2019年1月16日 (水)

修理:2.5Φステレオ・プラグGND部断裂

10年ほど前に買ってもらった大声トライアル
そのスタートがうまく行かない時があるということで、帰ってきました。
原因はスタートスイッチのケーブル先端に付けた2.5Φステレオ・プラグ。
このGND部金属が断裂して接触不良状態になっていました。

11

別の角度で。
12

無理なチカラがかかって、ポキッっということだったんでしょう。
スイッチそのものも接触不良が発生していたので、新品に交換しておきました。


※余談
ストックしてあったスイッチ↓(オムロンの照光スイッチ)で行こうかと調べましたところ・・・
21

導通チェッカーでの試験 だと、A接点が接触不良になるんです。
導通チェッカーの検査電圧・電流は「0.5V / 0.1mA」。
接点に流れる電流が小さいので、安定しないのでしょう。
接触抵抗が大きく出てしまい、ブザー報知が安定しません。
この↓右側の「ホロホロブザー」(3V / 20mA)だとちゃんと導通が
確認できますんで、接点そのものは生きています。
22

接点の定格を見ますと、微少負荷適用タイプでも「5V / 1mA」以下は接触不良の原因となるっと記されています。
FA用途で使う24Vだと0.2mA。
一般負荷用接点だと24Vで30mAほど流せっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

修理:イグナイターの駆動デバイス交換

旧車愛好家からの修理依頼。
古い日産セドリック(といっても、半導体が使われている)のイグナイターの制御デバイスがおかしいようだから交換してみて欲しいということで作業を行いました。
交換デバイスは依頼者が手配。
日立製HF8311 という型番。
12
左のがアウトので取り外したもの。
右のが交換品。

イグナイターのコイルに張り付いています。
11

この交換作業で直ったのかどうか、現時点、まだ不明。
連絡待ちです。

不要になった古いデバイス、パッケージを開封してみました。
(クリックで拡大↓)
13

焦げた痕や断線した痕が見当たらないので、ほんとのこのデバイスが不調の原因だったのかはまだ不明。
メンテを頼んでいる車屋さんのご意見で、交換してみたらどうだろうかとなったそうです。
14

パワー段、トランジスタかサイリスタか? それともFET?
このイグナイターの後段にディストリビュータが来て、6つの点火プラグに高圧が分かれます。


※抵抗測定レンジの開放電圧がちょいとでも低いのっと探してみましたら、0.4Vのテスターが見つかりました。
テスター棒の先を触れられる部分4カ所の抵抗値を、+/-極性を変えて計ってみました。
11
同じ番号の所は導通あり。
その結果です。
赤  黒               黒・赤で
1 - 2  2.25kΩ      1.78kΩ
1 - 3  2.34kΩ      1.87kΩ
1 - 4  ∞           7.4MΩ
2 - 3  88Ω         88Ω
2 - 4  ∞           7.4MΩ
3 - 4  ∞           7.4MΩ

「∞」の所、極性を変えると、高い値ですが抵抗が出てきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

バッテリー放電器の通信 トラブル事例

アルミケースが廃番になったため頒布を中止した放電特性記録機能付きバッテリー放電器
組み立て済み品の頒布 を案内していたのですが、この在庫もあと二つになりました。
この放電器、PCのCOMポートとつないでシリアル通信します。
放電条件の設定や、放電特性の記録をやりとりするのです。
こんな具合につながります。
左がPCのCOMポート。  右が放電器。
Rs232_1
放電器には9pinのオスコネクタ。
PCのオス9pinコネクタとは、両端にメスのコネクタをつけたストレートケーブルでつなぎます。
いわゆるRS-232Cでのシリアル通信なんですが、今ふうのPCにはCOMポート(D-SUB 9pinコネクタ)が備わっていません。
この放電器基板を作ったのが2005年。
当時のPC、たいていはCOMポートを装備していましたんで。
   ※WinXPの時代
COMポートの無いPC、そこで登場するのがUSB変換アダプタ。
ところが、この「接続用ストレートケーブルを省ける」んじゃないかと、こんなUSB変換アダプタを選ばれてしまうのです。
これだと、中継ケーブル無しで放電器のコネクタに 挿さります。
10
ところが、この「メス」コネクタのUSB変換アダプタは、PCのCOMポートに直挿ししてPC間で通信しようという用途。
TXDとRXDの信号の向き(入出力)が逆になっています。
これを放電器のオスコネクタに挿しても通信はできません。
   ※TXD:送信データどうしが衝突!

秋月電子の
を買っていただき、オス(USB)・オス(放電器)間両端メスのストレートケーブルでつないでもらうのが間違いありません。
   ※あるいはこんな中継コネクタ
      ミニジェンダーチェンジャー(9Pメス-9Pメス)

放電器側の9ピンコネクタを「メス」にして、「メス:PC/オス:放電器」のストレートケーブル(COMポートの延長ケーブル)でつなぐように設計しておけば良かったんですが・・・

※現状のまま、放電器のコネクタをオス→メスに変えると・・・使えそうな気がしますが、ピン番号の並びがひっくり返ってしまって使えません。

アマゾンの変換アダプタのカスタマーレビュー にも「クロス接続」云々という話が出ています。
まさにこれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女房、インフルAを発症!

いつも頑丈な女房。
一昨日から発熱。
さっき、ご近所のかかりつけ医へ行ってきたとメール着信。
「インフルエンザA型」だって。
『たぶん、ご主人にうつりますよ(笑)』っと先生が言ってたと。

カゼ、一番に私がひいて、それが家族に広がるというのがいつものパターン。
さて、今回は・・・・

※昨年の
撃墜された~  インフルB
     しっかり女房にうつしてました


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

サトーパーツのクリップ:C-100

試しに買ってみました。
 ・C-100クリップ

11

とりあえず、黒と赤を一つずつ。
  ※シンチュウの輪っかはこちらでハンダ付けしたもの。
端子台のネジをはさむのに特化した口先。
エエ感じの口先です↓。
12

常用しているのはミヤマ電器のMJ-008 :いわゆるミノムシクリップ。
   ※ワニロクリップ じゃない。
      →ワニ口クリップ で検索。
13
これでネジ頭をつかむと、グラグラしてよくありません。
C-100だとこんな具合にしっかりと。
14

とりあえず2個しか買っていないので、リード線を引き出すんじゃなく、テスター棒や別のクリップ、オシロのプローブを当たれるようにシンチュウ棒をハンダしてみました。
15

クリップ本体(C-100-K)と、6色そろった絶縁カバー(C-100-C)を別個に注文できるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

「川面観測中」って?!

恒例の年末夜警。
12月29日と30日の二日間、夜8時頃から町会の皆さんで夜警を行っています。
その時の話です。
「下間君、こんなのがこの前から着いているんやけど・・・」と平野川横の道を歩いている時に教えてもらいました。
明るくなってから見に行くとこんな様子。

11

12

「川面観測中」「触れぬようにお願いします」っとテープを貼られた板が防護柵にくっつけてあって、川面のほうにカメラ(らしきもの)が取り付けられています。

13

盗難防止用にワイヤーと錠前が付けられていますが、細工は素人っぽい。

14

15

16

平野川の管轄は「大阪府寝屋川水系改修工営所」。
公的なものだと役所の名前が記されているでしょうし、学術的なものだと連絡先くらいは書いておくでしょう。
誰かの個人的興味で設置したものなのでしょうか?

それにしてもこのカメラ、ほんとにちゃんと動いているのか?
どこからも電源は供給されていないいないようだし、インターバル撮影するにしても電池運用だと電池容量が厳しいでしょう?
太陽電池で充電している様子は無いし。

なんとなく気持ち悪いんで、役所に問い合わせてみます。

※参考
大阪府河川カメラ

※その後
工営所から電話連絡があり、
 ・「大阪大学」が研究のために設置した。
 ・こちらには設置の届けがされている。
 ・所有者を記さなかったのはごめんなさいと。
ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

2019年もよろしくです。

コザクラインコの「ピピ」です。

本年もよろしく。
A1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

エネループ・スタンダード JIS C8707 充放電実験 まだやってます

ZAQのブログ+HP閉鎖騒ぎでぐだぐだになってしまって電池イジメの結果報告
現在も続けている(勝手に実行)のが「エネループ・スタンダード」の
JIS C8708での充放電繰り返し実験。
ただし・・・JISの規定とはちょいと条件を変えています。
その実験が、繰り返し4000回を越えました。
なぜ条件を変えたのか。
JISの規定、「充電しすぎ」とちゃうか? というところ
繰り返しサイクル2~48回のところ、
    1/4Cで190分 充電
    1/4Cで140分 放電
っと、充電のほうが大きい。
そのために電池が発熱。
だもんで、充電時間=放電時間にしたらどうか。
もう一つが、充電池の公称容量。
エネループ・スタンダードだと「1900mAh」。
これを「1500mAh」だと仮定して、充放電電流を減らすとどうなるか。
こんなことで、2016年の5月にスタートしました。
その結果がこのグラフです。
En3_4000

50サイクル目ごとの「0.2Cで1.0Vまで放電」を記録しています。
0.2Cだから放電時間は5時間=300分。
放電維持電圧は落ちてきていますが、まだまだ元気です。
さて、この実験、どうしたものか。
実用とは離れたイリーガルなデータですんで、まぁ5000回まで続行かなっと考えています。


12

※関連

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮かび上がる「歯」

東成郵便局そばの歯医者さん。
こんな素敵な照明。
浮かび上がる「歯」。
22
何度も郵便局に行ってるんですが、気がつきませんでした。
昼間だったからか、歯医者が休みだったからか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイソーの400円LED電球、300日越え

ず~っとガレージのトイレで点灯させっぱなしで明るさ変化を
記録していますダイソーの400円LED電球、可動日数が300日を
越えました。
11
※電球の型番はLDA8L-G-T/60W
※前回報告は200日目
※まとめ記事
   LEDの劣化
明るさを読み取っている10bitのA/D値が521
初期が530~540ですんで(値が大きい方が明るい)、
まだまだ大丈夫。
液晶表示右下の[ 4]は、停電した回数。
停電、9月の台風21号は大丈夫だったんです。
この停電カウントは、ガレージ電源のブレーカー増設工事
のために切った時のもの。
だもんで、時刻は狂っちゃいましたが、通電日数の記録
はほぼ大丈夫。
ダイソーのLED電球、安価版が出ているとのことなんですが、
それが「ちらつく」っということで、実験中のこれがベストな
選択だったかと。


※検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«文鎮:SUS304・16mm厚の出来てきました