« クリックポスト、ちゃんと届いてますか? | トップページ | 慣れの問題なんでしょけど… ネジ無し端子台 »

2017年8月31日 (木)

こんな出力コンデンサ

この図をご覧ください。 (クリックで拡大↓)
Ycon

上部の図は、絶縁型DC-DCコンバータを使った電源回路です。
DC24V入力でDC5Vを得ています。

「これでエエのんか?」と思うのが、二次側出力に入ったC6とC7。
C1とC2,C3はいわゆるXコンデンサとYコンデンサ。
EMC対策部品です。

ところが、ここではC6,C7がYコンデンサとしてフレームGND
(外部アース)につながっています。
それも、C6,C7の値が「0.1uF」。
104のコンデンサが使われています。

DC-DCコンバータの解説では、「Figure 1」の図のように、
「入力のGNDと出力のGNDをCYでつなぐとノイズが減るよ」
と記されているものがあります。

しかし、ここでの推奨値は「1000PF」程度。
C6,C7の1/100です。
   ※CYの目的は絶縁トランスの浮遊容量を通して出てくる
     ノイズを減らすため。


   ・フレームGNDに入れているC6,C7は必要か?

が出発点。 で、

   ・このままで悪さはしないか?
   ・+側のC7は取り外すべき?
   ・フレームGNDへのつなぎはやめるべき?
   ・「Figure 1」のつなぎ方が正解なの?
   ・0.1uFでなく1000PFくらいに。

いかがなもんでしょか?

   ※私の設計じゃないんで。

|

« クリックポスト、ちゃんと届いてますか? | トップページ | 慣れの問題なんでしょけど… ネジ無し端子台 »

Help me! (助けて!)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/65732931

この記事へのトラックバック一覧です: こんな出力コンデンサ:

« クリックポスト、ちゃんと届いてますか? | トップページ | 慣れの問題なんでしょけど… ネジ無し端子台 »