ちゃんとしたヴィンテージ・オーディオのお店で買った」という品です。

11

回路図はネットを探したら出てきますが、仕事場の書架からこんな本を発掘。
12

昭和53年の「電波新聞社」、『世界の名器 ステレオ・コンポ回路図集』
この本に出ておりました。
13

「素のまま」じゃなく、ショップで手を入れられています。
たとえば、パワーオンの遅延。
電源が入ってしばらくしてから、パワー段に信号源がつながるようになってます。
だもんで、JBLのアンプに「オムロン」のタイマーとリレーが入っております。
14

回路のほうでも、プリアンプ部の電解コンデンサは交換されています。
19

メインの電源平滑コンデンサには、日本製の電解コンがパラ接続。
   ※メインアンプ部が触れるように解体するの、
    箱の構造から大変そうなんです。

故障の原因はパワースイッチ接点の接触不良でした。
接触が安定しません。
スイッチは格好だけにして、この接点を短絡させ、AC100Vが供給されたらいつでもパワーオンするように改造します。
  ※そのままの形でスイッチを残すのはオーナーさんの意向でっす

最初、フロントパネル裏へのアクセス方法が分かりませんでした。
底面のビスを外したら、底面のピンジャック端子ごとフロントパネルが動きました。
15

このアンプ、信号入力のピンジャックが底面パネルに付いているんです。
リアパネルは、電源とスピーカーへの出力端子だけ。
ちょいと、不便そうです。

これでスイッチの配線が触れます。
16

オムロンのタイマーとリレーが見えてます。
この処置後、通電試運転をしましたが特に異常なし。
ちゃんと音は出ています。

で、もう一つわかった故障箇所が電源パイロットランプの断線。
ベースに180度対向でチョッポリの出たスワンベースのランプです。
ガレージは適合する手持ち部品が無かったので、切れた電球のベース部を利用して、抵抗と青色LEDをくっつけてみました。

17

オーナーさんに「青色ランプはどう?」っと問いかけますと・・・
すみません、欲を言えば電球です・・・。』っと。
ということで、佐藤テック工場で常備している電球を持ってきてもらい交換。
無事に「電球」が点りました。
18

電球への供給はAC24V。 交換した電球は30V定格のもの。
これで、長持ちするかもっと。

※追記
電源スイッチ部の回路、このようになっています。
21

接点を並列にして試してみましたが不安定さは同じ。
その原因は、スイッチ・レバーの「ひん曲がり」。
物理的なチカラが要因なんでしょう、2回路になった両方とも接触が悪くなっていました。

それと、回路を見て気になったのが、接点に直接並列接続されたコンデンサ。
これ、AC波形のタイミングによっては、瞬間的な短絡電流が接点に流れます。
入れるのなら、やっぱ、「CR直列型のサージキラー」じゃないかと。
この直付けのコンデンサで、接点をよけいに痛めているような気がします。

※なぜ青色LEDが拒否されたか・・・
オーナーさんが「電球」にこだわる理由、判明です。
部屋を暗くしてアンプをオンすると、パイロットランプだけじゃなく、前面パネルのツマミがパネルの裏から照らされます。
これ、なかなかかっこイイです。

21_2

|

« 音の出る低周波アンプ・・・どっかにあったはず~ | トップページ | デジキーから »

修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/66446837

この記事へのトラックバック一覧です: JBLのプリメインアンプ SA-600修理:

« 音の出る低周波アンプ・・・どっかにあったはず~ | トップページ | デジキーから »