2023年1月29日 (日)

タミヤ★★ミニ四駆用充電池「NEO CHAMP」950mAh 2400サイクル目

タミヤのミニ四駆用充電池「NEO CHAMP」(950mAh)、の充放電実験
スタートしたのが2021年11月15日
1年ほどして、
2000サイクル目が2022年11月25日
今日、2400サイクル目です。
N11_20230129154301

内部抵抗は「58mΩ」まで上昇。
  ※日曜に出てきたので室温が低かった
   せいもあるでしょうけれど。
N12_20230129154301

2400サイクル目の0.2C放電は「225分」。
0.2Cということは5時間=300分が定格。
225分は75%。
60%の180分になればJISでの寿命。

まだまだ元気です。
2800サイクル目を目指します。

電池あれこれ まとめ

| | コメント (0)

2023年1月25日 (水)

電動シャッターリモコン Tele Auto FX-1 発振段のコイルが断線

過去、何度かこの機種を修理していますが、
今回は電池の液漏れによるダメージがひどかった・・・

水晶発振回路の同調コイル、これがボビンの
根元で断線。

F51

F52

巻線の根元が緑色になってました。
なんとか復旧。

パーツクリーナーとIPA+歯ブラシで基板をざっと
洗った後の様子。
F53
浮いた緑色をカッターではがすと・・・
レジストの下にあるパターンが見事に溶けていました。
F54
レジストの下に潜り込んだ電解液が悪さをします。
ハンダも変質して、ハンダゴテを当てても簡単には
溶けません。
なかなかやっかい。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

逆富士型40W蛍光灯2灯相当のLEDランプが不調

藤川君とこからやってきました。

「しばらく前に付けたんやけど点滅しだしたわ。
  ホカしてもたろと思てんねんけど、
   下間はん、いるか?」
っと。
 ・・・はい。もらいました。

通電すると、2秒周期くらいで点滅するのです。
チカチカじゃありません。
パッ・パッ・パッ・・・
と1秒暗、1秒明という感じです。

LED部だけはずして通電すると、電圧を30Vくらいまで
上げると光り始めます。
LEDはまだ大丈夫と判断して、電源モジュールを見る
ことにしました。
K11

これがメーカー名なんでしょう、「TENTEN-LED」。
K12

フタを開けると・・・
K13

樹脂の海。
でも、二次側電解コンデンサの頭が開きかけてました。
K14

2200μF/50V、105℃仕様のコンデンサです。
持ち上げて、足を切断して取り外し。
1/5以下の容量でした。

基板は樹脂に埋もれてるんで取り出すことができません。
切って残しておいたコンデンサの足に手持ちのコンデンサを
ハンダ付けして試運転。
ちゃんと光るようになりました。

過去、LEDランプの不調はLEDそのものがアウトになって
ということが多かったのですが、今回は電源部でした。
まぁ、故障にはいろいろあるということで。

| | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

「マウスが落としよる」・・・ なにそれ?!

文鎮 の佐藤テック君からのヘルプ。
最初、「マウスが落としよる」と聞いたときは、
 「マウスを机から落としてしまうくらいどこか
  身体の調子が悪い
のかと思っちゃいました。

マウス・ボタンの接触不良で
 「ドラッグしたとき、思ってもみなかった場所に
  つかんでたモンを置いていきよる
ということでした。

マウス内スイッチにパーツクリーナー「大阪魂」を
ぶっかけたらいっときは接触が回復してたと。
でも、「もうアカン」。
ということでスイッチそのものの交換です。
ロジテックの無線マウス。
Mmx

古いモノだそうで、なかなかややこしい回路のようです。

2010年11月24日:息子はトラックボール使い
2016年02月08日:息子はトラックボール使い#2
で修理した、買い置きが残っていました。

Mmx1
※関連
2021年5月18日:エレコム製ワイヤレスマウスの修理情報

| | コメント (0)

2023年1月18日 (水)

ATmega4809のシリアルポート

Arduino UNOで使われているATmega328Pには
シリアルポート(UART)が一つだけしかありません。
  ※SoftwareSerialは別物

もっと欲しいゾという時は、
ATmega2560が搭載された「Arduino Mega 2560」を
使いました。
  ※RAMも8kに増えますし。
しかし・・・大きい。 基板サイズがデカいのです。

そこで新しいチップ「ATmega4809」のデータシートを
見ますと・・・UARTが4つになってます。 ←エエやん!

4809には40ピンDIPと48ピンのQFPの2種類が存在します。
40ピンのは48ピンのから
  ポートBの6本
  ポートCの2本
が除かれています。

ポートの割り当て表を眺めますと、UART3が配置されているのは
ポートBです。
代替ポートを選択しようとしてもポートB。

Pb

しかし、40ピンではポートBはが全部省かれてます
ということは、40ピンのATmega4809、UARTは3つしか使えない
ということになるのかと。  ・・・アカンやん。

Pb2
  ※英文のデータシートも同じだった
   UART、3コと4コの区分線がミスってる?

Arduino nano every (48ピンのが使われている)
でも買って、触ってみようかと。

| | コメント (0)

«水晶が原因:映像信号分配装置修理