« 100円ラジオのケース、まだ頑張ってます | トップページ | ちょっと待て! 部品交換でのスカタン »

2018年2月 5日 (月)

20年前に作った電源を改造

ちょいとした実験のために「外部から出力電圧制御できる+
出力電流をモニターできる電源」が必要に。
新たに組んでもよかったんですが、手持ちの実験用電源を
改造(回路を付加)することにしました。

11_2

元は単純なシリーズ電源。
電圧出力0~20Vで、電流は0.7Aで保護。
出力電圧は可変できますが、保護が働く電流は
一定という回路です。

もともと、外部から出力電圧を制御できるように
切り替えスイッチと入力端子は設けてありました。
この電源に電流モニター回路を付加したのです。

回路図(概略)↓  右上部が追加した電流検出回路。
A1
使ったICはマキシムのMAX4376T
ゲイン「20倍」のチップです。

ハイサイドに設けた電流検出抵抗から電流を検出して
電圧出力します。
  ※★電流検出アンプに関するメモ
電流検出抵抗はパネルの直流電流計(0.1Ω)を利用しました。
電流0.5Aで1V出力します。
電圧指示入力と電流モニター出力のGNDが共通に
できるので、オシロで観察するのに便利なわけです。

電源制御回路の空きスペースにピッチ変換基板を
貼り付けました。
12_2

過去に作った似たようなのがこれ。
  ・実験用定電流回路
入力電圧で出力電流を定電流制御しようというもの。
これも入出力のGNDを共通にするため、ややこしいことをして
います。

|

« 100円ラジオのケース、まだ頑張ってます | トップページ | ちょっと待て! 部品交換でのスカタン »

電子回路工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/66360750

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前に作った電源を改造:

« 100円ラジオのケース、まだ頑張ってます | トップページ | ちょっと待て! 部品交換でのスカタン »