« 懐かしのH8/534ツール | トップページ | 「マイコン型導通チェッカー」クリックポストでの発送okに! »

2017年10月23日 (月)

H8/534デバッグの必殺技

H8/534マイコンを使うにあたり、懐かしのH8/534ツール だと、
   1.窓付きマイコンをROMライタでプログラム
   2.ソケットに装着
   3.試運転
   4.マイコンをソケットから取り外し
   5.紫外線を当てて消去
   6.その間にプログラムの修正
1~5を繰り返すわけです。
これはむちゃ面倒。

そこででっち上げたのがプログラムローダ。

11

H8/534を外部メモリーモードで動作させます。
そこにエミュレート用のメモリー(32kバイト)とモニター
プログラムを入れたEPROMを配置。
外部メモリーモードだとデータバスやアドレスバスにピンが
取られてしまうので、I/Oポートの数が足りなくなってしまい
ます。
そこで、I/Oを代替するチップを増設。
ターゲット基板のソケットに差し込んだアダプタを介して、
I/Oポートなどの信号が伝わります。

アセンブル/コンパイルして出来上がった「mot」ファイルを
シリアルでこの基板に転送。
単純なメモリーダンプやレジスタ値の表示、プログラムの
実行、停止などをできるようにしていました。

プロセッサやトラ技の製作記事になるような製作物だった
んですが、H8/534は非常にマイナーなチップ。
そのうちH8/3048などの「F-ZTAT」が主流になって、
消え去ってしまいました。

|

« 懐かしのH8/534ツール | トップページ | 「マイコン型導通チェッカー」クリックポストでの発送okに! »

電子回路工作」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
ワンチップモードの時I/Oポートとして使っているいることが分かっただけでも収穫です。
とは言え私にはその解決策を見出す能力ががないのと、情報収集に関しても、今や骨董品ですから集まらないので、諦めて他の方法を考えます。

投稿: 野口 | 2017年10月28日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/65952399

この記事へのトラックバック一覧です: H8/534デバッグの必殺技:

« 懐かしのH8/534ツール | トップページ | 「マイコン型導通チェッカー」クリックポストでの発送okに! »