« 犬の皆さまへ | トップページ | 5月の撃墜数 »

2017年5月19日 (金)

富士電子工業製 全自動超音波洗浄機

広島の時計修理店からの修理依頼。
富士電子工業 US-2 1975年製

11

6つの洗浄槽があって、上部の撹拌機構が旋回します。
カバーを外したところ。

12

で、中身が驚き!
超音波の発振に真空管が使われていました。
13

整流管と5極パワー管が6CA7。

14

超音波の振動子がこれ。
洗浄槽に沈めます。

16

制御はリレーとリミットスイッチ。
メインのタイミングは、このカム式タイマー。
15

致命的な故障原因は、モーター速度制御部で使われて
いたオイルコンの劣化(リーク電流増大)。
そのせいで、抵抗が焼損。

このほか、リレー接点の接触不良や上部機構にある
スリップリングの接触不良で不安定に。

真空管部はとりあえず大丈夫でした。



|

« 犬の皆さまへ | トップページ | 5月の撃墜数 »

修理」カテゴリの記事

コメント

丸いパターンが描かれた基板は一体何なんだろうか???

投稿: SAKA@FW | 2017年5月21日 (日) 19時59分

駆動系の修理にチカラを注いだので、この超音波系回路は展開していません。
振動子とのカップリングかと想像・・・ (わかりません)

依頼先によりますと、これとほぼ同じものがあって、それは「超音波が出ない」ということなんです。
真空管部の修理を考えるより、超音波駆動回路を作り直す方がよいような気がします。

投稿: 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) | 2017年5月22日 (月) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/65299978

この記事へのトラックバック一覧です: 富士電子工業製 全自動超音波洗浄機:

« 犬の皆さまへ | トップページ | 5月の撃墜数 »