2019年3月22日 (金)

Arduino IDE アップデートしたらMsTimer2が使えなくなった・・・

   ※私が実行した対策方法はあとで示します。
「Arduino」の開発環境、「アップデートがあるよ」のメッセージが出たんでアップデートしたら、これまで使えていた「MsTimer2」(タイマー割り込み処理)が動かなくなってしまって、「なんで?」状態に。
動かなくなったのは「MEGA-2560」。
「Arduino-UNO」では大丈夫。
調べてみると「MsTimer2.cpp」内のチップ名称指定からMEGA2560が抜けていると。
  ※検索:arduino mega2560 mstimer2
対策として「MsTimer2.cppにパッチを当てよ」とのこと。

アップデート前はちゃんと動いていたんです。
アップデートでMsTimer2.cppが古いのに書き換わったんだろうなの想像。
こんなのイヤ! 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★私の対策方法
MsTimer2を使わず、タイマー2モジュールを直接制御して、
割り込みルーチンをベクトル設定から。

●setup内
 :
// タイマー2 割り込み有効に
TCCR2A = 0b00000010;  // WGM21,20 CTCモード
TCCR2B = 0b00000100;  //  プリスケーラ1/64
OCR2A = 250-1;            // 16MHz / 64 / 250 = 1kHz
TIMSK2 = 0b00000010;  //  OCIE2A コンペアマッチA割り込み有効
 :
●割り込み処理
/***** タイマー値 *****/
volatile byte tm_1ms; // 1msダウンカウントタイマー max 255ms
/***** タイマー2 1mS割り込み *****/
// コンペアマッチA割り込み
ISR(TIMER2_COMPA_vect)
{
  if(tm_1ms) tm_1ms--;  // 1ms値ダウンカウント
}

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
MsTimer2の最小単位が1ms。
チャートレコーダーでは0.5msが欲しかったんで、割り込みを直接記述。

ただし、
AVRマイコンのCコンパイラ 具体的に ※volatileを忘れずに!
のように注意(word以上のデータをアクセスする時の割り込み禁止処理)が必要。


Arduino IDE、そういやこんな変更もあった・・・

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

混ぜるな危険! ストレートとクロスのLANケーブル

昨年の製作物での制御ソフトの変更依頼。
通信にRS-422を使っているのですが、その接続はお手軽にということでLANケーブルを使っていました。
変更したソフトの動きを確認するには現物のハードが無いとできません。
そこで、通信用のケーブルも含めて現物を送ってもらいました。
ところが・・・
新しいソフトを組み込んでデバッグしようとしたら通信がうまくいかないんです。
制御ソフトの手直し、どこかでスカタンしたのかと思い、もとのソフトに戻してもダメ。
「ありゃ、ハードがおかしくなったか?」と通信のテストプログラムから再スタートです。
ところが、うまくいかない。
信号確認のためにはオシロが必要。
ソフトの手直しで、オシロスコープが出てくると・・・こりゃ重傷です。
オシロで見ると、RS-422で出入りする通信信号がおかしいのが一目瞭然。
で、なぜ?
はい。
それがタイトルの内容。
こちらに帰ってきたLANケーブル(何本もある)中に「クロスケーブル」が1本、混ざっていたのです。
それも、4芯の10BASE-T用のケーブルが。。。。。
   (この装置用にこちらから送ったものじゃない)
11
ちょっと見にくいですが、4本のケーブル色が入れ替わっているのが分かるかと。
こちらでは、クロスケーブル要注意ということで一目で分かるよう、プラグの両端にそれと分かるタグをくっつけています。

そうそう。
この装置の接続用に「百均LANケーブル」を何本か使っていたのです。
ちょっと不安になり、帰ってきたケーブルの接触抵抗を見ると、1Ωを越えているのに遭遇。
接触はしているんですが、ピンによって抵抗値が不安定なところがあるんです。
再圧着して大丈夫になりましたが、ちょい不安。
ケーブルをはさんで導通を確認したい、こんな時も文鎮:ハンダ付け補助ツールが役に立ちます。
12
マイコン型導通チェッカーでチェック。
接触抵抗1Ωを判断できます。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

左足!

金曜日帰宅時、停止時にロー側ギアにセットした自転車変速機のかみ
合わせが悪くて、出発時、踏み込んだところでガキッっとチェーン位置が
移動してペダルが異常回転。

その変動に足がついて行けず、左足がペダルから外れて地面と衝突。
左足膝の裏側が痛くって(ちゃんと歩けないくらい)、ちょいとめげてます。
湿布を貼ったり痛み止め薬を飲んだり・・・

椅子で座り仕事を続けてたら(膝を曲げた姿勢が継続)、まともに立ち
上がれない。
今朝はだいぶましなんだけど、医者へ行ってこようかと…
※行くのはここ↓

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

1300回充放電のエネループ・ライトとNi-Cd・・・その後

「電池イジメ」 、エネループ・ライトとROC製Ni-Cd(700mAh)の繰り返し充放電をやめたのが2017年の8月。
この時の電池、こんな具合に電池の納骨boxに。

急速充電出来なくなった電池、「なにかの調査で使うかも?!」っと、捨てずにストックしています。

死屍累々・・・

新たに電池を納骨しようと、ひさしぶりにフタを開けました。
11_2
ミノルタのデジカメDiMAGE7iを買ったのがニッ水電池との出会い。
その電池が右下にある綠青色のサンヨー・トワイセル。1700mAh。
   ※それまではNi-Cdしか使ってなかった。
自分で使ったのもあるし、友人とこから来た電池もいっぱい。
で、1300回充放電後のエネループ・ライトとNi-Cd もこの箱の中に入れていたのです。
どんなもんかと、電池電圧チェッカー で確かめてみると・・・
この二つの電池、パワーを残していました。
12_3
電圧は落ちていますが、1年半ほったらかし。
4.7Ω負荷だと0.1Vほどドロップ。
   ※ほかの電池、全部調べてないけどアウト。
     電圧チェッカー、無負荷での起動もしません。
納骨しておくのがちょいとかわいそうな気になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルカリ電池の電解液ってハンダと反応するの?

過去、あれこれと液漏れ電池によるトラブルの修理をしてきましたが、「断末魔の弱い「ピッ」音」 の記事を書いていて、ふと思ったのが、『アルカリ電池の電解液(水酸化カリウム)ってハンダと反応するの?』です。

電解液のかかったプリントパターン、「銅箔」部も腐食が進むんですが、ひどいのがハンダの乗った部分。

スルーホール部も含めて、「ハンダゴテで加熱しても溶けない何か」にハンダが変質しているようなのです。
例えばこの写真。

ハンダのところがこんなモフモフに。
13
レジストの下の銅箔部より、ハンダ付けされたハンダのある部分の変色が気になります。

レジストを削ると、スルーホール(ハンダがある)の直近で銅箔が切断しているのが見えます。

12

そして、スプリング電極のハンダの盛り、これにハンダゴテを当てても簡単には溶けません。
新しいハンダを供給しながら無理やり加熱しないと、この盛り上がった部分の「あやしいの」は取り除けません。
「水酸化カリウム」とハンダの成分(鉛フリーじゃないので、スズと鉛)、あるいは「銅」。
この反応ってどうなるんでしょうかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

断末魔の弱い「ピッ」音

今朝出社して、あれこれ装置(PCや暖房器具)のスイッチを入れる前の仕事場がまだ静かな時・・・
何やら小さな音で「ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピッ」っと断続音が聞こえてきたのです。
その出所を探ると、いろんなツール類を置いた棚。
何かの装置が「Help!」を求めているような気配なんですが、音が小さくて瞬間的にしか出ていないのでどれかわかりません。
「どのこ?」っと思いながら探しても、どれも電源ランプは光ってないし・・・。
ひとつひとつ手に持って確認して見つけたのが「バッテリー放電器」
「電池イジメ」 はやめてるんで、しばらく使っていませんでした。
これの報知ブザー(ケース内に入れている)が、か弱く「「ピッ・・・ピッ・・・」っと悲鳴を出していたのです。
   (ムラタの圧電発音体から4kHzの音)
Batd_box03
瞬間的に思ったのが「電池の消耗」。
液漏れかも」が・・・
電池ボックスのフタを開けてみると・・・・やっぱり。
3本のうちの1本から液漏れ。
11
一番上の「コーナン・LIFELEX」ブランドの電池がお漏らし。
典型的なアルカリ乾電池の液漏れ。
12
 
マイナス極側から漏出。
13
真ん中の「パナ」のもプラス極が腐食してますがこれは隣接被害。
電池ホルダー電極がひどいことに。
きれいに結晶が出来上がっています。
   ※サビはまだそんなにひどいことない。
14
    ※電解液は水酸化カリウム
・アルカリ電池の構造、液漏れの原因:パナソニック

ケースから電池ホルダーを外して、「湯」で洗ってみます。
そう、こんな状態になってもまだ電池は生きているんです。
電池電圧チェッカー で計ってみると・・・
左から「青」「パナ」「LIFELEX」の順で、
  無負荷    1.43V  1.39V  1.38V
  4.7Ω負荷  1.25V  1.27V  1.23V
「4.7Ω負荷」で1.2Vを越えているんで、「まだ使えるよ」状態です。
バッテリー放電器はリセットIC「S-80827CNY」で、電圧検出しています。
液漏れで電池電極と電池ホルダーとの接触抵抗が大きくなり、電圧低下をおこしてリセット起動を繰り返していたのでしょう。
これが断末魔の「ピッ」音として静かな仕事場で聞こえていたという次第です。
バッテリー放電器はリセット起動の時、「ピピッ」っと報知音を出します。
この最初の「ピッ」で電圧低下が発生してリセット。
そして回路電流が減って再起動。
これを繰り返していたわけです。
腐食した電極、湯で洗ってもキレいには復旧できませんでした。
新品にと比べると、そのまま使う気にはなれません。
21
そして、電池も洗うと「消費期限」のプリントが見えてきました。
22
うそのように「2019年3月」。
ほんまかいな~のどんぴしゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

いつのまにやらエネループ・ライトが廃番に

電池イジメ の記事をまとめていたら・・・
から消えているのに気がつきました。
パナのサイトを見ると、
  エネループ・スタンダード
  エネループ・プロ
  充電式エボルタ・スタンダード
  充電式エボルタ・お手軽モデル
の4種類になっていて、エネループ・ライトが抜けてます。

生産終了品一覧
に出てるんですが、どれが最新の
型番だったのか、ちょい不明。

ニッ水電池のJIS規格 改訂ということなんですが、その影響かしら。
現状のはJIS C8708 2013(7.5.1.3)で、「ゆっくり充放電」で寿命を調べようというもの。
それに、新たにく2019(7.5.1.4)の手法での評価を追加するとのこと。
現JISの(7.5.1.4)は、加速試験の手順。
その(7.5.1.4.2)は、
  充電:0.3Cで4時間 あるいは製造業者が推奨する充電方法
  放電:1Cで1.0Vまで
これを繰り返します。
(7.5.1.4.3)になると、もう一段過酷で
  充電:1Cで1時間 あるいは製造業者が推奨する充電方法
  放電:5Cで0.8Vまで
(7.5.1.4.4)は、充電に自由度が。
  充電:1Cで製造業者が推奨する充電方法(-ΔV制御など)
  放電:1Cで1.0Vまで
   ※50サイクルごとの手順は省略
電池イジメでの充放電は、この最後の(7.5.1.4.4)に近い手法かと。
さて、どうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

秋月のアナログテスター「M1015B」

秋月に部品注文のついでに買ったのがアナログテスター「M1015B」
写真、右側のです。
お代は税別1200円
11

左側の黄色カバー品は、2015年に買った「7007」
これも秋月。
M1015Bはこれよりちょいと小ぶりで、テスター棒が差し込み式になっています。
「7007」は、あまりにひどい測定精度だったんで、
  ・電気が来ているのは分かるけど、
   読み取り値は不確か。
  ・抵抗の大小は分かるけど、ほんとの値ははてな。
っと、実用的ではありません。
新規導入の「M1015B」はどうや?っと、ざっと確かめてみました。
エエんじゃないでしょうか。
そこそこの精度で読み取れています。
リニアリティも大丈夫。
内部抵抗、直流:10kΩ/V  交流:4.5kΩ/V
と、わりと高感度になっています。
スペックで出ていないのが、電池チェック時の測定抵抗。
計っておきました。 (およその値)
  1.5Vチェック用:16Ω
  9Vチェック用:900Ω。
電流レンジ分流抵抗は、
  250mAレンジ:2Ω。
  10mAレンジ:26Ω。
このテスターはちゃんと使えそうです。
せっかくですので内部を探査。
12

レンジダイヤル切り替えパターンと同一面でチップ抵抗が使われていました。

13
※不満点
最大レンジが直流交流とも「300V」になっているんですが、読み取り目盛がありません。
0~10目盛を読んで、これを30倍して値を推測するという方法でしょうね。
最大を250Vに押さえて、低電圧側にレンジを増やしておいて欲しいかと。
10V→50Vの間に25Vがあっても良いように思います。


※テスターに関する過去記事

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

方眼紙

ラフ図を描くのに「A4の方眼紙どっかにあったぞ」と探してきたのがCQ出版からお預かりしている手書き図用のトレーシングペーパー。
12

5mm升で50mmごとに太線が入ってます。
  ※A3、A2の方眼トレーシングペーパーはたくさん残って
   るんですが、もう使うこともないかなぁ。
このCQ出版からの紙も残り少ないんで、とりあえず作っておこうと線を引いてみたのがこれ。
5mmピッチで25mmごとに太線を入れてます。
線色は薄い黒で。

その後、わざわざ作らなくてもネットにきっと転がってるでっと探してみたらありました。
自分で好きなのを作れるようになっていてなかなか優れもの。
対数の方眼紙もラインアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

日本光電製AED装置ジャンク 2台

地域の会館に設置していた日本光電製のAEDが「賞味期限」切れで廃棄に。

  ※別メーカーの新しいのを設置しました。
2台有るのですが、どなたかいりますか?
バッテリと電極パッドも付属。
使用期間7年間で一度も使用せず。
ありがたいことです。
   ※バッテリがちゃんと生きてるかどうかは不明です。
解体してAEDの構造の勉強に使っていただくのがよいかもしれません。
11
持ち運び用の布ケースに入ってます。
 
12
2台まとめてでも、1台でもok。
お代は無料。 送料をご負担ください。
ただ・・・ 発送作業のお駄賃に 文鎮:ハンダ付け補助ツール
ご購入いただければと・・・
   (SUS304製16mm厚で2100円)
メールアドレスをご記入の上、この記事にコメントしてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«恐ろしいピン名称・・・おひさしぶり!