« 10年目の新兵器・・・ | トップページ | JCOMのキューブ型Wi-Fiルーター …故障 »

2017年9月11日 (月)

1/2Vcc生成回路のコンデンサ

トランジスタ技術、2017年10月号(最新号)
を見ていて、ちょいと気になる部分が・・・。
11_2

「続 電子楽器&エフェクタ回路集」という記事。
200ページの回路図。
12

図6の下側部分。
  (クリックで拡大↓)
13

この右側の「1/2Vcc」電圧を作っているところの「C7」、
これは許せるのか?
オペアンプの出力に直つなぎ。
202ページの図9、203ページの図11にも同様の回路が
でてきます。  いかがなもんでしょうね。

出力にコンデンサがつながるように設計された
定電圧ICや基準電圧ICならOKでしょうが、
汎用オペアンプの出力にコンデンサを直つなぎ
するのは・・・

注目点を別図にしておきます。
14

どうしてもコンデンサを入れたいというのなら、
こんな方法かな。
15

私の場合、1/2Vccを使うのは好きじゃありません。
出力電流が小さくて良い回路なら、負電圧コンバータIC
(チャージポンプ形式の)を使って、±電源で動くように
しちゃいます。

トラ技の過去記事を検索すると、この記事の著者
(富沢 瑞夫さん)さんの記事がたくさん出てきます。
その中から、2015年8月号で同様の回路を発見。
・p60 図3
11_3

・p61
12_2


出力コンデンサの値が大きいから発振(不安定に)
しないのか・・・

|

« 10年目の新兵器・・・ | トップページ | JCOMのキューブ型Wi-Fiルーター …故障 »

電子回路工作」カテゴリの記事

コメント

たぶん「自作エフェクター回路の世界」の常識なのでしょう。

投稿: なんぎ | 2017年9月11日 (月) 18時11分

初めまして。
アナデバに参考になる回路があります。
AN-581.pdfの最後の方のページの図7です。
http://www.analog.com/media/en/technical-documentation/application-notes/AN-581.pdf
http://www.analog.com/media/jp/technical-documentation/application-notes/AN-581_jp.pdf
ご参考まで。

投稿: Friendship 7 | 2017年9月11日 (月) 19時40分

著者さんのHP
http://mtomisan.my.coocan.jp/
http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage15.html
ブログ
http://mtomisan.cocolog-nifty.com/blog/

たぶん、間違いないかと。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2017年9月16日 (土) 10時39分

数カ月前のトラ技の読者アンケートに"この著者の記事だけ他の記事から浮いている。さらに言えば、回路設計も雑であまりいいお手本とは思えない"と回答したのを思い出しました。

投稿: CPU.BACH | 2017年9月17日 (日) 01時10分

続編:枯れた技術の伝承が・・・
http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-398b.html

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2017年9月17日 (日) 07時40分

新たな発見(過去記事の発掘)
http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-9186.html

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2017年9月17日 (日) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/65777202

この記事へのトラックバック一覧です: 1/2Vcc生成回路のコンデンサ:

« 10年目の新兵器・・・ | トップページ | JCOMのキューブ型Wi-Fiルーター …故障 »