« 「vsprintf()」で数値出力を | トップページ | 「皮相電力」を測定しているぞ »

2018年2月21日 (水)

アンプPM-802ME修理完了

PM-802ME、修理が終わりました。

LEEM製 ミキサー付パワーアンプPM-802ME
このスイッチのメーカーはどこ? 定格は?

基本は電源スイッチの破損。
しかし、それだけではありませんでした。
  ・右チャンネルのスピーカーから音は出るのに、
   左チャンネルがアウト。
  ・いっぱい付いているボリューム、ほとんどに「ガリ」。
  ・シャーシの底板を固定するためのM4の雌ネジ二つ、山がもげてた。

左チャンネルの音無しには悩みました。
  ・パワーアンプ部は左右とも生きていた。
   パワーアンプ基板への入力、左右を入れ替えると左も鳴った。
  ・ということは、ミキサー系の出力がおかしい。

原因はこれ。

22

ミキサーとメインアンプを切り離せる構造になっているのです。
切り離さない時は、「MAIN IN」イヤホンジャックの切り替え接点がオンしていて、入出力がつながります。
左チャンネルのこの接触部分がアウトになっていて、パワーアンプ部に信号が入っていませんでした。

パネルのこのジャック。
15

下側の「LEFT」「RETURN」「MAIN IN」と書かれているジャック。
どうにも接触が回復しなかったので(ジャックはパネル裏の基板に取り付けられていて、触れない)、このジャック部をスキップするようにして信号を渡しました。
   ※これ、使うことは無いやろうという判断で

ボリュームのガリ解消に活躍したんが「大阪魂」のパーツクリーナー
ダメ元で吹きかけたら、ガリが解消。

12

ちょっとウソのよう。
いつまで持つかは不明です。

パネルの電源ランプ、元々は「赤色LED」だったんですが、ちょいとおしゃれに「青色」のに交換。

11

内部の様子はこんな具合。

13

見えているボリュームみんなに、
   「プシュー」  「つまみグリグリ」
これで、スムーズに可変できるようになりました。

14

パワーアンプの電源は±48V。
リアパネル一面がヒートシンクになっています。

|

« 「vsprintf()」で数値出力を | トップページ | 「皮相電力」を測定しているぞ »

修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/66417672

この記事へのトラックバック一覧です: アンプPM-802ME修理完了:

« 「vsprintf()」で数値出力を | トップページ | 「皮相電力」を測定しているぞ »