2022年5月26日 (木)

ヒートガンでIC(PLCC 44pin)のハンダ付けを外す

自分で作った(設計+製作)ものなら、壊れても
なんとか修理できるのですが、他人(他社)のだと
「修理をあきらめる」ということが、ままあります。

一般的に入手できる汎用部品だと壊れていてもなんとか
なりますが、プログラムしなければならないマイコン
がアウトだと、自分で作ったモノ以外はどうにもで
きません。

自分が作ったものでも、プリント基板に乗っていると
 「壊れたマイコンは捨てて基板を助ける」
という修理手順になります。
例えば・・・
 ・2018年6月21日:失敗! 24Vを接触させてもた
 ・2012年12月07日:面実装マイコンの取り替え

基板のパターンが傷まないようにマイコンを
取り外します。
マイコンは破壊してもOK。
新しいチップをハンダして新たにプログラムすれば
動き始めます。

今回の修理は、よそが作ったモノ。
回路図も書き込むプログラムの資料もありません。
あるのは
  「どこかがおかしくなった部品取り用の基板
これが何枚か。

修理を進める中、異常だと判断したのはマイコンじゃ
なくって「PLD」。
アルテラのEPM7064でパッケージがPLCC・44pin
ソケットじゃなく、基板にハンダされてます。

手順とすれば、
 ・修理中の基板からこのICを取り去る。
 ・このICは死んでるので扱いは雑で良い。
 ・しかし基板のパターンは痛めないよう注意して。
次に、
 ・部品取り用基板からICを外す。
 ・これは生きたままにしなくちゃならないので慎重に。
 ・基板の状態はあまり気にしなくて良い。
こんなところでしょう。

同僚にもあれこれ相談。
 @私 どうしたらええやろなぁ~。
    古い基板、切ってもてICを外そか。
 $同 ヒートガンでやってみ。
    あんあがいうまいこと行くで~
 @私 やったことない。
 $同 熱し過ぎたら周りのチップ部品が先に
    外れて飛んでいきよるで~。
    紙でマスクを作ってICの上にかぶせるとか。
    紙が焦げる手前かな~
 @私 試しにクズ基板でやってみるわ~。

と、ヒートガンを使ってのIC外し、初体験。
こちらにあるのは白光のNO.882
旧製品ですが温調可能。
先端熱風出口を絞れるノズルアダプタを付けてあります。
B13_20220526135601

いくつかのクズ基板を試してみました。
温度ダイヤルは1~6まであって、4あたりにセット。
『おいしくなぁれ。 おいしくなぁれ。』という
気持ちで加熱していくと、ポコッと(音はしないけど)
基板からICが外れます。
長めのピンセットを用意して、ICのカド・カドを持ち
上げる気持ちで良いでしょうか。
しかし、無理しちゃダメ。
無理に持ち上げるとパターンを痛めます。

さて本番。
  ※ICの周囲をマスキングテープでおおって
   おきました。
B12_20220526135601
修理基板に乗ったアウトなICも、生かして取り外したいICも
うまく取り外しできました。
パターンの損傷もありません。
修理作業、無事に進行です。

 

| | コメント (0)

小型プリンタの動作不良 FPC内で断線

単3電池4本で動くハンディ計測器。
   ※なにを計るかはないしょで
小さな感熱プリンタが内蔵されているのですが、
「プリンタエラー」が出て出力できません。

本体側の回路図もないしプリンタの仕様もわからないしで
修理をあきらめていたのですが、プリンタをバラしたら
原因が判明。
プリンタから出ているFPC(Flexible printed circuits)
断線していました。
20線のうち、4本がアウトに。
A11a_20220526112201

※拡大
A12a
 
あきらかに切れているのは3本。
さらに、その内側のも断線しています。

3本はプリンタの用紙検出用の反射型フォトセンサーからの
信号です。
A13_20220526111001

この信号が返ってこないと、「紙無し」となってしまって
プリントできません。

もう1本は、プリンタの温度を見るためのサーミスタにつながっ
ているようです。
  ※本体マイコンのA/D入力に入っていた。
   対GND間の抵抗を計ったら10kΩくらい。
   指先で触ってると抵抗値が変化。

復旧は、FPC部で切れたこの4本の信号を本体側回路につなが
なくてはなりません。

まず、フォトセンサの3本はフォトセンサー基板部から
電線を直出し。
切れたFPCは無視で、別の電線を本体基板まで伸ばします。

しかし、サーミスタの1本は、サーミスタがプリンタ機構の
内部に入りこんでいるため、電線出しができません。
そこで、FPCを削って銅箔を出し、「細線をハンダしてジャンパ」
してみました。
A14_20220526111001

これで、なんとかプリントに成功。

| | コメント (0)

2022年5月20日 (金)

好き好きなんですが・・・クリップの取り付け方向

不定期に頒布しております「文鎮:ハンダ付け補助ツール」
その文鎮に取り付けるクリップなんですが、このように、
クリップを上向きにして置いた時に安定するかと考えて
M5のタップ穴位置を決めています。

Img20151121085356300

製作したロットにより、厚みが違います。
厚くて重い「文鎮」なら、上向きにしても安定します。
しかし、12mm材など薄いものだと、上に向けてモノを
つかんだ時、クリップ目玉の片方、可動側を机上に触れ
させて傾けることで、保持が安定します。

センターに穴を開けていないのは、こういう意図があっての
ことなのです。

17 
19
12_3
 
ところが・・・
クリップ先端を文鎮本体から離そう、遠くにという方向で
取り付けておられる方をみかけるのです。

例えば、
居酒屋ガレージさんの文鎮 : 音源とオーディオの電子工作(予定)
リン青銅製はんだ付け補助ツールで、はんだ付け作業がもっと簡単になる!
ハンダ付け補助ツール:いろいろな事の記録

ご自身が使いやすければそれで良いわけなんですが・・・
「ちょっと違うぞ」ということで。


※追記
また、長さ方向の寸法を「65mm」とクリップと同じにして
いるのは、こんな時のことを考えてなんです。

机上に置いておきたいちょいと重いモノを転がらない
ように固定。
0011

長物の保持。 上下を合わせ込むために。
15

ハンダ付けじゃなく、指針の原点チェックに。
12

| | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

460g級文鎮:ハンダ付け補助ツール5つ (材質:S50C)

---【完売御礼】---

★残数=0
  (5月22日)

製作元の佐藤テック君、「端材が出たんで作ったで~」と
文鎮」を持ってきてくれました。

Bb1_20220518132801

重さ460グラムで 65x45x20mm(厚み)。
同じのが5つ。
  ※65mmはクリップの幅に合わせて。
材質は「」。 ・・・だけど、追記に注目!
フライス仕上げです。
塗装やメッキはありません。

「厚みがあるんで貫通タップがけっこうめんどう」という
ことで、お代は1つ「1500円で」と。

クリップ固定用のM5のキャップボルトとワッシャ、それに
ゴム板を添付します。
  ※65mm幅のクリップはご自身で入手してください。
  ※ゴム板をクリップ口に接着すると、いろんなものを
   はさみこむ時に安定します。

早い者勝ちです。
  ※1つだとクリックポスト(198円)で。
   2つ以上はレターパックライト(370円)を使います。

ご希望の方は、この記事にコメントしてください。
  (匿名でかまいません)
その時、連絡の付くメールアドレスを記入してください。
その後、私の仕事場からメールしますのでお届け先を
返信してください。
代金+送料は到着後に振り込んで(振り込み先のメモを
同封します)ください。

・文鎮:ハンダ付け補助ツールまとめ

※追記・・・「フライス屋の知識」
製作元・佐藤テック君からの情報。
  今回の素材は「S50C」(炭素鋼)。
  いつもの「鉄材」は「SS400」。
  S50Cは「ハガネ」なんで、焼き入れしたら焼きが入る。
  グラインダーで削った時に飛ぶ火花、「花が咲く」よ~。
っと。

「これ、どないして焼き入れすんねん」というのが普通かと。


※今後のリクエスト
当ブログのカテゴリー「文鎮:ハンダ付け補助ツール」 の適当な
記事に「ほしい!」とコメントしておいてください。
製造元に「リクエストあり!」を伝えておきます。
また、次回製作時に案内メールをお送りします。

| | コメント (10)

2022年5月17日 (火)

「壊れたオルゴールの人形」を回せ!

何時の頃か・・・壊れてしまったオルゴール。
ピアノの中にオルゴールが仕込まれています。
ピアノの天板の上、さらに円板があって、そこに
お人形さん二体と鳥さんが乗っています。
オルゴールを鳴らすとこの円板が回転するとともに
お人形さんと鳥さんがクルクルと回転します。

C11_20220517135301

動力はオルゴールのゼンマイ。
そのゼンマイが切れてしまって動かなくなってしまった
ので放置状態に・・・。
  ※「ゼンマイの巻きすぎに注意」っと書いてあるのに
   巻き過ぎたんでしょうなぁ。
   ゼンマイ終端の固定部が断裂していました。
C13_20220517135701
C12_20220517135301

「かわいいし、出窓にデビューさせてやりたい」という
女房殿からのリクエスト。
  ・音はいらない
  ・人形の乗った円板を回したい
  ・可能なら人形さんもクルクルなるように
という要求仕様。

ベースからゼンマイの機構部を取り外し・・・
「うまいこと取り付けられるモータはないかなぁ」と
部品箱を物色しますと、出てきました。
  ・ステッピングモーターとその駆動回路をごそごそ
ここに出てきましたユニポーラの「SPG20-1332」。
これがうまい具合に装着できました。
  ※SPG20-1332、秋月電子で買ったものですが、
   今はもう売り切れ状態です。
C14_20220517135301

お人形さんがクルクル回る仕掛け、巧妙に作られています。
C15_20220517135301
C16_20220517135301

ドライバー回路、「A4988」を使うため、ユニポーラを
やめて(中点タップをすっ飛ばし)バイポーラで使います。
1
パルス出力回路は簡単に「VCO 4046」を使いました。
C20_20220517140001

※人形さんの動きは、動画を見てもらわないと。
https://www.youtube.com/watch?v=fF6ch1IA0_8

| | コメント (0)

放置していた2014年製の「eneloop lite」を充放電

2014年10月の日付が入ったpanasonic製「eneloop lite」。
  ・型番:BK-3LCC  容量:950mAh(min)
買ってから少し使って、置いたままにしてありました。
  ・いつ使ったのか?  何に使ったのか?
   何回充電したのか? 最後の充電はいつ?
   など、状況は不明です。

Ee1_20220517112401

放置した電池がどうなるのかどんなものか、
新JISでテストしてみました。
まず初回(ほんとはそうじゃないけど)の放電と4回目までの
充電グラフです。
E
最後の充電がいつだったのかは記録していないので
保存性がどうだの評価はできません。

そして、これが50サイクルごとの0.2C放電。
E2-1

放置電池、充放電を繰り返しても活性化はしないようです。
400cyc後の内部抵抗、20mΩとまだ小さな値を維持していました。

もう一つのグラフが、充放電時間と充電完了電圧の変化。
Cap009_20220517115801
ニッ水電池の劣化具合は、放電電圧の変化を見るより、
このほうが全体的な様子がわかります。

50cycごとの0.2C放電(ゆっくり放電)直後の充電で発生する
充電時間の突出。
これが出始めると「そろそろ寿命か?」ということになります。

この電池、どんな使い方をして放置していたのかが不明です。
そんなに使い込んだ記憶は無いのです。
  ※消費電流の小さな無線マウスあたりか
   思うのですが・・・
ということは、放置による自然劣化なのかと。

| | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

暗闇です・・・「メディアの闇」「私は真実が知りたい」の2冊

まず、
『安倍官邸 vs. NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』
これの文庫化本です。

『メディアの闇 「安倍官邸 vs.nhk」森友取材全真相』相澤冬樹 著

B20

そして、「森友事件」の核心部。
『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』 赤木雅子+相澤冬樹 著
B21_20220516101401

この本の序章に、途中で切断されたオーディオ・ケーブルの写真が
載っています。
キャプションが「はさみでコードをパチンと切った。」

どうぞ、本をお読み下さい。

| | コメント (0)

著者で検索:『消えたマンガ雑誌』

新保信長 著『字が汚い!』 を見て、この著者さんの本を図書館で検索。
あれこれ出てきますが、「おぉ。これは!」というのが、
  ・『消えたマンガ雑誌』
B11_20220516100401

むちゃくちゃ緻密に調査されています。
「この本、この話、知っている」に出会うと
ちょっとうれしい。


| | コメント (0)

2022年5月11日 (水)

『安倍官邸 vs. NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』

またまた図書館で。
鉄道」関連の本が置いてある書架をうろうろしていたら、
こんな本が目に入りました。
Nn1

 ・安倍官邸 vs. NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
   著者:相澤 冬樹

鉄道」の図書分類番号は「686」
690」が「通信事業」で「680」が「運輸,交通」。
「運輸,交通」には鉄道や飛行機の本がどっさりと。
そして、
  ・モールス電信士のアメリカ史:IT時代を拓いた技術者たち
これは「電気通信事業」で番号が「694」。

安倍官邸 vs. NHK』の分類番号は「699」で「放送事業」。
NHKが絡んでいるんで、699に分類されたのかと推測できる
んですが・・・
しかし、この本は「国と大阪府そしてNHK」を批判する
ドキュメンタリー本。

分類番号「070」の「ジャーナリズム,新聞」あたりのほうが
合致しているような。
あるいは「916」の「記録,手記,ルポタージュ」とか。

「大阪」発の事件ですし、続きが気になりますんで、
「相澤冬樹」さんの本をリクエスト。

※参 その後のさわりはこのあたりを
NHKが『安倍官邸 VS.NHK』に言い放った「この本には虚偽がある」は虚偽である
   『メディアの闇 「安倍官邸 VS.NHK」森友取材全真相』より
   相澤 冬樹 2021/01/04 source : 文春文庫

※印象的!だった一言
  『考えて考えて、頭が禿げるほど考え抜いてから取材に行け!

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

「ダイソーの観覧車」を回せ! 回路図

緊急指令! 「ダイソーの観覧車」を回せ!
こんな回路で回します。

Dd12
ステップパルスを出すだけですので、もっと小さなマイコン
で良いのですが、「汎用性」ということでArduino-UNOを
(乗っているチップ ATmega328P)をベースにしました。

ドライバは「A4988」。
ゆっくり回すので1/16のマイクロステップで使っています。
1回転が32768パルス。
最大速度と加減速を半固定ボリュームで設定できるように
しておきました。

そうそう。
24Vから5Vを作っているロームのDC-DCコンバータBP5293-50
発熱しないんで小物の工作で便利に使っているのですが、
どうやらディスコンのようです。
秋月電子の在庫はまだ大丈夫のようですが、検索すると
 「終息品」「製造終了」「注文不可」
の案内が出てきます。

※追記
ユニバーサル基板に手組みした回路。
B01
Arudino-UNOとつなぐのではなく、28ピン・ソケットに実装した
Atmega328Pで動かしています。
左下の緑色基板が「A4988」ドライバ回路です。

※制御波形
Bb000_20220509145801

空いたポートにテスト用のパルスを出していますので
オシロを使えば処理時間が「見え」ます。

1msのタイマー割り込みで加速・減速処理をしています。
一定速度になると、周波数からOCR1A設定値を計算する
処理が無くなり、割り込みの処理時間が短くなります。
Bb001_20220509150101

24V電源がオフした時の「減速」処理です。
Bb002_20220509150201
電源ラインに入れたコンデンサに残ったエネルギー
を使って、急停止ではなくスローダウンできればという
ことで試してみました。
パルス周波数を4kHzまで上げると、先にコンデンサの
電圧が落ちてしまいます。

マイコンを使って制御しましたが、これくらいの処理なら
ステッピングモータを「ゆっくり回す」 回路のように、
「VCO:4046」を使ってパルス周波数を制御するほうが
簡単でしょう。
  ・電源オンで勝手に走り出せばよい。
  ・アナログ的にスローアップ、スローダウンできる。
  ・正逆回転制御は不要。

こしらえた制御プログラム、けっこう複雑です。
  ・16bitタイマーのOC1Aでパルス出力。
  ・タイマー2で1ms割り込み。
     この中で加減速制御
  ・速度、加減速設定ボリューム値はA/D割り込みで。
  ・割り込みと競合するwordデータの扱い。

※スケッチ: ・ダウンロード - wheel1.txt
   (ファイルタイプ、inoではなくtxtにしています)

※出窓に設置 (5月10日)
B02_20220510091701
音は静か。
モーターのドライブ周波数も気になりません。
周波数は約2kHz。
一回転32768パルスなんで、15~16秒で1回転。
A4988ドライバ基板の半固定抵抗、24V電源の電流と
して40mAちょいに調整。
  (制御回路の電流も含めて)
これで駆動トルクは十分。
長時間運転しても、モータの発熱は気になりません。


※youtubeに動画をアップ
  ・https://www.youtube.com/watch?v=G9pLAnvU-uU
音声がザワザワしているのは、再開したご近所の居酒屋さん。
(我がガレージじゃない)


| | コメント (1)

«新保信長著『字が汚い!』