« 導通チェッカー改造 | トップページ | 100円ラジオのケース、まだ頑張ってます »

2018年2月 4日 (日)

緊急修理:キーエンスの液晶表示器 バックライト交換

青指仲間の「バネ屋」さんからの修理依頼。
金曜日の晩、みんなで一杯やっているとき、私の携帯電話に
かかってきました。
  『バネの仕上げ研磨をする機械。
   その表示器のバックライトが突然消えてもた。
   前から… 暗なったな~。 点けへんときもある。
   寿命やろなっと思ってた。
   これ、タッチパネルなもんで、液晶が見えへんと、
   機械が使われへん。
   なんとかならんかな~。』
っと。

で、土曜日の朝、工場へ行って表示器を引き上げてきました。
ものはキーエンスのMT-250
ずいぶん昔ので、すでに廃番。
その冷陰極管がアウトに。

11

バックライト OP-23977 の交換はできるようになっています。

12

液晶パネルの上下に各1本。
2本のCCFL管 で照らしています。

13

引き抜くと・・・
14

寿命の来た蛍光灯と同じように、先端部が黒くなっていました。
14a

ネットを探しても交換品が出てきません。
   ※CCFL管を売っている所は見つかりますが。
液晶表示器のメンテナンス用に置いてあるのから抜き取れば
使えそうなんですが、長さ違いで(もっと長い)使えません。

機械はすぐにでも動かしたいとのこと。
さてさて。 どうして修理したものか・・・

表示器の電源は「DC24V」。
「白色LEDなんとかできるかな?」っと考えて部品ストック
を見たら、使えそうなチップLEDがありました。
15

実測、20mAで3.5V。 5個直列だと17.5V。
330Ωの抵抗を直列に入れれば、DC24Vで点灯できます。
ユニバーサル基板を細く切って、1列に5個×2、計10個を
ハンダ付け。

16

あたりまえですが、光る、光る。

17

これを2列製作。

パネルのCCFL管を抜いたところに挿入。
  (周囲が樹脂パーツのようだったので絶縁は無し)
18

これで、復旧完了。
土曜の昼過ぎに工場へ持ち込み、動作確認。
なんとかなりました。

修理後(主装置につなぐ前)の表示↓
21
通信エラーが出ていますが、画面文字がちゃんと読み
取れるようになりました。


※ネットを探しても補修用部品が出てきません。
 みなさん、どうしているのか?

|

« 導通チェッカー改造 | トップページ | 100円ラジオのケース、まだ頑張ってます »

修理」カテゴリの記事

コメント

LED(点光源)による明暗のムラが無く綺麗に見えます。
素晴らしい!

投稿: SAKA@FW | 2018年2月 4日 (日) 19時40分

このLEDのピッチだと、もっと「点々」になるかと思ったのですが、以外とキレイに光りました。
中の導光・拡散板がよかったのでしょうね。

このピッチにしたのは手持ちLEDの「数」の問題でした。
秋月で買ったこれ、「30個」入り。
幾つか使っていて、残数二十数個だったんです。
それで上下列、それぞれ10個と決まりました。

しかしまぁ、緊急修理がうまくいくとうれしいものです。
※もちろん工賃は頂戴いたします。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2018年2月 5日 (月) 08時19分

昨夕、キーエンスから電話がかかってきました。
キーエンスのサイトで、MT-250の資料(交換用バックライトの型番や交換方法)をダウンロードする時、登録したユーザー名を入力しなければなりませんでした。
この情報が営業担当に回ったのでしょう。
「何かお困りでしょうか?」という問いかけから、電話での会話が始まりました。
状況を説明して、「白色LEDを使ってちゃんと修理できましたで~」っと話をすると驚いておられました。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2018年2月 6日 (火) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/66356237

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急修理:キーエンスの液晶表示器 バックライト交換:

« 導通チェッカー改造 | トップページ | 100円ラジオのケース、まだ頑張ってます »