« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

メモ:ロードセルのピンコネ

友人からの依頼で修理したデジタル秤(200kgフルスケール)
の、ロードセル接続コネクタのピン配置をメモ。
  ※紙で残すより、ここに書いておくほうが良いかと・・・

コネクタ:D-SUB 9ピンのオス
  1  X
  2  赤
  3  X
  4  黒
  5  X
  6  X
  7  緑
  8  白
  9  X

写真は無し。
「ペコ」の体重、0.05kg分解能で計れてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊れたドラレコの撮像素子

パンパンに膨れたリチウム電池 が使われていたドラレコ、
解体時に出てきた撮像素子です。

15

大きさ「5.4mm角」。
顕微鏡で見て、「素子が確認」できるくらいの細かさ。
このカメラでは素子内の様子は映りません。
   (光学的フィルタの具合もあるんでしょうが)

車内を写すカメラには、照明用に赤外線LEDが付い
ています。

14

「波波」の素子はCDS。
暗くなったら照明をオン。という具合かと。

前を写すカメラの撮像素子を基板から
ひっぺがしてみました。

10

12

BGA(ball grid array)でつながっています。

そうそう。 メインの制御基板をながめていたら、
面白い接続を見つけました。

A1

3つ「0Ω抵抗」が見えていますが、中央のが
「なんやこれ!?」でっす。

部品番号「Q1」、(おそらくトランジスタか)これの
足を斜めにした抵抗で渡っています。
トランジスタとしたら「B-E間」。
制御不要で、いつもオンに、てなところでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

パンパンに膨れたリチウム電池

佐藤君から
  「知り合いのところのドラレコが死んだ」
  「見てみるか?」
っと、メーカー名や型番が不詳のドラレコが
やってきました。
高級品だったそうで、車内撮影カメラも付いて
ます。
電源はUSBから。
電源を供給しても、オンしません。
電流は流れてるんですが、反応無し。

で、興味本位で解体。
出てきたのがパンパンに膨れたリチウム電池。

11

12

電圧は出ているんですが、電流が取り出せません。
これの処分って、どうしたら?
普通ゴミで出して、発火なんてことになると怖いし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

メモ:ガレージPCのDVDドライブを新調

昨晩、撮り溜めた「地車」の写真をDVD-Rに焼こうとしたら、
エラーが発生。
メディアの不良ではなく、ドライブが言うことを聞いていない
感じ。
で、今日、日本橋に行って新しいDVDドライブを買ってきました。
新しいのだと、ちゃんと焼けました。
買ったのはASUSのDRW-24D5MT
税込みで2548円でした。

せっかくですんで、10年間頑張った旧DVDドライブをメモ
しておきます。
11

ガレージPCで使っていたのはLG製のGSA-H62N
2007年製造。
13
これが昨晩、アウトに。

そうそう。
新しいDVDドライブで焼いたメディアの中に、
こんなディスクが1枚・・・
12

中央の「穴」の近くに、怪しい付着物。
「色素」がこぼれ落ちたのでしょうか。
「MAXELL」ブランドのメディアです。
台湾製。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

スイッチの接点定格

「ACん百ボルトで、んアンペアを開閉」てなゴツい
スイッチではなく、基板に乗せる、数値設定用の
小さなロータリーディップスイッチのお話。
例えばオムロンのA6R

定格(抵抗負荷)」 の所を見ますと、
「DC24V 25mA 、DC3.5V 10μA(最小電流)」 
と、記されています。
この「DC3.5V」に物言いがついたのです。

メーカの仕様が3.5Vなんだから、3.3V電源で
 動くマイコンでは使えないのではないか?

という意見。

私は、接点電流の問題なので、開放電圧が
3.5Vより低くても、電流値が大きければ 問題ないだろうと考えてました。

で、オムロンへ問い合わせましたらさっそく
回答が返ってきました。
かいつまんで…

・保証範囲はやはり3.5V以上となってしまう。
・しかし、実力的には3.3Vの開閉能力はある。
・電力(ワット数)で3.5V、10μA(=35μW)を越え
 ていれば、問題ないと考える。


つまり、接点の電圧と電流を別個にするのではなく、
電力で考えたらということ。

電源電圧3.3Vで47kΩでプルアップされたロジック
入力をスイッチで短絡すると、電流は約70μA。
下限の10μAは超えているんで、単純に大丈夫かと。

スペックを深読みしすぎての物言いなのか、
はてさて、いかがでしょうか?


※追記
コパルのスイッチ だと、「最小電圧20mV、最小電流1μA
と、オムロンのとは桁が違う数値が記されています。
オムロンスイッチ、評価をし直してもらいたいように
思います。




コパルのスイッチ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

防災情報メール

台風接近中の22日の晩、
携帯電話(ガラケーです)にあれこれ防災情報の
メールが入っていました。

強制的に入ってくるのが「エリアメール」。
19時53分に着信した大阪市からのがこれ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
避難準備・高齢者等避難開始
こちらは大阪市役所です。
次の地域で避難準備・高齢者
等避難開始を発令しました。
大和川の水位が上昇。避難に
時間がかかる方は、丈夫な建
物の3階以上や避難所へ避難
してください。
東住吉区:公園南矢田、住道矢田、
照ヶ丘矢田、矢田、湯里
(大阪市)
~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の携帯(ドコモ)などには届いたのですが、
ガレージにいた一人の携帯には入ってこず。
同文面のメールが入ったのは、1時間ほどし
てから。
  『今頃来たで~』っと。

上の文章、何がまずいか考えると・・・
発表日時の記述が本文内にありません。
送った人は、メールの着信日時で事足りると
考えたのでしょうね。

しかし、22時08分着の「大阪防災ネット」からの
メールは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下の地区で避難勧告が発令されま
した。
災害名称 :20171021風水害(T21)
発表日時 :2017/10/22 21:55
対象地区 :住之江区・住吉区・
      東住吉区・平野区の一部
区分   :勧告
~~~~~~~~~~~~~~~~~

日時、場所が簡潔にまとめられています。
これに欲しいのは、もうちょい詳しい状況解説。

それと・・・
この手の情報は、「です・ます」の丁寧文じゃなく
ても良いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

「マイコン型導通チェッカー」クリックポストでの発送okに!

私の仕事場:(有)アクト電子 で頒布している
マイコン型導通チェッカー
これの発送をクリックポスト でも行うようにします。

・サイズの関係で発送は「1つ」あるいは「2つ」だけ。
   ※3つ以上は、これまでと同じヤマト運輸の「代引」
    になります

・A4サイズの封筒で送ります。
 ですので、このサイズに対応したポストが必須です。
   ※折りたたみできないので

・配達記録は残りますが、手渡しではありません。
   ※郵便物の盗難が生じない環境で

・キットあるいは完成品、どちらでもokです。

・到着後に、振り込みしてください。
   ※合計金額と振り込み先を記したメモを同梱します。

・厚み制限が絡むので、厳重な梱包はできません。

★マイコン型導通チェッカー価格(税込)

  従来品・キット : 3,600円  (アンプ無し)
  従来品・完成品 : 4,628円  (アンプ無し)
  アンプ付きキット: 4,140円
  アンプ付き完成品: 5,220円

  クリックポスト代金 : 164円

ヤマトの「代引き」だと、直近の近畿圏でも
761円+324円=1085円の運賃+手数料がか
かっていまいます。
それが「164円」で全国にお届けできます。
振り込みの手数料はご負担いただかなくてはなりませんが、
ヤマトに比べてずっとお安くお届けできます。
ぜひ、ご利用ください。

※マイコン型導通チェッカー、使い始めると、
 配線チェック作業に必須のツールになって
 しまうの、間違いなしですんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

H8/534デバッグの必殺技

H8/534マイコンを使うにあたり、懐かしのH8/534ツール だと、
   1.窓付きマイコンをROMライタでプログラム
   2.ソケットに装着
   3.試運転
   4.マイコンをソケットから取り外し
   5.紫外線を当てて消去
   6.その間にプログラムの修正
1~5を繰り返すわけです。
これはむちゃ面倒。

そこででっち上げたのがプログラムローダ。

11

H8/534を外部メモリーモードで動作させます。
そこにエミュレート用のメモリー(32kバイト)とモニター
プログラムを入れたEPROMを配置。
外部メモリーモードだとデータバスやアドレスバスにピンが
取られてしまうので、I/Oポートの数が足りなくなってしまい
ます。
そこで、I/Oを代替するチップを増設。
ターゲット基板のソケットに差し込んだアダプタを介して、
I/Oポートなどの信号が伝わります。

アセンブル/コンパイルして出来上がった「mot」ファイルを
シリアルでこの基板に転送。
単純なメモリーダンプやレジスタ値の表示、プログラムの
実行、停止などをできるようにしていました。

プロセッサやトラ技の製作記事になるような製作物だった
んですが、H8/534は非常にマイナーなチップ。
そのうちH8/3048などの「F-ZTAT」が主流になって、
消え去ってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

懐かしのH8/534ツール

もう20年ほど前になりますか、日立の「H8/534」を使って
あれこれ装置を設計、製作したことがあります。

いわゆるZTATマイコン 。 F-ZTATマイコン じゃありません。
PROM内蔵で、ソケットアダプタを付ければ汎用のEPROM
ライタで書き込みできるというチップです。

紫外線で消せる窓付きのと、1度だけ書き込みできる
プラスチック・パッケージのチップがありました。
窓付のチップでデバッグして、完成したらワンタイムROM
のチップで出荷という具合です。

ブログ記事:ハンダ付け補助ツール(文鎮)、残数4です
のコメント(2017年10月21日  11時25分)で、H8/534の
お話が出たので、当時のツールを引っ張り出してきました。

11

12

「パカン」と黒い押え板が開閉するのが、ROMライタと
つなぐためのアダプタ。
窓付きは「LCC」、窓無しは「PLCC」と、ちょいと足の
形状が違うのです。
だもんで、それぞれにアダプタが必要。

下のが、LCC→PLCCの変換アダプタ。
ターゲット基板にPLCCのソケットを付けておいて、
このアダプタでLCC(窓付き)のICを装着します。

H8/534の場合、PROMライタは「27C256」と同じ読み書き
モード。 Vppは12.5Vです。
当時のマイコン内蔵ROM、「プロテクト」なんてことは
考えられてなかったんで、プログラムは読み出し自由
です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

「元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ」

またまた図書館から借りた本。
この前のは↓
  ・『“福島原発”ある技術者の証言』

今回は、小倉 志郎
   
『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』

11_2

書評はネットを見てもらって・・・
私にとっては、この本の内容、ちょいと残念。
著者さん、感情論で締めくくってます。
「技術屋」なら、最後まで自分の専門分野で、
「だから原発あかん」を論証して欲しかった・・・
専門分野外のこと書くからややこしい。

裏表紙のこのマークも好きじゃない。
12_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロチップのA/Dコンバータ …ピン配置が

マイクロチップのADC。
8pin、12bitのMCP3201から、分解能を上げようと
22bitのMCP3553に換えてみようと思ってデータシートを
見たら…。

SPI(3線)の制御線が微妙に入れ替わってました。

・MCP3201
10

8pinのADCはこのピン配置が標準的。

・MCP3553 (22bit)
11

「CLK」と「CS」が入れ替わってます。

このADCが単品だけなら、ソフトで制御するポートを換え
れば、なんとかなります。
しかし、CLK線を共通にして、複数のチップを接続して
いたらアウト。
ハードウェアの互換性を維持できません。
今回の私の例では、CLK共通でDACをつないでいまし
たんで、ADCのCLK、CSのところは配線をやり直し。

こんなことも

電源の「+/-」ピンが逆    ←5pinコンパレータの話

・DIPとSOPでピン接続が異なるOP-AMP LT1013
   (クリックで拡大↓)
12

ということで、「データシートをよく読みましょう」が教訓。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

『29BY』新酒!

『29BY』 ・・・ 「Brewery Year」が平成29年。
つまり、「新酒」。

夏を過ぎた、「秋上がり」とか「ひやおろし」、それなりに美味しい。
ですが、管理が悪いと(蔵なのか流通なのか酒屋なのか)、
ひどい目に会います。

しかし、「新酒」・「生酒」で、ちゃんと冷蔵管理しているん
なら、まず大丈夫。

ガレージのお酒、これから「29BY」ばっかしに!

11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

自宅PC宛メールアドレスが変わります

自宅のネット接続、J:COMからeo光に変更しました。

状況:
  ・J:COMの同軸、遅い っと、息子どもが工事を依頼
  ・J:COM回線の撤去費用はeo光が負担すると
  ・ZAQのブログ、HPサービス中止 でアタマ(私の)に来てたから
     (すでに、ここniftyに移行済み)
  ・息子女房、J:COMメールが無くなっても影響は無い
     メールアドレス、変わって困るのは私だけ

ということで、自宅PC宛のメールアドレス、ZAQのが使えなくなります。
  旧 : noris@oct.zaq.ne.jp    ←これがアウトに
  新 : jh3dbo@hera.eonet.ne.jp ←これに変更

仕事場宛のメールは変わりません。
   geb02643@nifty.ne.jp
   jh3dbo@jarl.com      ←無線向け

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

ひさし無し信号機

ご近所の信号機。
「LED式に新しくなったんだ」とよく見たら、
なんとなく違和感!

11

「ひさしが無い!」
そして厚みがペラペラになってる感じ。 

12

信号機、LEDになっても、昔の信号機と同じように
「ひさし」が付いていて、たいていはこんな↓感じかと。

13

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

『“福島原発”ある技術者の証言』

名嘉幸照(なか ゆきてる)著
『福島原発 ある技術者の証言』
サブタイトルが、
   「原発と40年間共生してきた技術者が見た福島の真実」

11

東電の原発を作ったGE、著者さんはGEの元技術者。
   (現在は、東電協力会社の会長さん)
エンジニアの目で話がいっぱいですんで、面白いです。

今朝のニュースで
   国と東電に5億賠償命じる。
   「国は津波予見できた」
と、裁判の結果報道されていました。

この本に記されているんですが、現場は
  ・非常用ディーゼル発電機の高所への移動
  ・冷却用海水ポンプの補強
  ・1~4号機と5,6号機の非常用ディーゼル
   発電機の共用化
を考えていたとのこと。
「本店」がそれをしてくれなかったと・・・。

関電(など)のPWR、それと東電(など)のBWR。
これ、「テスラ」さんと「エジソン」さんの因縁なんですよね。

  PWRはテスラさんのWH: ウエスチング・ハウス。
  BWRはエジソンさんのGE:ゼネラル・エレクトリック

事故を起こしたフクイチは「GE」…つまりエジソンさんが由来。
エジソンさんは「交流・直流」戦争で敗退。
そして21世紀になって、原発の炉型でもアウト。
発明家エジソンですが、私はちょいとキライな人物の一人。

※過去記事
「処刑電流」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

トラ技2017年11月号

トランジスタ技術2017年11月号 、付録冊子の
  アナログウェアNo.4
   まちがいだらけの熱対策
      ホントにあった話30

が面白い。
ヒートシンクの発熱状態をサーモグラフで撮影。
放熱のトラブルも含めてあれこれ解説。

で、本誌でまたまた見つけた「十字接続は避ける」
具体例。
p128の「誰でもキマル!プリント基板道場」の図1と図16。

まずこの図1が解説の元回路。
   (クリックで拡大↓)
A1

(a)点に十次接続が見えます。
あれこれ解説があって、基板上のGND接続を回路図
として図示したのが図16。
  (クリックで拡大↓)
A2

(a)点の交点は残っていますが、ICの2番ピンに
つながる交点が「+」に。
しかし、このラインは出力のTP4でGNDにしながって
います。
二つの十字、「・」の有無がちょいとややこしいかと。
2ピンと3ピンのライン、あえて「Ω」記号を使いたい
ところ。

ちなみに編集後記の最後。

A3

「兜に火縄銃」はガレージでわいわいの話・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

0.1μFの積層セラミックコンデンサ

0.1μFの積層セラミックコンデンサ といえば、電子回路での
「パスコン」の定番部品。

ちょいと新回路の部品表を作っていたら、
『TDK』の『C1608X7R1H104K』に
  「新規設計向けに不適合」の表示が・・・

いつも使ってたはずなのに・・・
で、ググってみたらこんな記事が。

TDKが積層セラミックコンデンサ市場からの撤退を加速

ありゃま。
こりゃ、これからは村田から選ばなくちゃなりません。

※追記
それとロームの汎用チップ抵抗 も…
1608の「MCR03」や,1/4Wの3216「MCR18」を使ってるん
ですが、デジキーで調べたら「Digi-Keyでは取扱い終了」の
注意書きが出てきちゃいます。
終息はしてないようなんですけれど、デジキーと何かあった
んかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハンダ付け補助ツール:文鎮 「男の黒」、残ってます

ハンダ付け補助ツール:文鎮 …今回は男の「リン青銅
で、影が薄くなってしまった「男の黒」。
現時点、残数は11コです。

11

「クリックポスト」が便利に使えています。
  (追跡ができるんで安心)
今のところ、「事故」のお話はありません。
普通郵便と同じような期間で届いています。

お申し込みは、この記事↓
「ハンダ付け補助ツール:文鎮」 「男の黒」で出来てきました
をご覧ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

「ラジオの歴史」

高橋雄造 著 『ラジオの歴史』
サブタイトルが
  「工作の<文化>と電子工業のあゆみ」

11
(クリックで拡大↑)

またまた図書館で借りてきた本。
面白い。
私らより、ちょい前の世代の人が懐かしむお話
がいっぱいです。
昔々に見たことのある広告も出ています。

最後にはこんな言葉が・・・

  ラジオ工作ほか科学ホビーは、
  市民の科学技術リテラシーと
  いったことからも重要である。
    :
  環境問題、廃棄物、製造物責任、
  技術に関連する事故といったこ
  とが時代の関心であるのに、
  技術はブラックボックス化する
  一方でわかりにくくなっている。
  理工系だけでなく文系の人々が
  科学技術に感心と知識をたとえ
  わずかであっても持つことは、
  現代社会に必要であろう。
    :
  市民の「電気リテラシー」がないと、
  熱意ある若者が電気系に志望し
  ないということもある。
  ラジオ工作文化は、こういった
  市民の「電気リテラシー」の面
  からも評価されるべきであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »