2020年4月 6日 (月)

新型コロナウイルス:医療現場

新型コロナウイルス感染症|感染症トピックス|日本感染症学会
にあれこれ、症例や治療の話が出ています。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでの臨床経過の話も。(pdf)
大型クルーズ船内て?発生した新型コロナウイルス感染者11例の臨床経過報告(川崎市立川崎病院)(2020.3.30)



| | コメント (0)

修理不能:空気清浄機

紫外線殺菌灯が3灯内蔵された空気清浄機。
ファンは回るがその殺菌灯が光らないという症状。
解体してみると、殺菌灯の点灯はインバータ。
一つのインバータで3灯を点けています。
21_20200406111901

これを開封してみると・・・
22_20200406112001

・・・樹脂の海。 手が出せません。

同僚がインバータの同等品を探しましたが、見つからず。

どうしても修理したいのなら・・・こんな提案を
 ・安定器を使った蛍光灯器具を3つ集めて
 ・そこから安定器とグロー球を取り外し
 ・なんとか空気清浄機内に押し込み
てなことも考えられますよっと。

結局・・・修理不能で返却です。


※過去記事での「樹脂の海」
2015年04月11日:修理:医療用ツールのフットスイッチ


| | コメント (0)

パナソニックeneloopスタンダード単3 JIS C8708:2019充放電実験スタート

もう1セット新たに作った実験回路で「パナソニックeneloopスタンダード単3 BK-3MCC
のJIS C8708:2019(新JIS)充放電実験を先週の土曜日にスタートしました。

11_20200406102001
右端の白い箱はシリアルデータバッファ


ダイソーReVOLTE単3 JIS C8708:2019充放電試験途中経過 -ΔV検出開始
のその後は、200サイクル目の充放電を経過。
50サイクルごと、50、100、150、200サイクル目の「0.2C」放電はこんな具合。
G200
充放電時間の変化がこれ↓
T200
今回は「-ΔV」で充電を行っています。
「132分」の固定時間充電での結果はここ↓。
2020年03月08日:ダイソーReVOLTES単3 充放電実験 1~49サイクルのデータをグラフ化
  ※旧JISでの充放電サイクルの結果もここ↑に。 

今回の-ΔV検出での充電停止のほうが、前の132分固定時間充電より、ちょいとだけ放電グラフの状態が悪くなっているような気がします。
-ΔVのほうが電池の発熱が少なくなって、良い状態になるはずなんですが・・・
発熱を無視して電気を詰め込むほうが貯まる、なんてことになっているのでしょうか。
結果は、400サイクルの完了まで気長に待ちましょう。


※追記 ReVOLTES、昨日よりもうちょいサイクルが進んだんで・・・

50サイクルごとのゆっくり放電(この時に放電電圧変化を記録)直後の
充電、電池が空っけつになったもんだから、充電時間が延びるという
現象が151サイクル目で現れました。 (51、101サイクル目では見えず)
201サイクル目にも出てくるかと、グラフ化してみました。
T207a
充電時間、151サイクル目は130分、201サイクル目は117分に
なっていました。
これまでのように一定時間での充電ではなく、「-ΔV検出」で
充電を止めるという処理だから見えてきた現象かと。
しかし、充電時間が延びたからといっても、次の放電時間が長く
なるということにはつながっていません。
『寿命に近づいたニッ水電池のリフレッシュ操作、
 その効果は期待できず』ってなところでしょうか。

グラフの/\/\はおそらく室温の変化による変動。
現在、1日あたり6~7サイクルくらい進んでいます。
ちょっと数が合わないかな。
チャートレコーダで電池電圧と電池側面温度を記録
しているんで、確かめられるかと。

※さらに追記で
0.5C充放電時間とともに、充電完了時の電圧、つまり-ΔVを検出
して充電を停止した電圧(青色線)をグラフに乗せてみました。
V207
開始直後は1.55Vほど。
それが繰り返すごと、徐々に上昇。
200サイクルで1.7Vほどですんで、0.15Vほど上がった
ことになります。
充電電流は0.5Cですので0.65Aと一定。
電圧変化と電流値から、内部抵抗の変化分が推測できます。
0.15V÷0.65Aで230mΩ。
充放電を休止してるタイミングに計ってみようかしら。


| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

修理:松下通工製インターホン装置

古~い家庭用インターホンの修理依頼。
銘板には松下通信工業。 「VL-717A/2」
10_20200402145301

こんな端子台が並んでいます。
12_20200402145301

これに子機が4つつながってということなんですが、「電源が入らなくなった」ということで、やってきました。
「30年以上使っていると」。
中を見ると・・・
電源はトランス。
整流して12V出力の定電圧回路。
その平滑コンデンサがダウンしていました。
13_20200402145301
コの字のヒートシンクが付いているのが電源基板。
まずはこのコンデンサを交換。
すると、12Vが出て回路が復旧。

主回路基板を状態を確かめてみると・・・
多くの電解コンデンサが液漏れしています。
14_20200402145301

面倒なので全数交換。
電源の3つを含めてこれだけ出てきました。
11_20200402145301
▲マークが顕著な液漏れ跡。

これから装置を返却。
子機をつないでもらって動作を確かめてもらいます。
動けばいいんですが。

回路、ディスクリートなんですが、こんなICが乗ってました。
15_20200402150701
「AN274」10ピンのIC。
黒色ヒートシンクが「コロナ」のようです。


※参考・・・コンデンサの並べ方の
警察の押収品を並べる仕事の芸術感は異常【2chまとめ】 | jupiter
【匠の技】警察が並べた押収品の「嵐」ポスターが店の様だと話題に【並べ師】 - マイキットまとめ


※さまざまな電子機器、電子回路の修理依頼について:(有)アクト電子


| | コメント (6)

4月4日に予定していた「東成おもちゃ病院」、お休みします。

東成おもちゃ病院、予定では第一土曜の4月4日は開院でしたが、
新型コロナウイルス感染拡大防止」のためにお休みします。

※歯医者に勤めている女房、今週アタマに歯科医師会から
  ・人混みに行くな
  ・不特定多数の人との接触は避けよ
  ・旅行も行くな
  ・手指消毒を徹底
とお達しがあったそうな。
さらに、
  ・同居人も不特定多数と接触するな
っと。

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

クリックポスト 今日から198円に

文鎮:ハンダ付け補助ツールの発送に使っている日本郵便の
クリックポスト」、今日から「198円」に値上げです。

異形のハンダ付け補助ツール の残数は「」。
11_20200401110501

素材のまま、塗装もメッキもしてありません。
重さ「515グラム」ですんで、クリックポストでは一つしか送れません。
頒布価格は「1,200円」。
これにクリックポスト代「198円」が加わります。
M5のキャップボルトとワッシャ、クリップ口に付けるゴム板を添付します。
  ※クリップはご自身で入手してください。
ご希望の方は、この記事にコメントして(メールアドレスを記入して)ください。

SUS304材の文鎮:ハンダ付け補助ツール のリクエスト、現在の
在庫はゼロですが、もしご要望があれば適当な記事にコメントしておいて
ください。
ある程度の数が集まれば、佐藤テック君に「作って!」と働きかけますんで。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

ダイソーReVOLTE単3 JIS C8708:2019充放電試験途中経過 -ΔV検出開始

ダイソーReVOLTE単3 JIS C8708:2019充放電試験途中経過

これの続きです。
現在160サイクルを越えたところ。
今回の試験、「-ΔV制御」で充電を行っています。

T164

緑が0.5Cでの充電時間。
最初のほうは132分間の充電時間制限にかかってますが、
100サイクルを越えたあたりから132分の前に「-ΔV」を
検出し始めた様子が見えています。

赤が1.0Vまでの放電時間。
充電と同じく0.5Cの電流を流します。
徐々に容量が減少している様子が見えています。

青がその放電時間と充電時間の比率。
時間でざっと90~95%くらいのパワーが取り出せています。

このグラフで目に付くところ。

・150サイクル直後の充電時間が飛び上がってる。

これ、150サイクル目の0.2C放電直後の充電です。
0.2Cのゆっくり放電で電池が活性化して、次の
0.5C充電がスムーズに行われた。
こんなふうに考えられます。
しかし、次の放電サイクルの時間はさほど変わらない、と。

・160サイクル目の充放電比が100%に近い。

つい先ほどの結果が現れてます。
周囲温度の影響かな。
休み中は冷えていて、今朝来て暖房を入れたからか?
はてさて。

・充放電時間が短くなっても「比」は大きく変わらない。

これからどうなるのでしょうか。 推移が楽しみ。


電池あれこれ まとめ

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

BCGと新型コロナ

オカルト話や似非科学じゃなさそうです。

◆検索:BCGと新型コロナ

【追記しました】新型コロナウイルスとBCG : 大隅典子の仙台通信

3月26日 BCGはなぜウイルス感染予防効果があるのか(2018年1月号 Cell Host & Microbe 掲載論文) | AASJホームページ

If I were North American/West European/Australian, I will take BCG vaccination now against the novel coronavirus pandemic.

コロナウイルスへの効果は?BCGは国ごとに接種率、種類の違い。 | Bookservice.JP -Rinkaku-

新型コロナウイルス関連データ

Coronavirus Update (Live): COVID-19 Virus Outbreak - Worldometer
   感染および死者の数グラフをログ目盛にすると・・・怖い

新型コロナウイルス(武漢肺炎)問題⑫ 日本の強み「BCG予防接種・日本株ワクチン」 | 大阪の弁護士 重次直樹のブログ

新型コロナウイルス感染症|感染症トピックス|日本感染症学会


※参考:BCGの歴史:過去の研究から何を学ぶべきか
https://jata.or.jp/rit/rj/tenbo/48toida.pdf


| | コメント (4)

2020年3月25日 (水)

非絶縁型降圧DC-DCコンバータの出力ノイズ低減あれこれ 続き2

非絶縁型降圧DC-DCコンバータの出力ノイズ低減あれこれ 続きの続き。
HRD05003KIC-053BSch3V用パーツライブラリを作っておきました。

C11_20200325112401

http://act-ele.c.ooco.jp/jisaku/jisaku1.htmの真ん中らへん。

・BSch3V用パーツライブラリ
bsch3v_lib_200325.zip を解凍してもらい、
ファイル POWER.LB3 の中にあります。




| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

修理:光洋のシーケンサ再び

2015年08月22日:修理:光洋のシーケンサで修理したのと同じ工場からのHelp。
「↑のは安定して動いているんだが別の装置がアウトに」っと。
同時代に導入されたんでしょう。
生産ラインの自動制御に使われています。
配線を外してシーケンサ本体を引き上げてきました。
11_20200324173301

製品番号やICの刻印から1989年製のようです。
主原因はまだこれから調査ですが、取り外したモジュールを眺めていますと・・・

12_20200324173301

「入力ユニット、信号のチャタリング除去用にタンタルコンデンサが使われているなぁ。ちょっと怖いかも。」なんて思いながら基板の裏を見ると・・・
「あらま。ハンダが外れてる」っと気がつきました。

13_20200324173301

隣の足にはハンダ付けを補修した痕跡。
スルーホールの無い片面基板なんで、しかたないかぁ。

前回の故障原因は電源部のコンデンサ。
総取っ替えしています。

| | コメント (4)

«非絶縁型降圧DC-DCコンバータの出力ノイズ低減あれこれ 続き