« BQ-390の電流検出抵抗 プリントパターンが? | トップページ | 改造BQ-390での充電 「eneloop pro」 »

2018年1月18日 (木)

改造BQ-390での充電 「ReVOLTES」

電流検出抵抗を変更したBQ-390での充電 、ダイソーの
ReVOLTES(1300mAh)ではこんな具合になりました。

充電器から電池電極両端の電圧を引っ張り出してきています。

R01
  (クリックで拡大↑)

X方向、時間軸は1目盛が30分。
Y方向、電圧軸は0.1V/div 。
記録線1が改造BQ-390で、2がオリジナルのままのBQ-390。
それぞれのY軸ベース点を0.2Vずらしています。

オリジナルのほうはおよそ78分で充電停止。
充電電流を減らしたほうは117分。
充電電流比率「x1.5」そのままの時間で、充電が終わりました。

これがその放電結果。
Rv02

推定容量、ざっと1200mAh。

しかし、大容量の「eneloop PRO」では、電流を減らしたほうでは
ΔV検出前にタイムアウト。
充電不足の状態になってしまいました。

※関連
電池イジメ 次のテーマ
改造BQ-390での充電 「eneloop pro」


|

« BQ-390の電流検出抵抗 プリントパターンが? | トップページ | 改造BQ-390での充電 「eneloop pro」 »

電池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/66291195

この記事へのトラックバック一覧です: 改造BQ-390での充電 「ReVOLTES」:

« BQ-390の電流検出抵抗 プリントパターンが? | トップページ | 改造BQ-390での充電 「eneloop pro」 »