2019年8月19日 (月)

東芝インパルス TNH-3A 1.0V放電停止の方を終了

順調に(!?)内部抵抗の増大を続けてきた東芝インパルス TNH-3A、これの「1.0V放電停止」の方の電池の実験を終了します。
※「1.1V放電停止」のほうはとりあえず継続で。

内部抵抗の変化、こんな様子です。
0109_20190819094301  
80回目の放電 から放電抵抗を1Ω→2Ωに変更しています。

放電深度が深い1.0V放電停止の電池が先にアウトになりました。
この内部抵抗変化を見ると・・・残念ながら寿命は50~60回くらいかと。

充電器TNHC-34HC が頑張ってくれるのか、500mΩを越える内部抵抗になっても、とりあえず充電を継続してくれます。
だもんで「軽い負荷」ならまだまだ使える(?)っという状態になります。
  ※充電できればまだ電池は生きている!というのもありかも(笑)

内部抵抗が200mΩを越えると、1Aの負荷電流で0.2Vのドロップが発生します。
装置によっては(単3電池駆動のデジカメなど)、満充電したつもりでも、このせいですぐに「電池切れ」が起こってしまいます。
また、もう少し内部抵抗が大きくなると、充電器の種類によっては「異常電池」と判断して充電してくれません。

電池あれこれ:http://act-ele.c.ooco.jp/batt/batt1.htm


| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

LED連続点灯実験用回路、頒布します。

ダイソーの400円LED電球 (LDA8L-G-T/60W)長期間点灯実験終了を受けて不要になった実験回路、照度センサーを含めて頒布します。
21_20190817122001

照度センサーを取り付けた鉄のLアングルと角材、それにACアダプタ(5V1A)、実験で使っていたそのままです。
今朝、天井と壁から外してきたところです。
説明書はありませんので、過去記事を参考にしてください。

※通信用ケーブルは含みませんが、ケーブル製作のため
 のXHPコネクタとD-SUB9ピンコネクタを同梱します。

頒布価格ですが、文鎮:ハンダ付け補助ツ-ル 最後のリン青銅13.5mm厚の2コオマケといたします。
つまり、この文鎮↓2コの
22_20190817122001
オマケに、実験回路が付くのです。
ですので、お代は3400円×2で「6800円」。
 (クリップ取り付け用M5 SUSネジなども含みます)
1つの重さ、260グラムちょい。
ただしクリックポストでは送れませんので、ゆうパックでのお届けとなります。

連絡用メールアドレスを記してこの記事にコメントしてください。

皆さまからリクエストありますかどうか、しばらくお待ちします。

| | コメント (0)

ダイソーの400円LED電球 (LDA8L-G-T/60W)長期間点灯実験終了

2018年2月17日にスタートしたダイソーの400円LED電球連続点灯実験
1年半経過ということで、実験を終了します。
結果・・・ むちゃ「」じゃないでしょか。
こんな照度変化グラフが得られました。

546
照度センサーでとらえた変動はおよそ「5%」。
徐々に暗くなってきていますが、目で見ても分かりません。

実験場所だったガレージのトイレ、封鎖していたその電灯on/offスイッチもこれでやっと復旧です。
12_20190817121601  



※関連
LEDの劣化 まとめ
実験回路、頒布します (リン青銅製文鎮とともに)


| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

ISO6400で写せるのがすごい

新しいカメラ「OM-D E-M1 mark2」。
フラッシュ無しで、ガレージの蛍光灯下で写せるのがすごい。
  ※被写体は「ペコ」。

まず・・・「鼻先」にピント。
11_20190816214601

「やっぱ、犬でも目やで!」っと。

12_20190816214601

もうちょいズームして「目」。
13_20190816214601

ISO6400でシャッター速度1/125秒。
レンズのF値4.0。
これまでのE-520では考えられない撮影条件です。

| | コメント (2)

TNHC-34HCの電池電圧チェック用コネクタを

パナの充電器BQ-390とBQ-CC21には電池電圧チェック用のコネクタを増設しています。
東芝インパルス TNH-3A の充電で使っている東芝製充電器TNHC-34HC も同じように しておこうと解体してみました。

11_20190816123401
片面基板です。
「どこにコネクタを付けようか?」っと眺めていたら・・・
「ちょいと、これは」なジャンパー線を発見。
12_20190816123401
ジャンパー線のハンダ付けに不具合があったのでしょう、手ハンダで修正しています。
それが失敗。
パターンを剥がしてしまっています。
無理に引っ張った(基板部品面から押し込んだ)のでしょう。

増設コネクタはこのジャンパのすぐそばに設置。
JSTのEHコネクタ を用います。

13_20190816123401
ケースを削ってGND足をハンダ固定。
14_20190816123401
これで充電中の電池電圧を読み取ることができるようになります。
15_20190816123401

すでに内部抵抗が600mΩを越えている「1.0V停止」のインパルスTNH-3Aを装着。
充電開始から終了まで、電圧変化をチャートレコーダーで追いかけました。
C11

正常な充電制御じゃないのでしょう。
明確な「デルタV」が出ていません。
タイマーあるいは電池電圧上昇で充電を止めたような感じです。

内部抵抗が大きいので充電電流を流した時の電圧上昇が大きくなっています。
充電が進むにつれピーク電圧が減少。
発熱によって内部抵抗が小さくなっているのかと推測。

「1.1V停止」のほうがこれ。
C12
「ΔV」が見えています。

  ※電圧レンジが異なります。
   ↑は2.0Vフルスケール。
   1.0V停止のほうは5.0Vフルスケール。

充放電回数、今日で99回目です。
「TNH-3A」もダメな子電池だった・・・



| | コメント (0)

「現代→過去」へ遡る歴史教育

本気か冗談か・・・
「昔、日本とアメリカが戦争した」
  ↑これを知らない若者がいると。
8月15日に絡ませて、こんなことを書いている新聞が
ありました。
たしかに、もう3/4世紀前の出来事です。

昨晩、ガレージ仲間で一杯やりながら出た話が
「歴史教育」。
学校で習う歴史、「過去→現代」へと時代が流れて
教えられます。

そして、過去の歴史話は濃厚なのに、どういうわけ
か現代になると内容が希薄に。
時間不足なのでしょう、走り去るように現代史が進んだ
ように思います。
我々世代ではなく、息子らも同じ意見。

そんな中で出た話が、科学史や技術史。
科学や化学、工学の話だと「現代→過去」と遡り
ながら、科学や技術がどうのように発展してきたの
かの「話」ができます。

ところが、歴史は無理。
「現代→過去」へ遡るにも、まず、過去に何があっ
たのかを知っておかないとつながりが見えてこない。

このあたり、何が違うんだろうということで一杯やっ
てました。

・科学や技術は「過去→現代」の流れで、「進化する」
 という方向性がはっきりしている。
 記録もちゃんと残ってることが多い。
 だから「現代→過去」へ遡ることができる。

・ところが「人」「国」がからむ歴史は、「良い方に進化」
 するとは限らない。
 そして、歴史は途切れる。
 残ってる記録も「ほんとかいな」というのも多い。
 だから「昔から順を追って学んでいく」しか方法が無いの
 だろうっと。

話のまとめ・・・
  『現代→過去へ遡る歴史教育の方法、誰か偉い人、
   考えて試してみてほしいなぁ』

現代から昔に歴史話を戻すにはどうすれば。。。

 

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

四つ口拡張コンセントのせいなのか延長コードのせいなのか?!

発火、発煙してたらエラいことだったかと・・・
もらいものの「電気フライヤー」。
定格800W。(100V)

11_20190813215601

鍋の容量が大きいので、昔に買ったのより使い出があります。
注目点は消費電力「800W」。

これを使ったときは、ガレージ壁面の2口コンセントに
4口拡張コンセントを挿し、そこから延長コードで電気フライヤー
のコードまで伸ばしていました。

「4口拡張コンセント」は百均屋さんダイソー製。
延長ケーブルは、プラグに記された定格が「7A」。
5m長のゴム外装2芯キャプタイヤケーブル。
電線の太さは「0.75スケ」。

今日、片付けものをしていて拡張コンセントのクチと
延長コードのプラグが溶けて変形していることに気が
つきました。
真っ直ぐ挿さっていたプラグが、ケーブルの自重で曲がっ
てしまっています。
「あわや!」っという感じ。

  拡大  樹脂が溶けてプラグの先端が曲がっている
      のが見える。
13_20190813222001

4口拡張コンセントの定格は「15A」。
負荷が800Wで、延長コードとそのプラグ部が
消費電流に対してちょい不足しています。

まず、プラグ部を解体。
14_20190813222701
プラグ部ゴムの外装に溶けた跡。
圧着した電線(素材は銅色)の根元部分が変色。

4口拡張コンセントを解体すると・・・
15_20190813222901

変形したところの樹脂が変色。

16_20190813223101

差し込むベロの所、左や右のに比べて開いているのが
見えます。

こういった事故の原因、ちょっとした接触不良。
接触抵抗を持つ部分が通過電流により発熱。
その発熱で樹脂や金属がゆるみ、ますます接触抵抗が
増大。
発熱がひどくなると、樹脂の変形や焦げにつながります。

今回、プラグを横から挿していたので、ケーブルの自重で
プラグの嵌合がゆるみ、斜めになってしまうことで、より状態
が悪くなったのでしょう。

しかし、「プラグのケーブル~プラグをコンセントに挿す~
拡張コンセントのプラグ先」この経路の抵抗を計ると、合わせても
およそ「20mΩ」。
圧着部も安定していますし、そんなにひどい値ではありません。
  ※発熱ワット数=
     I x I x R = 約1.3W
もう10倍になれば「こらあかん!」になったのでしょうが、
ギリギリでセーフだったようです。
電気は正直です。
気をつけなければなりません。

※関連
100V延長コードのコンセントが発熱 (放っておいたら発火したかも)
1A定電流電源回路  ←微少抵抗を測定
CMOSのタイマIC LMC555を使った1A定電流電源回路


 

 

| | コメント (2)

2019年8月12日 (月)

イモサラダのイモ

我が家の夕食、日曜日は「お好み焼き」っというパターンが多いの
です。
ところが、昨夕のこと、私が『お好み焼きするか~?』っと、女房に
尋ねますと・・・「熱いからイヤ!」っという返事。

ハイ。 お好み焼きするならガレージで。
夏のガレージ、風が無いとほんとに暑いです。
ガレージには扇風機しかありません。
一人一台の扇風機を割り当てても暑いです。
庭とのドアから工場扇で風を送り込んでも暑いです。
蚊も飛んできます。

で、「サラダ」でもしようかとなったのです。
そこに女房が一言。
「ジャガイモ、あるで~」っと登場したのがコレ。

21_20190812145801

早く消費してしまいたいのがよく分かる食材でした。

※ジャガイモも加熱調理しなくちゃならないのですが、
 もらいものの「ティファールの蒸し器」があるので、
 ちょいと楽ちん。
 なかなかすぐれもの。


| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

これって「霊芝」なの?

庭の桜の木。(ソメイヨシノ)
オヤジが植えて50年以上経過。
  ※花はキレイんですが、落ち葉がご近所にむちゃ迷惑。
   根のせいでツツジが壊滅。
   根っこが張り出したせいでガス管を押し出す大騒ぎもあったし。
   オヤジが逝ってから庭の大改装。

その桜の根っこ付近に、いつの頃からなのかこんな
のがくっついています。
11_20190810095701

近づくと・・・
12_20190810095701

ちょっと下から・・・
13_20190810095701

年輪のような模様も見えてます。
これって「霊芝」 なんでしょか? 『さるのこしかけ』

なんか最近育っているような気が・・・
横に大きくなるんじゃなくって高さ方向に分厚く
なってきている。

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

東芝インパルス TNH-3A 内部抵抗増大中

現在93回目の充放電。
内部抵抗556mΩと158mΩに増大。
でも、東芝の充電器「TNHC-34HC」は充電を継続してくれます。
そこで・・・
パナソニックの充電器「BQ-CC21」 にセットしたらどうなるか
を試してみました。

11_20190809144201

すでに500mΩ越えの内部抵抗です。
きっと「異常」と判断することでしょう。
BQ-CC21(電圧を測れるように改造)にチャートレコーダーを接続。
セットした電池電圧を記録します。
その結果がこれ↓
093a

チャートの送り速度は5秒/cm。
フルスケール5Vのレンジです。

まず最初。
およそ1秒周期でピーク2.5Vのパルスを出して電池の
装着を待っています。

そこに「死んだエネループ・プロ」を装着。
充電を開始しますが、すぐに中断。
充電電流による電池電圧の増大を見て異常電池と判断
しているようです。
  (これ、内部抵抗は1000mΩを越えてます)

次が1.0V停止のインパルスTNH-3A
直前に計った内部抵抗が556mΩ。
エネループ・プロと同じように、充電は継続しません。
ただ、波形をよく見ると大電流2パルスの後に小電流による
充電波形が1パルス見えています。
このままリトライを繰り返すとしていると、正常充電が
始まるかもしれません。(そこまで見ていない)

3つ目が1.1V停止のTNH-3
内部抵抗は158mΩ。
これはちゃんと充電が始まりました。

この実験、「急速充電できなくなるまで」という縛りです。
BQ-CC21では(1.0V)電池はすでに脱落ということになります。
しかし、「TNHC-34HC」が充電を続けてくれるので
もうちょいお付き合いしてみます。

※死んだエネループ・プロ(ずっとほったらかし)を
 TNHC-34HCにセットしたら、充電が始まりました。
 さて、どうなるか?
 エネルギーは貯まるのか?

※結果:2本セットしたエネループプロ
1本は30分ほどで緑ランプに。 正常充電した?
もう一本は30分ほどで赤ランプ点滅。 これは異常と判断?
あとで放電してみます。


| | コメント (1)

«東芝インパルス TNH-3A 放電負荷抵抗を「2Ω」に