2018年11月14日 (水)

ステッピングモータを回す

部品発注のついでに買ったステッピングモータードライバ基板。

スイッチサイエンス 扱いのA4988DRV8880 の2種類。

基板のメーカーはPololu
Motion Control ModulesStepper Motor Drivers の中で見つかります。
マイクロステップもできるし、言うこと無し。
11

ブレッドボードに乗せて、手持ちのステッピングモータをあれこれ
回してみました。
12

加減速無し、方向変換無しなら、クロックパルスを与えるだけで回ります。
DC24Vをモータの駆動電源として供給。
モータの定格はさまざまですが、モータを回している電源の電流を
見ながら基板上の半固定抵抗を回せば駆動電流を調整できます。
トルクがあって発熱しない電流値にという所にセット。
デジットで売っていた多摩川精器の「TS3166N913」 も回ります。


ただ、このドライバー基板は「バイポーラ駆動」用。
6本線のユニポーラなら、中点をつながずにつなげばバイポーラと
同じように使えますが、5本線のユニポーラ(電源線1本出しで2つのコイル
のを共通に)のモータは対応できません。

ユニポーラのステッピングモータの駆動回路は、
「ジグザグ23pin」 で、組んでいます。  ←けっこうたいそう

ユニポーラ駆動用の小さなドライバ、見つかりませんなぁ。
デバイスとしては、東芝のTB67S149 が良さそうなんだけれど・・・。
汎用部品で組めばいいんですが、マイクロステップをしようとすると
専用のICになってしまいます。
自力では1-2相励磁まででしょか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

がんばれ「はやぶさ2」

ということらしいのですが、記事に記されている原因が『FPGA』。
「源投入時に論理回路が正常に設定されない現象」だと。
はてさて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

USB-Aコネクタの接触抵抗

ラジオペンチさんのブログ記事、
に触発されて、「USB標準Aプラグ・レセプタクル」の接触抵抗を計ってみました。
パーツボックスから探し出してきたレセプタクルとプラグ。
11
新品プラグは1種類。
     ※古いケーブルをぶった切ったらと・・・
こんな測定系。
12
左端の箱が1A定電流電源回路
    ※基板回路の短絡調査用に作ったもの
そこから「赤・黒」のクリップで出力。

テスターはサンワのPC700。
「黄・青」のクリップで電圧を測定。
分解能は「0.01mV」。
「四端子法」で接続すれば、電流が1Aですんで、
電圧値がそのまま「mΩ」に換算できます。
プラグにハンダしたリード線、およそ20mm長で約1.5mΩでした。


まず、アングルになったレセプタクル。
13
1ピンから、
  13.80mΩ
  12.96mΩ
  13.25mΩ
  13.59mΩ


次がストレートのレセプタクル。
14
1ピンから、
  12.31mΩ
  12.67mΩ
  12.12mΩ
  12.10mΩ
こんな結果でした。
ミニBやらマイクロB、はたまたUSB3.0対応品を計れば
面白いかもしれません。


※回路資料  まとめときました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

リコーGX100 自動ホワイトバランスの呪縛

ZAQのブログ+HP消滅のせいで消えてしまった
過去記事まとめを復活させました。
GX100の自動ホワイトバランス異常

2007年にやってきたこのカメラ、なんやかんやと
まだ使い続けています。
これに替わるの、何かいいのないでしょうかね?
・接写に強い。
・ブツ撮りで被写界深度が欲しいことがあるんで
 Aモードで絞れること。
・現場撮り用に24mm程度(フィルム換算)の広角ズーム
 域も欲しい。
・今主流の1/2.3型撮像素子は、荒くて等倍トリミング
 には向かないような。
    ※ISO100程度だとGX100は大丈夫。
※関連
    ↑
   ラジオペンチさんところでうだうだと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

トラ技1968年11月号

手元にある一番古いトランジスタ技術、1968年11月号
はこんな表紙です。
11
  (青色ハンコは高校クラブの先輩の名)


裏表紙は、三菱・ダイヤトーン・スピーカーの宣伝。
12

目次。  (クリックで拡大↓)
13

記事の内容、半分オーディオ、1/4が無線という配分
でしょうか。
「50MHz送信機」と「フランクリン発振回路」の記事に
興味を持ったようで、メモ書きが残っていました。
まだ広告も多くなくって、3枚おろしの必要はありません。

※関連
2018年10月29日:1970年代の三枚おろししていない「トラ技」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

トラ技Jr.2018年秋号に「8038」復活の記事

トラ技Jr.2018年秋号 に正弦波発振IC「8038」の記事が出ています。
中華製で復活だと。

B15

古いトラ技がらみ でちょいと調べてみたら、1976年9月号に
8038を使った発振器の記事が載っていました。
そのトラ技を見てみると、11月号に訂正記事が出ているとの
メモが。
ツェナーダイオードの接続先が間違っていて、8038を壊してし
まうというのです!
11月号もあったんでpdfにしておきました。
・トランジスタ技術1976年9月号p150とその訂正記事


この訂正記事の話、昔話としてなんとなく記憶の片隅に
あったんですが、21世紀のトラ技Jr.で復活するとは!
ちなみに、作業ベンチには「8038」を使った発振器が
鎮座しています。

C12

一番上のがそれ。
そして、黒いパネルの真ん中のが「MAX038」を使った発振器。
その下がCVCC電源。

8038発振器、製作メモを見ると1982年に作っていました。
周波数スイープ用FM変調回路を付加したり、
出力波形をオフセットさせられるようにと、±のバイアス電圧
を加えられるようにしています。

※関連
2006年05月29日:MAX038がいつのまにか廃品!


※追記
トランジシタ技術 目次検索 で調べても、ICL8038の
製作記事はこれ↓一つだけしか出てきません。
・1978, 2, 多機能ファンクション・ジェネレータの製作,
 ICL8038をベースにした, 一般, 290,9, 嶋田正昭

8038の使い方、回路図集的な記事の中に見つかります。
だもんで、目次には出てきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラ技Jr.での工場めぐり

先週金曜日、トラ技編集部の方が来社。
  ※残念なことにスケジュールの都合で
   ガレージには来られずで。
あれこれお話の中で、こんな依頼が。

・トラ技の別冊、トラ技Jr. (トラギ・ジュニア)
 の記事に関して。

B12

 ※解説:「トラ技Jr.」は季刊の小冊子。
    毎春号は本誌の付録になりますが、他の号は
   「頼まないと」手に入りません。
   しかし、学生さんと25歳以下の新人エンジニア
   さんには無料で送ってくれます。

B11

・トラ技Jr.の記事で、今号(2018年秋)が第1回目の
 連載が「オームぼうやの工場めぐり」。
 工場の見学記をイラストで紹介という企画です。
   ※絵になっちゃうんで製品や装置、工程の秘密は
    守られます。
 今回の記事は「プリント基板の製造工場」。
  素材が、いろんな工程を経てプリント基板ができ
  あがってくる様子がイラストで紹介されています。

A14

・「見学して記事にできる工場、下間さん知りませんか?」っ
 という相談です。

・電気、電子関連じゃなくてもOK。
 機械屋さんでも可。
 面白いものを作っているところを見学したいっと。

どなたか、お知恵を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1970年代の三枚おろししていない「トラ技」

手元に残っていた1970年代のトラ技、いよいよ編集部に
行くことになりました。
条件が
  ・広告が残っているもの
つまり、三枚おろししていないもの。
      ↓
真ん中の記事だけを残して、前後の広告を
外してスリム化する作業。
こちらで該当するものはこれだけ。
10
左端の5冊が仕事場に置いてあったもの。
右のがガレージの段ボールで保管していたもの。
これ以降のトラ技、みんな三枚おろしにしてました。

1960年代のは1冊だけ。  (高校の先輩の本)
もし、1960年代、1970年代のトラ技をお持ちなら、
トラ技編集部までご連絡を。


※関連
以下の14冊がトラ技編集部に行くことになりました。
  1968年 11月号
  1971年 4月号
  1972年 8,9月号
  1973年 3,4月号
  1974年 3,11月号
  1975年 5,12月号
  1976年 5,9月号
  1977年 2,3月号

※検索
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

Arduino UNOでLEDの駆動デューティを変えてみる

LEDの駆動デューティを変えた時の輝度変化を見るための
実験にArduinoを使ってみました。
単純な「PWM」なんですが、Arduinoに備わっているPWMは
「analogWrite()」で、どちらかというとD/Aコンバータの代わり
です。  (分解能が8bit)
そこで今回の実験では、
・8bit タイマー2のOC2Aに方形波を出力。
・これをT1入力に入れて16bit タイマー2でカウント。
・タイマー2をPWMモードにしてOC1Bに出力。
・PWMの分解能は1/1000。
PWMのデューティと周波数を設定できるよう、16進の
ロータリーDIP SWと出力用のMOS-FETを小基板に
乗せました。
・回路図
Led

・配線の様子
組んだLED群です。  (実際に使うのはこれではありませんが)
基本、デューティを1/2にしたら明るさ半分、デューティ1/4なら
明るさも1/4にという比例関係になるんですが、「目で見た感じ」
が分かりません。
それを調べるための実験です。
FETのソース側に入れた抵抗の電圧を測れば、駆動電流が
読めるということにしました。
砲弾型LEDの最大定格、20~30mAで、1/10デューティの
駆動ならピーク100mAというのが多いでしょうか。

作った制御スケッチのアップロード↓ へ。
※特徴的な処理
・タイマー0はArduinoのシステムで使っている。
・自由になるのはタイマー1と2。
・PWMの分解能が欲しいから、タイマー1が16ビットなので
 これを使う。
・PWMデューティを設定するスイッチの周期的読み出しに
 は、「millis()」で1msカウンタの変化をチェックして、変化
 したら1mS経過フラグをオン。
・これでチャタリング除去の時間待ちを処理。
   実際の処理は、時間待ちせずに時間経過をチェック。
   処理が終わるまで待つというプログラムの書き方は×。
ATtiny2313を使ったパルス発生器 ←これはアセンブラでごそごそ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

「ふげん」の資料から「トリチウム」の管理を読む

「ふげん」の資料 に、「福一」で問題になっているトリチウム の話
が出ています。

「ふげん」の場合、減速材の重水に中性子が当たることで、
トリチウムが生まれます。
「ふげん」での管理方法や、世界でどうのようにトリチウムが
扱われているのか、数字で出ていました。
   ※年度的には古い資料ですが(20世紀の)

よその国、気体も液体も、むちゃ「出して」います。

福一に溜まってるトリチウムの総量って、どのくらい
なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«タクトスイッチ接触不良