« 有線リモコンスイッチ | トップページ | 10年ぶりの掃除! »

2017年6月 5日 (月)

マイコンにH/Lを知らせるジャンパー

マイコン基板上の機能設定ジャンパー、こんな回路を使っている
のに出会いました。
1ビットのH/Lでジャンパ設定を知らせます。

B1

普通は (A) かと思うのですが、 3ピンのジャンパピンを
用いて(B) のような接続が使われているのです。

考えられるのは、マイコンの入出力ポートが「誤って」出力に
なってしまった時、ポート出力が電源あるいはGNDの短絡
するのを防ぐため・・・

ここまで考えなければならないでしょうか?

|

« 有線リモコンスイッチ | トップページ | 10年ぶりの掃除! »

電子回路工作」カテゴリの記事

コメント

(B)のJP2をJP1のようにする、つまりH側はプルアップ、ではダメなのでしょうか? (←ド素人丸出しですね)

投稿: JI3KDH | 2017年6月 7日 (水) 22時09分

ジャンパポスト、H/Lだけなら2pで良いはず
なのに、「なんで3pを使っている」という
のが「?」でして…

思うところ、3pなのは、ジャンパ・ピンの置
き場所にしているのかと…

2pのポストなら、「ピンの有無」になり、
オープン=Hのときは「ピン無」になります。
そして、HからLにしたいとき、「ピンが無いぞ」
状態が発生します。

3pにしてあると、「あっちかこち」で、
ピンの置き場所が生まれます。

オープンの対策は、内蔵プルアップ抵抗と
外付けR2の抵抗比を考えとけばよいかと。

※出力短絡の防止を考慮しなければ、R2=0Ω
 でも構わないんですが…

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2017年6月 8日 (木) 08時51分

 僕的にはR2の存在意義には大賛成でして、さらにそれ(その意味)を発見なさった下間さんはさすがだな、と。
 なるほどジャンパピンの置き場、ですか…僕は2Pのところをジャンパしない場合、いつも片差しにしてますんで、そういう発送に至りませんでした。やっぱり、まだまだですねぇ
 最善策としては、3Pのままでジャンパを忘れた時用のプルアップ追加、でしょうか。

投稿: JI3KDH | 2017年6月 8日 (木) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/65373966

この記事へのトラックバック一覧です: マイコンにH/Lを知らせるジャンパー:

« 有線リモコンスイッチ | トップページ | 10年ぶりの掃除! »