2018年7月18日 (水)

新しい防災マップ作りを

ちょっとメモを置いておきます。

地域で何度も勉強会を開き、「中川」の防災マップを作ってもう9年が経過。

この時のマップ作りは「地震」を中心に考えての対応でした。
本年度、新マップ製作の話(予算+勉強会)が役所から来ているんですが、今回は地震だけじゃなく「風水害」への対応を考えなくちゃならないようです。

生野区の場合、「平野川(ひらのがわ)」と「平野川分水路」、二つの川が区内を南北に流れています。
このページ↓「大阪市:水害ハザードマップ(生野区) (…>災害に備える>ハザードマップ)」

には、
 ・寝屋川・第二寝屋川・平野川・平野川分水路が氾濫した場合
 ・内水氾濫した場合
 ・大和川が氾濫した場合
の3パターンが示されています。

生野区の西側には「上町台地」の続きがあって、西と東で10mくらいの標高差があります。
だもんで、東側が浸水に弱くなっています。
  ※古代平野川の氾濫原が広がっていた。

内水氾濫では、生野区の西にある天王寺区あたり(高台だ)に降った雨が、生野区西側に地域に流れ込んで来るという現象が起こります。
「内水氾濫した場合」の地図を見ると、鶴橋駅東側(平野川と記された紫色)と桃谷駅の東側(昔、猫間川があった)に流れてきます。

  ※何年か前の大雨で実際にこの現象が発生。紫あたりが床上浸水。

生野区の場合、水害原因のラスボスは大和川。

  ※市域北部は淀川だけど

大和川からあふれた水が南側から押し寄せてきます。

「国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所 | 防災情報 | 洪水浸水想定区域図」

これを見ると、大和川氾濫の全体像が見えてきます。

ざっとこんな状況かな。
・大和川右岸(北側)の東住吉区、平野区、八尾市であふれた水がより低地の生野区と東成区、城東区南部に押し寄せてくる。
・左岸南側の松原市は、徐々に標高が高くなっているので、水があふれるのは大阪市側。
・城東区を東西に流れる第二寝屋川で遮断されて、それより北には行かない。
・でも、大和川がアウトになるくらいの雨なら淀川もヤバいわけで、大阪市内、上町台地以外は沈没か。

このあたりは、「大阪市標高地形図」↓を見ればわかりやすいかと。

そして、風水害の場合、避難指示が出ても「今となってはもう逃げられへんやん」という課題が・・・
 ・避難準備 ・避難勧告 ・避難指示
が順に発せられます。
しかし、同じ生野区内でも地域によりずいぶん差が出てきます。
家屋の一階だけじゃなく二階まで水没するかもという地域が示されていますが、生野区役所のある御勝山周辺だと大和川氾濫でも大丈夫。
「避難指示… なにそれ?」でしょうし、高層マンションなら水没の心配はありません。
  (下層にある電気室など設備系がアウトになると別の問題が)

洪水、浸水に関しては、避難指示が出ても
 ・逃げるべき学校や地域集会所そのものがアウトになるかも
 ・避難する道中が水没してたどり着けない
 ・夜間だったり台風だったりすると避難行為そのものが危険
ということで、立ち往生しちゃいます。

市が示す3パターンの想定図への対応、例えば、
 ・想定図の色分け区分で避難勧告、避難指示などを変える。
   「赤色のところは今のうちに逃げて!」とか
   「黄色の場所、もう手遅れだから、できるだけ高い所に!」
 ・学校などの避難所がアウトになりそうなら、近所の高層建築物や堅牢な建物を一時避難場所に。
    ※管理する人のいない夜間はどうするねんという課題
てなところでしょうか。

このあたり、新しいマップにどう反映させたら良いか、地域としてどのように防災計画をまとめたら良いか悩みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

ガレージというか我が家の日常は「Twitter:赤冑のゲマ」を

あいも変わらず、晩になると皆がガレージに集まってきてワイのワイのしてるんはそのままです。

しかし、このごろは、あんまし日常のあれこれはこのブログに書いてません。
そこで、「なにしてんねん?」っという疑問へのお答え・・・
  ・次男のTwitter:赤冑のゲマ をどうぞ。
ペコ:我が家のトイプードル(♀大)
ピピ:コザクラインコ
などが登場しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

砲弾型3φLEDの明るさ

実験で使う赤色・3φの砲弾型LED、PARA LIGHTのL-314ED (共立扱い ) を常用しています。
この赤色は、「1mA流せば見える」ということで、ちょっとした表示に便利なんです。
この手持ちの数が少なくなったので『買い足さなければ』っとなったところ、「秋月」に注文するタイミングと重なったので、秋月扱いの3φLEDを入手しました。
共立で買ってあったのが、
  赤:L-314ED   黄:L-314YD   綠:L-314GD
     ※これ、赤以外の黄色と緑は暗い・・・ちょっと悲しい
秋月に注文したのが
  赤:OSR5JA3Z74A
  黄:OSY5JA3Z74A
  綠:OSG8HA3Z74A
     ※この3つはVF=2.1Vのもの。
       VF=3.1Vの青や白だと、もっと高輝度。
       そして、ちょい価格アップ。
これらのLEDを直列にして、電流を変えた時の明るさ変化を見てみました。
※おまけに2つ。
  ロームの橙:SLI-343DU と綠:SLI-343MG  ←仕事で使った素性の確かなブツ

21

電流を 10mA→5mA→2mA→1mA→0.5mA→0.2mA→0.1mAと下げて行きながら正面からカメラで撮影。
シャッター速度とF値、ISO感度は同じまま。

 (クリックで拡大↓)
22

共立扱いのL314黄と綠以外は、0.5mAでも点灯は十分に認識できます。
0.1mAだとだいぶ暗くなりますが、秋月の赤・黄、ロームの橙は(人の目では)まだ大丈夫かと。

斜め横から見たときの視認具合はこんな感じ。
電流2mAです。
23

LED、やっぱ光らせてみないと様子が分かりません。
何mAの電流で何ミリカンデラ、半減角何度、波長なんぼ、などというスペックだけで比較するのは難しいです。
※関連
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

TLC2272 入出力の挙動

「単電源オペアンプの入出力特性を調べる」 をトラ技に載せてもらったのが2015年12月号。

機会があれば、違った品種のオペアンプの特性を調べてみようっと思ってるんですが、使いやすい単電源オペアンプ、そんなに品種がありません。
そんな中、TIのTLC2272 を使うことがあったんで入出力の様子を見てみました。
11
ざっと
・TLC2272はTLC272の改良版という位置づけ
・TLC272より1.5倍くらいの価格
・似たような性能
・TLC272には低オフセット版のTLC277というのがある
電源電圧5Vで使った時の「0V付近の挙動」と「大信号(0V~5V)入力時の挙動」を調べてみました。
測定方法とかは↑の記事リンクを見てください。
入力に三角波を入れて、アンプの出力を観察します。
どちらも単純に、非反転接続のバッファとして使っています。
0V付近は大きな不感帯もなく大丈夫ですが、4.5Vあたりから出力が飽和し始めます。
飽和からの回復の時、出力が遅れるような波形が出ています。
まとめ
・0~5V全域では使えない
   4.096V基準電圧でのA/D入力には使える
・0V付近は問題なし
・オフセットは小さかった
※トラ技記事の参照データ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

ロータリーエンコーダ- 非接触!

はじめてのロータリーエンコーダー では、小型の2相パルス出力、コパルの「RE12D-300」を紹介しました。
で、小型のロータリーエンコーダに関して、『こんなのがあるよ!』っと情報が。

renishaw rm08 encoder
驚きの構造。 検出部(回路)と回転部(磁石)が分離!
非接触です。

A1

※浮遊はしません。

A2
むちゃ、小さい。

A3

2相パルス出力だけでなく、sin・cos波出力、シリアル出力、アナログ出力と
いろんな用途で使えそう。
ただ・・・ メカ的組み立て(機構設計、組み込み精度)が難しそう。

A4

直角の精度、軸ずれの精度、対向距離の精度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

「日吉ダム」がんばった

日吉ダム の緊急放流を見て、
『桂川の下流がたいへんなのに放水するとは、悪の所業』
なんて意見を出す人がいてます。
   非常放流の様子↓
・https://matomame.jp/user/bohetiku/2685974ceaa30f142259

でも、「日吉ダム」、がんばったと思う
  ・・・ダムを責めるのはかわいそうかと。
グラフは5日の昼から7日朝までの状況。

K11
(クリックで拡大↑)

色線がダムに溜まった水の水位(単位はメートルで水面の標高)
がダムに入り込む水の量(単位は毎秒あたりの立方メートル=トンで略します)
がダムが放流(下流に流す)した量。

5日の昼過ぎから流入量が増加。
毎秒1000トンが昼過ぎのピーク。
そして、毎秒1250トンが夜中のピーク。
このときはダムに余裕があったんで、毎秒150トンしか放流してません。
つまり、綠線と黒線の差の分の水が、ダムに溜まっているわけで、貯水位がどんどん上がっていきます。

ところが6日の夜明け前。
貯水位が200mを超えたので、放流量を増やしてます。
201mがこのダムの限界。
しかし、昼過ぎになるとこれを超えます。。
ダムを守るため、ほぼ流入量の水を流している様子がグラフから読み取れます。
クレストゲートを開いて緊急放流している写真はこの時のもの。

しかし、左側の数字の細かい所を見ると、流入が増加している間は、流入量以上には流していません。
ギリギリでもダムに貯めています。
貯水位のピークである6日18時を見ると、流入=949.27、放流=907.08。
その差、毎秒42トンは、もうあふれそうなダムにまだ貯めているのです。
放流のほうがが大きくなるのは、流入が減ってから。

  ※小学校の25メートルプールでざっと水量250トン。
   毎秒1000トンの水ということはプール4ハイを1秒で満タンに。

テレビで「あふれそう」を映される嵐山の渡月橋。
この上流に日吉ダムがあるわけなんですが、ダムと渡月橋の途中に流入する河川がいくつもあるのです。
  ※清滝川、園部川など
だもんで、日吉ダムだけの頑張りでは桂川の洪水を防げません。
それだけに、ギリギリまで放水量制御、頭が下がります。

しかし、西日本で被害が拡大しました。
地震だけでなく水害にも目を向けなければということかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

やっとゴーヤの実ができはじめました

今年のゴーヤ・・・なかなか実ができない。
ゴーヤ、小さな黄色い花が咲くんです。
しかし、雄花ばっかしで、実ができる雌花が咲きません。
でも、先日来の雨が効いたのか、やっと実ができはじめました。
現時点、確認できているのは3つ。

いちばん高いところの↓
11

ちょっと離れたフェンスに。
12

そして、雌花の実。
13

はてさて、どうなりますか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY α7IIがやってきた ・・・私のじゃないけど

ガレージ常連、佐藤テック君が導入した新機材。
デジタルカメラ、SONYの「α7II」。
「中古」で買ったっと。
A1
撮像素子が35mmフィルムサイズ。
マウントアダプタを使うと、旧来の一眼カメラ用レンズがあれこれ使えるというもの。
写っているのはキヤノンのレンズ、28-80ズーム。
これを、シグマ製のアダプタを使ってα7IIにつないでいます。

A2

オートフォーカス、思ったよりスムーズで早い! 正確だし。
手動フォーカスのマクロレンズなんかも面白い!
で、私の興味はこのカメラ用のリチウム・イオン電池。
型番 「NP-FW50」。

A3
中古のカメラなのに純正バッテリが4つ付属。
前の持ち主が「バッテリの持ちが悪い」っと、余分に買ったのかなぁっと推測。

こんな接点になっています。
A4


板状の電極を挟むような構造。
リコーのGX100用電池DB-65 を計ったような四端子プローブは使えません。
そこで、KELのカードエッジコネクタ(端子が金メッキ)をバラして、電極を取り出して細工。
それをユニバーサル基板にハンダして、仮の電極としました。
A5
だもんで、四端子法による内部抵抗の測定 はできません。
接点と電池電極の位置を調整しながら位置決め。
A6

測定結果。
A7
付属してあった電池、どれもざっと「200mΩ」ちょい越え。
差は大きくありませんでしたんで、まだ劣化には至っていない様子です。
「α7II」、35mmフィルムカメラのレンズをたくさん所持している人には面白いカメラでしょうなぁ。
佐藤テック君がこのカメラをガレージに持ってきた時、キヤノンのレンズで私が撮った、彼とペコ。
B1

オートフォーカス、ペコの「鼻先」に合っています。
B2

ピントは鼻先。 目は、もう被写界深度から外れています。
さずが35mm。 めちゃ薄い合焦範囲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

スーパー玉出、チラシ復活

今日の朝刊に スーパー玉出のチラシ が入ってました。
「1000円買ったら1円」商品も復活。

ただ・・・
運営権売却のスーパー玉出、屋号継続も「1円セール」など見直し検討
というニュースが流れています。

※前記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

仕事場のエアコン、フィルタのお掃除を

仕事場のエアコン、フィルタの自動クリーニング機構と
やらが付いていて、たまにウィーンとか言ってお仕事し
てるようでした。
室内機の左端にゴミポケットとかいうのがあって、忘れ
た頃に引っ張り出すとゴミが溜まっていたんで、
  「ちゃんと働いているんや」っと思っておりました。
ところが・・・今シーズンになって冷えが悪い。

10年以上経つし、ぼちぼちと寿命なの? っと・・・
念のため・・・ほんとに念のため・・・

室内機のカバーを開けてフィルタの状態を確認して
みると・・・
  「こらあかんわ。 細かいのが詰まっている」
っと。

フィルタを外してちゃんと掃除したら、むちゃ冷える!

自動クリーニング機構、綿ぼこりはとっていてくれたよ
うですが、細かいのには力不足だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モルテンのデジタイマー、真の故障原因が