« オンボード電源選択で失敗 | トップページ | 手持ちのサーミスタ »

2017年1月24日 (火)

出窓の結露をどうにかしたい・・・ 続きます

何度か相談してますが、この季節の悩みは「出窓の結露」。
2015年10月29日 出窓:ガラス窓の結露対策
2016年01月06日 出窓の結露対策
2016年01月29日 出窓:結露の状況を調べてみる
2016年01月17日 出窓の結露:その後

その後なんですが、
・出窓と部屋を仕切るカーテン、厚手のものを追加。
   ある程度の効果あり。
シリコンベルトヒーター SBH-115 を購入

で、このヒータの制御回路をごそごそと。
100Vで150Wという仕様。

以前、秋月の温度湿度センサーで、湿度の変化を測ったんですが、
これを利用して、「ファンを回してみよう」と作ってみたのがこの回路。
(クリックで拡大↓)
A1

Arduino(のチップ)を使って、湿度を測定。
設定より湿度値が大きくなると、ファンを駆動する
ためのリレーをオンしようという目論見でした。
ところが、ファンくらいでは結露は治まらず。
で、ヒータを買ってみようとなったのです。

上の回路をベースにヒータ駆動用にちょいと変更。
A2a

SSRでヒータをon/off。
そして、加熱監視用にサーミスタを追加。
ソフトで温度を読むんじゃなく、コンパレータを使って
ハード的に規制するように。
検出温度65度くらいでオンオフを繰り返すようにしました。

電源はダイソーのキューブ形ACアダプター(の解体品)。
2015年02月05日 ダイソーの新型USB出力ACアダプタ「G208」を試す

今、ヒータを固定するための「アルミチャンネル」を注文中。
これが来たら、実験をスタートしてみます。

サーミスタでの温度管理、温度検知だけでなく、サーミスタの断線
(接触不良も含む)も見ておくほうが良いかもしれません。
こんな監視回路かな。
A3

※追記 製作物の写真

・密閉容器に入れた回路

11

・秋月の温湿度センサー

12

・全体の様子

13

・制御部基板に対し垂直に結合した表示部

14

・5V電源はダイソーの「キューブ形USB電源 G208」を解体

15

 

|

« オンボード電源選択で失敗 | トップページ | 手持ちのサーミスタ »

出窓」カテゴリの記事

コメント

毎年の結露、大変ですね。
私の家は築40年の古い家ですが暖房機器がエアコンとFFなので逆に乾燥して加湿器が必需品です。

で、結露対策としては二重サッシが効果的と思いますが。費用はそれなりにかかりますが。暖房効率も上がりますし。

投稿: jh3gpn | 2017年1月25日 (水) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604464/64804443

この記事へのトラックバック一覧です: 出窓の結露をどうにかしたい・・・ 続きます:

« オンボード電源選択で失敗 | トップページ | 手持ちのサーミスタ »