« ARMマイコン、タイマーのインプット・キャプチャ機能で | トップページ | 文鎮、役に立ちます »

2017年6月21日 (水)

電池イジメ、その後

2013年9月から始めた「電池イジメ」。
当初は8種類のニッケル水素充電池からスタートしました。
    【2014年1月の様子】
あれから3年あまり。
今、生き残っているのは「エネループ・ライト」と
ROCの「ニッカド電池」の2本だけ。
『充電できなくなるまで』っというのが実験終了条件の
縛りなんで、一日、1~2回のペースで充放電を続けて
います。
先日、1250回目の充放電を終えました。

・放電の様子
11

生き残っている、この「小容量電池グループ」、
最初は「サイクルエナジー銀」とダイソーの「ReVOLTES」
も仲間でした。
しかし、この2本も脱落。

これまでの結果はこの電池の内部抵抗変化を見ていただくと
良いかと思います。
   【繰り返し充放電1000回目】

そして、小容量グループの放電グラフを示しておきます。
グラフ
 1:赤 エネループ・ライト
 2:緑 サイクルエナジー銀
 3:青 ReVOLTES
 4:灰 ROCニッカド

・10回目 2013年9月 どの電池も元気いっぱい
10

・500回目 2015年1月 ReVOLTESが脱落してます
500

・1000回目 2016年6月 エネループ・ライトもNiCdも体力が落ちてます
1000

・1250回目 2017年6月 NiCdがちょい元気になってるような・・・
1246

初期の性能は出てませんが、まだ急速充電できてますんで、
実験継続です。

※充電後、2~3日放置した時の電圧低下が目立つ。
 放置で容量も減少。
 温度変化に敏感。

電池イジメの現状、こんなところです。

※JIS C8708の充放電条件をちょいと変えたエネループ・スタンダード
 に対する充放電試験も継続中です。
 これは自動で試験が進むので、すでに1800回を超えています。
 JIS C8708、「充電しすぎとちゃうん?」というのが出発です。
 エネループを選んだのが失敗だったかも。
 この実験でのエネループ、まだまだ元気です。

|

« ARMマイコン、タイマーのインプット・キャプチャ機能で | トップページ | 文鎮、役に立ちます »

電池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/65438466

この記事へのトラックバック一覧です: 電池イジメ、その後:

« ARMマイコン、タイマーのインプット・キャプチャ機能で | トップページ | 文鎮、役に立ちます »