2017年8月22日 (火)

小基板の保持にも使えます

ハンダ付け補助ツール:文鎮 、クリップやコネクタのハンダ付け
だけでなく、小さな基板をハンダするときにも便利です。

基板を手組するとき、ある程度の大きさがあると、保持する
必要も無いのですが、基板が小さいと、そのままだとどうも
安定しません。

そこで、基板をクリップではさんでやると、ばっちし安定に。

11

12

13

まさに、補助ツールなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

帯磁したニッパー

何かのひょうし、ニッパーが帯磁してしまうと、
むちゃ使いにくい・・・

11

切った線材(鉄分があると)がくっついてしまって、
振りほどくのに難儀しちゃいます。

くっつくの:積層セラミックコンデンサやスイッチング・
      ダイオードの足

そんな時にはこれで消磁。
忘れた頃に出番があります。

12

※過去記事
2011年12月21日:工具の消磁


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

「ハンダ付け補助ツール:文鎮」 「男の黒」で出来てきました

ハンダ付け補助ツール:文鎮 の新ロットが出来てきました。

11

今回も「男の黒」
「SUS」じゃなく「鉄」の「黒染め」 めです。

端材で作ってますんで、ブツによっては下の写真右側の
ようにフライスで表面を削った跡が見えているのがあります。

12

     ※若干、防錆油が付着しています。

今ロットの代金は、ひとつ『1080円』です。

   ※クリップは付いていません。
     65mm幅のを買ってください。

お申し込みは、メールアドレスを記入の上、まずはこの記事に
書き込みしてください。 (書き込みは匿名でokですんで)
   ※お届け先などはメールでやりとりします。

発送はレターパックあるいはクリックポストで行います。

   ※レターパックはライト(360円)かプラス(510円)を
     指定してください。
     郵便受けに入らないときは、対面受け渡しのプラスを
     選んでください。

   ※今回から「クリックポスト」でも送れるようにしました。
     代金は164円です。     (重さ1kgまで)
     普通の封筒でお届けします。

   ※今回、クリックポストばかりだったら、レターパックでの送付は
     打ち切ります。


口座を記入した紙を同梱しますので、到着後に代金+送料を振り
込んでください。

ブツが届きましたら、感想など、よろしくです。

※関連
文鎮? いや、ハンダ付け補助ツールです
ハンダ付け補助ツール(文鎮)、残数4です
文鎮:端面切削中の様子
文鎮:タップ切り
「ハンダ付け補助ツール:文鎮」 今回は「男の黒」で
文鎮:ハンダ付け補助ツール 今回も「男の黒」で

※動画
ニコ動:ハンダ付け補助ツール
Youtube:ハンダ付け補助ツール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

タカチのプラケース、SGM-135廃番品だった

単3電池2本用電池ホルダー内蔵プラケースで、
あれこれ便利に使っていたタカチのSGM-135
廃番になってました。

試験用回路をケースに入れようと、部品店に注文する
ために型番を探したら… 出てこない!

探したら、SGM-135対応ということで、電池押さえの
スポンジが出てきたり。
「2016年10月で廃番」っと、アナウンスが。

この箱、過去、あれこれ工作で使ってます。

照度計のケース 液晶の固定
パルス発生器

※SGM-135の仕様(タカチのPDF)

代替品は「LC145」
シリコンのカバーが取り付けられるようになって、
ちょいと今ふうのケース。
とりあえず、これを注文。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

傾斜警報器、こんな感じで試作完了

傾いたら警報を! こんな感じで箱入れ。

11

ケースはタカチのBCAS101807G
下箱と上蓋間にはゴムのパッキンが入ってます。

傾斜計そのもの は、裏蓋が接着(たぶん両面テープでしょう)
されていて、解体できずでした。
パイプの下からチップLED3つを直列にして接着。
光が-5度、0度、5度に来るように位置合わせ。

作ってみて現場で使ってみないと分からないということで、
今回は、とりあえず試作的な製作。

「こうしよう、ああしたら」という意見が出てきて、完成形へと
つながります。

オムロン:D5Rリニア傾斜センサ も調子よく働きました。
ここから電気信号が出てるんで、Lev-o-gage を使わず、
LEDで傾斜角度を示すなんてこともできるわけですが、
「この傾斜計、かっこイイ」という声があるそうでして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

ニッケル水素充電池関連の投稿記事

niftyのHP中止とzaqのblog中止でグタグタになったままですが、
トラ技への電池関連の投稿記事(私の)は以下のようになってます。

2005年11月号 NiMH蓄電池の充電不足チェッカの製作
2010年2月号 研究! ニッケル水素電池の耐久テスト
2014年1月号 充電電池の超定番eneloop実力テスト
2016年10月号 Liイオン/eneloop/1次電池の 耐久性/放電力/温度特性テスト

で、あれこれ意見をいただいているのが2016年10月号に載せてもらった
ニッ水電池に関するレポートです。

大容量ニッケル水素充電池の寿命に関するショッキングなデータ:2017年2月23日 9:25 PMのコメント
では、
『放電深度60% の時に比べて、放電深度100% では寿命がおよそ10~15%
程度にまで減少』っと、パナのグラフ(図14) を提示されています。
さらに、
『言い換えれば、このページのグラフ(誌面の画像)はスペック通りの性能
 だったことを示す実験結果です。』

この図14のグラフからは、60%の放電深度だと2000回(min)のサイクル回数が
100%になると300回ほど(min)になることが読み取れます。
このグラフ、min値だけで見ますと、
放電深度が80%なら800回ほど、90%ならざっと500回。
というふうになっています。
確かに、このグラフが「正」なら、実験結果と合ってる。
充放電回数、ざっとこんなもんと言えるかと。

さて、ここでの問題が「放電深度」。
一般的な市販充電器のことを考えると、
「充電池を充電器にセットしたら、とりあえずフル充電します」
で、充電が完了。
これで、充電池は満充電。
おそらく、充電池は定格容量に充電されたはず。

このあとに放電を行うわけですが、「何アンペアで何分放電したよ」
っとは、通常使う負荷(つまり電池応用機器)はユーザーには教えてく
れません。
機器が教えてくれるのは
   「そろそろ電池が切れまっせ」とか、
   「ごめん。もうあきまへん。電源を落とします。」
です。

運用中の電池切れ(ニッ水電池での)を、判断できるのは
「有負荷時の電池電圧」。
これが、1本あたり1Vに近づけば(4本使用の機器)「そろそろ」。
通常は、これでしか決めようがありません。

さらに・・・
電池を使い込むと内部抵抗が上昇し、有負荷時の電池端子
電圧のドロップが大きくなる。
放電終止電圧の判断には、こんなことも絡んできます。

だもんで、実験装置ではなく、「電池応用機器運用時の電池寿命」を、
「放電深度」と結びつけるのは、なかなか無理な相談です。

電池切れを判断する1本あたりの放電終止電圧を1.00Vから1.05V
あるいは1.10Vに上げても、放電深度との関係は得られません。

この「放電深度を60%から100%にしたら寿命が10~15%に減る」を
検証しようとすると、放電終止電圧の値でなく放電電流値を積算
管理しないといけません。

これは「JIS C8708」充放電サイクル試験環境での、放電条件を変えて
の電池寿命の検証となります。

残念ながら、この検証実験、私は行っていません。
ただ、エネループ・プロに対しては
 ・JIS C8708は充電しすぎじゃないか?
を検証する実験を行いました。
この実験では、
 ・充電条件を変えたエネループ・プロのJIS耐久試験(800回目)
で、チカラつきました。

あれこれニッ水電池とたわむれていて感じるのは、
ニッ水電池の寿命、容量の低下より先に「内部抵抗が増大」して
  ・充電器で急速充電できなくなる
      (充電器が異常電池と判断)
  ・機器側で、負荷時の電圧ドロップが大きくなり、電圧低下
   と判断される
のが大きいのかと。

さまざまなニッ水電池の寿命はJIS C8708の充放電サイクル試験
での値が定格値として公表されています。
100%放電深度(定格放電終止電圧までの放電)での寿命値、一般
ユーザには伝わっていません。
私の実験では、これを検証したわけです。

メーカー曰く、電池を長く使うためには、
  「容量の2/3や3/4を使ったと思うときに充電してね」
です。

いろんな電池使用機器がある中、
  「これ、どうやって判断すれば?」
ということが、十分に示されていません。
例えば、カメラ関連機材では、ニッ水電池を使ったデジカメとかストロボ。
最大での使用時間(発光回数)がこれくらいだからそこから逆算するの?
です。

しかし、電池の使用回数が多くなり寿命が近づくと、
  「いつも使える使用時間」
が当てにならなくなってきます。

やはり、機器が出す「電池消耗警報」を目安にするしかないかと。
となると、1本での放電終止電圧「1.00V」が目安。

もうひとつ。
パナの資料「図14」を、だれか実際の電池で確かめて!
でっす。

グラフは、60%で2000回(min)という電池です。
これは発表値から、エネループ・プロじゃない。
エネループ・スタンダードや充電式エボルタあたりの値。

一般ユーザーからしたら、
  「プロと名付けたんだから容量だけじゃなく
  充放電性能も良くなっているんじゃないのか?」
っという期待があるでしょ。
それが全くの期待外れ。
期待しちゃダメよというのを具体的に検証したのが、
私のこの記事なわけでっす。
  ※過去、誰かこれを検証して発表したことあった?

そうそう、この「パナの図14」、パナが提示するオリジナルのデータが
見当たらないんですよね。
消えたのかな?

検索結果
電池のすべてが一番わかる 著者: 福田京平(技術評論社) 図4-6-4

記事では、ニッ水電池のサイクル寿命を「内部抵抗の変化(増大)」に注目して、
実証実験結果を示しました。

「電池メーカがJIS C8708をよりどころに示す示す充放電回数、ほんとは
 実際とは違うぞ」という検証レポートなわけです。
この記事の評価は読者の皆さんにおまかせします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

トラ技2016年10月号の話

ZAQのブログとHP、それとNiftyのHPがグチャグチャになったんで、
ちょいとメモ。

大容量ニッケル水素充電池の寿命に関するショッキングなデータ

著者本人(私ね)として、あれこれコメント。
そのリンク先が、ZAQのゴタゴタで切れてしまってます。

とりあえず、ブログの過去記事は
  http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/
で見れるようにしてあります。

電池関連のブログ過去記事はこちらから↓
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/category/12.html

内部抵抗の変化
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/article/4464.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジトラ、はじける

ちょいと実験通電中の失敗。
「ぱちっ」っと、一瞬でアウト。

11

作業台上に敷いた紙にまではじけた痕跡が残りました。
電解コンデンサの頭、膨らんでいます。

東芝のPNPデジトラ「RN2202」の頭がパチン。

12

このモジュール↓はムラタ製のDC-DCコンバータ。
13

非絶縁タイプで、型番:OKI-78SR-5/1.5-W36-C
24V入力で5V(1.5A max)出力。
これも死んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

マイクロスイッチその後

「薄幅タイプのマイクロスイッチが見つからない」 の修理用に
手配したオムロンのマイクロスイッチがやってきました。

うまくアクチュエータ部の出っ張りに引っかかって、
ちゃんとオン/オフしております。

E1

もう一つがこいつ。
装置の奥まった部分に付いていて、ちゃんとバラそうとすると
大事なんです。

E2

プラスドライバが入らないので、M4の取り付けビス
が回せない・・・
プラスのビットセットを入れて、軸をスパナで回転。
いったん緩めば、ビットセットは指先で回ります。

しかし、外してみるとこんな仕掛けが。

E3

うまく見えますかな。
奥側のリミットの当たりが凸に出っ張っていて、
作動タイミングが手前のと違っています。

「信号遅延」をメカで行うという仕掛け。
なんとまぁです。

どうなるかとやってきたオムロンのマイクロスイッチを
組み付けてみました。

E4

上のが半当たりになっていますが、ちゃんとオン/オフ。

とりあえず、今回の修理の重要ポイントはクリアできました。

しかしなんですなぁ、あたしは電子回路屋です。
今回の修理はメカ屋さんの領域でっせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

薄幅タイプのマイクロスイッチが見つからない

古~い機器の修理依頼。
カムスイッチでタイミングを生成。

A2

モータがゆっくり回って、凸凹円盤でスイッチをオン/オフ。
そのリミットスイッチが接触不良。

A1

A3

「松下」の「AM7600」と「AM7100」。
AM7100のほうが薄型。
同形状のマイクロスイッチ代替品が見つからない…

オムロンの汎用品をだまして使うか。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

«期限切れ「オキシライド」、液漏れだぁ